知恵の花

大学生の一人暮らしにテレビは必要?みんなの意見!

   

大学生の一人暮らしにテレビは必要?みんなの意見!

大学生の一人暮らし、生活に必要な物をそろえていかなくてはいけません。

洗濯機に掃除機、ベッドなど、必要になる物の中で、最近はテレビの重要性が薄れてきているようです。

パソコンやスマホの普及により、テレビが重要ではなくなっている今、一人暮らしの生活に用意する必要はあるのでしょうか?

そこで気になる一人暮らし事情や実際の大学生の意見などをまとめてみました!

ぜひ参考にして、自分の生活にテレビは必要なのか見極めましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼女よりも友達を優先させる男性側の理由と女性が楽になる考え方


彼女よりも友達を優先する男性は多いようです。それ...

彼の本意はどこに?好きな人が友達と食事に行く理由と対処法

憧れのあの人と二人きりのお食事デート!次の展開にドキドキ…。...

旅行は身軽に!事前に荷物を送る際のポイントと注意点


旅行する際に煩わしさを感じるのは荷物ではないでし...

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

好きな人が友達と付き合ったら…ツライ失恋を乗り切る方法



恋愛には様々な問題やトラブルがつきも...

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

スポンサーリンク


大学生の一人暮らしにテレビは必要?

大学生になったことで、人生で初めての一人暮らしを開始するという人は多いと思います。

親元を離れて部屋で一人きり…心細く、寂しくなってくるということは必ずあると言っても良いでしょう。

パソコンがあるからYoutubeやニコニコ動画を見ていれば大丈夫!という人もいると思いますが、無音の部屋でひとりぼっちで過ごすというのは、なかなか寂しいものがあります。

そこで、テレビをBGM代わりにして部屋を賑やかにしてみます。

バラエティー番組をかけてみると、たくさんの笑い声が聞こえてきてほっとするかもしれません。

また、ニュースをつけておいて、気になったものをチェックしてみる…というのも良いかもしれません。

また、テレビゲームを買ってプレイしてみるというのもありだと思います。

大学生の一人暮らしだと、友人を部屋に上げる機会も多くなると思います。

そんなときに、みんなで遊んで盛り上がることができます。

無音の部屋というのは、想像以上に物足りないものです。

気を紛らわせたりするためにも、テレビは必須になるでしょう。

大学生の一人暮らしにオススメなテレビは?

一人暮らしに最適なテレビのサイズとはどのくらいなのでしょうか。

あまりテレビを観ないから小さくても問題ないという人、映画が好きなので大画面でみたいという人、それぞれだと思います。

一般的に、8畳の部屋には37型がおすすめだと言われています。

しかし、部屋の間取りやレイアウトによっては40〜46型の設置も可能です。

逆に間取りや家具の配置状態を考慮した結果、37型以下でないと厳しいという場合もあります。

一度、どこに設置するかをシミュレートしてみてください。

テレビを視聴するための最適な距離は、テレビ画面の縦幅の3倍の距離だと言われています。

つまり、37v型のテレビ(画面の高さ:46㎝)の最適な視聴位置は1.4メートル離れた位置、42v型ならば1.6メートル離れた場所が最適な位置です。

しかし、テレビはコンセント以外にも壁のアンテナ端子をコードで接続しなければなりません。

基本、アンテナ端子は一部屋に一つだけ設置してあることが多いので、テレビの設置箇所は限られてきます。

その場所から、自分はどこでテレビを観るかによって大きさは決まっていきます。

ただし、部屋に長いコードがあることが気にならないならば、これに限ったことではありません。

大学生の一人暮らしにテレビは不要という意見も!

一人暮らしで借りる部屋は狭いものです。

テレビが一台あるだけで場所をとってしまう可能性も十分に考えられます。

何故なら、テレビを置くための台も一緒に購入したり、コンセントの配置を考えたりしなければなりませんから。

できるだけ部屋を広く保ちたいと言う人には、地デジチューナー付きのパソコンで番組を視聴するのがおすすめです。

これがあれば録画もDVDの視聴も可能なので、テレビよりも便利でしょう。

大学生になって自分用のパソコンを購入すると言う場合、検討してみてはいかがでしょう。

また、テレビから解放された時間を自分の好きなことにあてるのもよいと思います。

例えば私なら、テレビを観ていた時間を読書の時間にあててみます。

19〜22時はテレビ的にゴールデンタイムと言われていますが、学校や仕事から解放され、唯一できたプライベートな時間をテレビ視聴だけに割くのはもったいないと思いませんか?

テレビから離れるだけで、自分がやるべきことややりたかったことを行うことができるのです。

新生活は、有意義な時間の使い方は何だろうかと見直すことができるチャンスだと思います。

そのため、一人暮らしにテレビは必須ではないというのが私の意見です。

大学生の一人暮らしでもテレビがあればNHKの支払いが生じる!

受信機がテレビ放送を受信できる状態にあるということは、NHKと契約する必要があるということです。

その契約内容には、受信料を支払う旨が記載されています。

つまり、「NHKと契約しなければならない」=「受信料を支払わなければならない」ということです。

契約は世帯ごとです。

そのため家にテレビが何台合ったとしても、支払う受信料は1件分で大丈夫です。

慌てる必要はありません。

しかしこのNHKの受信料、きちんと支払っている人もいれば払ってない人もいる…という非常に曖昧な状態です。

勿論、NHKを観ている人は受信料を払う義務があります。

しかし普段NHKを観ていない人からしてみれば、「観てないのに払わなくてはいけないの?」と混乱してしまうでしょう。

一人暮らしですから、すぐに相談できる人がいない!というパターンが多いです。

NHK受信料を全く考えず日々を過ごしていたあるとき、突然「受信料を払ってください」とNHKの方がやって来て契約をしなければならないとまくし立ててきたら、あなたはとても驚くでしょう。

楽しみだったはずの一人暮らしが恐怖や困惑に変わってしまう可能性が十二分にあります。

大学生の一人暮らしはテレビよりもPC重視に!

大学生の授業では、パソコンを使用する機会が数多くあります。

授業の一環で使ったり、提出するための資料や論文を作成したり…そのため、多くの人が大学生になると同時に自分用のパソコンを購入する人が多いです。

また、スマートフォンの普及によってインターネットが身近にある環境になっています。

実際、ニュースや芸能の最新情報はネットで知る人が多いそうです。

観たい番組も知りたい情報も、パソコンやスマートフォンで調べればすぐ観ることができるため、一人暮らしのためにテレビを購入したが、意外に使わなかったという人もいるようです。

また、大学生活が忙しくテレビを観る暇なんてない!という人もいます。

一人暮らしをしてみてから、購入するかどうかを決めても良いと思います。

ネットで動画を見ることができるこのご時世、テレビ同様に楽しめるツールがたくさん存在しています。

例えば、定額制の動画配信サービス。

hulu、dビデオ、U-NEXT……CMや駅の広告で一度は目にしたことがありませんか?

また、Youtubeやニコニコ動画といった無料の動画サービスも人気です。

誰でも気軽に使うことができるというのも魅力ですよね。

動画サービスというものは、現在急成長を遂げている分野だと言えるでしょう。

各テレビ局は地上波放送と平行してオンデマンド放送を行っております。

今後もテレビのネット視聴環境はますます勢いづいていくことでしょう。

関連記事はこちら


 - 学校生活・勉強

ページ
上部へ