知恵の花

辛い貧血症状…何科を受診するか迷った時は原因解明を!

   

辛い貧血症状…何科を受診するか迷った時は原因解明を!

めまいや立ちくらみなど、貧血状態は日常的に起こりやすい症状の一つです。

ツライ症状を早く解消する為には、病院を受診することが近道です。

しかし貧血の治療は貧血の原因によって何かを受診するかが変わってくるようです。

まずは貧血の原因を見極めて、適切な処置ができるようにすることが重要です。

そこで貧血が起こる原因について、詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

モテたい人必見!デートの達人はお礼メールを毎回欠かさない!

好きな人とのデートは幸せな時間ですよね。
...

友達に彼女を取られるのが怖い!友情と恋愛を両立させる方法


彼女とは仲がいいし信じているけれど、ふと、友達に...

異性の友情は成立する?友達が既婚者で付き合い方に悩んでいいる方へ

「異性の友情は成立するのか?」

彼女ができない諦め男子!その理由と対策

俺には一生彼女なんかできない…そう嘆いている諦め男子が増えて...

節約!旦那の手作り弁当のコツと注意点

家計を預かる主婦にとっては、節約は永遠のテーマです。

夫婦の趣味が合わない!信頼のきずな構築の真の原理とは

これから結婚を考えているあなたへ、付き合っている彼と趣味が一...

彼女が料理を作ってくれない…その本当の解決方法!

彼女が料理を作ってくれないと、不満を抱えている男子諸君へアド...

彼氏と喧嘩してLINEが未読スルーになったまま!こんな時の対処法

今や連絡手段としてはあたりまえの通信アプリLINE。...

職場で恋愛感情を抱いてしまった相手が既婚者だった時のこの先…

独身・既婚に関係なく、男女の出会いの場として多いのが職場です...

精神な不安定からの脱出方法!真の恋愛と幸せのために

恋愛中のあなた、精神的な不安定状態にないかどうか、チェックし...

幸せな結婚…娘の彼氏を紹介された父親の感情の理解が重要

幸せな結婚のためには、ご両親の理解は欠かせません。

ついに彼女と部屋で二人きり!よい雰囲気の作りかた

ついに彼女が僕の部屋にやってきた。まて、慌てるな!急ぐな!お...

あなたの潜在意識の中の不安を解消してステキな恋愛を!

恋をすると不安になる。それは当たり前のことなのです。

高校受験の面接では髪型が合否を左右する!

高校入試の面接時に、髪型は合否に影響するでしょうか。

部活の部長になりたい! リーダーシップの本質とその技術

部活の部長になりたい人は、必見です。

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは



学生時代にクラスメイトと同じくらい、...

旦那が無職でイライラ…妻たちのストレス解消法とは

旦那が無職になって毎日家でダラダラしている姿を見ると、イライ...

魅力的な彼女になるには…毎日会いたいと感じる女性の特徴



彼氏の仕事が忙しくなると、なかなか会...

元カノからの連絡って来ないもの?女と男の考え方の違い

別れた後の関係にもよりますが、元カノから連絡が来ないのは、普...

毎日がつまらない…そんな主婦の生活を変えるコツ


三食昼寝付き、と言われていたのは昔の話。

スポンサーリンク


貧血は原因によって何科を受診するかが変わる!

貧血と聞くとどういった症状を思い浮かべるでしょうか。

きっとまず思いつくのが、全身に血が巡らなくなり、体内の血液量が不足しているから起こるものではないかという認識をしている方が多いと思います。

しかし、それは間違いなのです。

正確には血液中にあるヘモグロビンという物質が体内から減っていることが貧血の大きな原因なのです。

血液中のヘモグロビンはとても重要な役割を持っています。

体外から取り入れた酸素とヘモグロビンがくっついて、身体の隅々まで酸素を送り届けるのです。

酸素を運んでいるという事は、へモグロビンが減少すると、身体が「酸欠状態」となります。

そうした事により、めまいや動悸、息切れなど貧血と言われる症状が現れます。

貧血の原因にも様々ありますが、貧血で最も多いのは、鉄欠乏性貧血です。

鉄欠乏性貧血は体中にヘモグロビンを構成する鉄分が不足することによって起こり、よく女性の貧血原因で多いのがこの鉄欠乏性貧血なのです。

クラクラつらい貧血症状…病院は何科を受診する?

貧血でフラフラしたり日常生活に支障が出るほどの症状であれば、迷わず病院を受診しましょう。

しかし、貧血の場合どこの病院へ行けばよいか迷いますよね。

先ほど説明したとおり、貧血で多いのは鉄欠乏性貧血です。

女性場合は毎月生理があります。

生理の量が多ければそれだけ貧血のリスクも上がります。

そういった時には婦人科を受診して検査をしてもらうと良いでしょう。

また、既往歴に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、大腸ポリープなど消化器系の病気を患った事がある場合は消化器内科にかかりましょう。

このように症状が分かっていて適切な科を選び受診すると、すぐに治療を始められます。

経血量が多い(過多月経)・・・婦人科

血便、吐血がある・・・消化器内科

痔がある・・・肛門科や消化器外科

血尿がある・・・泌尿器科

よく理由がわからない・・・一般内科

治療しても症状が良くならない場合は血液内科を受診しましょう。

上記では原因が分かる場合の科を説明しましたが、に思い当たる原因がなければ、一般的な内科で大丈夫です。

内科であれば必ず貧血の原因を調べる為に検査をします。

その時の状況によっては、消化器内科、血液内科、産婦人科などの紹介状を書いてもらえるので悩んだら内科を選びましょう。

女性特有の原因で起こる貧血は何科を受診すべき?

女性の貧血で多いのは鉄欠乏性貧血です。

女性は一般的に鉄分が足りないと言われています。

食事やサプリなどで補って体内の鉄分が足りない事があります。

それは女性には毎月、月経があるからです。

貧血の症状で内科を受診し検査を受けて鉄欠乏性貧血と診断され、婦人科を紹介されることがよくあります。

また鉄欠乏性貧血の原因はいくつかあります。

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • ホルモンバランス
  • 食事の偏り
  • 子宮内膜ポリープ
  • 筋腫分娩
  • 悪性腫瘍あるいはその前段階

などです。

貧血といっても大丈夫だろうと思ったり、どこの病院へ行けばよいか迷ってしまい、行かずに経過を見る人も多いと思います。

そういった貧血がある人がたまに子宮頸がんの検査などで婦人科の病院へ行ったりすると、子宮にポリープなどの異常があると分かることがあります。

子宮にポリープがあると言っても自覚症状はないので、長年蓄積されることで生理の際に出血が多くなり貧血の原因となるのです。

ポリープがある人は体内で出血するので貧血になりやすいく、生まれ持った体質で出来かったり再発したりします。

こういった場合には婦人科で低用量ピルと鉄剤を服用し治療を開始します。

ただ、鉄剤の錠剤は嘔吐や胃腸障害を起こしやすくが注射で鉄剤を注入する方法もあります。

治療期間は個人差もありますが、月1回病院へ通い 1年ぐらいかけてゆっくり治療していきます。

貧血の原因がわからない場合は何かを受診すべき?

血液内科という科をご存じでしょうか。

血液内科は個人病院などにはなく総合病院といった大きな病院にしかありません。

この科は主に白血病などで抗がん剤治療などを行うなど血液の大きな疾患に対して診療する科です。

血液内科でも貧血の治療が出来ますが、ここで治療する一般的に多いと言われている貧血とは違い特殊なものが多いです。

血液細胞自体に問題がある場合や血液細胞を作る骨髄の異常、さらには免疫に異常がある特殊な病気でおこる貧血に対して治療を行います。

血液内科を受診する場合は、一般的な内科で検査して必要時のみ紹介というケースが多いです。

女性のように生理の量が多いなど原因がはっきりしていれば婦人科を受診すると良いでしょう。

また、既往歴に胃潰瘍や、十二指腸潰瘍、大腸のポリープなど消化器系の病気を患ったり、疑いが指摘されたことがある人は消化器内科にかかりましょう。

貧血が起こっている原因や思い当たることがない場合や、何科にかかれば良いか迷った場合には、一般的な内科を受診しましょう。

貧血が何科を受診かわかったら…気になる治療の方針

ここでは、貧血で最も多い鉄欠乏性貧血の一般的な治療に関して説明します。

個人差や主治医によって違いももありますが、鉄欠乏性貧血の場合には鉄剤を50〜100mg/日ほど摂取します。

体内の貯蔵鉄が増えるまで服用を続けるます。

鉄剤を1日に50〜100mg程度摂取し毎日服用を続けることで、早くて2〜3カ月後にはヘモグロビン値が改善され貧血の症状も改善していきます。

ただし、ここで気をつけなくてはいけないのが、体内の貯蔵鉄も増やしておくことです。

増やしておかないと貯蔵鉄が使われてしまうためすぐに貧血になり症状が逆戻りします。

ヘモグロビンの数値が改善したからといって自己判断で辞めたりするのではなく、医師の指示通り鉄剤の服用を3〜4カ月間は続け、貯蔵鉄が増えるまで継続していくことが必要です。

ただし、過多月経や消化管出血などがある場合は、錠剤の選択よりもまずその原因を取り除く治療を行い、出血を止めることが重要です。

関連記事はこちら


 - 医療・病気

ページ
上部へ