知恵の花

体調不良で会社を早退するときに守りたいマナーについて

   

体調不良で会社を早退するときに守りたいマナーについて

体調不良で会社を早退するときにあなたは正しいマナーを守っていますか。

誰しも具合が悪くなることはあるので会社を早退することになったとしても誰も悪くは言いませんが、きちんとした対応をとっておかないと周りからの評価も下がるでしょう。

自分もそうですが、周りの人も快く早退して休んでほしいと思ってもらえるように対応しましょう。

そこで今回は、体調不良で会社を早退する場合に必要最低限守りたいマナーなどをご説明します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

これでバッチリ!料理の苦手意識を克服するためのプロセス

料理を作ってもなかなかうまくいかない…何度か...

スポンサーリンク


マナー的な面から考えよう!体調不良で会社を早退する理由

人間生きていれば、様々な状況によって体調が悪くなってしまう時もあります。

そんな時に、会社を欠勤・早退しても良いかどうかを見極める基準はあるのかというと、欠勤や早退に対する考え方は、本人や上司、同僚や会社側の考え方によって様々ですので、基準はこうである・・・とは一概には言えません。

職場によっては、職場の雰囲気や仕事量などから休みずらい・・・なんて人もいるかと思います。

ただ、マナーの観点でみれば、周囲の人に迷惑をかけるか、かけないかが欠勤や早退の大事な基準となってきます。

熱があったり咳が出ているのに会社で仕事を続ければ、ミスが出てしまうこともあるでしょう。

また、職場の仲間に心配をかけてしまいますし、仲間に病気を移してしまう可能性もあります。

このような自分の状況が周囲に悪影響を及ぼす可能性がある場合は、欠勤や早退をすることも社会人のマナーの一つと言えます。

このような周囲に悪影響を及ぼす可能性がある例としては、インフルエンザなど周囲の人にうつる可能性のある感染症や、高熱(一般的には37度以上)または咳が止まらないなどの症状があり場合です。

そして、腹痛や胃痛なども直接周囲への影響はないと思うかもしれませんが、ウイルス性の胃腸炎など、場合によっては周囲への感染もあり得るため、欠勤・早退の理由になります。

また、骨折などのケガも周囲へ直接感染するわけではありませんが、状況に応じて医者の指示に従うことが大切となってくるでしょう。

体調不良で早退するときに会社側に与える影響・可能性

遅刻・早退・欠勤を歓迎するという人は、あまりいないでしょう。

なぜなら会社は、事業計画を達成するために社員を雇っており、それぞれの役割やミッションを与えられて、日々仕事を進めているからです。

例えば、一人の社員が遅刻したり早退すれば、その分仕事は遅れてしまい、他の社員の仕事の負担が増えてしまう場合があります。

それに伴って残業が発生することもあるでしょう。

それに加えて残業代の支払いも増えるとなると、会社側にとっては人権費がかさんでしまうなど不利益な状況となってしまいます。

また、営業の方が早退・欠勤となれば、会社の売上計画に直接的に影響してしまうという可能性もあります。

例えば、月末などの営業目標達成に向けて忙しく走り回る時期であれば、仲間の営業の方も忙しく動き回る時期のため、仲間のフォローをすることが厳しいこともあるでしょう。

そうなると、商談などは後日に繰り越しとなり、相手の会社側にも迷惑がかかることとなり、売上への影響が現れる可能性もあります。

このように、早退や欠勤は会社に不利益になることが多々ありますが、「体調が悪いのに、絶対に会社に行かなければならない」ということではありません。

目標を達成する上で会社にとってみなさんは大切な戦力であり、大切な人材であるということを頭に入れて、自己管理を徹底することが体調不良等の早退や欠勤を減らすことに繋がるのです。

体調不良で会社を早退するとき最低限の引き継ぎを行うのがマナー

早退をする時は引き継ぎをしっかりと行うことが重要です。

早退をする際、上司に早退の旨をただ報告すれば良いというものではありません。

早退する場合にもマナーを守る必要があります。

自分の仕事が途中のまま早退してしまう場合などは、仕事の進捗状況や引き継ぎを行っておかないと、部署内・社内業務全体に支障をきたしてしまう可能性があります。

早退する際はまず、上司に報告・許可を得た上で、同僚などに自分の業務を引き継ぎをお願いし、やるべきことをやった後に帰宅する、という流れを守る必要があります。

自分の体調管理ができていなかったために、会社に迷惑を掛けてしまうことは良くありませんが、やむを得ない場合もあります。

そのような状況になってしまった場合は、しっかりと引き継ぎを行い、自分に出来ることはしっかりと終えるなど、最低限の礼儀を尽くすことが社会人としてのマナーの一つであり、周囲にあまり迷惑をかけないように心がけることが重要です。

体調不良で会社を早退。普段の人間関係を円滑にすると利点が多い

仕事をする上での早退マナーについて、最も重要なことは周囲への配慮です。

上司や同僚、取引先などが早退を承諾してくれた時は、しっかりと感謝の気持ちを持つことが大切です。

後日、社内の仕事を引き継いでもらった同僚などにお礼とお詫びの気持ちを伝えること。

また、会う時間がすぐには取れない上司や取引先にはメールや電話でもかまわないので、同じくお礼とお詫びの気持ちを伝えることが大切です。

どんなに自己管理に気を配っていても、様々な状況で体調不良になってしまったり、家庭の事情で早退しなければならないことはあります。

そんな時に円滑に早退ができる人間関係を日頃から築いておくことや、相談や助け合いができる職場環境を作っておくことも大切です。

例えば、同僚の具合が悪そうだと感じたらそっと声をかけて気遣い、仕事を手伝ってあげたり、後輩が体調不良のようだったら、仕事を変わってあげたり、上司にその旨を伝えて早退しやすい状態にしてあげるのも先輩としての心得の一つです。

また、自分が早退を許可する立場にいるなら、部下の相談に誠意を持って応じ、快く早退を承諾してあげることも大切です。

このように、自分が周囲に配慮の気持ちを示すことで、もしも逆の立場になった時でも周囲の人たちが早退を快く承諾し、仕事の引き継ぎにも協力してくれることでしょう。

このような人間関係を築くことができれば、無理な心配はせずに仕事に励むことができるでしょう。

「早退マナーの基本は、人間関係にあり」ということを是非覚えておいて、普段のお仕事に活かしてください。

体調不良で会社を早退したら後日お礼とお詫びをするのがマナー

具合が悪くなった時、あなたはどうしますか? 

熱などがなく、自分で対処できる場合は、薬や栄養剤を飲んだり、仕事終わりに病院に行ければ病院で診察してもらい、点滴を打つなどで乗り切ることもできます。

しかし、咳がひどく続くとか、熱が高くて意識が朦朧(もうろう)としている場合などは、仕事に集中できず、ミスを連発してしまうなどして、周りに迷惑をかけてしまいます。

そんなときは、無理せず仕事をお休みして療養することも大切です。

そして後日、職場の方々や仕事のフォローをしてくれた方にお休みを頂いたお礼を言い、迷惑をかけたことへのお詫びの気持ちをしっかりと伝えましょう。

また、取引先の会社との打ち合わせや、お客様との約束を欠席してしまった場合は、関係者宛に、メールや電話でもかまいませんので、丁寧なお詫びの気持ちを伝えることが大切です。

このように、健康管理に気をつけて、元気でいることが会社にとっても自分にとっても一番ですが、もしもお休みすることになってしまった場合は、最低限の礼儀を守り、周囲への配慮を忘れないよう心がけましょう。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ