知恵の花

プロ直伝!キレイな眉をつくるメイク道具のポイントと改善点

      2017/02/16

プロ直伝!キレイな眉をつくるメイク道具のポイントと改善点

みなさん、いつも眉のメイクはどのようにしていますか?

眉毛はその時のトレンドを一番表すポイントだと言われています。

細眉・太眉・下がり眉など、流行った眉毛はいろいろあります。

しかし眉メイクを極めるポイントは流行り眉ではなく、基本を極めることが重要です。

そこで今回は、眉メイクの基本やアイテムについてお伝えします。

自分に合った眉メイクで、トレンド顔に挑戦してみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

居酒屋の店員さんがかわいい!自然な感じで仲良くなる方法

なかなか良い出会いがないなぁ…と思っていたら、よく行く居酒屋...

男には彼女を自慢したがる本能がある?自慢したくなる特徴について


「彼氏にとっての自慢の彼女になりたい」 このよう...

夫の両親と同居を解消するベストなタイミングと切り出し方


義理の親と同居している方はいますか? 

遠距離恋愛の彼が言う「忙しい」は本当?長続きのコツとは

遠距離恋愛は、なかなか会えない分、関係を続けていくのはとても...

彼女のことを男友達が呼び捨てする…男性が嫉妬する理由とは

つきあっている彼女が男友達に呼び捨てされているのを聞くと嫌な...

中学生と教師!禁断の恋愛を成就させるための方法について


中学生ともなると、体も心も子供から大人に変化を遂...

女友達が好きかも!?自分の気持ちがわからない時の対処法



女友達としてずっと接してきたのに、あ...

彼氏と元カノのアヤシイ関係!連絡を取っている時の対処法

あなたは彼氏が元カノと連絡を取っていることを許せますか?

彼の仕事が忙しい!彼女と会う余裕ない理由と彼とうまく付き合う方法


仕事が忙しい彼と付き合うことになると、なかなか会...

女性の好意に気づくとモテる!女性からのサインに気づくコツ


女性が自分に好意を持っていると感じることはありま...

仕事で疲れた彼・彼女にかけたい言葉と注意したい言葉


現代は女性の社会進出により、男女問わず仕事をする...

知っておきたい結婚手続きのあれこれ!戸籍謄本と除籍のしくみ

結婚する時は、婚姻届に必要事項を記入し、役所に提出し、受理さ...

彼女ができて性格が変わる男性の恋愛心理とは



あなたのまわりに彼女ができたことで、...

スポンサーリンク


今のトレンドは…眉メイクのおすすめの道具

近年、男性でもアイブロウを愛用する人が多く、メンズ化粧品でもアイブロウを置いているところを多く見かけます。

女性の場合は、毎年の流行で長さや角度、太さが変わります。

そんな眉毛メイクに必要なアイブロウ(眉メイク道具)について簡単に紹介していこうと思います。

眉毛を書くのに定番なのは、ペンシルタイプのアイブロウです。

種類が豊富なため、色んなものが売られているますが、基本は名前の通り鉛筆の様な形状をしています。

ペンシルタイプは鉛筆で文字を書くように「眉毛を書く」ことができるため、初心者さんでも使いやすいです。

自然な眉毛を書くのに便利なパウダータイプのアイブロウは、パウダーをアイシャドウの様に固めた固形タイプのアイブロウです。

見た目も使い方もアイシャドーと似ていて、専用のブラシにパウダーをつけ、眉毛を書いていきます。

パウダーはぼかしやすいので、眉毛全体の濃さを整えたり、 色の調節がしやすいです。

眉毛メイクに人気なアイブロウマスカラは、まつげに使うマスカラと同じように液状で専用のブラシで眉毛に塗って使います。

色を変えることができるため、近年のメイク道具では非常に人気の高いです。

少し使い方が難しいのですが、ボリュームもアップでき、落ちにくいメイク道具です。

ざわちんが使用している眉のメイク道具

ものまねタレントで有名な「ざわちん」はメイクで顔をそっくりにしています。

特に凄いのが目元なのですが、本人のブログでも書いていた通り、かなり凝っています。

そんなざわちんさんが使っている道具を紹介していこうと思います。

アイブロウペンシル

コージードーリーウィンク アイブロウペンシル03

ペンシルタイプのアイブロウで、色の種類はハニーベージュ・ショコラアッシュ・ビターチョコの3種類あります。

ざわちんが使っているのは、3のビターチョコです。

値段は約700円です。

アイブロウパウダー

インテグレート アイブロー&ノーズシャドーBR731

ノーズシャドーとセットになっているアイブロウパウダーで、色の種類はBR631とBR731の2種類あります。

原産国が日本なのが日本向けのようで嬉しいメイク道具です。

値段は約1300円です。

切れかけのリキッドコンシーラー

クリニーク ラインスムージングコンシーラー05

小じわをかくす小じわ専用コンシーラーです。

色の種類は、ライト・フェアー・ミディアムの3種類で、ざわちんが使っているのはライトで書いた眉毛を修正する際に使っています。

綿棒

綿棒は色を薄く延ばす際に使っているみたいです。

指でするより、綿棒の方が細かな作業がしやすいからかと思います。

アイブロウマスカラ(お好みで)

スージー ソフトスタイリングエキスパート01

パリッとせずに柔らかな使い心地が特徴のアイブロウマスカラです。

色の種類は、アッシュブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンの3種類で、ざわちんが使っているのはライトブラウンです。

ふんわりとした眉毛にしたいときに使っているようです。

値段は約1300円です。

どれもプチプラな値段で試しやすいのがいいですね。

ざわちんが極めた眉メイクの方法とは

①理想の眉毛の下の輪郭のみを、ペンシルタイプで書きます。

②次は先ほど書いた下の輪郭と繋がるように上の輪郭を書きます。眉頭は繋げません。

③輪郭の中を軽く、色を埋めていきます。

④綿棒で色を伸ばします。

⑤さらにナチュラルに見せるために、眉頭からアイブロウパウダーで埋めます。
ポイントは優しく軽く埋めることです。

⑥眉頭をアイブロウパウダーの筆、または綿棒で 中心側(鼻筋側)に向かって伸ばしながらぼかします。

⑦眉毛の線が変になってきれいな形にならなかった場合は、リキッドコンシーラーで修正します。

切れかけていると塗りすぎないので便利のようです。

コンシーラーで消した後にアイペンシルなどで書きなおして完成です。

⑧もっとふんわりした眉毛を手に入れたい人や髪の毛の色に合わせたい人はアイブロウマスカラを塗って完成です。

ペンシルを使う際に色を濃くしないように力を抜いて、色を重ねるように書くと失敗せずにできるのでお勧めです。

現役美容師直伝!メイクが変わる眉カットのコツ

■コツは眉コームの使い方

眉を整える順番は、最初に全体の長さを揃えます。

小さくて目が細かく、柔らかい眉コームがお勧めです。

眉毛は上下の両方向から顔の外側に向かって生えています。

根元から綺麗に眉毛をすくうコツは、毛流れに沿って、コームを顔の中心に少しだけずらすようにすくうといいでしょう。

眉ハサミは手首を表向きにして、肘を上げると姿勢が安定するのでカットがしやすくなります。

眉を整える時に、コームを使わずに剃ったり、カットをしていませんか?

上記の方法で、綺麗に整った眉毛にカットしてみましょう。

■眉の下側の剃り方

眉毛を整えた後は、眉の下側を剃ります。

年を重ねていくと「アポトーシス」と言って成長を制御する遺伝子が自然死してしまい、1本だけ長い毛が眉毛などに生えることがあります。

こういう長さの違う毛も一緒に整えるために、「真ん中→眉頭→眉尻」の順番で剃るとバランスが取りやすくなります。

焦って剃りすぎないように、剃る順番に気を付けてゆっくり行いましょう。

■眉を整えた後のケア

最後に眉毛の上側を剃ります。

「眉頭→眉尻→眉山」の順番で整えて行くと失敗しにくいです。

注意点は「眉山は剃りすぎないように注意をする」「眉尻は細くし過ぎない」ことです。

上側の眉毛を整えた後に忘れてならないのが皮膚ケアです。

眉剃り後は、化粧水やローションを塗って皮膚の炎症を抑えることが大事なので忘れないように気を付けましょう。

NG眉メイクを改善するコツ

最初に眉毛を整えましょう。眉毛付近に生えている無駄な毛を処理した後に、スクリューブラシで毛の流れを整えます。

眉毛が整っていないのとメイクが生えないので必ず行いましょう。

次に眉尻から書いていきます。

ペンシルタイプのアイブロウで、眉尻の薄い部分に書き足します。

ペンシルで眉の輪郭をとると、自然な眉じゃなくなるのでお勧めできません。

毛を1本ずつ書くようにすると自然な眉になります。

次にアイブロウパウダーを使います。

眉頭から中間あたりまで、アイブロウパウダーの一番明るい色を入れましょう。

眉頭を明るい色にすることで、太眉でも違和感がなくなります。

中間色を全体に入れて、眉の真ん中あたりにパウダーの中間色を軽く入れます。

明るい色を入れた部分に少し重ねて入れるのがコツです。

ペンシルで書き足した眉尻に暗い色のパウダーをいれてます。

次に眉マスカラで毛色を整えます。

アイブロウマスカラは毛流れに沿って1回だけ塗るとナチュラルがでます。

液がつきにくい人は毛流れに逆らってブラシを動かすとつきやすいです。

毛の多い人はマスカラ液が多くついてしまうので注意が必要です。

最後にアイブロウパウダーを使います。

目頭から瞼と鼻の中間のくぼみにノーズシャドウを入れます。

ノーズシャドウをいれることで、眉がくっきりと立体的に見えるようになります。

関連記事はこちら


 - 美容

ページ
上部へ