知恵の花

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法

   

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法

アルブミンという言葉を聞いたことがありますか?

人間の病院でも聞いたことがあるかもしれませんが、犬だけではなく人間にもある成分で、健康のために欠かせない成分です。

アルブミンの数値が低いと、病気をひき起こす原因になり、悪化すると命の危険性もあります。

アルブミンとはなにか?数値が低くなることでどんなことが起きるのか?

今回はアルブミンと病気について調べてみました。

食事などを参考にして、愛犬の命を守りましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


飼い犬の健康を脅かす…アルブミンの数値と飼い犬の健康の関係

アルブミンはタンパク質の一種で、約600個のアミノ酸によってつくられています。

血漿タンパク質の約60%を占めていて、血漿タンパク質の大半がアルブミンです。

アルブミンの働きで一番大きいのは、アルブミンは血管内の水分を保つ働きです。血漿タンパク質の中で一番です。

アルブミンの働きによって、私たちや動植物の浸透圧(濃度の少ない方に多い方から成分を補い一定にする働き)を維持して、血液や体内の水分量を調節しているのです。

アルブミンが低下すると、血管の中の血液の量が減ってしまい、腹部や肺などに水がたまりやすくなります。

また、アルブミンはホルモンや薬物等の物質と結合して、その物質を必要としている部位に運ぶための働きをしています。

血漿成分の割合としては、水が約90%、血漿タンパクが8%です。残りは、ホルモンやイオン、ブドウ糖などで構成されています。この割合で見るととても少ないのですが、重要な働きをしているのがアルブミンです。

犬のアルブミンが低い原因を明確にしよう

1.栄養失調

タンパク質の摂取が少なければもちろんアルブミンの数値は減ります。1週間絶食するだけでも、低アルブミン症になってしまいます。

体のタンパク質は、常に一定の割合でアミノ酸化されて消費されてしまいます体内のタンパク質を減らさないためには、良質のタンパク質を毎日取ることが必要です。

1週間以上タンパク質を摂取しないでいると、アルブミンの半減期は10日前後なので、体内の貯蔵もなくなりアミノ酸化して調達します。

2.悪性腫瘍

悪性腫瘍(ガン)は自分の細胞のために多量のアミノ酸を消費します。他のタンパク質を使ってしまうのです。

3.タンパク質漏出性腸炎

たくさん食べているのにやせていき、下痢を起こす腸の病気です。他の病気でもこの症状は起こりますが、腸でタンパク質を吸収できないことでも起こります。

4.広い範囲のやけど、または大量にタンパク質を消費する病気(胸膜炎、腹膜炎)

5.敗血症

6.腎臓の機能の悪化で尿からタンパク質が出ている

7.全身性炎症性反応症候群(SIRS)

8.外傷(咬傷)、子宮蓄膿症、熱中症、急性膵炎、異物を食べてしまう、胆嚢破裂、自己免疫疾患などで起こる病気です。

アルブミンの数値が低い…低アルブミン血症で気になる犬の病気

低アルブミン血症は血漿タンパク質の中のアルブミンの値が低くなる病気です低アルブミン血症になると、体内にいろいろな悪影響を引き起こします。

アルブミンが低い時に起きやすい症状

  • 傷がなかなか治りにくくなる
  • むくみ、腹水、胸水がみられるようになる
  • 血液が濃くなり血栓ができやすい状態になる(特にタンパク質漏出性腸炎、タンパク質漏出腎症によるもの)
  • 麻酔など薬の効き方に違いが出てくる(効果が出やすくなる)

特に血栓は突然死、状態の急変などに繋がるので注意が必要です。

アルブミンの低下が起こる原因

さきほどの原因以外にも、

  • 肝機能低下によるアルブミン生成不全
  • タンパク質漏出性腎症によるアルブミンの不足
  • 出血による血中アルブミンの不足
  • 膵外分泌不全(膵臓の消化酵素の不足でタンパク質をうまく消化できない)

などがあります。

上記のどれも大きな問題が体内に発生していることによるので、低アルブミン血症から血栓ができて重篤な状態になる可能性があるので、原因をしっかりと把握して適切な治療を早期に行いましょう。

タンパク質漏出性腸炎〜アルブミン数値が低いと気になる犬の病気

タンパク質漏出性腸炎の原因

リンパ腫や寄生虫などからできる慢性炎症性の腸の病気から、粘膜からタンパク質が失われて、低アルブミン血症になります。

タンパク質漏出性腸炎の症状

下痢(ならない場合もあります)、体重の減少、嘔吐や脱水が主な症状です。

また、低アルブミン血症のために血液に水分を取りこむ力が低下してしまい、むくみや胸水がなる場合もあり、放置してしまうと最悪死にいたることもあります。

タンパク質漏出性腸炎の治療方法

タンパク質漏出性腸炎の原因はさまざまなので、治療も原因により異なります。

リンパ腫の場合は抗がん剤、慢性炎症性腸疾患の場合は消炎症剤などの薬を投与します。

寄生虫が原因の場合は駆虫を行います。また、下痢や嘔吐の症状がみられるときには対症療法も行います。

そして食事も胃にやさしい脂肪分の少ない消化のいい処方食を与えるなどあわせて行いましょう。

愛犬のアルブミン数値の低い時、食事で気をつけること

高タンパクで低脂肪の鶏のささみをメインにして、野菜やお米を柔らかく煮て与えてみましょう。

どの肉類もタンパク質は良質ですが、脂質の高い肉類は消化が悪いのでおすすめしません。

ささみがなかった場合はむね肉の皮を取り、しっかりと茹でて(2回茹でるのも効果があります)脂質をしっかりと落として与えましょう。

野菜はネギ類以外与えても大丈夫です。様々な野菜で栄養を補給しましょう。
しかし、いも類、とうもろこし、かぼちゃなどは糖質が多いので日々確認しましょう。

脂肪は長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸がありますが、長鎖脂肪酸にはリンパを拡張させる働きがあります。

なので、ココナッツオイルなどに含まれる中鎖脂肪酸をうまく利用して、愛犬に必要な栄養や脂質の補給をしてあげましょう。

食事のタンパク質は赤身の生肉、ささみやむね肉、赤身の魚、豆腐などがおすすめです。

ペテルナ、ペットチニックなどの栄養補助食品と合わせて与えるといいですよ。アルブミンの値は3.0以上を目指しましょう。

関連記事はこちら


 - ペット・動物

ページ
上部へ