知恵の花

彼氏のプレゼントが安いのが嫌だと思う女性の本音と対処法

   

彼氏のプレゼントが安いのが嫌だと思う女性の本音と対処法

男性のみなさんには少しショックかもしれませんが、彼氏からもらうプレゼントが安いのは嫌だという女性が多いのです。

もちろん彼氏からプレゼントをもらえるということやプレゼントを贈ろうとしてくれる彼氏の気持ちが嬉しいのですが、それだけ女性の心は複雑なのです。

女性のみなさんはどの位の値段から安いと感じているのでしょうか。

そこで今回は、男性からもらうプレゼントが安いと思う値段や女性の本音などご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

スポンサーリンク


彼女が彼氏からのプレゼントが安いと感じる平均の値段

彼氏からの記念日のプレゼントが、「安い」と思うのはいくらですか?

平均は5,034円、 最高額は50,000円、最低額は100円でした。

一番多い答えは、5,000円(22%)でした。

値段は気にしないというのが7%です。

ただし、この質問は「1,000円」と答えた女性が17%で、「10,000円」と答えた女性が14%と、ばらついていました。

一番回答数が多く、平均値である「5,000円」がボーダーと言えそうです。

どうして5,000円なのかと聞いてみたら、「自分が友達にあげる金額と同じ」「自分でも買える金額」「特別感がない」などの理由がありました。

最高額である「50,000円」を除いて、平均を計算してみると、4,540円になります。

たった一人で平均を跳ね上げた女性は、

「40,000円なら、自分でも買います。誕生日などの年に1度のプレゼントは、100,000円くらいがよいです。」と、かなりの強気の答えでした。

彼氏からのプレゼントが安い場合でも喜んで受け取る事が大事

彼氏が、記念日などに高いプレゼントを買えるとは限りません。

両親に金銭的に支援する必要があったり、体調を崩して仕事ができなかったり、などといろいろな理由があります。

そのため、今回のプレゼントが安いものでも、彼の状況をわかってあげて、プレゼントをもらえるだけでも幸せだと考えるようにしましょう。

そうすれば、イライラせずに彼氏と過ごすことができます。

たとえば、相手にプレゼントを買いたくても自分にお金がなくて、手料理を作ったり、安いプレゼントを買ったりすることも、長い付き合いや結婚後にはあります。

そんな時のためにも、安いプレゼントしか買うことができなかった相手の気持ちを考えて、喜んであげることが大切です。

男性は甲斐性を見せて、女性を落としたりつなぎ留めたりします。

確かに女性は、経済力のある男性に惹かれるところがあります。

そのため、付き合い始めは、男性は高いプレゼントなどを女性にして、女性の気持ちを自分に向けるように頑張ります。

また、彼女の喜ぶ顔が見たい、彼女のために頑張りたい、などの理由は、付き合いが長くなると減っていきます。

そして、高いプレゼントを買わなくても、彼女が自分のことを嫌いになることはない、と思うようになるようです。

安いプレゼントは嫌!彼からのプレゼントのランクを上げるコツ

「デートをする時に、ブランド物を小出しにしてセレブ感をアピールすると、彼の意識に安いものをプレゼントしてはいけない、と刷り込むことができます。」(24歳/六本木勤務)

高い物をプレゼントされるためには、日頃からのアピールが大切ということですね。

ブランド物を身につけている女子は、お金がかかりそうと敬遠されがちですが、小出しにしていけば、敬遠はされないようです。

そして、「いい物をプレゼントしないといけない」思わせることができるのですね。

「高い物を彼氏に見せて、元カレからもらったことを伝えると効果があります。これ見よがしにするのではなく、さり気なく嫉妬心をあおるのがコツです!」(22歳/池袋勤務)

恋愛では元カレの話はNGですが、プレゼントのためには手段を選ばないという感じでしょう。

少し怖いですが、効果はありそうです。

「彼氏と雑誌を見ている時に、本当は欲しくないのに『100万円のドレスが欲しい!』と言ってみました。その後、クリスマスに20万のネックレスがほしいというと、『あのドレスより安いからいいよ。』と言ってあっさりと買ってくれました!」(23歳 新宿勤務)

これは、人の心理を上手についた方法です。

彼氏から安いプレゼントをもらったときの気持ちの切り替え方

イベントのときには、プレゼントを期待するのが女性の本音です。

そして、友達が彼氏からもらったプレゼントと比べてしまうこともありますが、プレゼントはあくまで彼の気持ちです。

特に、給料の低い彼に高いプレゼントを期待しないようにしてくださいね。

一緒にイベントを過ごせるだけで幸せ、と思うようにすれば、ガッカリすることもないでしょう。

給料の低い彼氏からは、期待しない事が大切です。

お金のことで欲を出さないようにしてください。

1年のうち、プレゼントを渡す機会はたくさんあります。

そんなときに、彼女が高価なプレゼントをするのはおすすめできません。

クリスマスなどでプレゼントを交換したとき、明らかに彼女からのプレゼントが高ければ、彼は「申し訳ない」あるいは「惨め」だと感じるかもしれないからです。

もしあなたの給料が彼氏より良くて、生活に余裕がある場合でも、高いプレゼントを彼氏にあげるのは、やめたほうが良いでしょう。

年々安くなる彼からのプレゼントの裏側には別れの危機があるかも

31歳、保険会社勤務の女性の話です。

「5年くらいお付き合いした彼氏と、最近別れました。

彼は、記念日を大切にする人で、私の誕生日にはサプライズ演出もしてくれました。

つき合いはじめた記念日も、お祝いしていました。

ですが、それは付き合って3年目から変わってきました。

私へのプレゼントが、安くなったのです。

前はブランドのアクセサリーだったのが、雑貨ショップのマグカップになりました。

プレゼントの値段は関係ないと考えながらも、不安になりました。」

しかし、変わったのはプレゼントの内容だけで、付き合いは問題なかったようです。

「それからもイベント毎に、プレゼントの質が下がっていくようでした。

彼氏が食事をおごってくれるときは、安いお店を選ぶようになりました。

そして、4年目の誕生日にはプレゼントがなくなったので、何か変だと感じました。」

それでも、彼氏のことが好きだったので、彼女は何も言わなかったのですが、5年目の誕生日の前に振られてしまいました。

「プレゼントの値段は、愛情とは関係ないと思いたかったのですが、彼には関係があったようです。早く気づくべきでした。」

このように、不安が的中することもあるのですね。

「私の彼に限って」とか、「愛はお金では測れない」と思う気持ちがあっても、状況を見極めることが必要なときもあるようです。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ