知恵の花

バイト面接の採用を電話で断る時はどうする?マナーと注意点

   

バイト面接の採用を電話で断る時はどうする?マナーと注意点

バイト面接で採用をもらった時、事情によってその採用を辞退しなくてはいけないこともあります。

しかし何と言っていいかわからない…と断る方法に悩んでしまうことも。

そこで今回は、バイトの採用を電話で断る方法やポイントをまとめてみました。

バイト先に対して多少の迷惑をかけてしまうことになるので、断る時はしっかりマナーを守り、誠意ある対応を心がけましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

モテたい人必見!デートの達人はお礼メールを毎回欠かさない!

好きな人とのデートは幸せな時間ですよね。
...

友達に彼女を取られるのが怖い!友情と恋愛を両立させる方法


彼女とは仲がいいし信じているけれど、ふと、友達に...

異性の友情は成立する?友達が既婚者で付き合い方に悩んでいいる方へ

「異性の友情は成立するのか?」

彼女ができない諦め男子!その理由と対策

俺には一生彼女なんかできない…そう嘆いている諦め男子が増えて...

節約!旦那の手作り弁当のコツと注意点

家計を預かる主婦にとっては、節約は永遠のテーマです。

夫婦の趣味が合わない!信頼のきずな構築の真の原理とは

これから結婚を考えているあなたへ、付き合っている彼と趣味が一...

彼女が料理を作ってくれない…その本当の解決方法!

彼女が料理を作ってくれないと、不満を抱えている男子諸君へアド...

彼氏と喧嘩してLINEが未読スルーになったまま!こんな時の対処法

今や連絡手段としてはあたりまえの通信アプリLINE。...

職場で恋愛感情を抱いてしまった相手が既婚者だった時のこの先…

独身・既婚に関係なく、男女の出会いの場として多いのが職場です...

精神な不安定からの脱出方法!真の恋愛と幸せのために

恋愛中のあなた、精神的な不安定状態にないかどうか、チェックし...

幸せな結婚…娘の彼氏を紹介された父親の感情の理解が重要

幸せな結婚のためには、ご両親の理解は欠かせません。

ついに彼女と部屋で二人きり!よい雰囲気の作りかた

ついに彼女が僕の部屋にやってきた。まて、慌てるな!急ぐな!お...

あなたの潜在意識の中の不安を解消してステキな恋愛を!

恋をすると不安になる。それは当たり前のことなのです。

高校受験の面接では髪型が合否を左右する!

高校入試の面接時に、髪型は合否に影響するでしょうか。

部活の部長になりたい! リーダーシップの本質とその技術

部活の部長になりたい人は、必見です。

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは



学生時代にクラスメイトと同じくらい、...

旦那が無職でイライラ…妻たちのストレス解消法とは

旦那が無職になって毎日家でダラダラしている姿を見ると、イライ...

魅力的な彼女になるには…毎日会いたいと感じる女性の特徴



彼氏の仕事が忙しくなると、なかなか会...

元カノからの連絡って来ないもの?女と男の考え方の違い

別れた後の関係にもよりますが、元カノから連絡が来ないのは、普...

毎日がつまらない…そんな主婦の生活を変えるコツ


三食昼寝付き、と言われていたのは昔の話。

スポンサーリンク


バイト面接で採用の電話が…断ることは可能?

アルバイトの採用連絡があった後にその採用を断らなければいけない状況になった、というのは珍しいことではありません。

同時に複数の面接を受けていて、本命のバイト先からの連絡が遅れていた、採用の決定後によくよく考えてみれば勤務時間や時給などに条件にあわない部分があった、面接時の雰囲気に流されてその場で採用され出勤日を決めてしまったなど、理由は様々だと思います。

そして採用担当者も、採用したから必ず来てくれると楽観しているわけではありません。

彼らからすれば初日出勤してくれるのか、実際に働いてみて嫌にならないかなど、いろいろと心配しています。

ですので、連絡せずに初日に出勤しないまま、音信不通になるというのは大変なマナー違反です。

「せっかく採用してもらったのに申し訳ない」、「一度は行くと言ったのに辞退するのは連絡しづらい」と思うのはもちろんわかります。

しかし断ると決めたのならば、雇ってほしいと応募し、時間を割いて面接をしてもらったマナーとして、必ずこちらから連絡して辞退することを伝えるのはとても大事なことです。

採用者側も連絡があるのとないとでは印象も違いますし、あなたが採用を辞退することで、他に面接した人をすぐに採用する手はずを整えることもできます。

長引かせればするほど、相手の心象は異なりますし、迷惑を掛けることは最小限にすることが可能ですので、断ると決めたならば迷わず、なるべく早く連絡しましょう。

罪悪感を感じる必要はありません。

バイト面接の採用を断る時は早めに電話しよう!

採用連絡の後に辞退を申し出る場合、一番良いのはその会社もしくは店舗に出向いて直接辞退の旨を伝えることです。

しかし、こちらから働きたいとお願いしたのに辞退するのはとても気まずいですし、まして直接会うのはとてもハードルが高いと思います。

かと言って、メールやSNSならば簡単で気は楽ですが、それは大変失礼です。

最低でも電話で直接、辞退する旨を伝えましょう。

このとき、必ず採用担当者に直接話をしましょう。

担当者が長期出張などどうしても連絡がつかない場合は別として、他の人に伝言をお願いするのは失礼ですし、せっかく電話した意味もありません。

「どうせ二度と会わない」、「そこに行かなけれは良い」、「相手もすぐに忘れる」と思うのは間違いです。

この程度の対応ができなければ、この先どんな状況になっても対応できないでしょう。

大切なことは対面もしくは電話で直接伝える

これは社会人としての最低限のマナーですし、それができない人間は社会人として認めてなどもらえないです。

電話でも大丈夫!バイト面接の採用を断る方法

理由を聞かれたとしても、「都合が悪くなって働くことができなくなった」と言えば、納得してくれることがほとんどでしょう。

しかし、細かく説明を求められる場合もありますので、どのように説明するかは考えておくほうが得策です。

例えば、「こちらの採用連絡の後に一番働きたいバイト先から連絡があった」や「よく考えてみたら自分の条件と合わない部分が見つかった(この場合はその条件も答える)」です。

まともな会社や担当者であれば、無理に説得してきたり、素直に謝っているのに感情的に怒ったり、無理矢理働かそうとしたりというのは少ないでしょう。

というより、そんなことをするより次の対応を考える方が合理的だからです。

しかし、正直に言えない理由がある場合や採用が決まってから時間が経っていた場合は、どうにもならない理由や納得せざるを得ない理由を説明しましょう。

例えば「怪我や入院をしてしまった」、「親や学校に反対された」など、自分の都合ではなく、どうしようもない状況の変化や外部からの圧力などを理由にしましょう。

バイト面接の採用を電話で断る時の実例

いくら心の準備をしていても、言い訳を考えていたとしても、実際に話をする場面では上手くしゃべれないかもしれませんので、電話でのシミュレーションしてみましょう。

実際に使うであろうセリフと流れで説明します。

まず電話をかけ相手が会社名・店舗名を名乗った後からあなたの対応が始まります。

「わたくし、先日面接を受けさせていただきました(自分の名前)と申しますが、採用担当の◯◯様はいらっしゃいますでしょうか。」

おそらくそのまま代わってくれるはずです。もし理由を聞かれたら、「面接の件でお話があります。」と言ってください。

担当者が自身の名前を言い対応したら、

「お忙しいところ申し訳ありません、わたくし先日アルバイトの面接をしていただきました△△と申します。」

おそらく相槌があります。なければそのまま、

「先日は面接のために時間を割いていただいてありがとうございます。面接をして頂いた後に(辞退の具体的な理由、条件の不一致もしくは無理な状況の説明)で、よく考えた結果、今回は辞退させていただきたくお電話いたしました。貴重なお時間を割いていただきましたのに申し訳ありません。」

相手の相槌があります。

「お忙しいところ申し訳ありませんでした。失礼いたします。」

相手が電話を切るのを待ってから電話を切ります。

必ずしもこういう流れで進むとは限りませんがありませんが、必ず面接に時間を割いてもらった感謝と謝罪そして辞退の明確な理由を述べる。

そうすれば引き止めも悪態もなくスムーズに会話は終わるはずです。

バイト面接で採用に…電話で断る時にはマナーを守って!

採用を断る場合もマナーが大切です。

今後関わらない会社・人物であったとしても、あなたの社会に対するマナーが試されていると思ったほうがよいです。

この程度のことができなければ、本格的に社会に出たときに全く対応できないでしょう。この出来事は今後のための積み重ねです。

相手の気持ち状況を考えてしなければなりません。

採用側としては断られた場合、その時の求人費の損害(採用期間中でも募集人数に達した場合は募集を打ち切る可能性があるからです。)、面接の際に掛けた時間(もしかしたらアルバイトを余分に出勤させ人件費をかけているかもしれません。)、次の募集に対する求人費、採用により今後見通していた仕事の効率・売上等、あなたの辞退により様々な負担をかけることになります。

ですので、辞退することは仕方がないとして、可能な限りの迅速な連絡・採用してくれたことに対する感謝、辞退することと面接にかかった時間と費用への謝罪、明確できちんとした理由を必ず伝えることが大切です。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ