知恵の花

彼氏と彼女の定義とは…気になる恋愛のボーダーライン

   

彼氏と彼女の定義とは…気になる恋愛のボーダーライン

恋愛の始まりは必ずしも「告白」からとは限りません。

言葉にしなくとも、その関係が彼氏・彼女となっていることもあります。

しかし、ひとそれぞれ、恋愛における定義は様々なため、相手が同じように思っているか…はまた別の問題です。

では一体、彼氏・彼女の定義とは何なのでしょうか?

気になる彼氏・彼女のボーダーラインについて、みんなの意見や一般的な見解などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼女がラインで男友達とやり取り…彼氏の本音と対処法


彼女が自分以外の男性とラインをしているのを嫌がる...

告白の返事が保留に!待っている期間とその間の対応方法


好きな相手に勇気を出して告白したものの、返事を保...

柴犬の子犬は興奮しやすい!その対処法としつけ方

柴犬は飼い主に忠実で賢い性質と愛らしい見た目で日本のみならず...

猫の皮膚病でカビが原因の皮膚糸状菌症…人間にも感染する可能性が!

猫や犬が罹る「皮膚糸状菌症」というのがあります。
...

飼い犬が飼い主を噛む……噛み方によって変わる対応方法

飼い犬が飼い主を噛むといっても、犬の噛み方にはいろいろな種類...

犬の目にゴミが!対処法と気になる目の病気

愛犬の目にゴミが入った場合、あなたはどのように対処されていま...

彼女の料理が微妙……彼氏の反応と対応方法


自分が作った料理が微妙だったとき、彼氏である男性...

平安時代の貴族の女性の暮らし〜想像を超えた恋愛と日常生活〜



平安時代の貴族の女性、どんな暮らしを...

ゴールデンレトリバーの子犬の飼い方と正しいしつけの方法

犬を好きな方ならご存知のゴールデンレトリバー。この犬を飼おう...

平安時代の貴族の食事とは?〜意外と豪華で健康的ではなかった


平安時代の貴族がどのような食事をしていたのかご存...

彼氏と喧嘩が多い…喧嘩の原因と関係がうまくいく秘訣


彼氏と喧嘩が多いと悩んでしまうかもしれませんが、...

彼女よりも友達を優先させる男性側の理由と女性が楽になる考え方


彼女よりも友達を優先する男性は多いようです。それ...

彼の本意はどこに?好きな人が友達と食事に行く理由と対処法

憧れのあの人と二人きりのお食事デート!次の展開にドキドキ…。...

旅行は身軽に!事前に荷物を送る際のポイントと注意点


旅行する際に煩わしさを感じるのは荷物ではないでし...

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

スポンサーリンク


みんなの考える彼氏・彼女の定義は?

彼氏と彼女の定義について考えてみましょう。

婚活で知り合って、何度か会うようになった相手のことを何と言ったらいいのでしょうか?

彼氏と彼女でいいのでしょうか?

お互い好きなら彼氏と彼女ですが、相手を知るためにデートしている間柄であれば、まだ彼氏と彼女の候補でしかないといえます。

こんな意見も。

「友人からはデートなら彼氏と彼女でいいのでは?と言われました。

他に会っている人はいませんが、正直私は彼氏というには抵抗を感じます。」

まだ恋人候補といった認識で、気持ちが変化した時に相手が必要だと思ったら彼氏と彼女の付き合いになればいいのではないでしょうか?

お互いに婚活をしていて、そのような場で出会った場合、男性側も複数の女性と並行してデートをしている可能性もあります。

あくまでも、それぞれ結婚に向けて、自分に合う相手なのか、ふさわしい相手なのかを確認している段階といえるでしょう。

お互いの気持ちを確認していない状態では、何度デートしても「彼氏・彼女」という恋人関係にはなっていないと思います。

おそらく相手も同じでしょう。

最も境界線はないし、定義もないので自然な成り行きだと思うのです。

2人で会っていていつの間にかに相手を好きになり彼氏、彼女と言えるようになるのが1つの流れともいえます。

彼氏と彼女の定義とは…気になる恋愛のボーダーライン

一緒に遊ぶことはあるけど、友達で交際しているといった感じにはならず、曖昧な関係の男女は意外と多いと言えます。

お互いに告白せずに成り行きで交際がスタートするケースも増えてきています。

だから彼氏、彼女と言うには微妙な2人も多いですね。

関係を持ったら彼女でしょうか?

一線を越えたら彼女と判断しがちですが、肉体関係のみで交際したり、もっと軽い気持ちで遊びたい、季節、期間限定でパートナーがほしいと思う人も多いようです。

仮にあなたが誠実な関係を希望するなら、相手にに聞いてみてください。

曖昧な関係は男性にとって都合がいいことが多いので、聞いても誤魔化される場合があります。

成り行きで付き合っているような関係だと彼女が「私達付き合ってるよね?」と聞いてくる場合があります。

そんな場合は少しズルイけど、「付き合うってどういうこと?」と言う人がいるんですよね。

それで怒ってしまう女性もいますが、曖昧な関係のまま逃げたい場合は、本気にはならないで上手く切り抜ける必要があります。

最終的に別れる結果になっても仕方ないと言えます。

恋愛って難しい…彼氏と彼女の定義って何?

交際するということは、恋愛関係にある男女が互いを唯一のパートナーとして認め合う、信頼関係を築く、意思を確認することです。

婚姻関係と違って法的根拠は何もなく、果たすべき義務も、約束された内容もありません。

だから婚姻より緩い約束と言えます。

交際の定義としては、どのような状態が付き合っていることになるのかと問題に挙がることがありますが、交際とは「付き合う」という互いの意思確認が最低限の条件と言えます。

だから「付き合おう」と告白がなく関係性が明確でない場合は、交際しているとは言えません。

事実上、片方が交際していることに疑いを感じる行動をしたり、義務を果たさない場合であっても「別れ」の意思確認をしていない状態では一応「交際している」状態と言えます。

実質上は関係が破綻している場合は付き合っていると言えるのか、互いの気持ちを確認する必要があります。

交際しているの意義は付き合うことは互いが唯一のパートナーと認め、信頼に応える義務があります。

約束を交わし制約を背負うことにより覚悟を示して信頼関係が強くなります。

そして信頼関係により安心し互いの関係に集中しやすくなるので心の共鳴、理解が深まり結びつきが強くなるといった効果があります。

彼女の定義は…彼氏に付き合っていることを確認するには?

どうしたら付き合っているか判断できるの?その方法は2つあり、1つ目が相手に「私達付き合っているの?」と確認すること。

それに相手がそうだと認めないと付き合ってると言えません。

大事だと思ってるよ、付き合っている様なモノだよねと誤魔化されたら付き合っていると言えません。

男性は「付き合う意味はあるの?」とか「そんな価値観に縛られたくない」と言ってきたりしますが、それも付き合ってないと言えます。

別に付き合ってないならそれでも構わないと思うかもしれませんが、仮にそうなら他の女性と肉体関係があっても文句を言うことが出来ませんし、相手に干渉する権利もないのです。

あと別れの言葉を告げた時に付き合っていたと遡って口にしても付き合ってなかったと思った方が自然です。

過去はどうでもよくて今付き合っているかが重要です。

2つ目の確認方法は相手の友達、同僚に、恋人として直接紹介してもらったら恋人と言えます。

例え相手の家族、友達に会わせてもらっても恋人と紹介しなければ恋人ではないのです。

大事な人は恋人ではないので注意しましょう。

日本とは違う!欧米人の彼女と彼氏の定義とは?

日本人から見て明らかに付き合ってるよねと思う男女でも付き合ってないとアメリカ人は平気でいいます。

頻繁に会っていて手を繋ぎキスをしていて付き合ってないのです。

それではどうしたら彼氏と彼女の関係になるのかといった質問に対して互いにそう認識したらと冷静ながら曖昧な回答がきました。

アメリカ人は告白はしないでスタートする、男性が一緒に食事でもと誘うのが貴方に興味があるのサインなのです。

そして誘われた方も興味がない場合は断っていいのです。

ちなみにアメリカ人は、日本人女性が彼氏がいるのに別の男性と食事に行くことにとても困惑するみたいです。

アメリカでは彼氏がいるなら食事の誘いには乗りません。

食事を楽しめたら次の約束をして何度も会い、様々な場所に訪れもっと一緒にいたいと思ったら交際が成立します。

だからアメリカ人の恋愛のスタイルというのは、付き合ってくださいと告白してから、徐々に互いを知って行く日本のスタイルとは真逆と言えます。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ