知恵の花

寒い方がダイエットに効果的!?気になるカロリー消費のコツ

   

寒い方がダイエットに効果的!?気になるカロリー消費のコツ

寒い季節になると、体を動かすのが億劫になり、痩せにくくなると言われています。

しかし実はカロリー消費の面では寒い時期の方が、代謝が上がるそうです。

寒い時期に効果的に運動やダイエットをすることで、高い効果が期待できるようになります。

そこで寒い時期のカロリー消費や代謝アップの方法をリサーチしてみました。

ぜひ参考にして効果的に取り入れてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

好きな人が友達と付き合ったら…ツライ失恋を乗り切る方法



恋愛には様々な問題やトラブルがつきも...

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

スポンサーリンク


カロリー消費は寒い時期の方が有利!?

ダイエットやダイエットのためにスポーツをしようと思った時、効率的に痩せるにはどの季節が適しているのでしょうか。

天気がよく気温も高い夏場の方が適していると思いがちですが、実は人間の体は冬の寒い日の方がカロリーを消費しやすいようにできています。

そもそも1カロリーとは、水の温度を1度あげるのに必要なエネルギーのことを言います。

気温が高い時に比べると、気温が低い時の方が外気により体温が多く奪われるため、体が体温を保つために必要なカロリーは夏場よりも冬場の方が多くなります。

もちろん、春や秋に比べても気温が低い冬の方がより多くのカロリーが必要になります。

つまり、気温が低いほど外気により体温が多く奪われていくため、その分多くのカロリーを消費します。

夏場に比べたら、冬場はじっとしているだけでカロリーを消費することができるのです。

そのため、同じような運動やダイエットをするのでも、夏の暑い時よりも冬の寒い時の方が痩せやすいと言えるでしょう。

寒いけど我慢!10分で消費カロリーを高める方法

冬場は寒くて外に出たくないし、夏に比べたら冬は厚着ができるから多少太ってしまっても服を着てればごまかせる・・・

そう思っている方も多いと思いますが、実は冬の寒い日に10分間寒いのを我慢するというたったそれだけで、一時間のエクササイズと同じくらいのカロリーを消費することができるのです。

冬だから寒いからダイエットをしないのではなく、冬だからこそダイエットをするべきなのです。

オーストラリア・シドニー大学のポール・リー氏によると、寒さの中で体をブルブル震わせる事により、あるホルモンが分泌され、そのことにより脂肪細胞が刺激されて体脂肪が燃えやすくなるという効果があり、アイリスインFGF21が約6日間かけて白色脂肪を褐色脂肪に変えることがわかったといいます。

ポール・リー氏の実験によると15度程度から体は震えだし、10分から15分続けることにより、中程度の運動を1時間するのと同等の量のアイリスインを分泌できるくらいの効果があることがわかっています。

意外な事実!寒い方が消費カロリーが高くなる!?

冬のスポーツは、レジャー感覚ででき、家族や友達とワイワイ楽しくできる一方、意外にもハードなスポーツが多いのです。

METs(メッツ)という、運動のハードさを示す単位があり、これはMetabolic equivalentsという言葉を略したもので、運動を行った時に安静にしていた時の何倍のカロリーを消費しているのかがわかるものです。

METs(メッツ)の基準は、安静時を1METsと定めています。

冬のスポーツののMETsと、体重60kgの人が1時間運動した時の消費カロリーは 、

スノーボード:5.3METs/334kcal
スキー: 7METs/445kcal
スケート: 7METs/445kcal

を参考に他のスポーツを見てみると、

散歩: 2.5METs
ランニング :7METs
テニス :7.3 METs
水泳(クロール): 8.3METs

となっています。

ランニングを一時間するとなるとかなり大変ですが、同じMETsであるスキーやスケートならもっと長時間運動し続けることができます。

ランニングと同じ有酸素運動をレジャー感覚で楽しめるスキーやスケートは楽しいだけでなくとても効率的なダイエットにもなると思います。

寒いからこそダイエット!消費カロリーを上げるには?

ある大学医の療センターで行われた実験により、15〜18度の部屋で10分程度寒さを我慢することは、エクササイズを約1時間するのと同程度のエネルギーを消費できるということがわかったそうです。

寒さに耐えてブルブル震えていると、太る原因となる白色脂肪を体脂肪を燃やす効果のある褐色脂肪という物質に変化させることはでき、これは基礎代謝を上げる役割があるのだそうです。

この実験を行った人は実際に体脂肪率が減少したという効果があったそうです。

寒さを我慢することはダイエットに効くだけでなく、健康にも良い影響があるみたいです。

科学的な根拠があるのかはわかりませんが、寒さを我慢していると風邪をひきにくくなったり糖尿病をはじめとするいろいろな病気にかかりにくいそうです。

ただ、何事もやりすぎは良くないので、寒さを我慢しすぎて体を壊したり、冷え性になったりしてしまわないようにほどほどに注意しながら気をつけて健康的にダイエットをしましょう。

寒い季節も効果的に消費カロリーを高める方法

寒い冬に朝風呂に入ることは危険だという説もありますが、外気で寒くなった体を温め、新陳代謝を活発にするために、朝お風呂に入ることはよう方法だそうです。

寒い冬は体温もが下がるのと同時に自律神経が低下し、肩こりや首こり、冷えなどの冬特有の症状が出てきます。

自律神経が崩れてしまうと、手や足の冷えにつながり、ひどくなると不眠症などの症状が出てきます。

不眠症などにより夜熟睡できないと、冬季うつ病につながる場合があります。

寒い時お風呂に入る際に重要なのは、寒いからといって暑すぎるお風呂には入らずに、40度程度のお風呂にゆっくり入ることです。

朝、適度な温度のお湯に浸かり、自律神経を整えたところで、通学や通勤を利用して歩くことを意識しましょう。

冬は基礎代謝があがり、お風呂で体を温めていることもあり、春や夏よりも短時間でウォーキングの効果が期待できます。

また、冬に鍋を食べることは、ダイエットに最も効果がある食事方法なので、体を温めながら、食事面からも代謝アップを促進しましょう。

関連記事はこちら


 - 美容

ページ
上部へ