知恵の花

彼女のことは好きじゃない…それでも別れたくない理由と対処

   

彼女のことは好きじゃない…それでも別れたくない理由と対処

恋人との付き合いが長くなってくると、相手への感情が付き合い始めの頃とはだいぶ変わってきます。

付き合い始めの熱い感情は冷め、好きかどうかわからなくなってしまうことも少なくありません。

しかし彼女のことを好きじゃない場合でも、別れたくないといった複雑な心境を抱く男性もおり、この付き合いについて見つめ直す時期が来ているのかも知れません。

彼女とのこれからについて、ぜひ真剣に考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

居酒屋の店員さんがかわいい!自然な感じで仲良くなる方法

なかなか良い出会いがないなぁ…と思っていたら、よく行く居酒屋...

男には彼女を自慢したがる本能がある?自慢したくなる特徴について


「彼氏にとっての自慢の彼女になりたい」 このよう...

夫の両親と同居を解消するベストなタイミングと切り出し方


義理の親と同居している方はいますか? 

遠距離恋愛の彼が言う「忙しい」は本当?長続きのコツとは

遠距離恋愛は、なかなか会えない分、関係を続けていくのはとても...

彼女のことを男友達が呼び捨てする…男性が嫉妬する理由とは

つきあっている彼女が男友達に呼び捨てされているのを聞くと嫌な...

中学生と教師!禁断の恋愛を成就させるための方法について


中学生ともなると、体も心も子供から大人に変化を遂...

女友達が好きかも!?自分の気持ちがわからない時の対処法



女友達としてずっと接してきたのに、あ...

彼氏と元カノのアヤシイ関係!連絡を取っている時の対処法

あなたは彼氏が元カノと連絡を取っていることを許せますか?

彼の仕事が忙しい!彼女と会う余裕ない理由と彼とうまく付き合う方法


仕事が忙しい彼と付き合うことになると、なかなか会...

女性の好意に気づくとモテる!女性からのサインに気づくコツ


女性が自分に好意を持っていると感じることはありま...

仕事で疲れた彼・彼女にかけたい言葉と注意したい言葉


現代は女性の社会進出により、男女問わず仕事をする...

スポンサーリンク


彼女のことはもう好きじゃない…それでも別れたくないケース1

恋人から見て、自分は相応しい人間かどうかを考える人は、別れたいけれど別れたくないと思ってしまいます。

恋人と自分を比較した際に、相応しい人間ではない、釣り合いがとれないと考えてしまうので別れたいと考えますが、同時にこれほど素敵な相手とはもう会えないかもしれないので別れたくないと思うのです。

それは本人が考えすぎなように見えますが、本人からすればとても重要な問題です。

恋愛は互いが対等な関係でないと成立しないので、片方が相応しくないと判断すると関係がぎこちなくなってしまいます。

最もいいのは恋人に相応しい人間になる事ですが、その為にどうしたらいいのか分からないのです。

それなら本人に直接伝えてみてください。

恥ずかしいと思うかもしれませんが、恋愛は直接ぶつかるべきものです。

自分の想いを伝えて2人でどうするかを考えることが重要です。

だから恥ずかしいと思わずに話し合いましょう。

他にもまた一から恋愛をするのが面倒なので長く交際している恋人と別れたくないと考える場合もあります。

別れてから出会いを探して告白する、恋愛するといった流れが面倒と思ってしまうので別れたいけど別れたくないのです。

その場合は恋人に対して不満があり我慢して交際している状態です。

彼女のことはもう好きじゃない…それでも別れたくないケース2

相手と別れたいと思っているが別れた後で行く場所が無いから別れたくないというケースもあります。

同棲している場合にこの悩みが出てきます。

このタイプの場合は自分で貯金をしたり、計画的に別れる事が可能かどうかで変わってくるといえます。

貯金をしたり、自分で独立することが出来る人は別れることが出来ます。

ですが経済的に独立することが出来ない場合はズルズルと別れる事が出来ないのです。

本人の行動力によって結果が大きく違ってくるのが特徴と言えます。

結婚の話をされるけど結婚を考えていない場合も別れたいけど別れたくないと言えるでしょう。

互いの結婚観が合わないケースで結婚に対して擦り合わせが必要と言えます。

片方はまだ時期じゃないと考えているのに結婚の事を言われてウンザリして別れたいと思ってしまいます。

ですが恋人としては一緒にいたいので別れたくないのです。

それなら結婚したら問題ないのではと思うのですが結婚に対する考え方が一致しないと結婚は難しいと言えます。

結婚するかどうかに関係なく互いの結婚観について理解し合うことで別れを回避できるのではないでしょうか。

彼女を好きじゃないけど別れたくない時は一度距離を置いてみて!

相手のことが好きではなくなったけれど別れたくない、といった場合にどうしたらいいのか?

実際に思い浮かぶ行動は相手と距離を置くことです。

ですが、相手と距離を置くという方法は、1つやり方を間違うと別れる原因となってしまうので注意が必要です。

下手したら音信不通、自然消滅となる場合が多いので気をつけてください。

だから勘違いしないで欲しいのは距離を置くといっても全く会わないという事ではなく、会う時間を減らすということです。

会う回数を減らす必要はなくて、いつもなら一日ずっと一緒にいるのを3時間程で切り上げるといった風にしてみてください。

あまり長い時間一緒にいるから退屈してしまうので、少し物足りないくらいで切り上げるようにしましょう。

あと連絡はマメにしてください。

連絡を控えたら、連絡していない期間が長い程連絡を入れにくくなってしまいます。

あと自分から連絡せずに相手から連絡がくるかどうか試すのは止めましょう。

誰だって試されていい気はしません。

会わずに距離を置くのは何の解決にもならないことを理解しておいてください。

彼女のことはもう好きじゃない?別れたくないなら初心に戻って!

交際当初の気持ちを思い出す、最初ラブラブなのは互いが新鮮な気持ちだからです。

何をしても、どこに行っても楽しくて、相手に対する気遣いもあるので一緒にいる時間を大事にし楽しい時間を過ごすことができます。

だから当時の気持ちを思い出してみましょう。

相手はの気遣いを忘れていませんか?

相手に多くを求めていませんか?交際期間が長くなると一緒にいるのが当然となり相手に対する感謝も忘れがちです。

以前は「ありがとう」と言葉にしてたのにいつしか言わなくなってしまいます。

相手に感謝し、マンネリ化は自然なことと認識しましょう。

感謝を言葉にすることでいい関係が築けます。

ありがとうは大切で、与える喜びを忘れずに、相手の喜ぶ顔を見る為の努力をしましょう。

喜ぶ顔が見る事が自分へのプレゼントとなります。

あと自分が相手にいろいろする事いより、貴方の存在は相手にとっても、さらに大事なモノになっていきます。

だから時々サプライズをして彼女を驚かせてあげてください。

彼女を好きじゃないけど別れたくない…複雑な心情を向き合って!

互いの気持ちを再確認することが重要ですが、気持ちを確認する為に相手を試す様な言動をしてはいけません。

恋人への気持ちと、相手の気持ちの間にズレがないかどうかを確認するだけのことです。

互いの気持ちに温度差がないかどうかを確認する為のモノなので、わざと相手の関心を引く為に異性の影をチラつかせるといった事は絶対にしないでください。

そんな事をしたら気持ちを再確認するどころか相手の気持ちが離れてしまい関係は破滅してしまいます。

ひょっとしたら自分だけが倦怠期と思っている場合もあります。

恋人から見たら一緒にいるのが当然になってしまっているだけかもしれないのです。

最もそうではなく、相手も同様に倦怠期と思っている場合もあります。

仮にその倦怠期なら、倦怠期という気持ちを恋人から消し去ることが大切です。

倦怠期だよねと言いたい気持ちを抑えて「最近安定してきた」と言葉を言い換えてください。

2人の時間が退屈なモノではなくて緊張しないリラックスした状態になったと相手に認識させる必要があるのです。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ