知恵の花

結婚適齢期の女性と男性!年頃の婚活事情について

   

結婚適齢期の女性と男性!年頃の婚活事情について

まだ結婚していない20代後半くらいの年頃の男性や女性は、結婚適齢期を意識してくるころだと思います。

結婚適齢期は、結婚をする年頃のことなのですが、それぞれに結婚に関する思いや悩みがあるようです。

結婚は、人生の最大のイベントの1つです。結婚に焦ることなく気持ちを冷静にして、パートナーと生きていくための準備をしていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

好きな人が友達と付き合ったら…ツライ失恋を乗り切る方法



恋愛には様々な問題やトラブルがつきも...

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

スポンサーリンク


年頃の女性と男性は必見!結婚適齢期は何歳なの?

男性も女性も、結婚適齢期には、行動を始めることをおすすめします。

結婚適齢期は、男性の場合、20代後半から40歳代、女性の場合は、20代前半から30前後となっています。

婚活パーティでは、男性は年下の女性を好んで、女性は年上の男性を好むという特徴があるようです。

女性の場合は、男性が30歳以上でも恋愛、結婚対象となるようですが、男性の場合は、ほとんどの男性が、20代後半の女性を対象にしているようです。

結婚適齢期でも、結婚に意欲的になるのは、ほんの一瞬なので、その勢いで結婚しなければ、ダラダラとした男女関係の付き合いが続いていく傾向があります。

また、長期間付き合っているカップルや、同棲をしているカップルは、心理的に「相手とは相性が合わない」と思うようになり、結婚できないだけでなく、付き合いが破局となることも多いようです。

一度結婚を逃すと、仕事が忙しかったり、二人の休みが合わなかったりして、会う時間がなくなることもあります。

そして、相手に対するときめきが薄れていき、しだいに相手に飽きてしまうようです。

時間も気持ちの浮き沈みもあっという間のことなので、結婚に積極的になったときを逃さないようにしましょう。

年頃の女性は、結婚適齢期に焦らないように!

結婚適齢期になると、周りの人達から、「いつになったら結婚するんだろう?」と思われているかもしれないというプレッシャーを感じることがあるかもしれません。

実は、そう感じるのは、あなたが結婚について、考えているからです。

周囲のプレッシャーは、自分が結婚を気にしてなければ、聞き流せるのです。でも、自分も結婚について考えているときは、プレッシャーを感じてしまうのです。

また、彼氏がいる人は、結婚相手は本当に彼でいいのか見極めることも大切です。

彼は、あなたやあなたの家族にも優しいですか?

結婚適齢期を気にし始める女性は、結婚したいばかりに、相手のことを正しく判断できなくなってしまうことがあります。

何か困ったことが起こったときに、彼と支え合うことができるかどうか、想定してみてくださいね。

また、彼からプロポーズをして欲しいので、なんとかして彼にプロポーズをさせようとするのはやめましょう。

彼との付き合いが長いなら、彼はあなたの気持ちに気づいています。

このような状況にいるときは、プロポーズをされたときの準備をすることをおすすめします。

家事、お金の管理、貯金、女性が結婚しても働きやすい会社に転職、妊娠できる状態なのか病院で検査したり体調を整えたりする、などの準備です。

これらは、結婚するならできて当たり前のことなので、彼がプロポーズをしてくれないのは、もしかしたら、準備不足に見えるからかもしれませんね。

30代の年頃の女性が結婚適齢期になる特徴

仕事が楽しいケース

20代から、やりがいのある仕事をしています。深夜まで働いて、20代後半からは役職ももらっています。

自分がレベルアップしていくので、仕事が楽しくてたまりません。

褒められて伸びるタイプには、まさに努力した分だけ褒められるので、仕事にはまっている状況に誇りを感じているようですね。

20代を仕事に頑張ったことは、大きな財産になるでしょう。結婚をして子供ができれば、仕事第一にはなかなかできません。

20代で仕事に打ち込んだ人は、30代で結婚を意識するほうが、冷静にパートナーを探すことができるでしょう。

お酒が好きなケース

お酒が好きで、友達と騒ぐのが好きな人も、結婚したらそのようなことは頻繁にできなくなります。

20代は、朝まで飲んでも翌日仕事ができる体力があっても、30代では、次の日は二日酔いになることが増えるでしょう。

激しく飲んでいた20代が終わると、30代は心身ともに安定を求めるようになるので、結婚適齢期になると言えます。

男性の結婚適齢期を教えて!

最近では、30歳くらいで結婚する男性が多いようです。

婚活では、男性も女性も年齢はポイントになります。

男性の結婚適齢期は、女性の結婚適齢期よりもやや高いイメージがあるようですが、実際には、男女ともに、平均で30歳前後になっています。

女性が28〜29歳くらいなら、男性は1〜3歳くらい上になると思ってもいいのですが、ほぼ差はないようです。

男性の結婚適齢期は、「家庭を支えることができる時期」だと思っている人が多いようです。

その時期は、30歳になる直前から30代後半に入るくらいのようですが。実際には、それに当てはまらないケースが多いようです。

家庭を支える収入の見込みがないので、適齢期にこだわらずに婚活を早めに始めたり、40歳を過ぎて子供が欲しい場合は、年収が多くても不利になったりします。
家庭を支えることや子供を育てることにこだわらなければ、適齢期はあまり気にならなくなるのです。

男性の結婚適齢期に関する事情も変わってきているので、誤解から失敗を招かないためにも、正しい認識をしましょう。

婚活をしている人が早く結婚するためのポイント

婚活をしている人たちが、早く結婚できるための対策法をご紹介していきます。

スピード感が必要

男性で30歳、女性で28歳の場合は、2年後までなんて待てない、という気持ちの人が多いようです。

ここでポイントなのが、時間がかかる婚活と時間がかからない婚活があるということです。

合コンや婚活パーティーは、結婚に至らないこともあります。そもそも、相手が本当に結婚願望があるのかもわからないでしょう。恋人を探しているだけのこともあります。

その点、結婚相談所なら、結婚したい人しかいません。

恋人を探しているのではないので、付き合う延長線上には、結婚があるのです。

合コンや婚活パーティーは、相手に結婚をする意思があるのかどうかわからないのですが、結婚相談所ではその心配がいりません。そのため、結婚への近道となるのです。

結婚したい相手が傍にいるときの注意点

早く結婚したいので、焦ってしまう女性は、パートナーを怖がらせてしまって、結婚を遠ざけてしまうことがあります。

真剣に結婚について考えているので、早く答えを出して欲しい気持ちはわかります。
でも、焦って相手を急かすと、信頼のベースが作られないので、結局うまくいかなくなることがよくあるのです。

結婚も恋愛も、相手への信頼と共感が基盤です。特に結婚は、この基盤が大切になります。

男性は、女性よりも物事を論理的に考える傾向があるので、「一生のことだから、相手をしっかりと分かりあって大丈夫と確認してから、結婚をしたい」と考える人が多いです。

それなのに、「直感であなたと結婚したいと思った」というように相手のペースを気にせずにアプローチをすると、男性からは、「相手のこともまだよくわかり合えていないのに、無理矢理だ」と思われて、遠ざけられてしまうのです。

婚活を成功させて結婚へとつなぐためのポイント

生真面目な人は、婚活にのめり込みすぎて、泥沼状態に入りがちです。

相手をみつけようとして、頑張りすぎるので、燃え尽きてしまうのです。そして、燃え尽きてしまうと、うつ状態になりやすいのです。

努力するのはいいのですが、し過ぎは逆効果です。「こんなにがんばっているのになんで相手が見つからないの?」と思っている人は、気をつけましょう。

また、条件が厳しすぎるタイプも注意が必要です。

女性は、年収が一千万円以上、見た目が良い、話題が豊富で魅力がある、スポーツ万能、包容力がある、まめ、浮気・暴力・ギャンブルはしないなどの条件を挙げます。

男性は、明るくて優しい、美人、スタイルがいい、料理が上手、家庭的、良妻賢母、などの条件を挙げます。

しかし、条件は、絶対はずせない条件を2つくらいに絞ることがポイントです。
そして、相手の足りない部分は私が補うくらいに思うと、相手が早く見つかります。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ