知恵の花

既婚者との恋愛に生じるリスク〜恋に生きる女性の特徴と代償

   

既婚者との恋愛に生じるリスク〜恋に生きる女性の特徴と代償

好きになった女性が既婚者であった場合、あなたはその気持ちを抑えることができますか?

今は芸能人の不倫が大問題になることもよくありますが、既婚者との恋愛は身近でもよくあるケースのようです。

しかし既婚者の恋というハードルが、恋愛が燃え上がる燃料になり、そして大きな代償を払う結果を引き起こすものにもなります。

既婚者との恋愛はどのような問題を引き起こすのか、しっかりと理解した上で、正しい判断をしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚したいけどお金がない!知っておきたいリアルなお金事情




最近は結婚しなくても良い...

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

スポンサーリンク


既婚者なのに…恋愛へのハードルが低い女性の特徴

「恋愛は麻薬のようなもの」と言われますが、恋をしている人の脳内では、「フェアルエチルアミン」という脳内麻薬が分泌されます。

その効果は長くとも3〜4年、ずっと分泌され続けているわけではありません。

ですから、恋愛結婚したとしても、年月を経るにつれて、恋する気持ちは落ち着いた愛情へと姿を変えていくのが普通のことです。

脳内麻薬が出続けているハイな状態では、疲れ果ててしまいますので、恋愛感情はそう長続きしないものなのです。

既婚者なのに恋愛をしたくなる女性は、結婚生活にすっかり溶け込み、仕事や家事、育児にもすっかり慣れ、円滑にこなせるようになっています。

言い換えれば「結婚生活に落ち着いてきた」、言い換えれば「退屈な」状況です。

そこに、新たな出会いや理想の男性と知り合う機会、素敵な男性に好意を告げられる出来事があったとしたら、既婚女性であっても再び恋してしまいます。

それは、脳内麻薬が分泌された結果であり、恋する気持ちを止めることはとても難しいこととなります。

好きになった女性が既婚者とわかっても恋愛に発展してしまう理由は?

男性が既婚女性に魅力を感じるケースには、2つのパターンがあります。

一つは、「女性を守りたい、助けたい」という男性のヒーロー的な心理によるものです。

既婚女性の満たされない気持ちや寂しさ、忍耐や努力に対して男性は、「放っておけない」「助けてあげたい」という気持ちが湧き上がることがあるのです。

男性の側に、「女性を守ってあげたい」というヒーロー的な心理要素が満たされていなかった場合、例えば、「母親の苦労に対し、何もできなかった後悔」や、「これまでの恋愛で不完全であった自分」なのです。

こうした男性が、既婚女性に接し「自分に何かできるかもしれない」感じることは、その女性を愛することや助けることで、満たされていない自分の心理状態が払拭されていくような感覚を味わえます。

もう一つは、男性の「母性を求める心理」です。

独身男性が既婚女性に「母親」を投影し、女性を求めるケースです。

この場合男性は、家庭や子供を持っている女性に対して「癒し」や「理解」を満たして欲しいのです。

特に母親の愛情に満たされていない「不完全さ」を感じている男性は、「自分を愛し、理解してくれる存在」として既婚女性を求め、恋愛感情を抱くことがあります。

好きになった女性は既婚者だった…大きすぎる障害と恋愛リスク

既婚者との恋愛はいうまでもなく「ハイリスクローリターン」です。

障害のある恋は燃え上がります。

しかし、他人の家庭を壊す、というリスキーな結末を迎えないためにも、もう一度自分の心と向き合い、得るものと失うものを冷静に考え、損得勘定を働かせて正しい判断を導いていかなくてはなりません。

「相手は既婚者」という障害がなくなったらどうなるのか、実は勝手に盛り上がっているだけではないのか、本当に愛していて、リスクを背負ってでも守りたいと思うのか…既婚者である女性は、あなたとの関係によって家庭を壊すことになるわけです。

「離婚」という結末を迎えた場合は、民事上の制裁、つまり「金銭で解決するという手段」が待ち受けます。

このような事態になれば、ご両親や親戚も巻き込むこととなり、友人たちも離れていってしまうのです。

このような報いを受け入れてでも、相手をパートナーとして受け入れられるのか、あなた自身の気持ちと損得勘定を天秤にかけた、冷静な判断が求められるのです。

好きになった女性が既婚者だった時に生じる恋愛における2

つのリスク

既婚女性を好きになった場合のリスクも、大きく2つ考えられます。まず、相手の家族との問題です。

相手の夫に知られてしまった場合、さらに、このことが原因で離婚することになってしまった場合、あなたは高額な慰謝料を請求される可能性が高くなるのです。

判例によっては、500万円ほど請求されるケースもあるようです。

慰謝料の支払いに至るまでは当然、感情的にこじれることも覚悟しなくてはなりません。

もう一つは、社会的なダメージです。

既婚者との恋愛は、一般的に好感を持たれるものではありませんから、あなたにとっても、彼女にとっても大幅なイメージダウンとなりうるのです。

もし、あなたが身近な友人に「人妻と恋愛をしている」と打ち明けられたら、どのように感じますか? 親しい友人や兄弟などであれば、「やめた方がいい」と伝えるのではありませんか。

一方で、あまり関係のない知人が不倫関係にあったら、どのように対処しますか?ま

た、会社に知られてしまった場合は?

相手の家族との問題や、社会的な制裁を受けてでも、あなたは恋愛を続けていくことができますか?

女性は特に注意!既婚者との恋愛は差別化が重要!

恋する気持ちは止められません。

人を愛する気持ちは自由です。

相手が既婚者であることを知りながら告白し、付き合うことも、浮気をすることも、不倫をすることも、本人同士だけのことであれば、問題ないかも知れません。

障害のある恋愛というのは大いに盛り上がります。

盛り上がった恋愛感情の結末が、独身同士の恋愛と、既婚者との恋愛では、格段に異なるのです。

独身同士の恋愛に「結婚」というゴールがありますが、既婚者との恋愛には、複雑な結末が待ち受けているのです。

あなたが原因で離婚ということになれば、相手の家族に不利益を与えるのです。

そうでなくても、家族のある人との恋愛にはリスクが伴います。

そうすれば、あなた自身の家族や友人、周囲の人間にも迷惑がかかることです。

ですから、既婚者との恋愛は、独身同士の恋愛と同じように考えてはならないのです。

相手を愛する気持ち、大切に思う気持ちがあるならば、自分たちの置かれている状況を冷静に捉え、あなた自身が「悪者」にならぬよう、結論を出していくことが求められます。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ