知恵の花

平安時代の貴族の女性の暮らし〜想像を超えた恋愛と日常生活〜

   

平安時代の貴族の女性の暮らし〜想像を超えた恋愛と日常生活〜

平安時代の貴族の女性、どんな暮らしをしていたのでしょうか?

平安時代の貴族の女性で思い付くのが紫式部、そして清少納言。この二人をイメージしていただくと、何となく平安時代の貴族の女性の暮らし向きが浮かんでくるのではないでしょうか?

知っているようで知らない平安時代に思いをはせて見ましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

犬の目にゴミが!対処法と気になる目の病気

愛犬の目にゴミが入った場合、あなたはどのように対処されていま...

彼女の料理が微妙……彼氏の反応と対応方法


自分が作った料理が微妙だったとき、彼氏である男性...

平安時代の貴族の女性の暮らし〜想像を超えた恋愛と日常生活〜



平安時代の貴族の女性、どんな暮らしを...

ゴールデンレトリバーの子犬の飼い方と正しいしつけの方法

犬を好きな方ならご存知のゴールデンレトリバー。この犬を飼おう...

平安時代の貴族の食事とは?〜意外と豪華で健康的ではなかった


平安時代の貴族がどのような食事をしていたのかご存...

彼氏と喧嘩が多い…喧嘩の原因と関係がうまくいく秘訣


彼氏と喧嘩が多いと悩んでしまうかもしれませんが、...

彼女よりも友達を優先させる男性側の理由と女性が楽になる考え方


彼女よりも友達を優先する男性は多いようです。それ...

彼の本意はどこに?好きな人が友達と食事に行く理由と対処法

憧れのあの人と二人きりのお食事デート!次の展開にドキドキ…。...

旅行は身軽に!事前に荷物を送る際のポイントと注意点


旅行する際に煩わしさを感じるのは荷物ではないでし...

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

スポンサーリンク


平安時代の貴族の女性は、毎日どんな生活をしていたの?

平安時代の貴族の女性の生活。いったいどんな生活だったのでしょうか?ここでは平安時代の平安京に住んでいた貴族の女性の生活について、見てみましょう。

まず、貴族というのは今で言う公務員のような仕事をしていました。また朝は明るくなった頃から仕事をしていたようです。昼頃には仕事が終わり、自宅に戻っていたようです。

さて、貴族の女性の一日ですが、朝起きて歯磨きは、楊枝を使ってしていたようです。また、「お歯黒」を男女ともにしていたので、これは虫歯予防には効果がありました。

そして、大事な日課の「占い」でその日の行動を決めていたようです。またお風呂も占いで判断して、日が悪いと入らなかったようです。お風呂といっても蒸し風呂のようですが、年に数えるほどしか入らなかったと言われています。

さて、食事ですがその頃は1日に2食だったようです。そして貴族は、その頃からお米を主食としていました。

それと、トイレですが、平安京では大都市ですし適当な川がなかったこともあり「おまる」で用を足していました。

貴族の女性はほとんど外出しませんでしたので、大半の時間は部屋の中で過ごしていました。その当時の美女の条件というのは、外見的には色白でしっとり肌、ふくよかな頬、長く黒い髪などでした。

しかし貴族の女性の顔は限られた人しか見ることができませんでしたので、外見よりも知性の方が重要視されていました。ですので、和歌などの教養を高めるのに時間を費やしていたのかも知れません。

平安時代の貴族の女性の衣装とは?

平安時代の中頃から大陸からの文化が入ってこなくなりましたので、さまざまなものが日本の風土に合わせて独自に発展していました。

衣装も唐の影響から脱して日本独特の十二単が貴族の女性の間では一般的な衣装になってきました。

この十二単ですが、必ず12枚、重ねて着ていたのかというとそうではなく、12という言葉で「多くの」とか「たくさん」という意味を表していたようです。

ですので、12枚の時もあれば、それよりも少ない時も多い時もあったようです。

また、夏も十二単が基本だったようですが、素材は夏向きに麻を使ったものや薄手の絹などで、暑さ対策をしていたようです。

それと、季節によって重ね着する着物の色の組み合わせを変えたり、素材もその季節に応じたものに変えたりと、色と素材とで多くの組み合わせがあったようです。また色の組み合わせにも教養の差が出てしまうことがあったようです。

平安時代の貴族の女性の美人の条件とは?

平安時代の貴族の女性の美人の条件といいますと、当時の絵などから推測しますと、色白できめの細かい肌、ふくよかな頬、長くて黒い髪が当てはまるようです。

しかし、平安時代は貴族の女性は、限られた人以外には顔を見せませんでしたので、顔の良し悪しよりも黒髪や十二単の方の印象が強いのではないかと思われます。

また、美人の条件としては外観以外に、内面的な教養が非常に重要視されたと思われます。和歌の上手下手や、会話の楽しさなどがポイントとなるようです。

ですので、より美しくありたいというのは、どの時代の女性にも共通した意識だと思いますので、平安時代の貴族の女性は教養を身につけるために家でいろいろ努力していたと考えられます。

平安時代の美女といえば「小野小町」が有名ですが、彼女の容貌を描いた絵などはなく、よくわからないようです。

しかし、女流歌人としての名声が、絶世の美女と言われるゆえんかもしれません。実際、古今和歌集に彼女の和歌が収録されています。

平安時代の貴族の女性の恋愛と結婚事情

平安時代というと時代の恋愛事情の参考書となりそうなのが、紫式部の「源氏物語」になるかと思います。この源氏物語をよく読むと、この平安時代の恋愛事情が分かり易く書かれているかと思います。

他の資料などと比較してみますと、作られた物語というよりは平安時代の恋愛事情を結構正確に記録していたとも考えられます。

個人的には、昔の貴族階級の女性というと格式ばった堅物というものでしたが、この源氏物語を読んでみると現在と通じる「性」の奔放さや、女性の「愛」の強さなどを感じます。

ただ注意していただきたいのはうわべだけの判断で、平安時代の女性というのは性に関して積極的だとか、貞操観念が無いのではと決め付けないでいただきたいと思います。

恋愛や結婚感というのは、その時代のさまざまなものが影響していると思いますので、ある意味その時代では合理的な仕組みになっていたのかも知れません。

平安時代の貴族の女性の髪の手入れ法?

平安時代の美人の重要な条件の一つは、黒くて長い髪でした。シャンプーやコンディショナーなどのない時代に、その黒くて長い髪をどのように手入れしていたのでしょうか?

まず、米のとぎ汁で髪全体を濡らし、そして櫛でとく。こうすることで黒くツヤのよい髪の手入れができていたようです。

また櫛でとかして乾燥させた後に、香木をたいて香りを髪につけて楽しんだりしたこともあったようです。

いつの時代にも女性のおしゃれ好きは変わりませんね。

また、貴族はあまりお風呂に入らなかったので、洗髪は年に数えるほどだったようです。

幸いかどうかわかりませんが、髪はきっちりと結わずに基本的に長くしたままだったので、頭皮が痒いときには簡単にかけたようです。

その時代の風習というのは、現在と比べると異質に見えるものもありますが、その当時には、それぞれの風習がそれなりの合理性に基づいて存在していたと考えられます。今も昔も同じ日本人のすることです。

よくよく調べてみると「なるほど」と合点がいくものが多いのではないでしょうか。

関連記事はこちら


 - 雑学・ライフハック

ページ
上部へ