知恵の花

女性が生涯一人で生きていくために必要になるチカラとは…

   

生涯一人で生活していく場合、現在の状況では男性よりも女性の方が困難だと言われています。

その原因は男女の賃金の差や仕事など、様々な要因があります。

では、女性が生涯一人で生活するためにはどうすればいいのでしょうか?

女性一人でも強く生きていくために必要なチカラとは…

ぜひ参考にして生き抜くための術を見極めましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

好きな人が友達と付き合ったら…ツライ失恋を乗り切る方法



恋愛には様々な問題やトラブルがつきも...

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

スポンサーリンク


女性が一人で生きていくには仕事の充実が必須!

女性が一人で生きていく上で重要なことは、仕事です。

生活をする上で必要な収入を得るのはもちろんですが、仕事の充実感を得ることも生きていく上では大いにプラスになります。

ここで言う「一人で生きていく女性」というのは、結婚をしていない女性のことを指しています。

結婚している方であれば、夫や子供の世話をしたり、話をしたりすることで充足感を得られるかもしれませんが、女性が一人で生活する場合、話をする友人はいても、他者の役に立つという充足感は得られないくいでしょう。

また、年齢が上がるに連れて、仕事の選択肢は狭まります。

そのため、なるべく早いうちから、手に職がつくような職種や業界で経験を積み、長く働けるようにされるとよいでしょう。

また、こうした仕事は、収入も経験とともに上がっていきますし、仕事に対する充足感も得られやすい傾向にあります。

手に職を持つようなお仕事をされていない方でも、幅広い人脈を築くことで、思わぬところから仕事に誘われることもあります。

将来のことを考えれば、人脈を広げることは、色々と役に立ちます。

女性が一人で生きていくためのチカラになるスキル

女性が一人で生きていくためには、仕事をすることが必要になります。

現在では、リストラや倒産など、終身雇用の崩壊が当たり前で、今は良くても先のことはわからない時代です。

そこで頼りになるのが資格を持つことです。

ここでは、女性が一人で生きていくために有効な資格をご紹介します。

  1. 社会保険労務士…企業の労働保険業務や労務・年金・社会保険のコンサルタント業務を行う士業で、企業に勤める方が多いですが、独立開業も可能です。
  2. 司法書士 …市民の権利と財産を守る法律実務家で独立開業も可能です。
  3. 土地家屋調査士 …調査・測量・登記のスペシャリストで、建築、不動産関係において、非常に重宝される資格です。

いずれも有資格者の収入は高めであり、一度取得すると、生涯使える資格です。

簡単な試験ではありませんが、集中して取り組むことができれば、2年程度で取得できると言われており、現実的に取得可能な資格です。

また、これらの資格に共通するのは、法律に関連する資格であるということです。

法律の専門家に女性が増えれば、働く女性に優しい社会ができますね。

女性が一人で生きていくことができる仕事とは…

女性が生涯独身を貫こうとしますと、必要なのはお金です。

今を生きるためのお金、老後の生活のためのお金、不測の事態に備えるお金など心配はつきません。

必要なお金を得るためには仕事をすることです。その際の雇用形態は「正社員」がよいです。

「正社員」であれば、福利厚生はしっかりしていますし、退職金制度を用意している企業も多くあります。

また、女性でも定年まで勤める方が多く、安定している「公務員」、常に需要があり、同世代の女性よりも高収入が見込める、医師・看護師・薬剤師などの「医療系国家資格」の職業は大いにチャレンジする価値があります。

こうした仕事にチャレンジしながら、できれば手取り収入は350万円以上を狙いたいところです。

さらに、年間100万円以上の貯金を継続することで、老後の備えとしたいところです。生涯に渡って独身として過ごすことは、一人の時間を満喫できますが、怪我や病気などの際は、頼れる人もおらず、働けなくなり、収入が途絶えてしまいます。

そのためにも、不測の事態に対する蓄えも必要となります。

女性が一人で生きていくのは大変なことばかりではない!

女性が一人で生きていくメリットはいくつかあります。

その中でも自由に恋愛ができることが大きなメリットです。

女性は恋愛をすることで外見に気を使ったり、内面を磨いたりと輝けるものです。

しかし、既婚者が別の男性を好きになれば、世間では不倫と言われ、多くの場合、非常に大きな代償を払うこととなります。

しかし、独身であれば、自由恋愛です。

また、世間一般では、既婚女性といいますと、夫の給料でやりくりすることが多く、夫と子供の世話や家事などで時間の大部分を取られ、その中でも時間をやりくりしてパートに出ても、パート代は生活費に消えていくという生活が多いと思います。

ですが、独身女性であれば、時間はすべて自分のために使えますしし、収入も自分のために使えます。

付き合いに関しても、既婚女性は、夫の人間関係や子供に関係する人間関係など、色々と気を使うことも多いですが、独身女性であれば、自分の友人関係の他には、親との関係くらいで、人間関係に気を使うことはありません。

心配事は自分のことと、親のことくらいです。

女性が一人で生きていく上で生じる問題点

女性が一人で生きていくデメリットはいくつかあります。

結婚していない女性は、周りが放っておかないことがあります。

好きで独身でいるのに、親や親戚、周囲の方から結婚を意識させるような、いらぬプレッシャーを受けることがあります。

収入面での不安が大きなことです。

今は仕事があって生活ができていても、この先ずっと仕事があるとは限りません。

女性の社会進出は著しいものがありますが、それでも現実には、女性が定年まで安定して働ける職場環境は多くありません。

結婚していれば、お金のない時期でも夫に支えてもらいながら、その都度、パートなどで補填していけばいいのですが、独身ですと自分だけが頼りです。

未婚の母はこの限りではありませんが、一般的に、独身女性には出産や子育ての機会はありません。

独身時代には、子供を持つことに対して興味がなかった方でも、子供を授かった途端、価値観がガラリと変わり充足感を得ることもあります。

また、子育ての過程では、気付きも多くあり、子供とともに成長しているという実感を持つ方もおられます。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ