知恵の花

上司の体調不良!気遣うメールを送るポイントと注意点

   

上司の体調不良!気遣うメールを送るポイントと注意点

上司が体調不良で会社を休んでいる場合、部下としては心配になりますよね。

しかし部下から上司に気遣うようなメールを送ってもいいのでしょうか?

場合によっては失礼にもあたるメールの内容やタイミング。

今回は、体調不良の上司に送るメールについてポイントや注意点をまとめてみました。

ぜひ参考にして、適切に上司とコミュニケーションをとるようにしましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

これでバッチリ!料理の苦手意識を克服するためのプロセス

料理を作ってもなかなかうまくいかない…何度か...

スポンサーリンク


体調不良の上司に気遣うメールは送るべき?

体調を気遣うメールは上司のあなたに対する見方を変えてくれます。

例えば、上司や会社での立場が上の人が入院してるとします。

いつもと違う環境に置かれ、話し相手もおらず、とても寂しい思いをしているでしょう。

そんな体調も悪く、気も滅入りやすくなっている状態の時に、「お体大丈夫ですか?お大事になさってください」といった、ちょっとした気遣いメールが入るだけで、元気になるものなのです。

それは上司からあなたへの評価がアップするほどの力を持っています。

メールを受け取った上司は、時間を割いてまで連絡をくれるなんて、なんて機転のきく奴なんだと好感触に思うはずです。

ビジネスでは気遣いもできなような人は仕事もできないと言われています。

その逆を言えば、気遣ができる人は仕事もできる人になるのです。

上司や立場が上の人にはなるべく、お見舞いのメールを入れるようにしましょう。

それは今後、ビジネスの幅を広げるという大きなチャンスになるかもしれません。

体調不良の上司に気遣うメールで「お大事に」は失礼?

上司や立場が上の人には「お大事になさってください」が無難な言葉だと思います。

「お大事に」はビジネスの現場で使っても大丈夫です。

また上司や立場が上の人に使ってもマナー違反には値しません。

注意点としては「お大事に」とあっさりと言うのではなく、「お大事になさってください」としっかりとした敬語で終わるようにするのが、ビジネスのマナーとして望ましいです。

「お大事に」と言う短い言葉はなるべく使わないようにしましょう。

さらに合わせて「ご自愛ください」という丁寧な言葉もありますので、頭に入れておいてください。

この2つは相手を気遣う時に最適な言葉です。

「ご自愛ください」は文面やメールの締めの言葉としても良いです。

立場の上の人には使わない方がいいと言う人もいますが、むしろ立場が上だからこそ使って欲しい言葉です。

また風邪で休みを取っている上司に「ゆっくり休んでください」と伝えたい時は「お大事になさってください」の方が敬う姿勢や丁寧な印象を受けるのでベストです。

言葉の頭に「くれぐれも」などの表現をつけるとより良い言い回しになります。

上司の体調を気遣うメールで使える例文

上司や病気や体調の悪い時に送る気遣いメールは、どんなものが良いのでしょうか?病気の時に送るメールに、少し添える形の文として挙げてみましょう。

  • 「日頃のお疲れが出たのでしょう。ご無理なさらにように」
  • 「くれぐれもお大事にしてください」
  • 「風邪でお休みになられているとのことですが、お具合はいかがでしょうか?」
  • 「ご病気で入院されていると伺いまして、大変驚いております」
  • 「この際にゆっくりと休まれて、一日も早い回復を祈っております」
  • 「何かとご苦労されてるようですが、ご自愛のほどお祈りしております。」

ではメールの例を挙げてみましょう。

件名:お見舞い申し上げます。

□□商事〇〇部△△様 □□会社〇〇部の山田一郎です。

ご病気をされてご静養されていると聞き、突然のことで大変驚いております。

その後のお具合はいかがでしょうか?心からお見舞い申し上げます。

日頃より、お忙しくされていたため、ご無理なされたこととお察しいたします。

ご多忙ゆえに思うようにならないかと存じますが、どうかお体にご自愛ください。

一日も早いご回復を心よりお祈りしております。

取り急ぎお見舞い申し上げます。

上司の入院!お見舞いは体調を気遣うメールをした後に!

まずは本人もしくは家族にお見舞いの申し出をしましょう。

そもそも、お見舞いに行っても良いのかどうかを聞いておかないと、中には会社の人には今の状態を見せたくないという人もいるかもしれません。

また病気の症状が悪化している場合や、特別な治療をほどこしている場合に、面会謝絶というケースも少なくありません。

さらに病室にいるのかもわからない状況で来られても困ります。

辛い検査や治療があった後に来られても、ストレスがたまるだけです。

会社の慣例に基づくのが一番ですが、そのような取り決めがない場合、行っても良いのかどうかの判断は、上司もしくは家族に確認をとる必要があるでしょう。

複数人が毎回上司に問い合わせしてしまうと、かえって迷惑です。

一番良いのは上司との連絡窓口を一人だけにして、他の人は、その上司との窓口を請け負った人にお見舞いの相談しましょう。

突然に病室に行ってしまうのは大変迷惑になりますのでやめましょう。

メールで上司の体調を気遣うなら?

体調を気遣う言葉やメールの流れはどんなものが良いのでしょうか。

手紙を渡すのとは違い、メールではラフな文章を送ることもできます。

しきたりなどを気にする必要がないので、言葉選びに神経を使うこともなく、素の思いを伝えやすいです。

ちょっとしたねぎらいの言葉や、体調を心配する表現を入れることで、相手の心を楽にさせるかもしれません。

特にビジネスメールでの体調を気遣う表現は最適です。

「雪の日が続いているので、外回りも大変ですね。お身体を崩されないようお大事になさってください」

という感じの文章をもらえば、気遣ってくれていることを嬉しく思い、温かい気持ちになるでしょう。

なかなか良い文章が思い浮かばなければ、手紙の「時候のあいさつ」などを取り入れるのも良いでしょう。

この「時候のあいさつ」と「安否を気遣う挨拶」はセットで使われるケースが多いです。

メールを送るときには、

「梅雨寒で体を壊される方も多い時期です。くれぐれもお身体大切にお過ごしください」

とこんな感じになります。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ