知恵の花

彼女はお酒を飲めない方がよい?男性からみた女性とお酒の関係性

   

彼女はお酒を飲めない方がよい?男性からみた女性とお酒の関係性

最近では女性でもお酒が好きな人が多く、お店などでも普通に飲酒をすることが多くなっています。

女性もお酒に関わる機会が多くなってきていますが、男性はそれをどう思っているのでしょうか?

やはり男性的には彼女は飲めない方がかわいいと思うことが多いのでしょうか?

そこで今回は、お酒が飲める方がよいのか、飲めない方がよいのかなど、男性からみて彼女にどうあってほしいかを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

賃貸アパートを契約期間内に解除する時の手続きの流れと違約金



賃貸アパートの契約期間は、通常2年間...

うさぎがくしゃみをする原因と考えられる病気とは

最近は、うさごをペットとして飼われる方も多くなってきているよ...

彼氏が女友達と旅行ってアリ?許せない一線と対処法

いくら仲が良いと言っても、彼氏が女友達と旅行に行くのは彼女と...

身長の高い男性が女性にモテる理由と意外なデメリット

いつの世も「背の高い男の人が好き」という女性は多いもの。

仕事の相談を異性にする女性は脈ありか脈なしか


女性から仕事の相談を受けたとき、あなたならどう思...

既婚男性が食事に誘う理由は?下心を見抜く方法


既婚男性が食事に誘ってきたら、「下心があるのでは...

好きな人への告白を成功させるコツは、友達の協力にあった!


好きな人へ自分の気持ちを告白することは、とても勇...

アラフォー独身女性で無職って大丈夫?気になる人生設計



年々結婚をせずに生涯独身の女性が増え...

夫婦二人の月額生活費の平均と家計見直しのポイント

夫婦二人で生活していると聞くと、ゆったりとした余裕のある暮ら...

30代後半になる独身男性の恋愛・結婚に立ちはだかる壁

30代は仕事、私生活と一番脂が乗ってくる年代でしょう。

彼氏の浮気が発覚!彼を取り戻すためにできること


彼氏が浮気していることが分かったら、ショックです...

奨学金を申請理由を兄弟のことにする際の書き方

奨学金を申請する場合、兄弟が多いこと、兄弟が重い病気にかかっ...

中学生と教師との恋愛!果たして成就するか

女子は男子より成長が早いため、中学生になると、異性を意識し始...

モテたい人必見!デートの達人はお礼メールを毎回欠かさない!

好きな人とのデートは幸せな時間ですよね。
...

友達に彼女を取られるのが怖い!友情と恋愛を両立させる方法


彼女とは仲がいいし信じているけれど、ふと、友達に...

異性の友情は成立する?友達が既婚者で付き合い方に悩んでいいる方へ

「異性の友情は成立するのか?」

彼女ができない諦め男子!その理由と対策

俺には一生彼女なんかできない…そう嘆いている諦め男子が増えて...

節約!旦那の手作り弁当のコツと注意点

家計を預かる主婦にとっては、節約は永遠のテーマです。

夫婦の趣味が合わない!信頼のきずな構築の真の原理とは

これから結婚を考えているあなたへ、付き合っている彼と趣味が一...

彼女が料理を作ってくれない…その本当の解決方法!

彼女が料理を作ってくれないと、不満を抱えている男子諸君へアド...

スポンサーリンク


彼女にするならお酒が飲めない子or強い子どっち?男性の本音

Q.恋人はお酒に強い女性と弱い女性のどっちがタイプですか?

「お酒に強い女性」が41.4%で「弱い女性」が58.6%となり、恋人にするなら「弱い女性」の方がタイプという男性が6割ほどでした。

■お酒を一緒に楽しみたい

「自分が強いから一緒に飲めると嬉しい」(29歳/食品・飲料/営業職)

「晩酌をしたい」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

「一緒に美味しいお酒を楽しみたい」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

自分がお酒が強い男性は一緒に楽しめる女性がタイプという傾向があります。

相手が弱いと遠慮して自分だけは飲みにくいからでしょう。

■安上がり

「お酒が強い女性はデートでお金がかかる」(38歳/情報・IT/技術職)

「デート費用が酒代の分浮くので助かる」(31歳/商社・卸/営業職)

お酒が強い女性は飲み代がかかるから弱い方がいいという男性も少なくありません。

割り勘ならまだしも男性がデート代を支払う場合は死活問題です。

■飲んですぐに赤くなるのが可愛い

「弱い子の方が上品な感じ」(32歳/学校・教育関連/専門職)

「全然飲めないのは楽しめないけど、少し飲めるならすぐに顔が赤くなる方が色っぽい」(33歳/情報・IT/技術職)

お酒に弱い女性が赤くなるのがいいという男性も多いのです。

たくさん飲んでもケロリとしている女性は、下心がある男性にとっては少々残念と言えます。

酒癖の悪い女性は彼女候補から外れるので男性の前では程々に

男性が苦手な女性は酒乱で、その他がどれだけモテる女の条件に該当しても酒乱だと絶対にモテません。

酒乱女はドン引きですし、体目当ての男にはいいカモと言えます。そんな女性がモテるはずはないので気をつけてください。

男性は女性を見る際に結構冷静に見ていて、性欲だけで判断しているのではありません。

よって、「この女性と交際したら心配だ」「交際してからもこんな感じなの」と常に分析しています。

だから、好意があった女性であっても、欠点を発見すると瞬時に冷めてしまいます。

逆に酒の席でも大量に酒を勧める男には注意してください。目的は一つです。

「このくらいで止めておいた方がいい」という言葉がない男は体目当てです。

また、酒乱だった彼女に対して男性からこんなエピソードも…。

「外見はかわいいのに酒乱な彼女。 彼女は普段は落ち着いていているのにひとたびお酒が入ると酒乱なのが困りもの。お酒を飲んだら別人で、Tシャツ一枚で裸足で泣き喚く、深夜に逃亡する、ワインボトルを投げる…。家庭環境が複雑で心の闇があるみたいで最もショックだったのが、友人の前で私の悪口を言ったこと。彼女はかわいくお前にはもったいないとよく言われますが、それに対し付き合ってあげていると言いたいです。冷めたわけではありませんが瞬間で意識が変わりました。」

お酒を飲めない彼女の方が異性の魅力を判断する能力が高い!

お酒を飲んだら異性が現実より魅力的に見えますが、普段から酒を飲む女性は、飲まない女性と比較して、酔ってない時でも異性の魅力を判断する能力が低いことが研究で判明しました。

レイクヘッド大学の博士によると、お酒を飲む女性は飲まない女性と比較し、男性の顔の左右対称性を判断する能力は低いそうです。

顔の左右対称性は、いい遺伝子の持っているかを判断する基準でパートナーを選ぶ時にはとても重要になります。

研究によると、アルコール依存症ではない1ヶ月に40杯程までのお酒を飲む若い女性を対象として実施されました。

その実験の1つが、45人の女性に60組の男性の顔(片方が左右対称に近い顔)より左右対称な方を選択するといった実験で、アルコールの量が多い女性の方が正答率が低いことがわかりました。

1ヶ月に5杯くらいしかお酒を飲まない女性は、全く飲まない女性と比較し正解率は低く、飲む量に比例すると言えます。

お酒を飲む女性は、酔っていなくても顔の左右対称性を判断する能力は低下していて、さほど魅力的でない男性でも魅力的と感じてしまいます。

実験結果により、アルコールが顔の左右対称性の認識力を低下させるといった可能性を示唆します。

お酒が飲めなくても飲めても節度を守り楽しく飲むことが重要!

妻はザルというかもはや編み目もない状態で枠といってもいいと言えます。

滅多にお酒は飲まないのですが、飲もうと思えば2人でワインボトル2本は軽く飲み干せます。

私より妻の方が強くて、妻は社会人になってから男性の上司と酒を飲む機会が増加し、お酒を飲んだ方が本音で話しをすることができる、と自分のお酒の強さを喜んでいるようです。

そして、上司からもかわいいと思われているみたいです。

私も妻がお酒に強いので、一緒の飲むことができて楽しいと思えます。

外で他人とお酒を飲まなくても、酒の美味しさを知っていて肴を上手に作ることができる妻と一緒に飲むのが好きで、家で飲む方が断然多いと言えます。

お酒に強いからと大量にお酒を飲んだり、弱いのに無茶をして飲む人はあまりいい感じがしません。

それより自分の適量を知っていて、状況を判断した上で、飲む量やペースを調整できる人が素敵だと思います。

最も性別に関わらず、一緒にお酒を飲むのなら誰でも同じことが言えます。

お酒を楽しく飲めるというのが基本で、適量が大事と言うことができます。

お酒が飲めなくても安心!飲み会は女子力アピールの最適な場

皆の注文係をしてくれる。

最初の注文はともかくとしてその場が盛り上がると大半の人が酔ってしまい注文もきちんとできなくなってしまいます。

そんな中で意識を保っているあなたが出番となります。

飲み物が尽きる前に「何がいいですか?」とメニューを用意することができるのは、酔っていないからできることです。

周囲の状況を把握することができるのです。

飲み物だけではなく、おしぼり、料理の追加注文もこなすことができれば、気が利く子だと男性からの好感度が高くなること間違いなしです。

あと料理は積極的に取り分けることで女子力をアピールするチャンスです。

しかし、周囲の女性は酔ってしまって料理の取り分けがきちんとできない状態です。

料理の取り分けることで「家庭的な女性」と思ってもらえます。

周囲の女性ができない時ほど、笑顔で皆の分を取り分けるのがポイントですが、あまり強引だとマイナスイメージなので注意が必要です。

お酒の席は本音を話す場と言われますが、お酒が飲めずシラフだと疎外感を感じてしまう場合があります。ですがそれでいいのです。

自分は本音で話せなくても、聞き役に徹することができます。

飲み会は自分の話をしたい、聞いて欲しいと思っている人の方が圧倒的に多いと言えます。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ