知恵の花

部屋が狭いとストレスを感じる?圧迫感を無くす方法とは

   

部屋が狭いとストレスを感じる?圧迫感を無くす方法とは

皆さんは、狭い部屋にどのようなイメージを持っているでしょうか。

元来、部屋が狭いとかえってリラックスできるという人が多いようです。

しかしモノがあふれている、あるいは雑然としていると、圧迫感によるストレスが生じるものです。

ここでは、狭い部屋で圧迫感のない快適な生活をするためのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

スポンサーリンク


社会人は学生とは違って狭い部屋にストレスを感じやすい傾向が

社会人ともなると学生の頃とは違って、少々体調が悪くてもなかなか仕事を休むことができません。

ですから、せめて仕事を終えて自宅にいるときには、のんびりと体を休めたいものです。

ところが、狭い部屋にいると、窮屈な感じがしてなかなか気分がリラックスできないですよね。

気分がすぐれないと、体調もなかなか改善せず、ますます悪化することになります。

むしろ広い部屋の方が、開放感があって精神的にも安心できます。

学生時代に下宿などで一人暮らしをしていた頃は、たとえ4畳半一間などといった狭い部屋でも、楽しく暮らせていたでしょう。

しかし、社会人で単身赴任となって家族と別れて狭い部屋に一人で暮らしていると、様々なストレスが生じてきます。

ただでさえ仕事で忙しく大変なのに、狭い部屋に住まわされて、といった不満が募ってくるものです。

単身赴任では住むところを自分で選べませんから、余計にストレスが溜まりますよね。

狭い部屋によるストレスを解消するための口コミ4選

1.部屋にあるモノを減らす

最近では、断捨離という言葉が流行しています。

安易に新しい物は購入せず、そして要らない物、使わないものを徹底的に捨てて、シンプルな部屋にします。

部屋がスッキリするだけでなく、精神的にもとても気持ちよくなったという人が多いようです。

2.部屋の空間を考える

背の高い家具は置かれているだけで圧迫感を感じるので無くします。

また色調も考えて、カーテンやベッドカバーなどの色も白などのすっきりした色にかえるだけで、ずいぶんと部屋が広くなるように感じます。

3.窓の周りに物を置かない

家具などはできるだけ壁側に置くようにして、窓の周りにはできるだけ何も置かないようにします。

こうすることでドアから窓までが長くなり、縦長の広い部屋に感じるようになりました。

4.壁にはなにも飾らない

ポスターや植物など、壁に飾っていたものを無くしただけで、急に部屋が広く感じるようになりました。

壁には何も貼ったり飾ったりせず、そのままで置くことが大事です。

部屋が狭くてもストレスを感じないようにする2つの方法

1.部屋の空間は正方形になるようにする

部屋に家具を配置する際には、配置後の空間ができるだけ正方形になるようにすることがまず大切です。

これは、同じ家具を置いても残った空間が長方形となるよりも、正方形の方が、同じ面積であってもより広い空間に感じるからです。

このように家具の置き方ひとつとっても、部屋のイメージが変わってきますので、注意したいものですね。

2.目の高さよりも低い家具を置く

部屋に置く家具を選ぶときには、自分の目の高さよりも低い家具を選ぶことも大切なポイントです。

これは、自分の目線よりも高い家具があると、圧迫感を感じるようになるためです。

圧迫感があると部屋が狭く感じ、それによってストレスが生じることになります。

圧迫感を無くして部屋を少しでも広く感じさせるためにも、なるべく上の方に物を置くことは避けましょう。

ストレス軽減だけじゃない狭い部屋のメリットとは

これまで述べてきた通り、狭い部屋は工夫次第でストレスがかからない快適な空間となります。

しかし、それ以外にも狭い部屋には様々なメリットがあります。

まず、狭い部屋は掃除がしやすいという特長があります。

これは生活空間が小さいため、ある意味当然と言えますよね。

広い家よりもあちこち掃除して回る必要がありませんから、短時間で楽に掃除ができます。

他にも、狭い部屋の場合、生活動線が良いというメリットもあります。

これも空間が小さいから当然ですが、洗濯を干しに行ったり食事を運んだりするなどの日常的な動作が短くて楽になります。

そして、部屋が狭いため自然と要らないものがなくなり、収納上手になれる、さらには光熱費が安くなる、などといったメリットもあります。

また、狭い部屋は当然家賃が安くなりますので、生活にかかる費用も低くて済みます。

狭い部屋よりも暗い部屋の方がストレスの原因かも

賃貸マンションに住んでいる人の多くは、部屋の広さに不満を持っているようです。

これは生活する年数が増えるにつれて物が多くなり、収納スペースも限られていることから来るようです。

しかし、広い部屋に住もうとすれば当然家賃が高くなりますから、難しい問題です。

こうして物が増えることで収納するための家具などが増えて、部屋が狭くなってしまうことによるストレスが大きくなるとされています。

とはいえ、本当に部屋の狭さがストレスに関係しているのかというと、必ずしもそうとは言えないようです。

あるアンケート調査によると、部屋の狭さと暗さのどちらにストレスを感じるか、という問いに対して、6割以上の人が暗さに感じると回答しています。

そもそも人間は狭い空間に安心感を得るものであり、ストレスが生じるのは部屋の狭さというよりも、動線の悪さから生じるものではないか、と言われています。

つまり狭い部屋でも工夫次第で、十分にリラックスできるものとなるのです。

関連記事はこちら


 - ライフスタイル・生活

ページ
上部へ