知恵の花

片思いしている彼は仕事が忙しい人…メールで彼の心を掴む方法

   

片思いしている彼は仕事が忙しい人…メールで彼の心を掴む方法

片思いをしている彼との心の距離を縮めるには、直接会ったり話をするのが効果的です。

しかし、相手が社会人なら仕事で忙しい毎日を送っているでしょうから、同じ職場でない限り、現実にはなかなか難しいと思います。

そんな多忙な彼にアプローチするには電話よりもメールがおすすめです。

今回は、好感度をアップさせつつ彼の心を掴むメールテクニックをご紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼女がラインで男友達とやり取り…彼氏の本音と対処法


彼女が自分以外の男性とラインをしているのを嫌がる...

告白の返事が保留に!待っている期間とその間の対応方法


好きな相手に勇気を出して告白したものの、返事を保...

柴犬の子犬は興奮しやすい!その対処法としつけ方

柴犬は飼い主に忠実で賢い性質と愛らしい見た目で日本のみならず...

猫の皮膚病でカビが原因の皮膚糸状菌症…人間にも感染する可能性が!

猫や犬が罹る「皮膚糸状菌症」というのがあります。
...

飼い犬が飼い主を噛む……噛み方によって変わる対応方法

飼い犬が飼い主を噛むといっても、犬の噛み方にはいろいろな種類...

犬の目にゴミが!対処法と気になる目の病気

愛犬の目にゴミが入った場合、あなたはどのように対処されていま...

彼女の料理が微妙……彼氏の反応と対応方法


自分が作った料理が微妙だったとき、彼氏である男性...

平安時代の貴族の女性の暮らし〜想像を超えた恋愛と日常生活〜



平安時代の貴族の女性、どんな暮らしを...

ゴールデンレトリバーの子犬の飼い方と正しいしつけの方法

犬を好きな方ならご存知のゴールデンレトリバー。この犬を飼おう...

平安時代の貴族の食事とは?〜意外と豪華で健康的ではなかった


平安時代の貴族がどのような食事をしていたのかご存...

彼氏と喧嘩が多い…喧嘩の原因と関係がうまくいく秘訣


彼氏と喧嘩が多いと悩んでしまうかもしれませんが、...

彼女よりも友達を優先させる男性側の理由と女性が楽になる考え方


彼女よりも友達を優先する男性は多いようです。それ...

彼の本意はどこに?好きな人が友達と食事に行く理由と対処法

憧れのあの人と二人きりのお食事デート!次の展開にドキドキ…。...

旅行は身軽に!事前に荷物を送る際のポイントと注意点


旅行する際に煩わしさを感じるのは荷物ではないでし...

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

スポンサーリンク


片思い中の彼は仕事で忙しい…メールで彼を癒す5つの方法

仕事で忙しい彼は疲れています。

そんな彼に片思いしている場合、どんなメールを送れば喜ばれるのでしょうか?

まずは、そんな忙しい彼の身体を気遣うメッセージを送ってみましょう。

「身体を壊さないように無理し過ぎないでね」など、体調を心配していることを伝えれば、あなたの思いやりも伝わり親しみを感じてくれるはずです。

相手にメールをする時に気をつけたいのが、返信を強要しないということです。

何度もメールを送っているのになかなか返事をもらえない時は、つい相手に「なんでメール返してくれないの?」などと言ってしまいがちですが、それが相手への負担になることがあります。

「相手が都合のいい時にメールをくれたらいい」というぐらいの気軽なスタンスで待っていましょう。

また、「がんばってね」というフレーズは便利なのでつい使いがちですが、一方的な印象があるので、「お互いがんばろうね」など、思いを共有し励ましあうフレーズを使った方が親近感がわきます。

そして、時々写真を添付してメールしてみるのも新鮮な感じがするのでおすすめです。

写真に添えるメッセージはできるだけ短く簡潔にして、相手が気軽に目を通せるように配慮すると良いでしょう。

片思いをしている相手へのメールは、できるだけ相手に迷惑をかけたくないとか、嫌われたくないという思いが強くなって、駆け引きの要素が強くなりがちです。

しかし、嬉しいことや感動したことがあって相手に「伝えたい!」と思った時は、自分の思いのまま素直に気持ちを伝えてみるのも大切です。

忙しい相手にメールをする時は、相手を気遣いつつ、時には率直に自分の思いを表現すれば、彼を癒しながら好感度を上げることもできるでしょう。

片思いの彼を落としたい!忙しい人だから使えるメールテク

片思いの彼とメールのやり取りをする時、どんなことに気をつけていますか?

彼が忙しい人なら、コミュニケーションの手段がメールだけということもあるでしょう。

直接会う機会が少ないから不利だとあきらめるのはちょっと待ってください。

実は、メールで好きになってもらえる方法があるのです。

まずはメールの文面に、相手の名前やあだ名を少なくとも2回は入れてください。

最初はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、仲良くなった人に名前やあだ名を呼んでもらうと嬉しいものです。

さりげなくメールの文中に彼の名前を入れてみましょう。

名前を呼ばれたことで彼も嬉しくなり「もっとあなたとメールをしたい」と意識し始めたら、ふたりの恋の始まりは目前です。

そして、何度か彼とメールのやり取りをしているのなら、彼から以前もらったメールは保護しておきましょう。

特に、彼が好きな物や興味のある事、何気ない一言などをチェックしておき、時間が経ってからそのことについて触れてみましょう。

彼は、自分が言ったことに関心を持って、覚えていてくれたことに対して嬉しく思い、あなたへの好感度も上がるはずです。

彼にメールのやり取りで好意を持ってもらうには、リアクションを大きくすることも大切です。

メールは文字だけのコミュニケーションなので、表現の仕方によっては「そっけない」とか「つまらなそう」などと相手に誤解されることがあります。

ですから、彼のメールに対するリアクションは、大げさなぐらいでちょうどいいのです。

些細なことでオーバーなリアクションをするのはわざとらしくなりますが、彼の気持ちに共感していることを伝えるには、意識的にリアクションを大きくしてみましょう。

彼はあなたの反応が楽しみになって、メールの回数もきっと増えてきますよ。

仕事で忙しい彼に片思い…彼にウザがられないメールの送り方

片思いをしている彼に振り向いてもらおうと思って、毎日メールを出すのは逆効果です。

特に彼が仕事に集中していて忙しい時は、あなたに好意を抱くどころか何も感じない、あるいは仕事の邪魔をする迷惑な存在だと思われてしまう可能性もあります。

逆に、彼の方からあなたへのメールが多い場合は、そんな心配はしなくても良いでしょう。

つまり、彼があなたに出すメール以上に出さなければ、彼の中であなたの価値が下がっていくことはありません。

男性は、本当に忙しい時は、本気で好きな女性がいたとしても、優先順位としては自分の人生における目標の方が高くなります。

ですから、そんな時に一生懸命メールを送っても彼の心をつかむことはできません。

恋愛を発展させるには、彼の様子を見て、忙しそうならしつこくせず、さりげなく体調を気遣うメッセージを送るぐらいにして、毎日メールを送るのはやめておきましょう。

片思い中の彼は忙しい人…メールを送るベストなタイミングとは?

仕事で忙しい彼に片思いしているのなら、メールを送るタイミングが大切です。

彼が忙しい時間帯は避けて、ゆったりとしてメールチェックできる時間帯を狙ってメールを送りましょう。

まず、避けなければいけない時間帯は「朝」です。

朝は、学生であれ社会人であれ出かける支度でバタバタと忙しいものです。

そして、仕事中にメールをするのもやめた方がいいでしょう。

男性は、彼女からメールが来たら義務感にかられてすぐに返信しようとします。

しかし、仕事が立て込んでいる時には、すぐに返すことは難しいので、そのことが彼の重荷になる場合があります。

「返信しなければいけない」と焦ったり「忙しい時にくだらないメールを送ってきた」と気分を害したりするかもしれません。

彼が忙しくて手が離せない時に連絡して、「後から返信しよう」と後回しにされたあげく忘れられるケースはよくあります。

ですから、メールを送る前に、あらかじめ彼が忙しい時間をチェックしておいて、スキマ時間に送るのがおすすめです。

お昼休みや夜など相手が家でゆっくり過ごしている時間帯にメールすれば、彼も落ち着いて返信をしてくれるでしょう。

片思い中の忙しい彼へメールでアタック!やりがちなNG行為とは

片思いしている彼にメールする時には、してはいけないことが3つあります。

ひとつは、「しつこくメールする」ことです。

彼にメールを送って返信してもらえると、つい嬉しくなって、すぐに返信しがちですが、あまりにしつこくメールでのコミュニケーションを長く続けると、男性は面倒だと感じて引いてしまいます。

適度に返信して、程よい所で自分からメールのやり取りを切り上げるようにしましょう。

そして、次に気をつけたいのが「メールの題名を入れない」ことです。

送られてきたメールのタイトルが無題だと、そっけない印象を持たれる恐れもあります。

相手が気になって内容を確認したくなるようなタイトルをつけてみるのがおすすめです。

また、つきあっていない段階で「内容が重すぎるメール」をいきなり送るのはやめましょう。

親しくなる前に、彼への気持ちや自分の悩みなどを赤裸々に綴ったメールを送られると、男性は引いてしまいます。

これから先、彼ともっと距離を縮めたいとか仲良くなりたいと思っているのであれば、自分の想いを全て相手にぶつけるのではなく、相手のことを配慮して話題選びに気をつけましょう。

関連記事はこちら


 - 恋愛

ページ
上部へ