知恵の花

カレーが辛い…苦手な辛さを抑えて甘くする方法

      2017/02/23

カレーが辛い…苦手な辛さを抑えて甘くする方法

カレーは簡単に作れて美味しい、そしてみんなが大好きと、忙しいママにとっては夢の様な料理です。

しかし小さい子どもがいるご家庭や、辛いカレーが苦手な人など、家族みんなの好きな辛さに調節するのは結構大変…

そこで今回は辛いカレーを甘くする方法をいろいろと調べてみました。

自分の好みの辛さに調節して、家族みんなが美味しく食べられるカレーを目指しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

モテたい人必見!デートの達人はお礼メールを毎回欠かさない!

好きな人とのデートは幸せな時間ですよね。
...

友達に彼女を取られるのが怖い!友情と恋愛を両立させる方法


彼女とは仲がいいし信じているけれど、ふと、友達に...

異性の友情は成立する?友達が既婚者で付き合い方に悩んでいいる方へ

「異性の友情は成立するのか?」

彼女ができない諦め男子!その理由と対策

俺には一生彼女なんかできない…そう嘆いている諦め男子が増えて...

節約!旦那の手作り弁当のコツと注意点

家計を預かる主婦にとっては、節約は永遠のテーマです。

夫婦の趣味が合わない!信頼のきずな構築の真の原理とは

これから結婚を考えているあなたへ、付き合っている彼と趣味が一...

彼女が料理を作ってくれない…その本当の解決方法!

彼女が料理を作ってくれないと、不満を抱えている男子諸君へアド...

彼氏と喧嘩してLINEが未読スルーになったまま!こんな時の対処法

今や連絡手段としてはあたりまえの通信アプリLINE。...

職場で恋愛感情を抱いてしまった相手が既婚者だった時のこの先…

独身・既婚に関係なく、男女の出会いの場として多いのが職場です...

精神な不安定からの脱出方法!真の恋愛と幸せのために

恋愛中のあなた、精神的な不安定状態にないかどうか、チェックし...

幸せな結婚…娘の彼氏を紹介された父親の感情の理解が重要

幸せな結婚のためには、ご両親の理解は欠かせません。

ついに彼女と部屋で二人きり!よい雰囲気の作りかた

ついに彼女が僕の部屋にやってきた。まて、慌てるな!急ぐな!お...

あなたの潜在意識の中の不安を解消してステキな恋愛を!

恋をすると不安になる。それは当たり前のことなのです。

高校受験の面接では髪型が合否を左右する!

高校入試の面接時に、髪型は合否に影響するでしょうか。

部活の部長になりたい! リーダーシップの本質とその技術

部活の部長になりたい人は、必見です。

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは



学生時代にクラスメイトと同じくらい、...

旦那が無職でイライラ…妻たちのストレス解消法とは

旦那が無職になって毎日家でダラダラしている姿を見ると、イライ...

魅力的な彼女になるには…毎日会いたいと感じる女性の特徴



彼氏の仕事が忙しくなると、なかなか会...

元カノからの連絡って来ないもの?女と男の考え方の違い

別れた後の関係にもよりますが、元カノから連絡が来ないのは、普...

毎日がつまらない…そんな主婦の生活を変えるコツ


三食昼寝付き、と言われていたのは昔の話。

スポンサーリンク


辛いカレーを甘くする食材とは

嫌いな人は少ないと思われるみんなが大好きなカレー。

そんなカレーはルウを利用すれば簡単に作れるのも魅力的で主婦の味方です。

しかし、お子さんがいる家庭や、辛さの好みが合わない家庭で困ったことはありませんか?

そこで、カレーの辛さをおさえる方法をお教えしましょう。

まずは、よく知られているかもしれない卵。

こちらは白身のブヨブヨが嫌いという方もいると思うので黄身だけでもOK♪

温泉卵というのも見た目もおいしそうですしオススメです。

つぎに、練乳です。

これは一瞬まずそうと思われるかもしれませんが、ぜひやってみてください!

まろやかで優しい甘みが広がります。

特にお子さんにオススメな甘いカレーになります。

最後に、コーンスープの素やかぼちゃスープの素です。

こちらは牛乳と合わせることでとてもまろやかになります。

また、コーンとかぼちゃということで野菜もついでに取れるので栄養が気になるお子さんにぴったり!

ぜひ、いろんな方法でいろんな味わいの甘口カレーを試してみてください。

大人と子供の取り分けに便利!辛いカレーを甘くする方法

それではいくつか甘くする方法を詳しく紹介していきましょう。

まずは、すりおろした玉ねぎを入れる方法です。

中辛のカレーにお玉1/4個分くらいをすりおろしたものを入れます。それを少し煮ていきます。

玉ねぎには辛味成分と甘味成分が含まれます。

すりおろすことで玉ねぎの組織が壊れて、糖質分が舌に触れやすくなります。そうなることで甘味を感じやすくなるのです。

そして、玉ねぎは火を通すと辛味成分が抜け、甘味が引き立つようになります。

このようなことから玉ねぎのすりおろしを日にかけると甘みが出るので、カレーに混ぜて一緒に煮るとカレーが甘くなるのです。

カレーを作る際、はじめに玉ねぎを飴色にするという方法も甘みを出すためでもあるんですね。

たくさん混ぜれば混ぜるほど甘くなりますのでお好みで調整するのがよいでしょう。

玉ねぎはカレーの具でも入っていますから自然な仕上がりでとてもいい方法だと思います。

つぎに、クリームコーンのペーストを入れる方法です。

同じように中辛のカレーをお玉2杯分くらいを取り分けます。

そこに缶詰のクリームコーンをミキサーでペースト状にしたものを小さじ2杯程度入れます。

クリームコーンをミキサーでペーストにすることでなめらかになってカレーになじみやすく、味も自然な甘みになりますのでこちらもオススメです。

また、市販のコーンポタージュや粉末のコーンスープでも代用できます。

どちらの方法も野菜の甘みを活かしたものですので、自然な甘さとまろやかさ、そしてコクも出るのでお子さんに限らず辛さの苦手な大人の方にもいかがでしょうか。

辛いカレーは苦手?食材によってカレーを甘くする方法

カレーを甘くする方法として、一般的に蜂蜜やリンゴ、マンゴーチャツネ、牛乳、ヨーグルト、ココナッツミルクなどをカレーに入れるというのをよく聞きます。

しかし我が家では、クリームを入れるのが定番です。

そしてカレーのルウを控える代わりにシチューのルウを入れたりもします。

ビックリするかもしれませんが、これが意外とまろやかさが出ておいしいのです。

もっと甘くしたい時は、じゃがいもの代わりにさつま芋かかぼちゃを入れます。

レーズンを入れてみたこともあるのですが意外とおいしいです。

チョコを隠し味程度にひとかけら入れてみるのもいいです。

カレーの味に深みを出すためにインスタントコーヒーを入れるという方法もあるぐらいなので、チョコはコクを出す方法としてもいいと思います。

以前テレビ番組で、カレーをいろいろなもので甘くしてみるという実験をしていました。

私はまだ試してないのですが、イチゴジャムがいちばん甘くなるという結果でした。

カレーにフルーツの甘みは合うということもあり、味も期待できそうです。

また、逆に甘口のカレーを辛くするには、豆板醤がいちばん効果があるそうなのでこちらも試してみようと思います。

辛いカレーを食べた時に口の中を落ち着かせる方法

辛いカレーを食べたときに口の辛さを抑えるために水を流し込む。

誰もが一度はやったことがあるのではないでしょうか。

しかしこれ、実は逆効果だったって知っていました?!

ワサビやマスタードの辛みはお茶や水で抑えることができます。

ところがカレー粉の辛味成分には、レッドペッパー、ブラックペッパー、ホワイトペッパーなどのホット系のスパイスが使われています。

唐辛子などの辛さは、水よりも牛乳やヨーグルト、アイスクリーム、マヨネーズなどでしか抑えることができません。

これらの食品は油分があるため、油がコーティングして辛みを抑えてくれるのです。

また、乳製品に含まれるカゼインというタンパク質がカプサイシンと結びつき、カプサイシンが舌の上の神経に働きかけるのをストップさせる効果があります。

唐辛子に含まれるカプサイシンは脂に溶けるという性質を持っているので、辛いと感じて水を飲んでも洗い流すことはできません。

むしろ冷えた水を口に入れると一時的に抑えることができたように錯覚しますが、その後すぐ辛さを感じることになりますので、逆効果のような感じになってしまいます。

このため、カレーを食べる時に辛いのを抑えたい場合は牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べるというのがよい方法と言えるでしょう。

辛いし旨い!カレーを隠し味でさらに美味しくする方法

カレーを美味しくする方法をいくつか紹介します。

まず、コクを出したい場合。

玉ねぎを炒める際に飴色になるまで炒めます。

また、トマトジュースやケチャップ等を加えるのもよいかと思います。

生クリームやチーズなどの乳製品を加えるのもコクが出ます。

肉を炒める時は、にんにくを加えるとコクが出ます。

他には、固形ブイヨン、ウスターソース、醤油、にんにくやしょうがのすりおろし、インスタントコーヒー、チョコレート、ワイン等を隠し味程度に入れるとコクが増します。

つぎに、甘味をつけたい場合です。

リンゴと蜂蜜を入れるのは有名かと思います。

その他に、バナナのすりおろし、ジャム、チャツネなどを入れると効果的です。

そして、マイルドなカレーにしたい場合。

これは乳製品を入れるに限ります。牛乳や生クリーム、チーズ等がよろしいかと思います。

逆に辛いカレーにしたい場合。

唐辛子を増やします。意外と胡椒を入れるという方法もいいです。

酸味のあるカレーにしたい場合。

トマトやリンゴ、レモン、タマリンド、ヨーグルトなど入れるとすっきりとした味になります。

最後に、香りをもっと増やしたい場合。

華やかな香りにはクミン・コリアンダー、シャープな香りと高級感を出すにはカルダモン、深みや重厚感が欲しい場合にはクローブ、複雑な香りを演出するにはガラムマサラ等、用途に合わせてお好みで量を決めて入れてください。

注意点として、果物などの素材を加える場合には、カレールウを加える前に入れて、十分に加熱してからルウを加えてください。

加熱が不十分だとカレーにとろみが出ない場合があります。

関連記事はこちら


 - 生活

ページ
上部へ