知恵の花

「天然な性格だね」みんなが使う本当の意味とは…

   

「天然な性格だね」みんなが使う本当の意味とは…

よく、人の性格を言い表す時に「天然」という言葉を使うことがあります。

意味によっては、良くも悪くもとれるこの「天然」という性格。

実際にはどのような意味なのでしょうか?

キャラとして「天然」を装う人や、「天然」と言われることをよく思っていない人など、感じ方は人それぞれです。

今回はそんな「天然」性格に注目し、様々な意見やその意味について詳しく調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

好きな人が友達と付き合ったら…ツライ失恋を乗り切る方法



恋愛には様々な問題やトラブルがつきも...

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

スポンサーリンク


天然な性格って実際にどんな意味なの?

漫才で言うボケ役の言動を無意識に行っている性格、もしくはその人物を意味します。

以前、萩本欽一はジミー大西を「仮にあのボケを考えて行なっているのなら、チャップリン以来の喜劇役者だ」と評価していましたが、2人で話をした後で萩本は「天然だった」と非常にガッカリしたそうです。

それが「天然ボケ」のことを「天然」という風に表現した最初だといわれています。

ただの「バカ」との相違は議論が分かれる部分もありますが大体が「悪意はない、被害に遭った相手が不快感にならない類のモノ」を「天然」といい、その反対が「バカ」と言われます。

「天然ボケ」に似た言葉は「不思議ちゃん」で、その行動が予測がつかず一般常識とはあまりに違うので周囲の人間は驚いてしまい、理解不能と判断した場合は「天然」と区別して使用されます。

おかしな言動が目立つ場合は「ポンコツ」と言う場合もあります。

「天然」の共通点は本人は意識して行動しているのではない点です。

だから天然のフリをしている人がそれが周囲にバレたらすごく嫌われます。

さらに行動様式の相違により演技はバレるので、フリはしない方がいいと言えます。

天然ボケは、天然だから許されるのです。

天然な性格…本当の意味は?

天然ボケの中で1番人から好かれるのが真面目で純粋な天然ボケと言えます。

そのタイプの人間は自分が天然という意識が全くなく、ビックリするような言動をします。

最も知られた人物がミスターこと長嶋茂雄氏です。

彼の天然ボケエピソードは非常に多くファンの人に「長嶋さんと同じ誕生日です」と言われて「そうなんですか。それで誕生日はいつですか?」と回答するといった話が後を絶ちません。

天然ボケ発言は少し疑わしい気がしますが、質問への返答に誰も予想しない様な不思議な事を言う人は本物の天然ボケと言えます。

人の話を聞かないので基本的に会話は通じません。

一見聞いているみたいに見えても別の事を考えているのです。

他の人がある話題で話が弾んでいても平気で違う話をしてきたり、質問されても「何が?」と答えるのが天然ボケの人です。

人の話を聞かないで自分の世界だけで成立し自由に話をするので、周囲の人から変人と思われています。

周りが気を使うことが苦手で、協調性はありませんが価値観は結構普通と言えます。

金銭感覚、社会的な常識はあったりして天然ボケの人が非常識とは言えないのです。

天然な性格…人に言われる意味は?

1.天真爛漫、気分によって左右されるトラブルメーカー

  • 一般的な考え方とは異なり普通の人の斜め上を行く発想力
  • 意識してボケるのではなくて心底そう思っているのに人とは考え方が違っている
  • 自分の言動が他人に迷惑をかけているといった考えがない
  • 様々な行動は全て善意からきている
  • 場合によっては大きな恩恵を与えることもあるが、大半は面倒
  • 失敗を失敗と認識していないから反省はせずに同じことを何度も行なう、つまり天然ボケは治らない
  • もし悪事をしても絶対に失敗する点に関しては評価できる
  • 本人的には真面目

2.迷惑をかけることが多いのにも関わらず意外と好かれている

  • 子犬、子猫の失敗を可愛く思えるのと同じかもしれない
  • ですが作中ではそんな扱いでも読者からはかなり嫌われているケースもある

3.お金持ちが多い

  • 世間知らずなだけかもしれない
  • 毎日必死になる必要がないだけ
  • 要するに成り上がりより、昔から金持ちの家系に多い
  • 成り上がりは計算高くあくせくした性格

意味わかってる?天然と言われる性格ってどんなの?

天然は他人のことが目に入っていない、「自分」の考えや判断により行動をするというのが典型的です。

つまり人目を気にせず自分の延長上に他者がいると感じている支配型とは異なり、世界は自分のみで成立すると思っている自閉型タイプです。

天然は支配型と異なり人に自分の考えを押しつることがないので側にいて居心地は悪くありません。

ただ言動が理解できず、予想外のことをするので面白い。

普通の言動はできないから周囲がサポートする必要があり、周りが役に立てていると充足感を得ることができます。

そんなプラスの面が働くのでいい印象があると言えます。

ですが相手に不幸があった場合、非常に落ち込んでいる時には相手のことを心配することができずに自分のことだけを口にします。

長期介護の末に親を亡くした友人に「今後は自分の時間ができてよかったね」、昇進できなかった同僚に、「私も平社員だから同じだよ」など、共感したり相手を思いやるといった言動ができない人が多く見られます。

このため、長く付き合いがあると、多少なりともそんな場面に遭遇し、天然な性格に対しイラっとくるケースがあり、それで疎遠になってしまいます。

天然な性格を周囲にバレないようにするためには?

天然ボケ自体は必ずしも問題ではないと言えますが、それでもそんな自分に対してや、自分の考え方や固定観念で見るのではなく、周囲の人のことを考え言動しているのか、さらにその場の空気を読むようにすることで未然に防ぐことができます。

天然ボケの性格は人に対する思いやりの感情がかなり抜け落ちている場合があります。

人間は互いに刺激して、共感することで人間関係を築いていくので、共感ができない人は、周囲や、雰囲気を考えて下さい。

さらに自分のことだけを考えるのではなくて、周囲の人を理解し、いい回答をしようとします。

そんな性格が欠如しているのは問題と言えるのではないでしょうか。

さらにそんな自分を感情的に見るのではなくて、客観的に見ることができる人を探すことで自分の理解に役立つと言えます。

知らないから対処する方法がないので、まずそんな自分に対してどうしたら良かったのかを、どう考えるべきなのかをアドバイスしてくれる人を探してみてください。

また同じ経験があり克服した人の話は参考になると言えます。

今ではネットで探しやすいので検索してみてください。

あとは、すぐに言葉にするのではなくて、考えてから言葉にすることで、多少は改善できるかもしれません。

わからない場合は沈黙するのもひとつの手です。

関連記事はこちら


 - 性格・心理

ページ
上部へ