知恵の花

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは

   

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは

学生時代にクラスメイトと同じくらい、もしくはそれ以上に深い絆で結ばれるのが部活仲間ですよね。

同じ時間を共有する中で、気になる存在の後輩ができるのは当たり前で、何の不思議もありません。

でも、お互いが同じ部活だと周囲の目も気になり、なかなか思いを伝えられず悩むことも多いはず…。

しかし諦めないでください!二度とない青春時代だからこそ恋愛も悔いのないように楽しみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

再婚によって子供の苗字はどうすべき?子供のために考えるポイント



母親が再婚すると子供の苗字が変わると...

告白してから返事を待つ期間と待っている間の過ごし方

勇気を出して告白したけど、返事を待って欲しいと言われてしまっ...

AB型彼氏の特徴〜冷たいと感じる性格と上手に付き合う方法



血液型で相手がどんな人かを当てはめて...

本当に結婚できる?彼氏との将来に不安を感じた時の処方箋



結婚はしたい!だけど今の彼氏とで将来...

好きな人に電話したのに無視される…その理由とは

好きな人が電話に出てくれなくて、無視されたらつらいですよね。...

メンヘラ彼女に要注意!別れたいけど別れられない恐怖の恋愛



大好きな彼女だったのに…付き合いが長...

なぜ異性の友達がいない?女性にとって男友達の重要性とは


近頃、異性の友達がいないという女性が増えていると...

バツイチの彼氏には子供がいる…長続きする付き合い方のコツ

付き合い始めた彼氏がバツイチで子供がいると知ったら、あなたは...

お菓子作りが趣味の女性は男性ウケする?男性の本音とは

お菓子作りと言えば、女性の趣味の定番ですね。
...

40代男性のデート代、割り勘はアリ?ナシ?婚活も考えた支払い方法


最近はデート代を割り勘にする男女が増えてきている...

男友達から突然の告白!その後も友達関係を維持する断り方



仲が良かった男友達から突然告白された...

片思いしている彼は仕事が忙しい人…メールで彼の心を掴む方法


片思いをしている彼との心の距離を縮めるには、直接...

騒音の苦情を警察に訴えたい…円満解決のための対策

今では、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる世帯が...

大学の部活は大変なの!?サ-クルとの違いについても紹介!


大学に進学しても、中学・高校時代に熱中した部活を...

大学生の彼氏が好きなご飯って?彼女に作って欲しい手料理とは

彼氏にご飯を作ってあげたいと思った時に悩むのが、「どんなご飯...

元カノから連絡するのは迷惑?別れた後の元カレの心理とは

しばらく前に別れた元カノから久しぶりに連絡が来たら、あなたは...

彼女の仕事が大変な時に彼氏がとるべきベストな対応

ページの目次1 仕事が大変な彼女とどう付き合う?2 仕事が大...

女性は告白されるのを待つべき?気になる今の恋愛事情!



草食男子と言われる恋愛に消極的な男性...

気になる彼女の交友関係!男友達グループに対する許容範囲



彼女に男友達グループと遊ぶと言われた...

勉強中に音楽を聴くことは科学的に本当に効果がないのか


数ある勉強法の中で、音楽を聴きながら集中力を高め...

スポンサーリンク


部活の後輩を彼女にしたい!

アウトドア系の部活で部長を務める大学三年生の男性は、大学に入ってからというものまだ一度も付き合った経験がありません。

しかし現在、同じ部活内の2年下の後輩のことが気になっているそうです。

2年下といっても彼女は浪人しているので、実際は同い年で先輩後輩としての関係は良好なよう。

できればデートに誘い、一緒に映画を観たり楽しく食事をしていく中で自分の好きという思いを伝えたいと思っています。

ですが、この男性の所属する部活内では部内恋愛をしている者は誰もおらず、さらに部長という立場上、気が引けるのか思いを伝えられず…。

もしデートに誘い二人で会っていることが周囲に知られてしまったら、二人は先輩後輩としてではなく付き合っていると思われるのか、デートに誘う=付き合うということになるのか悩んでいるようです。

現役高校生が恋人に望むものとは?

現役高校生の「異性に求めるもの」ランキングでは、異性に求めるものとして「外見」が第三位で16.2%という結果に。

男女ともに4〜5割近くの人が「一目ぼれ経験がある」と答えているにもかかわらず、やはり外見は重視されているようです。

年齢が若いので外見を重視に選んでしまう気持ち分からなくもないですね。
続いて第二位は話が合うで21.5%。

高校時代は青春真っ盛りで、イベントや行事が盛りだくさん。

クラスで席が隣になったり委員会や部活が同じで意気投合したりと高校時代ならではのきっかけもたくさんありそうですね。

そして高校生が相手に求める注目の第一位は…なんと性格!

これは52.5%で半数以上の人が性格を重視に選んでいるということになります。

若いだけに気持ちだけで恋愛をしているかと思いきや、意外と現実的!

ちなみに「将来性」や「頭の良さ」、「お金持ち」などの回答は3%にも満ちていませんでした。

年上は有利?部活の後輩を彼女にしたいのならば気を付けたいこと

すべての女性に当てはまるわけではありませんが、同年代の男友達は子どもっぽくて、恋愛対象や恋人として見ることができない…という人も多いのではないでしょうか?

その主な理由として、精神的に幼稚、尊敬できない、大人としての魅力に欠けるといった未熟さにあります。

なぜならば、これは男性の未熟さを嫌い、男らしい完成品を追い求める女性の理想像との違いからくるからです。

女性は小さい頃から早熟で、精神年齢も高く恋愛経験値が男性に比べると豊富なので、異性には頼りがいや体力の強さ、包容力や尊敬、自分にはできない能力を期待してしまいます。

ですから、下心丸出しでアプローチしてきたり、ぎこちない態度で接してこられると直感的に「ナシだな」と判断してしまうのです。

例えば、学生の頃に足の速い男子や部活で活躍する男子、成績が優秀な男子が女子からモテていたという経験がありませんか?

これは、優秀なオスを求めるごく自然な恋愛感情であって、女性は成長しても根本的にこの本能の領域にあまり変わりがありません。

男性は自分に突起した魅力がなくても、態度や行動によって頼りがいをアピールすることはできます。

とにかく決断力があり、頼りがいのある男性になるためにも、デートの行き先を相手の希望を聞きつつリードして決めてあげる、ファミレスでの注文や買い物でダラダラと迷わない、聞かれた質問にはすぐ答えるなど、自信満々で堂々とした男らしい姿を見せていくことが大切です。

後輩女子と距離を縮めるための3つのステップ

ステップ1 毎日少しでも時間をつくる

心理学の実験で、1週間に1度、1時間電話で話すよりも、1日「10分の電話を1週間続ける方が相手との距離が縮まったという結果があります。

この結果からわかるように、学生時代に学校でクラスの友達や部活の先輩後輩に恋をすることが多いのも、それだけ毎日一緒に時間を過ごしているからこそです。

ですから、せっかく仲が良くLINEやメールで連絡できる関係であれば、毎日少しでいいので時間をつくり、やり取りするように心がけてみることも大切です。

もし連絡をとりあえなくても、学校で毎日会って挨拶するだけでも効果がありそうですね。

ステップ2 誘う時はナチュラルに

デートは彼女が行ってみたいお店や場所へ行くことも大切です。

自分よりも相手の気持ちを尊重してあげることが重要で、誘う場合もあからさまに「デートしない?」と言わず「一緒に食べにいかない?」「友達も一緒にどう?」「甘いもの食べたいんだけど、スイーツの店だしひとりじゃ入りにくくって…」といったようにナチュラルに誘ってみてください。

ここで注意したいのが、まだ相手があなたに恋愛感情を抱いていない場合「デート」という言葉を強調して意識させると変に警戒してしまい、良い返事がもらえない可能性も。

ですので、あまり意識させないように誘ってみてください。

ステップ3 彼女の話に共感する

女子の会話を聞いていると、約8割は気持ちの共感で成り立っていることが分かります。

例えば「あるある!」「わかる〜!」「そうだよね〜」「私もさあ…」といった風に、相手にも自分の気持ちを共有してもらうことで信頼し絆が深まっていくのです。

ということは、女の子との距離を縮めたいのならば、時にはめんどくさいと思うこともあるかもしれませんが、彼女の気持ちを汲み取る気遣いをみせながら、話に共感することも大切です。

そうすれば、相手からの好感度も得られ、コミュニケーションも取りやすくなります。

ついに彼女に告白!その時必要な心構えとは

誰しも告白する前は、告白シーンや相手の返答をいろいろ想像してしまい、ナーバスになりがちです。

学業や仕事ではそれなりに自信があるにもかかわらず、恋愛となると途端に奥手になってしまう人もたくさんいます。

N先生によると、告白の後どうなってしまうのかをあれこれ考えるよりも、とりあえず思い切って自分の想いを伝えてしまった方が成功率は上がるのだとか。

もし告白を断られたとしてもそこで終わりではありません。その後にどう行動するかが重要なんです。

また、告白するときは誰しも緊張します。

そんな緊張感を相手に悟られないようにと多くの人が強がってしまいがちですが、人間関係において弱い姿みを見せることもコミュニケーションのコツなので、その強がる態度こそが相手に悪い印象を与えることもあるといいます。

特に男性は「男らしくビシッと決めなくては」と思うかもしれませんが、緊張しているならそれを隠さず、素直な気持ちを伝えることで女性に好印象を与えることもあるのです。

もし彼女と付き合えることになったら守りたいルール

どんなにラブラブで常に一緒にいたい、話したいと思っていても、サークル活動中に仲間内でいちゃいちゃされると周りも反応に困ってしまいますよね。

サークルや部活の活動中は、いったんお互いの関係は忘れて活動に集中することも大切なことです。恋愛ばかりに気を取られ活動が粗末になってしまっては意味がありません。

せっかく仲間と一緒にいるのだから、活動中くらい仲間との時間を大切にしましょう。

また、部員やサークル仲間に付き合いの現状を話さないことも重要です。恋愛は上手くいくことばかりではありません。

時にケンカしたり別れてしまったり、そんな一喜一憂に仲間を巻き込んでしまっては自分も彼女も友人さえも気を遣い、気まずい思いをしてしまうことが出てくるはずです。

ですので、恋愛の話や相談がしたいのならば、仲間内には話さずサークルや部活外の友人に相談するのがいいでしょう。

彼女が部活の後輩…部内恋愛でのリスクとは

交際を公にしていない部内恋愛の場合、あれこれと詮索されたり、あることないこと、噂を立てられたりするよりも二人の関係を部内の人間には秘密にしておいた方が無難です。

また、急な引っ越しや、先輩後輩で付き合っているのなら遅かれ早かれどちらかが先に卒業してしまい、別れの時がやってきます。

そんな時のことをお互いがきちんと考えて付き合っておくことも大切です。

卒業をきっかけとしなくても、二人の気持ちが冷めて別れることになることもあるでしょう。

大事な試合やコンクールなどの前に別れて、お互い実力が発揮できなかったという事態になっては本末転倒。

毎日のように顔を合わせる部内恋愛だからこそ別れる時期も考えなくてはいけません。

さらに、部活内の人間関係も大切になってきます。

男性だらけの部活に所属していると、女性の存在は非常に貴重でもあり重い存在です。

良くも悪くも、二人の交際のせいで部活内の人間関係が崩壊してしまうなんて事態にもなりかねません。

自分の選択次第で、部活が良くも悪くもなる可能性があるということを肝に命じておくことが大切です。

関連記事はこちら


 - 恋愛

ページ
上部へ