知恵の花

焼肉のカロリー高すぎ!?平均摂取量と気にせず食べる方法

   

焼肉のカロリー高すぎ!?平均摂取量と気にせず食べる方法

一人で食べても、みんなで食べても美味しい焼肉、ついつい食が進んでしまいますが、気になるのはカロリーのこと!

そこで焼肉の平均カロリーや摂取量について詳しくリサーチしてみました。

焼肉のカロリーを気にせず食べることはできるのか…
またどんなことを気を付ければいいのか、ぜひ参考にして、美味しい焼肉を堪能しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


カロリーが気になる!焼き肉の平均摂取量は?

焼肉店では、いろいろな種類のお肉を食べるケースがほとんどだと思います。

例えば、最初は牛タン、次はカルビ、ヒレ肉というような食べ方をされると思います。

では、いったいどのくらいの量のお肉を食べているのでしょうか。

お店によって1人前の量は違ってきますし、部位によっても違ってきますが、おおよそ、1人前は70g〜100gです。

例えば、ご自身の食べた量が、牛タン1人前、カルビ1人前、牛ヒレ1人前だとすると、210g〜300g程度となります。

一般的な目安として、焼肉店で一度にする食事では、男性で3人前で210g〜300g程度、女性で2人前で140g〜200g程度を食べていることが多いです。

大勢で焼肉店へ食事に行った場合、ひと口ずつ、いろいろな種類のお肉を食べることも多いと思いますが、その場合でも、1人前で70g〜100gと覚えておけば、目分量だとしてもご自身がおおよそどのくらいの量を食べたかがわかりますね。

気になる摂取カロリー!焼肉一食分だとどのくらい?

焼肉といえば、高カロリーな食べ物の代表的なものです。

わかってはいても、焼肉店に行くと、ついついたくさん頼んで満腹になるまで食べてしまいます。

毎回食べすぎて心配になりますが、いちいちカロリーを計算しながら食べるのも面倒なので、考えるのをやめてしまいます。

そこで、いったいどれくらいのカロリーを摂取しているのかについて考えてみます。

昨今の焼肉店では、1人前当たりのカロリー表示のしてあるお店も増えてきたので、ご自身で計算することもできるケースもありますが、一般的には、焼肉店での1食当たりの平均摂取カロリーは1800kcal〜2000kcal程度と言われています。

これは、成人が1日に摂取するカロリー量と同じくらいです。

この平均摂取カロリーを目安にして、食べる量を調整することで、摂取カロリーを抑えることができます。

焼肉は比較的高カロリーですが、良質なタンパク源でもあります。

そのため、食べるのを我慢するよりも、いかにカロリーを抑えて日常的に食べることができるかを考えて、上手に食べたいものですね。

焼肉大好き!お肉の部位別平均摂取カロリー

焼肉には様々な部位がありますが、それぞれの部位のカロリーは意外なほど違います。

ここでは、気になる焼肉の部位別カロリーをご紹介します。

  • 和牛カルビ(牛肉バラ) 517kcal
  • 和牛リブロース肉 468kcal
  • 和牛肩ロース肉 411kcal
  • ハラミ 344kcal
  • ミノ 182kcal
  • たん 269kcal
  • 豚トロ 386kcal
  • 輸入カルビ 371kcal
  • 輸入リブロース肉 263kcal
  • 輸入牛肩ロース肉 240kcal
  • レバー 132kcal
  • ホルモン 162kcal

和牛のお肉は比較的カロリーが高めです。

それに比べて、輸入のお肉は同じ部位でも和牛より低カロリーとなっています。

ミノやタンは塩味で提供されることが多く、タレの分のカロリーがカットできます。

レバーやホルモンなどの内臓系のお肉は全体的に低カロリーですが、臭みを消すため、香辛料を多量に使っていることもあります。

このように、カロリーだけをみれば、低カロリーのお肉ばかり食べていればいいということになりますが、低カロリーのお肉は、総じて腹持ちが悪く、つい食べすぎてしまうか、食事の後にお腹が空くのが早く、間食してしまうこともあります。

その点、高カロリーの部位のお肉は、脂身が多いため、腹持ちがよく、少量で満足し、次の食事まで空腹感を感じにくい傾向にあります。

生肉は焼肉にすると平均摂取カロリーが減少する!?

生のお肉と焼いた後のお肉では、カロリーが減ると言われています。

これは、焼く事でお肉の油が落ちて、その分のカロリーが減るということです。

一般的に想像されているとおり、脂身のカロリーはずいぶん高いです。

和牛肉が輸入牛肉よりも高カロリーな理由は、脂身の量が多いからです。

ここでは、各部位別に、生の状態と焼いた後の状態でどのくらいカロリーが違うのかをご紹介します。

※(生肉のカロリー→焼いた後のカロリー)

  • 牛もも……8%ダウン(209kcal→192kcal)
  • 牛ヒレ……29%ダウン(185kcal→131kcal)
  • 牛肩ロース……20%ダウン(318kcal→254kcal)
  • 牛サーロイン……10%ダウン(334kcal→301kcal)
  • 牛カルビ……25%ダウン(344kcal→289kcal)
  • 豚ロース……20%ダウン(263kcal→242kcal)
  • 豚バラ……29%ダウン(386kcal→340kcal)
  • 牛ハラミ……16%ダウン(454kcal→341kcal)
  • 牛タン……19%ダウン(269kcal→218kcal)
  • 牛レバー……5%ダウン(132kcal→125kcal)
  • 牛ハツ……12%ダウン(142kcal→125kcal)
  • 牛ミノ……12%ダウン(182kcal→160kcal)

傾向としましては、バラ肉のような元々の脂身の多い部位では、焼く事で大幅にカロリーが減少しているのがわかります。

牛レバーは焼く事で減少するカロリーは約5%で、最も低いですが、これは、元々脂分が少ないためです。

その他、内臓系のお肉は、比較的減少幅が少ないです。

牛サーロインは、元々が赤身のお肉なので、落ちる脂分が少なく、減少幅も内蔵系のお肉と同じくらいです。

また、意外なのは、牛タンを焼きますと19%ダウンしていることです。

一般的には牛タンはヘルシーな部位だと思われていますが、意外と脂分があり、カロリーも思ったほど低くないことがわかります。

気にせず食べたいけど…焼肉で平均摂取カロリーを抑える方法

焼肉で平均摂取カロリーを抑えるコツは、食べすぎないことです。

もちろん、部位ごとのカロリーを計算して、カロリーの低いお肉ばかり食べるのも一つの手段ですが、食欲を理性で抑えるのも難しいものがあります。

そのため、お肉ばかりで満腹にしないで、野菜を適度に摂って満腹にすれば、お肉を食べる量が減り、摂取カロリーを抑えることができます。

その方法としては、まず野菜から食べます。

サラダを先に食べると良いでしょう。

ドレッシングのカロリーは思ったより高いので、サラダにかける量には注意が必要です。

次に、お肉は、野菜で巻いて食べると良いでしょう。

サンチュなどで巻いて食べると、噛む回数も自然と増え、食物繊維もとれますので、満腹感を感じやすくなります。

忘れてはいけないのが、アルコールのカロリーです。

特にビールのカロリーは他のアルコールに比べて高めなので、できれば飲まないほうがよいのですが、どうしてもという場合は、焼酎やウイスキーなどの低カロリーなものを選ぶか、1杯程度に抑えると良いでしょう。

関連記事はこちら


 - 美容

ページ
上部へ