知恵の花

既婚男性が女性を食事に誘う理由は…気になる男女の関係

   

既婚男性が女性を食事に誘う理由は…気になる男女の関係

男性からの食事のお誘いは女性にとって嬉しいものです。

しかし、誘ってきた男性が既婚者だった場合、その食事の誘いにはどのような意味があるのでしょうか…

ただの食事?それとも好意?

気になる男性の心理や下心について、リサーチしてみました。

危険な関係の深みにはまる前に、ぜひ参考にして既婚男性からの食事の誘いをどう乗り切るか考えてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

モテたい人必見!デートの達人はお礼メールを毎回欠かさない!

好きな人とのデートは幸せな時間ですよね。
...

友達に彼女を取られるのが怖い!友情と恋愛を両立させる方法


彼女とは仲がいいし信じているけれど、ふと、友達に...

異性の友情は成立する?友達が既婚者で付き合い方に悩んでいいる方へ

「異性の友情は成立するのか?」

彼女ができない諦め男子!その理由と対策

俺には一生彼女なんかできない…そう嘆いている諦め男子が増えて...

節約!旦那の手作り弁当のコツと注意点

家計を預かる主婦にとっては、節約は永遠のテーマです。

夫婦の趣味が合わない!信頼のきずな構築の真の原理とは

これから結婚を考えているあなたへ、付き合っている彼と趣味が一...

彼女が料理を作ってくれない…その本当の解決方法!

彼女が料理を作ってくれないと、不満を抱えている男子諸君へアド...

彼氏と喧嘩してLINEが未読スルーになったまま!こんな時の対処法

今や連絡手段としてはあたりまえの通信アプリLINE。...

職場で恋愛感情を抱いてしまった相手が既婚者だった時のこの先…

独身・既婚に関係なく、男女の出会いの場として多いのが職場です...

精神な不安定からの脱出方法!真の恋愛と幸せのために

恋愛中のあなた、精神的な不安定状態にないかどうか、チェックし...

幸せな結婚…娘の彼氏を紹介された父親の感情の理解が重要

幸せな結婚のためには、ご両親の理解は欠かせません。

ついに彼女と部屋で二人きり!よい雰囲気の作りかた

ついに彼女が僕の部屋にやってきた。まて、慌てるな!急ぐな!お...

あなたの潜在意識の中の不安を解消してステキな恋愛を!

恋をすると不安になる。それは当たり前のことなのです。

高校受験の面接では髪型が合否を左右する!

高校入試の面接時に、髪型は合否に影響するでしょうか。

部活の部長になりたい! リーダーシップの本質とその技術

部活の部長になりたい人は、必見です。

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは



学生時代にクラスメイトと同じくらい、...

旦那が無職でイライラ…妻たちのストレス解消法とは

旦那が無職になって毎日家でダラダラしている姿を見ると、イライ...

魅力的な彼女になるには…毎日会いたいと感じる女性の特徴



彼氏の仕事が忙しくなると、なかなか会...

元カノからの連絡って来ないもの?女と男の考え方の違い

別れた後の関係にもよりますが、元カノから連絡が来ないのは、普...

毎日がつまらない…そんな主婦の生活を変えるコツ


三食昼寝付き、と言われていたのは昔の話。

スポンサーリンク


既婚男性が女性を食事に誘う理由

もしも既婚の男性から食事に誘われたらあなたはどうしますか?

その誘いがどういう意味合いを持つか考えてしまいますよね。

ただ単に友人として仲良くなりたいだけなのか、もしくは異性として意識した上で自分を誘っているのか…。

これが独身男性からの誘いならば、実際に食事をして真意を探ることも可能でしょうが、相手が既婚者の場合はそうはいきません。

既婚男性と二人きりという状況では周りの目が気になり食事どころではないでしょう。

未婚女性の相談に様々な見解が寄せられています。

未婚のA子さんは職場の既婚男性から食事に誘われました。

普段から彼に家族の話をされていたA子さんは、その家族思いな姿に「こんな人が旦那さんだったらいいな」と憧れていたそうです。

それなのに突然、食事に誘ってきた彼に困惑してしまうのは当然の反応でしょう。

この相談に対して、

「自分と相手が年配でない限り怪しい。」

「いくら既婚とはいえ、男性には必ず下心がある。」

「自分が既婚者である以上、誤解がないように理由を言ってから誘うべき」

などの意見が見られ、大方が「既婚男性が理由なく誘った場合は下心がある」という回答でした。

既婚男性から食事に誘われた女性の反応

既婚者なのに女性を誘うなんて最低!と思いますよね。

でも実際にそういう男性は世の中にたくさんいるんです。

そして、その誘いに乗ってしまう女性も少なくありません。

では、なぜ不倫というリスクを負ってまで踏み込んでしまうのでしょう。

既婚男性はモテるという言葉を聞いたことありませんか?

既婚男性は女性の扱いに慣れていて、寛容な一面を見せてきます。

もちろん、すべての女性がこれに引っかかるわけではありません。

既婚男性は無差別に声をかけていきます。

そんな中、罠にハマってしまうのがウブで男性に免疫のない女性です。

普段男性との接触が少ない女性は、たとえ相手が既婚者だとしても声をかけられる事で舞い上がってしまう傾向がみられます。

誘われてビックリ、ご飯を奢ってもらって嬉しい、一緒にお酒が飲めて楽しい…といった具合にどんどん隙を見せてしまうのです。

しかし、その先に用意されているのは浮気相手・不倫相手というポジションだけです。

既婚男性との恋愛に溺れる女性からよく聞くのが「人から奪う優越感」という言葉です。

この時点で真っ当な恋愛ではないことは明らかです。

ただ、すべての既婚男性からの誘いを断るべきということではなく、目上の上司やお世話になっている得意先の方の誘いは、むしろ受け方がメリットがある場合があります。

どちらにしろ慎重にその誘いの真意を判断しなくはなりません。

男性に免疫がある・ないに関わらず、男性に誘われて嬉しいと思うのは女性だったら普通の感情です。

大切なのは、男性は皆下心を隠し持っていて、自分を異性としてみた上で誘っているという点を踏まえた上でどうするかです。

一件爽やかそうに見えても、相手の心の内には「こいつ簡単に落ちそうだな」なんていう邪な気持ちが潜んでいるかもしれません。

既婚男性と食事に行く女性は何を考えているのか?

既婚男性の食事の誘いに乗る女性の心理は、実は美味しいものを奢ってもらえるという単純な考え方だったりします。

イタリアン、和食、フレンチ……美味しいお店に連れて行くと言われたら、誰でも「ラッキー」と思ってしまいますよね。

相手が既婚であっても自分が異性として相手を見ていないのであれば、食事以上には発展しないので誘いに乗っても問題ないでしょう。

その一方で、相手の事が気になっていた場合はどうでしょう。

既婚者と二人きりはまずいかもと思いながらも、ついつい行ってしまうのです。

同じ食事の内容でも、相手を異性として見ていない前者とは状況が全く違います。

好感を持っている以上、今以上の関係性を求められたら断りきれないはずです。

でも実際のところ、相手に全く好意がないのであれば美味しいものを食べて楽しく会話するぐらいは許容範囲かとは思います。

ただし、女性が既婚男性からの食事の誘いに乗る時点でどこかしらに隙があるといえるでしょう。

既婚男性が女性を食事に誘う本心とは

では既婚者側の心理はどうでしょう。

「新婚当初は仲良しだったのに今は妻が子供に夢中で構ってくれない。」

これはメディアでもよく取り上げられる夫の言い分です。

妻が自分に関心を持ってくれない事で、夫は外の世界に居場所を求めてしまいます。

しかし、初めから不倫しようなんて思っているわけではなく、ほとんどの男性が心の奥底では妻に感謝しているのです。

既婚男性が女性を食事に誘ってしまう本当の理由は現実逃避なのかもしれません。

だったらガールズバーやキャバクラに行けばいいのでは、と指摘されそうですが、男性が求めているのはそういった直接的なものではなく、ただ単に日常の中に新鮮さを取り戻したいだけなのではないでしょうか?

妻が育児で疲れ果てている一方で、夫も仕事のストレスで疲れ果てているのです。

妻に余裕がないと分かっているからこそ、外で息抜きをしたくなってしまうのです。

食事後の下心を抜きにして、「働いている女性、社会で活躍している女性と話すのが楽しい」、「刺激になる」といった意見もあることから、本当にただ楽しい時間を過ごしたいと思っている男性もいるということでしょう。

既婚男性が求める愛人像

愛人関係を求られる女性にはいくつかの特徴があります。

女性を囲いたがるのは年配男性にありがちな傾向ですが、意外なのは才能を持った女性が好まれるという事です。

スポーツ、勉学や音楽、何か一つでも才能があればその才能を囲いたくなるという心理なのでしょうか。

特技がある女性に魅力を感じるようです。

また、ノリがいい女性は愛人関係を求めらやすいという傾向があります。

面倒なことは言わないで欲しい、どこかへ誘えば軽く了承するなど、煩わしい事を避けたいというのが正直なところでしょう。

一番の好まれるのはやはりスタイルが良い女性です。

妖艶な体つきが愛人としての絶対条件とされています。

こうして特徴をあげてみると、愛人に求められる条件は女性軽視以外のなにものではないですね。

きわめつけは「文句を言わない」です。

日常で会社や家族から抑圧されている分、愛人にはそのストレスを受け止める柔軟さが必要とされているのですね。

結局のところ男性にとって愛人は日常のストレスから離れられる避暑地的なポジションといえるでしょう。

関連記事はこちら


 - 恋愛

ページ
上部へ