知恵の花

受験で失敗した友達を励ましたい!相手の心に届く伝え方

   

受験で失敗した友達を励ましたい!相手の心に届く伝え方

友達が受験に失敗した時、あなたはどうしますか?

友達として落ち込んだ友達を慰め、励ましたいと考えるでしょう。

しかし、一生懸命頑張ってきた友達に何と声をかけてあげるべきなのでしょうか…

そこで落ち込んだ友達の気持ちに寄り添った励まし方を調べてみました。

相手の性格や状況に応じて、友達が前向きに踏み出していけるような励まし方を考えてみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

居酒屋の店員さんがかわいい!自然な感じで仲良くなる方法

なかなか良い出会いがないなぁ…と思っていたら、よく行く居酒屋...

男には彼女を自慢したがる本能がある?自慢したくなる特徴について


「彼氏にとっての自慢の彼女になりたい」 このよう...

夫の両親と同居を解消するベストなタイミングと切り出し方


義理の親と同居している方はいますか? 

遠距離恋愛の彼が言う「忙しい」は本当?長続きのコツとは

遠距離恋愛は、なかなか会えない分、関係を続けていくのはとても...

彼女のことを男友達が呼び捨てする…男性が嫉妬する理由とは

つきあっている彼女が男友達に呼び捨てされているのを聞くと嫌な...

中学生と教師!禁断の恋愛を成就させるための方法について


中学生ともなると、体も心も子供から大人に変化を遂...

女友達が好きかも!?自分の気持ちがわからない時の対処法



女友達としてずっと接してきたのに、あ...

彼氏と元カノのアヤシイ関係!連絡を取っている時の対処法

あなたは彼氏が元カノと連絡を取っていることを許せますか?

彼の仕事が忙しい!彼女と会う余裕ない理由と彼とうまく付き合う方法


仕事が忙しい彼と付き合うことになると、なかなか会...

女性の好意に気づくとモテる!女性からのサインに気づくコツ


女性が自分に好意を持っていると感じることはありま...

仕事で疲れた彼・彼女にかけたい言葉と注意したい言葉


現代は女性の社会進出により、男女問わず仕事をする...

知っておきたい結婚手続きのあれこれ!戸籍謄本と除籍のしくみ

結婚する時は、婚姻届に必要事項を記入し、役所に提出し、受理さ...

彼女ができて性格が変わる男性の恋愛心理とは



あなたのまわりに彼女ができたことで、...

告白の返事は直接?それとも間接?それぞれの恋愛観

最近はスマホやLINEで告白するという方も増え、告白は直接!...

スポンサーリンク


受験に失敗した友達を励ます方法は?

励まし方にはいろいろなものがあります。

直接会って話したり、電話をしたり、メールをするのもいいでしょう。

若い人の場合はメールの方が送りやすいですし、伝わりやすいかもしれません。

励ますということに意味があるので、伝える手段はどんなものでもいいのです。

直接会う、電話で話すという場合は、相手の話をしっかり聴いてから励ましてあげましょう。

悩みの核心を聞いてから「大丈夫」と軽くいう感じで大丈夫です。

特に仲のいい友人に対してであれば、背中をポンと叩くのも良いかもしれません。

自分がついているから大丈夫だと相手に思わせることが大切です。

直接会うのであれば喫茶店などの静かな場所をおすすめします。

電話をする場合も静かな場所からするようにしましょう。

出かけるなどしていて周りがうるさい状態で電話をかけるのはよくありません。

そういう場合は、家に帰ってから、または静かな場所に移ってからにしてください。

メールであれば、励ましの言葉の後に顔文字を使ってみると明るい気分にすることができると思います。

ニコニコしている顔文字や、電球のようなアイコンをつけるのもいいかもしれません。

希望や明るさなど前向きなイメージのある顔文字やマークを使うことをおすすめします。

ただし、使いすぎはよくありません。軽く添えるくらいがベストです。

友達が受験で失敗…相手によって励まし方を変えて!

どんな言葉をかけるかは、相手のタイプによって変えなければいけません。

どんな人でも気持ちが萎えているときは「誰もこの気持ちをわかってくれない」とネガティブな思考に陥ってしましがちです。

相手の自尊心を傷つけないように注意してください。

落ち込み方には「強がりタイプ」と「自虐的タイプ」があります。

強がりタイプ落ち込んでいる姿を見られたくないと思っているタイプです。

しかし、親しい人が見ればいつもとは様子が違うということがわかることもあります。

このタイプはプライドが高い人が多いです。

声をかけるタイミングや言葉に注意して相手を傷つけないように気遣ってあげましょう。

強がっている一方で内面はナイーブという場合も多いです。

自分の気持ちに気づいてほしいけれど自分から言い出せないという人がこのタイプには多く見られます。

自虐的タイプ自分の評価を必要以上に下げてしまうタイプです。

「どうせ自分なんか」と自分に自信が持てなくなり、必要以上に自分を卑下してしまいます。

このタイプの人には、あなたにはちゃんといいところがある、と伝えることが大事です。

受験で失敗した友達にかける最適の励ましの言葉

落ち込んでいると他人とあまり話さなくなってしまうことが多いですが、ほとんどの人は心の中では「誰かと話したい」と思っています。

人間は、悩みを人に聞いてもらうとすっきりする、ということを本能的に知っているのです。

悩みを人に聞いてもらえば、その苦しみが軽減されるということを心理学では「カタルシス効果」と呼んでいます。

「よかったら話を聞かせてほしい」とうながしてあげるだけでもなぐさめになります。

的確なアドバイスを与えることができなくても、とりあえず聞き手になってあげることはできます。

「私で良ければいつでも聞くよ」この言葉だけでも、折れかけた心の支えになることができるのです。

誰でも失敗することはあります。

とはいえ、落ち込んでしまうとどうしても視野が狭くなり、「どうして自分だけがこんな目に」と思ってしまうものです。

そんな閉じこもってしまった心を開いてくれるのが、「誰にだって失敗はある」という言葉です。

この一言が「誰にでも苦しいときがあるんだ」「みんなが苦しみを乗り越えて来ているんだ」 ということを気づかせるきっかけになります。

「誰にだって失敗はある」この言葉が、落ち込んだ人の気持ちを前向きにするカギになります。

受験で失敗した友達を励ましたい!相手の立場になって考えよう!

大切なのは、態度で示すことです。

お子さんが入学試験に落ちてしまって落ち込んでいるときは、それぞれの性格やケースによっても異なりますが、そっとしておいたほうがいいことが多いです。

色々なことを言えば言っただけ、本人を傷つけることになります。

また、本人は自分自身のことより親のことを気にしている場合もあります。

そういう時ほど、相手の気持ちを察することが重要です。

口に出さなくてもわかることは、心の中にとどめておくことが、相手を傷つけないことにつながります。

つまり、どうしようもないことはいちいち口にしない、自力で解決できそうなことには口を挟まずに黙って見守ることが基本になります。

最もしてはいけないことは、心にもないことを言うことです。

言った方は単純に社交辞令のつもりだったとしても、言われた方はこちらが思う以上に傷ついているものなのです。

相手のことを想っているなら、その人の立場に立って考えてみることが大切です。

受験で失敗した友達に次のステップのきっかけになる励まし方

本人は全力を尽くして挑んだ試験であっても、残念ながらいい結果に終わるとは限りません。

そういう時に、どのような言葉ならば相手を励ましてあげることができるのでしょう。

本人の頑張りを認めてあげることは大切です。

しかし、いつまでもいい結果が残せなかったという事実から目をそらし続けるわけにもいきません。

他に合格していたところへ進路を進める人から、諦めずにもう一度チャレンジするという人まで、色々な人がいるとは思います。

そんな時に、この不合格によって与えられた試練に立ち向かえるような勇気が出る言葉をかけてもらえたら、ポジティブな気持ちになれると思いませんか。

「今感じているその悔しさが、あなたを必ず強くする」という言葉は、不合格になってしまった悔しさを力に変えて、次のステップへ移るきっかけを作ることができる言葉です。

人間は、必ず強くなる、と人に言われると、なぜだか本当に強くなれるという気持ちになるのです。

自分を励ましてくれる人に、恩を返したいという気持ちもわいてくることでしょう。

この言葉は、暗く沈んだ気持ちを引き上げてくれる魔法の言葉なのです。

関連記事はこちら


 - 学校生活

ページ
上部へ