知恵の花

既婚者との恋愛に生じるリスク〜恋に生きる女性の特徴と代償

   

既婚者との恋愛に生じるリスク〜恋に生きる女性の特徴と代償

好きになった女性が既婚者であった場合、あなたはその気持ちを抑えることができますか?

今は芸能人の不倫が大問題になることもよくありますが、既婚者との恋愛は身近でもよくあるケースのようです。

しかし既婚者の恋というハードルが、恋愛が燃え上がる燃料になり、そして大きな代償を払う結果を引き起こすものにもなります。

既婚者との恋愛はどのような問題を引き起こすのか、しっかりと理解した上で、正しい判断をしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

居酒屋の店員さんがかわいい!自然な感じで仲良くなる方法

なかなか良い出会いがないなぁ…と思っていたら、よく行く居酒屋...

男には彼女を自慢したがる本能がある?自慢したくなる特徴について


「彼氏にとっての自慢の彼女になりたい」 このよう...

夫の両親と同居を解消するベストなタイミングと切り出し方


義理の親と同居している方はいますか? 

遠距離恋愛の彼が言う「忙しい」は本当?長続きのコツとは

遠距離恋愛は、なかなか会えない分、関係を続けていくのはとても...

彼女のことを男友達が呼び捨てする…男性が嫉妬する理由とは

つきあっている彼女が男友達に呼び捨てされているのを聞くと嫌な...

中学生と教師!禁断の恋愛を成就させるための方法について


中学生ともなると、体も心も子供から大人に変化を遂...

女友達が好きかも!?自分の気持ちがわからない時の対処法



女友達としてずっと接してきたのに、あ...

彼氏と元カノのアヤシイ関係!連絡を取っている時の対処法

あなたは彼氏が元カノと連絡を取っていることを許せますか?

彼の仕事が忙しい!彼女と会う余裕ない理由と彼とうまく付き合う方法


仕事が忙しい彼と付き合うことになると、なかなか会...

女性の好意に気づくとモテる!女性からのサインに気づくコツ


女性が自分に好意を持っていると感じることはありま...

仕事で疲れた彼・彼女にかけたい言葉と注意したい言葉


現代は女性の社会進出により、男女問わず仕事をする...

知っておきたい結婚手続きのあれこれ!戸籍謄本と除籍のしくみ

結婚する時は、婚姻届に必要事項を記入し、役所に提出し、受理さ...

彼女ができて性格が変わる男性の恋愛心理とは



あなたのまわりに彼女ができたことで、...

スポンサーリンク


既婚者なのに…恋愛へのハードルが低い女性の特徴

「恋愛は麻薬のようなもの」と言われますが、恋をしている人の脳内では、「フェアルエチルアミン」という脳内麻薬が分泌されます。

その効果は長くとも3〜4年、ずっと分泌され続けているわけではありません。

ですから、恋愛結婚したとしても、年月を経るにつれて、恋する気持ちは落ち着いた愛情へと姿を変えていくのが普通のことです。

脳内麻薬が出続けているハイな状態では、疲れ果ててしまいますので、恋愛感情はそう長続きしないものなのです。

既婚者なのに恋愛をしたくなる女性は、結婚生活にすっかり溶け込み、仕事や家事、育児にもすっかり慣れ、円滑にこなせるようになっています。

言い換えれば「結婚生活に落ち着いてきた」、言い換えれば「退屈な」状況です。

そこに、新たな出会いや理想の男性と知り合う機会、素敵な男性に好意を告げられる出来事があったとしたら、既婚女性であっても再び恋してしまいます。

それは、脳内麻薬が分泌された結果であり、恋する気持ちを止めることはとても難しいこととなります。

好きになった女性が既婚者とわかっても恋愛に発展してしまう理由は?

男性が既婚女性に魅力を感じるケースには、2つのパターンがあります。

一つは、「女性を守りたい、助けたい」という男性のヒーロー的な心理によるものです。

既婚女性の満たされない気持ちや寂しさ、忍耐や努力に対して男性は、「放っておけない」「助けてあげたい」という気持ちが湧き上がることがあるのです。

男性の側に、「女性を守ってあげたい」というヒーロー的な心理要素が満たされていなかった場合、例えば、「母親の苦労に対し、何もできなかった後悔」や、「これまでの恋愛で不完全であった自分」なのです。

こうした男性が、既婚女性に接し「自分に何かできるかもしれない」感じることは、その女性を愛することや助けることで、満たされていない自分の心理状態が払拭されていくような感覚を味わえます。

もう一つは、男性の「母性を求める心理」です。

独身男性が既婚女性に「母親」を投影し、女性を求めるケースです。

この場合男性は、家庭や子供を持っている女性に対して「癒し」や「理解」を満たして欲しいのです。

特に母親の愛情に満たされていない「不完全さ」を感じている男性は、「自分を愛し、理解してくれる存在」として既婚女性を求め、恋愛感情を抱くことがあります。

好きになった女性は既婚者だった…大きすぎる障害と恋愛リスク

既婚者との恋愛はいうまでもなく「ハイリスクローリターン」です。

障害のある恋は燃え上がります。

しかし、他人の家庭を壊す、というリスキーな結末を迎えないためにも、もう一度自分の心と向き合い、得るものと失うものを冷静に考え、損得勘定を働かせて正しい判断を導いていかなくてはなりません。

「相手は既婚者」という障害がなくなったらどうなるのか、実は勝手に盛り上がっているだけではないのか、本当に愛していて、リスクを背負ってでも守りたいと思うのか…既婚者である女性は、あなたとの関係によって家庭を壊すことになるわけです。

「離婚」という結末を迎えた場合は、民事上の制裁、つまり「金銭で解決するという手段」が待ち受けます。

このような事態になれば、ご両親や親戚も巻き込むこととなり、友人たちも離れていってしまうのです。

このような報いを受け入れてでも、相手をパートナーとして受け入れられるのか、あなた自身の気持ちと損得勘定を天秤にかけた、冷静な判断が求められるのです。

好きになった女性が既婚者だった時に生じる恋愛における2

つのリスク

既婚女性を好きになった場合のリスクも、大きく2つ考えられます。まず、相手の家族との問題です。

相手の夫に知られてしまった場合、さらに、このことが原因で離婚することになってしまった場合、あなたは高額な慰謝料を請求される可能性が高くなるのです。

判例によっては、500万円ほど請求されるケースもあるようです。

慰謝料の支払いに至るまでは当然、感情的にこじれることも覚悟しなくてはなりません。

もう一つは、社会的なダメージです。

既婚者との恋愛は、一般的に好感を持たれるものではありませんから、あなたにとっても、彼女にとっても大幅なイメージダウンとなりうるのです。

もし、あなたが身近な友人に「人妻と恋愛をしている」と打ち明けられたら、どのように感じますか? 親しい友人や兄弟などであれば、「やめた方がいい」と伝えるのではありませんか。

一方で、あまり関係のない知人が不倫関係にあったら、どのように対処しますか?ま

た、会社に知られてしまった場合は?

相手の家族との問題や、社会的な制裁を受けてでも、あなたは恋愛を続けていくことができますか?

女性は特に注意!既婚者との恋愛は差別化が重要!

恋する気持ちは止められません。

人を愛する気持ちは自由です。

相手が既婚者であることを知りながら告白し、付き合うことも、浮気をすることも、不倫をすることも、本人同士だけのことであれば、問題ないかも知れません。

障害のある恋愛というのは大いに盛り上がります。

盛り上がった恋愛感情の結末が、独身同士の恋愛と、既婚者との恋愛では、格段に異なるのです。

独身同士の恋愛に「結婚」というゴールがありますが、既婚者との恋愛には、複雑な結末が待ち受けているのです。

あなたが原因で離婚ということになれば、相手の家族に不利益を与えるのです。

そうでなくても、家族のある人との恋愛にはリスクが伴います。

そうすれば、あなた自身の家族や友人、周囲の人間にも迷惑がかかることです。

ですから、既婚者との恋愛は、独身同士の恋愛と同じように考えてはならないのです。

相手を愛する気持ち、大切に思う気持ちがあるならば、自分たちの置かれている状況を冷静に捉え、あなた自身が「悪者」にならぬよう、結論を出していくことが求められます。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ