知恵の花

ニートのバイト探し!志望動機の重要性と無職時期の活かし方

   

ニートのバイト探し!志望動機の重要性と無職時期の活かし方

ニート生活を卒業し、バイトを始める際に一番ネックになるのが、志望動機です。

ニート生活を始めたきっかけや、バイト探しをはじめるきっかけなど、あまり聞かれたくないことも面接では説明が必要になることも考えられます。

そこで重要なのがいかに、ニート生活をプラスのポイントとして捉えることができるかです。

自分の生活を志望動機に絡めながら、上手に相手に伝える方法を考えてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

居酒屋の店員さんがかわいい!自然な感じで仲良くなる方法

なかなか良い出会いがないなぁ…と思っていたら、よく行く居酒屋...

男には彼女を自慢したがる本能がある?自慢したくなる特徴について


「彼氏にとっての自慢の彼女になりたい」 このよう...

夫の両親と同居を解消するベストなタイミングと切り出し方


義理の親と同居している方はいますか? 

遠距離恋愛の彼が言う「忙しい」は本当?長続きのコツとは

遠距離恋愛は、なかなか会えない分、関係を続けていくのはとても...

彼女のことを男友達が呼び捨てする…男性が嫉妬する理由とは

つきあっている彼女が男友達に呼び捨てされているのを聞くと嫌な...

中学生と教師!禁断の恋愛を成就させるための方法について


中学生ともなると、体も心も子供から大人に変化を遂...

女友達が好きかも!?自分の気持ちがわからない時の対処法



女友達としてずっと接してきたのに、あ...

彼氏と元カノのアヤシイ関係!連絡を取っている時の対処法

あなたは彼氏が元カノと連絡を取っていることを許せますか?

彼の仕事が忙しい!彼女と会う余裕ない理由と彼とうまく付き合う方法


仕事が忙しい彼と付き合うことになると、なかなか会...

女性の好意に気づくとモテる!女性からのサインに気づくコツ


女性が自分に好意を持っていると感じることはありま...

仕事で疲れた彼・彼女にかけたい言葉と注意したい言葉


現代は女性の社会進出により、男女問わず仕事をする...

スポンサーリンク


ニートがバイトの志望動機を書くポイント

アルバイトの志望動機に悩むのはなぜでしょうか?

アルバイトは就職とは違い、気軽にはじめることが多いですが、これが志望動機を書くのに悩む最大の理由です。

気軽にはじめるというのは、大きな理由がない場合が多いのです。

就職の場合は、一生とはいかずとも、長期の労働が一般的なので、気軽にということはなかなかないと思います。

長い間雇用されるだけのはっきりとした動機がなければなりません。

しかし、アルバイトはお金稼ぎが目的の場合がほとんどです。

この目的をそのまま履歴書の志望動機欄に書くのは、さすがに気が引けます。

そして、それ以外に特に理由がないので、志望動機欄を埋めることができないわけです。

アルバイトをはじめた本当の理由は? アルバイトの志望動機の模範的な書き方を紹介しましょう。

まずは、アルバイトをはじめようと思った理由を改めて考えてみましょう。

お金を稼ぎたい、時間をもてあましている、どんなことでも構いません。

とにかく自分がアルバイトをはじめようと思った本当の理由を考えてください。

それをそのまま志望動機にすることはできないかもしれませんが、志望動機を考えていく上での元にすることができます。

素直に理由を考えてみてください。

理由がお金稼ぎだった場合、どうしてもお金稼ぎをしなければならないわけがあるならば、それは立派な志望動機になります。

嘘をついているわけでもないので、理想的な志望動機の書き方といえるでしょう。

お金を稼ぎたいという理由だけでは説得力がありませんが、事情を加えることで、志望動機として説得力のあるものにすることができます。

ニートのバイト探し!使える志望動機の実例

経験を結びつける経験があるという場合は、その経験を志望動機に組み込むことができます。

学生の頃のことでも問題ありません。

例えば、飲食店でアルバイトをしていたという場合、以下のような動機を考えることができます。

(例)飲食店でアルバイトをしていた経験を生かして接客業を極めたいと思い、応募いたしました。

他にも、接客業だけではなく色々な仕事に対して応用することができます。

(例)飲食店でアルバイトをしていた経験を生かして、細やかな対応が要求される貴社の業務に貢献することができると思い、応募いたしました。

(例)飲食店でアルバイトをしていた経験を生かして、人間関係を重要視されている貴社の業務に貢献することができると思い、応募いたしました。

今あげた例の他にも、切り口を変えることで多くの経験を組み込むことができます。

また、学生時代の経験は非常に役に立ちます。

アルバイトに限らず、実験の経験や専門的に学んだことを志望動機に結びつけてみましょう。

商業科などの方は簿記を学習したということも自分をアピールするポイントになります。

趣味を志望動機にするニートで一日中パソコンを方はかなり多いのではないでしょうか。

実は、パソコンを使い慣れているということも立派なアピールするポイントになります。

(例)パソコンが趣味なので、Word、Excelだけでなく、PhotoshopやIllustratorなどを頻繁に使用しおており、使いこなすことができます。

登山やマラソンなどの運動が趣味の方は体力をアピールすることも有効です。

資格を志望動機につなげる。

資格を取得しているという方は志望動機に直結することができます。

(例)パソコンインストラクターの職に就きたいと思い、MOSの資格を取得しました。

アピールする材料がないという方は勉強中の資格について書いても問題ありません。

とにかく自分をアピールできるポイントを探してください。

どう説明する?バイトの志望動機はニート生活を盛り込んで!

まず、新しい企業の面接を受ける時に、自分がニートであった理由に加えて、その企業を志望する理由をはっきりと示す必要があります。

しかしここで一つ問題が発生します。

ニートがニートでいる理由が、果たして存在しているのでしょうか。

企業は、残念なことにあなたがニートでいた期間を疑い、犯罪歴があることを疑っていることもあります。

はっきり言ってニートであったということは就職活動に対してデメリットでしかありません。

企業を退職した場合も、間をあけずに次の企業に就職することが採用される確率が高くなるポイントです。

退職したから、少し旅行でもしてから再就職をというのは就職活動をするにあたってはデメリットでしかありません。

ですが、ニートであったという人でアルバイトや派遣の経験がある場合は、その経験を積極的にアピールしていきましょう。

そして、同じ職種でないとしても以前の経験が役に立つということを企業側に伝えます。

ニートは、どうしても怠けた人間という印象を持たれてしまいます。

しかし、たとえニートであったとしても生きていくためには働こうと思うのは当然のことです。

ニートとは働いたり職業訓練など行ったりしていない人を指す言葉ですが、完全にニートという人はあまりいません。

労働の経験があれば、それをアピールすることで、なんとかニートであるという欠点を補うことができるはずです。

今まで全く労働をしてこなかった、もしくはアピールできるような労働ではないという場合は、趣味をアピールしましょう。

ニートの人の多くが使っていると言われるパソコン、登山やマラソンなど体を動かす趣味もアピールすることができます。

趣味を志望動機へつなげるのも1つの方法です。

バイトの志望動機で使えるニート期間の使い方

なぜアルバイトの志望動機に困るのか?無職やニートの期間が長かったとしても、その期間を無駄にせず有効に使っていたのなら、志望動機として書くことができます。

働いていなかった期間が長かった訳を説明し、その間に資格などの勉強をしていたということをアピールすれば、働くことを避けるために就職活動をしていなかった訳ではないということを理解してもらえるかもしれません。

志望動機で少しでも評価を上げられるように意識してください。

志望動機に書ける資格を取得しよう志望動機では資格よりも経験を重視しますが、無職やニートの期間が長かった場合は評価を上げるために資格を取得しましょう。

持っていても活用できないような資格を取得しても意味がありません。

MOS検定のような比較的簡単に取得でき、どのような職種でも活用できる資格を取得しましょう。

その資格を志望動機に組み込み、社会復帰に向け高いモチベーションを持って行動している事をアピールしましょう。

志望動機に書けるニート期間にできる経験無職やニートはブランクが長いので、仮に職歴があったとしても即戦力と考えられることはまずありません。

教育コストをかけてでも雇いたいと思われるように、内面を見てもらいましょう。

社会人にはできないことを無職やニートの間に経験しよう無職やニートの間に積極的に行動した事を述べ、今の自分にどのような影響を与えているのかを伝えてください。

無職やニートの期間が長いということはすなわち、社会人に比べて自由に使える時間が多いということです。

その期間に、どれだけ社会人ではできない経験をして、魅力ある人間に成長したのかということが大切です。

志望動機には、自分探しや人生の勉強といった曖昧な表現は使わず、具体的な行動を述べることでどれだけ人間的に成長したのかを伝えてください。

ニートのバイト探し!履歴書の志望動機について

履歴書には志望動機を書かなければなりません。

これは書き慣れている人にとってはなんてことはないことですが、慣れていない人にとって書くのは非常に難しいと思います。

私も初めて履歴書を書いたときひどく悩みました。

志望動機は具体的に書くということが重要です。

なぜ多くのアルバイトの中からそのバイトを選んだのか、そのバイトすることで得たいものは何なのかなどを明確に述べることが必要になります。

例えば、

「この仕事ならば△△を身に着けることができると思い応募しました。以前こちらのお店を利用したときにスタッフの方の接客がとても良く、雰囲気も良かったので是非こちらのお店で働きたいです。」

こんな感じです。

無難な文章ですから、自分にあったものを付け加えていってください。

志望動機を書くときに注意すべきことは「やる気がない雰囲気を出さない」ということです。

なんとなく良さそうだと思ったから選んだ、家から近いから選んだなどと書いてしまうと、雇う側としては「やる気がなさそうだな」「すぐに辞めそうだな」という印象を受けます。

良い印象を与えることはまずないので、絶対に書かないでください。

やる気があるように見えることを書かなければなりません。

この人を雇いたい、と思わせるようなことを書くことがポイントです。

関連記事はこちら


 - 仕事・ビジネス

ページ
上部へ