知恵の花

彼氏が結婚しようとしない理由とは〜男性の結婚観・アプローチ法〜

   

彼氏が結婚しようとしない理由とは〜男性の結婚観・アプローチ法〜

今付き合っている彼氏のことが好きだけど、なかなか結婚しようと言ってくれなくて悩んでいる女性は多いようです。

年齢的に後がないなら、このまま付き合っていてもいいのかと迷ってしまいますよね。

彼は結婚についてどのように考え、どのような理由で結婚したがらないのでしょうか?

今回は、男女の結婚に対する価値観の違いや、結婚しようとしない彼へのアプローチの仕方などご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

好きな人が友達と付き合ったら…ツライ失恋を乗り切る方法



恋愛には様々な問題やトラブルがつきも...

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

スポンサーリンク


結婚しようとしない彼氏…別れるべき?

彼氏がいつまでたっても結婚しようと言ってくれないから、このまま付き合うか別れるかで悩む女性は少なくありません。

あなたが、結婚を切り出してくれない彼氏と別れたいと思う理由は、「結婚」が最終目標だからではないでしょうか?

結婚したい理由が、「独身だと経済的に不安定だし、早く子供が欲しいから」ということであれば、結婚してくれる相手を探した方が良いでしょう。

また、自分の中で結婚のタイムリミットを決めておき、それまでは彼氏の様子を見ながら待ち、期限になっても彼に変化がなければきっぱりと別れることをおすすめします。

そして、彼氏が今まで結婚に対してどのような発言をしてきたのか思い出してみるのも判断基準になります。

よくあるのが「今は結婚したくない」という表現です。

この言葉の裏にある彼の気持ちによって、別れるかこのまま付き合うかの分かれ道になります。

もしも彼が、「今すぐに結婚はできないけれど、いずれは結婚したい」と思っているのなら、このまま待っているべきです。

しかし、「今はもちろんのこと、将来的にも結婚するかどうかはわからない」という気持ちなら、今後彼と結婚する可能性は低いでしょう。

彼氏が結婚の話をしない…チェックすべき彼の行動とは

彼氏が結婚しようと言ってくれないのは、あなたが彼の優先順位の中で上位に入っていない可能性があります。

あなたのことを大切に思い、結婚相手として見ているのであれば、どんなに忙しくても、デートしたり、メールの返信をする時間は作りだしてくれるはずです。

彼が忙しさを理由に、会おうとしなかったり、メールの返信をしない場合、あなたの優先度はかなり低いでしょう。

また、長く付き合っているのに、同棲をしたがらない場合は、彼のプライベートな空間にあなたを入れたくないという気持ちが潜んでいるかもしれません。

「結婚するまではけじめをつけたい」と彼が言っているのであれば別ですが、将来の約束をしていないのなら、他の女性との電話やメールもできなくなるし、いちいち行動を把握されたくないと思っている可能性は高いでしょう。

そして、付き合って1年以上経っているのに、親や友達に紹介してくれない場合も、あなたを結婚相手と見なしていないと考えられます。

その他、デートがいつも映画やDVD観賞というのも要注意です。

彼がそのようなデートばかりしたがるのは、あなたとの会話が面倒だと感じているかもしれません。

男性は、本気で結婚したいと思う相手は何よりも優先するし、結婚の具体的な時期についても話をするものなのです。

結婚の話をしない彼氏…実は自信がないだけかも?

男性が長年付き合っている恋人となかなか結婚しないのは、いくつか理由が考えられます。

まずひとつは、結婚すると責任が発生するので重いから嫌だと思っている場合です。

そこには、「自由でいたい」とか「もっと遊んでいたい」という気持ちも含まれているでしょう。

彼が20代前半であれば、まだ遊んでいたい年頃ですし、その時期に結婚を迫ると逃げてしまうかもしれません。

また、結婚したいほど好きじゃないけれど、別れるのが面倒で惰性で付き合っているだけという可能性もあります。

そして、彼女の事が好きだけど、家事が苦手だったり、金遣いが荒くて経済観念に不安があったり、遊び好きで浮気が心配など、結婚相手としては考えられない場合もあるでしょう。

その他、結婚する気はあるけれど、給料が安かったり、借金があったりして経済的に結婚できる状況ではないことも考えられます。

また、結婚に対して慎重になり過ぎて決断できなかったり、育った家庭環境の影響で、結婚に良いイメージが持てないというケースもあります。

彼がプロポーズしてくれないのは、あなただけの問題でなく、彼自身が何らかの問題を抱えている場合もあるので、考えすぎない方が良いでしょう。

結婚しようとしない彼氏…彼をその気にさせる方法

ずっと付き合っている彼氏と結婚したいけれど、彼から言ってくれない時はどうしたら良いでしょうか?

彼が結婚の話を持ち出さない理由としてまず考えられるのは、「彼女を養っていく自信がない」ということです。

男性にとって結婚とは、妻子を守り養うという大きな責任を負うことになるので、彼が若い場合は特に荷が重いと感じてしまうようです。

そんな時は、「結婚しても働きたいし、そばで支えてあげたいから」と、彼に頼り切るつもりはなく、一緒に幸せになりたいという思いを伝えれば、彼のプレッシャーも軽くなるでしょう。

そして、つきあいが長すぎて、結婚のタイミングを失っているというカップルも多いようです。

その場合は、ふたりで貯金を始めて、「目標金額になったら結婚式の費用にしよう」などと話をしてみると、彼も結婚を意識し始めるはずです。

また、ふたりの関係が良好で、彼が現状に満足してしまっている場合もなかなか結婚話は出てこないかもしれません。

そのような場合には、「何歳までに子供を産みたいから何歳までには結婚したい」と具体的な話をしてみると、彼も結婚に向けて行動してくれるでしょう。

結婚しようとしない彼氏との関係…どうするかはあなた次第

長年付き合っている彼氏がいれば、「この彼と結婚していいのか」「他にもっといい人がいるかもしれない」など迷うこともあるでしょう。

自分の気持ちが分からなくなった時におすすめなのが、「自分の思いを文章に書き出してみる」ことです。

今付き合っている彼と、「結婚しなくても一緒にいることが大切」と思うのか、それとも「結婚しない人生は嫌だ」と思っているのか、しばらくの間、彼とは会わず、ひとりになってじっくりと考えてみてください。

結婚について思っていることや今の色々な気持ち、その選択をしたらどんな将来が考えられるのかなどを書き出してみることで、後になって見返した時に、自身の過去の選択を肯定し、納得することができます。

できるだけ「最良の選択」をしていけるように、願望と現実の両方から考えることが大切です。

どれだけ考え抜いたとしても、最良の結果にならないこともあるし、望まない結果になることもあります。

しかし、自分でじっくり考え、納得した上での選択だと思えば、過去の自分を肯定できるし、辛い思いをしてもそこから反省し、学習してこれからの人生に活かすことができるでしょう。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ