知恵の花

主婦が働くならパート?それとも正社員?選べる2つの働き方

   

主婦が働くならパート?それとも正社員?選べる2つの働き方

最近は女性の働き方がよく話題になる中、主婦の社会復帰も増えてきているようです。

そして主婦が働くにあたり、一番ネックになるのがどのような雇用形態で働くかということです。

パートで働くか正社員で働くか、その選択は家庭の状況や雇用条件など考慮しなくてはいけない点がいくつかあります。

パートか正社員か…働き方で迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚したいけどお金がない!知っておきたいリアルなお金事情




最近は結婚しなくても良い...

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

スポンサーリンク


パートと正社員…主婦が選ぶ働き方は?

まずはパート社員と正社員の違いからご説明します。

正社員という表現は正確には正規雇用者のことで、労働時間を定めない社員のことです。

一方、パート社員はと言うと一週間あたりの労働時間が正社員より短い時間で働く社員になります。

他に大きい違いとして、正社員には各種保険(厚生年金保険・健康保険・雇用保険など)の加入がありますが、パート社員の場合はそれらに加入できない、といったような制限があります。

続いて働き方の違いについては、パート社員であれば時給制の勤務であることが多いため、週の何日かだけ勤務したり、都合に合わせて勤務時間を選ぶといったことが可能です。

しかし、仕事の成果が報酬に反映されなかったり、ボーナスや退職金が支払われないことがあります。

正社員であれば、その心配はなく、他にも待遇がある程度保障されていたり、勤務時間を定められていないので長く働くといったことが可能です。

しかし、正社員は仕事のおける責任が大きく成果がを求められたり、勤務時間の長期化で家庭と両立しづらいといった問題を抱えています。

だたし、育児をする期間というのは人生の中では限られますし、働き方による収入で差が出ることが多いので、人生を長い目で見て適格な選び方をしたいものですね。

主婦が正社員で働くと生涯年収に多いな差が!

専業主婦として全く働かないでいると、当然収入はありません。

老人になってから受給できる公的年金は、国民年金だけだと年間約79万円で、20年だと1573万円になります。

一方、23才から60才まで38年間を正社員として働いた場合では、賃金としての収入がおよそ1億2700万円に上ります。

さらに、厚生年金も加わり年間約170万円となるので、20年受給した場合の生涯収入としては約1億6000万円で、専業主婦と比べて10倍超となっています。

ただし、出産だけでなく育児も受け持つような主婦であれば、正社員として働き続けるのは苦労しそうですね。

今度は、育児がある程度済んで再び働くケースは考えてみます。

正社員として8年間働いてから、7年間を育児のための休暇とし、また23年間を正社員として働くケースであれば、年金を含めた生涯の収入はおよそ1億1000万円。

途中で休暇が入ると正社員の待遇を維持できるかという問題はありますが、パート社員として計算した場合でも生涯収入は8000超と、専業主婦と比べて大幅に世帯年収を増やすことができます。

パート?正社員?給与でみる主婦の働き方

主婦が正社員として働くことができれば多大なメリットを得ることができます。

一番の利点はやはり年金額のアップですね。

パート社員や専業主婦であっても国民年金には加入していますが年金の受給額は年間でおよそ79万円(現状での計算による)となっています。

一方、正社員として勤務できれば厚生年金も上乗せして受け取ることができるので、更に金額がアップします。

この上乗せがあるかないかで老後にゆとりに差が出るのは間違いありません。

また、主婦が働くことにより退職金を受け取る可能性も高いので、夫婦で二人分の退職金を老後の生活費として使うことができるというのも大きなポイントになります。

他に意外なポイントとしては、旦那様の生命保険料の負担を抑えられるといった面もあります。

夫婦共働きであれば、旦那様に万が一のことがあっても、その後奥様が働く分の収入を考慮できますので、その分だけ旦那様に必要な生命保険の保証額を低く抑えるといったことが可能です。

パート?正社員?条件でみる主婦の働き方 

今度はパート社員のメリットを確認しましょう。

パートの最大のメリットは、自分の都合で仕事をすることができるので、働く時間を選びやすいということだと思います。

例えば週に3日間だけ働くといったことや1日あたりの勤務時間を考慮した仕事を選ぶことができます。

ご自身の都合に合わせた条件で仕事を選んでおけば、家事や育児への影響も少なくて済みますよね。

実際の意見として、

「特に子供が小さいうちはパートが向いています。子供が義務教育の期間では、学校行事にPTA、地域の集まりなど、どうしても平日の都合が必要になる場合もあります。パートであれば、あらかじめこういった事に対応して勤務を外してくれるので助かります。」(34才・事務員)

 「主婦が多く働いてる職場なので、子供の都合でお休みが欲しい時に、快くフォローしてくれることが多く、ありがたいです。」(38才・販売業) 

「休みの日に、ママ友と一緒に出掛けたり、お稽古や趣味の時間が取れますよ。」(40才・飲食店勤務) 

といったように、同じ境遇の人が集まる職場では何かと融通がきいて、仲間ができやすいというのもパートで働くことの魅力ですね。

主婦もパートから正社員に登用されることも!

ここまでパート社員と正社員の違いを見てきましたが、パートから正社員に雇用されるという場合もあり、会社にとってメリットの多いものになります。

パートのうちに業務上で必要なスキルを身に付けてもらえれば、即戦力の正社員として活躍することができますので、新卒の社員や仕事に慣れない転職者を一から教育するのに比べて大幅に時間や手間を省くことができます。

また、パート社員の心理をよく理解しているので、パート社員を纏めたり教育する際に力を発揮することが期待できます。

ここで、パートから正社員を目指す方に注意して頂きたい点として、将来を考えた仕事選びをして欲しいということがあります。

現在サービス業では人手不足から賃上げ競争となっており、例えば「とりあえずは給料の良いサービス業でパートとして働いて、将来的には事務職で正社員とした働こう。」というような一貫性のない働き方は実現が難しいと思います。

サービス業と事務職では求められるスキルが異なるためです。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ