知恵の花

受験に失敗した子供をもつ親がかけると良い言葉・悪い言葉 

   

受験に失敗した子供をもつ親がかけると良い言葉・悪い言葉 

受験は子供本人もそうですが、親にとっても重要ですよね。

そして合否発表まではお互いにドキドキして落ち着かないと思います。

合格したらもちろん嬉しいですが、失敗してしまった時に子供へどう言葉かけをすれば良いか悩むと思います。

言葉かけ1つで子供にとって良い場合、悪い場合どちらにも転がる可能性がありとても重要です。

今回は受験で失敗した場合に子供に親がかける言葉がけについてお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

再婚によって子供の苗字はどうすべき?子供のために考えるポイント



母親が再婚すると子供の苗字が変わると...

告白してから返事を待つ期間と待っている間の過ごし方

勇気を出して告白したけど、返事を待って欲しいと言われてしまっ...

AB型彼氏の特徴〜冷たいと感じる性格と上手に付き合う方法



血液型で相手がどんな人かを当てはめて...

本当に結婚できる?彼氏との将来に不安を感じた時の処方箋



結婚はしたい!だけど今の彼氏とで将来...

好きな人に電話したのに無視される…その理由とは

好きな人が電話に出てくれなくて、無視されたらつらいですよね。...

メンヘラ彼女に要注意!別れたいけど別れられない恐怖の恋愛



大好きな彼女だったのに…付き合いが長...

なぜ異性の友達がいない?女性にとって男友達の重要性とは


近頃、異性の友達がいないという女性が増えていると...

バツイチの彼氏には子供がいる…長続きする付き合い方のコツ

付き合い始めた彼氏がバツイチで子供がいると知ったら、あなたは...

お菓子作りが趣味の女性は男性ウケする?男性の本音とは

お菓子作りと言えば、女性の趣味の定番ですね。
...

40代男性のデート代、割り勘はアリ?ナシ?婚活も考えた支払い方法


最近はデート代を割り勘にする男女が増えてきている...

男友達から突然の告白!その後も友達関係を維持する断り方



仲が良かった男友達から突然告白された...

片思いしている彼は仕事が忙しい人…メールで彼の心を掴む方法


片思いをしている彼との心の距離を縮めるには、直接...

騒音の苦情を警察に訴えたい…円満解決のための対策

今では、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる世帯が...

大学の部活は大変なの!?サ-クルとの違いについても紹介!


大学に進学しても、中学・高校時代に熱中した部活を...

大学生の彼氏が好きなご飯って?彼女に作って欲しい手料理とは

彼氏にご飯を作ってあげたいと思った時に悩むのが、「どんなご飯...

元カノから連絡するのは迷惑?別れた後の元カレの心理とは

しばらく前に別れた元カノから久しぶりに連絡が来たら、あなたは...

彼女の仕事が大変な時に彼氏がとるべきベストな対応

ページの目次1 仕事が大変な彼女とどう付き合う?2 仕事が大...

女性は告白されるのを待つべき?気になる今の恋愛事情!



草食男子と言われる恋愛に消極的な男性...

気になる彼女の交友関係!男友達グループに対する許容範囲



彼女に男友達グループと遊ぶと言われた...

勉強中に音楽を聴くことは科学的に本当に効果がないのか


数ある勉強法の中で、音楽を聴きながら集中力を高め...

スポンサーリンク


受験に失敗してしまった子供の本当の気持ち  

大学・高校・中学・小学受験と人生の節目に、受験という2文字がいつもついて回り、気になるところです。

まだ、子供が小さい家でも、受験のシーズンになると、お菓子コーナや惣菜コーナには受験生のための応援グッズが売られているのを目にしますね。

本人やその家族であるなら、毎日を不安な気持ちで過ごしているでしょう。

ましてや、試験が上手くいかなかったとなれば、合格発表の日まで、心が落ち着かないものです。

他の同級生を同じように4月から学校に通うつもりでいたのに通えないかもしれない。

合格発表の時に、自分の番号だけが抜け落ちていたら、ますますショックはとても大きいものです。

また、同級生同士でも当然、誰が落ちた、誰が受かったと合否の話は話題になります。

たとえ、自分で言わなくても、同級生に受験に失敗した事実はすぐに勘付かれてしまうものです。

落ちた本人は、恥ずかしい・悔しい・もうこの場から逃げたいと思うことがあります。

それと同時に、同じ同級生よりも自分は実力が劣っているんだと、自己評価を下げ、劣等感さえ感じています。

また、親の期待を裏切ってしまったと自分を責めています。

親は、受験に失敗した事実に失望し、支えてきた自分の努力が消えたようで、虚しい気持ちになりますが、一番辛く、苦しく、絶望的になっているのは、受験した本人なのです。

もっと頑張っておけばよかった、もっとすべき方法があったのかもしれない、なぜあの問題が解けなかったのだろうと思っているのです。

過ぎてしまったことは仕方がない。そんなことは誰もが頭の中では分かっているのですが、自分の力だけでは、なかなか気持ちを切り替え、リセットできるものではないのです。

このような言葉かけは注意!受験に失敗した子を持つ親の失言例  

失敗した子供に、激励の気持ちで「お前の努力が足りなかった」「もっと勉強しておけば、受かっていたはずだ」という言葉をついかけてしまうことがあります。

これは、本人への叱責ではなく、この失敗を糧に、伸びてほしいという親心です。

しかし、このようなやり取りによって、子供はますます自己評価を下げてしまいます。

どんな時も最後は本人の味方になれる親として、子供の求める安全地帯を提供できなくなります。

「あの塾にいっていた方がよかった」「今思えば、もう少し目標を高く設定してがんばらなきゃだめだった」という風に、親は勉強の仕方を反省し、言葉に出してしまうこともあります。

これまで子供に「こうやればOKだよ」としていた内容を否定することは、親の期待に頑張ろうとしていた子供にとっては、親子の信頼関係を崩すことになります。

また、「こんなにがんばっていたのだからそれで十分」と言っていたけれど、不合格になったとたんに「もっと努力しておく必要があったかもしれないね」といった言葉をかけることで、子供は「出来ることを精一杯やればいい。」と考えていた根本から覆された思いになり、自分自身を全否定しかねません。

言葉かけは慎重に!親が受験で失敗した子供にかけてあげる言葉  

親としてしてあげられることは、まず、受験した本人の気持ちをきちんと理解してあげることです。

子供はこれまでの努力が実らなかったことに落ち込むだけでなく、同じ同級生よりも自分は劣っているんだと、自己評価を下げ、劣等感さえ感じています。

また、親の期待を裏切ってしまったと自分を責めています。

ただでさえ落ち込んでいる子供に対して、「お前が勉強をしなかったからこんなことになったんだろ!」なんていう言葉は、子供の立ち直りを止め、親との信頼をなくすだけです。

親として最初にかけてあげられる言葉は、励ましてあげることです。

「結果は残念だったけどよくがんばったね。」「受験に失敗したからといって、人生が終わったわけではないから。」など、子供の今までの頑張りをたくさん認めてあげることです。

みんなはどうしてる?子供が受験で失敗した時の親からの言葉かけ  

では、他の方は、どんな方法で子供と乗り越えたのでしょうか?

◯励ました

「本人も不合格を覚悟してはいたと思いますが、現実になるとやはりショックだったようです。済んだことは仕方がないので、これから受ける入試の対策に万全を期そうと声をかけました。」

「精いっぱい取り組むことにこそ意義があって、結果は運もあるし仕方がないよ。と声をかけました」

◯叱った・怒った

「勉強しなかった自分の責任だよ。と伝えました」

◯見守った

「正直がっかりしました。でも試験を受けたのはわたしではなく子どもですし、多分いちばん悔しいのも子ども自身でしょう。だから、残念だったね。と伝えただけで、あとはそっとしておいてあげました。」

親と子供の関係はそれぞれあります。

受験に取り組んできたスタンスもそれぞれです。

子供が求めている言葉を言ってあげられるか、その時の親の気持ちの余裕さにもあります。

しかし、頑張ってきたのは子供自身なので、そのことを誇りに思い、まずは認めてあげましょう。

受験に失敗した子供がいる親に今すぐ出来る対処方法 

受験に失敗してしまって可哀そうな子供と思い、干渉し過ぎることはよくありません。

受験に失敗してしまった子供は、とってもナイーブです。

もちろん責めることはよくありませんが、あまり優しい言葉をかけ続けることは、逆に期待に応えられなかった自分を責めてしまうからです。

失敗してしまった直後はあまり干渉せず、お父さん・お母さんはあまり気にしていないということを頑張ってアピールしましょう。

そして、もしも子供が相談してきたら、自分の出番だと感じ、一緒になって次の目標を目指しましょう。

あまりお父さん・お母さんが不安に思っていると、子供はさらに不安になってしまいます。

堂々とした態度で話してあげると、子供も安心します。

若いうちに挫折をしておくと、きっと将来に活きてきます。

逆に挫折を知らない人が、社会に出てから初めて挫折を味わうと、立ち直れないことだってあります。

受験の失敗をしっかりと活かし、次の受験では必ず目標達成出来るようにフォローしてあげたいですね。

関連記事はこちら


 - 学校生活

ページ
上部へ