知恵の花

発達障害で仕事にも疲れが…大人の障害を乗り越えるポイント

   

発達障害で仕事にも疲れが…大人の障害を乗り越えるポイント

最近は発達障害という疾患に対して、広く認知されるようになってきました。

そのおかげで、大人の発達障害も注目されるようになり、仕事や私生活にどんな影響が出るのかが注目されています。

仕事の疲れや遅刻、人間関係などがうまくいかないなど、仕事がうまくいかないという人の中には、自分の能力不足なのではないかなど、自分を責めている人も多いかもしれません。

子どもの時には気づかなかったけれど、実は大人になってから発達障害であることがわかったケースも多いのです。

仕事がうまくいかないのは自分のせいではないということです。

発達障害とはどんな影響があり、どう対処するべきなのか、1人1人が障害に対して理解をし、折り合いをつけていくことが大切なのではないでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

これでバッチリ!料理の苦手意識を克服するためのプロセス

料理を作ってもなかなかうまくいかない…何度か...

スポンサーリンク


仕事でミス連発…大人の発達障害は疲れやストレスでも影響が!?

体と同じように脳にも休息が必要です。

大人の発達障害の方は、障害のない方に比べて、10倍のストレスがかかっていると言われることがあります。

これには、科学的根拠はないですが、発達障害の方の自殺率が障害のない方に比べて約10倍であるというデータから、このような説が生まれました。

しかし、これは過言ではないと思います。

発達障害を持つ方には、特殊な能力を発揮する人たちが多くいます。

記憶力がずば抜けていたり、一つのことにとてつもない集中力を発揮して、天才的な技術や働きを見せることがあります。

しかし、発達障害を持つ脳はアンバランスで、様々な仕事や、人同士のやり取りなど、総合的な力を発揮することには、ストレスがかかりやすいと言えます。

脳内の通常と違う場所を代役的に使って対応しているような場合も多く、このような状態は非常に多くのエネルギーを必要とします。

よって、発達障害の大人が仕事をする場合には、脳が慢性的に疲れているという状況が考えられます。

脳の疲れが仕事に影響が…発達障害の捉え方

脳の疲れをためてしまったり、仕事に発達障害の影響を出さないようにするためには、この障害が、どういった特性があるのか、自分の得意分野は何かということを良く知る必要があります。

仕事の特徴で言えば、変化の多い職業や、視覚的な思考を必要とする専門職が向いていると言われています。

例えば、法定弁護士や新聞記者、作家、画家、クリエイターなどです。

または、特殊な専門技術と知識が必要な職業も向いています。

例えば、自動車整備士、会計士、翻訳家などです。

反対に、他者とのコミュニケーションは苦手な場合が多く、コミュニケーション能力や人間関係が重視される職場では、持っている力を発揮しにくいと言えます。

また、複数の事柄を同時進行することも苦手であり、注意力の偏りから、うっかりミスを繰り返してしまう傾向があります。

不得意分野の比率の高い職業を選ぶと、周囲とのズレを感じたり、孤独感や無力感を感じてしまう確率も高くなります。

子供の頃は周囲の助けや、自分の努力でカバーしてきたものも、バランス能力を重視される職場ではストレスもたまりやすく、大人として、仕事への責任感が過度になりやすくもあります。

そして、うつなどの気分障害や、アルコールや薬物への依存といった問題へと発展してしまう恐れがあります。

苦手な分野の仕事で疲れが…これって発達障害のせい?

不得意分野で無理をし続けることは、仕事にも心身にも影響を及ぼします。

「もしかして、自分も発達障害では?」と、思った方は、あてはまる傾向がないか、一度チェックしてみてください。

あなたは、インターネットなどで買い物をするとき、入力間違いが多くありませんか?例えば、名前や住所の欄を間違って入力してしまい、気づかないまま出してしまうというのは、発達障害の方に圧倒的に多いです。

そして、発達障害は遺伝のせいとも生育環境のせいとも言い難いですが、発達障害の疑いのある子供たちの親自身が、発達障害である可能性は比較的高いです。

そして、子供に発達障害がある場合は、早期に気付いてあげることが大事です。

障害に対して理解があれば、発達障害特有のうっかりや、やる気がないように見える態度、何度言っても飲み込みが悪いということなどで、その子供が不必要に責め立てられるという事態を防ぐこともできます。

大人の発達障害に対しても、治療はできます。

ただ、子供のうちに気付けば、治療の効果もグッと上がるので、発達障害の可能性がある方は、お子様にも少し気を留めてあげるといいでしょう。

仕事への影響を緩和する発達障害者との関わり方

では、反対に、あなたが発達障害を持つ方の上司である場合はどのように対処をすればいいのでしょうか。

まず、仕事の指示を出す環境に配慮が必要です。

発達障害の方にも、それぞれに特性があります。

視覚の異常がある場合は、視力は問題ないのに、メモを飛ばしながら読んでしまったり、文章を理解しにくいということがあります。

その際には、文書だけではなく、口頭のやりとりで指示を確認していく必要があります。

また、周囲の目に敏感なタイプの方や、通常よりも聴覚が過敏で雑音が気になって、必要なことが集中して聞き取れないと言う方には、静かな環境の中で話をするという配慮が必要となります。

他に誰もいない会議室などが適しています。

そして、話す順序も重要になってきます。

「○をして、△をして、その後は□を、今日中にお願いします。」と、言うと、最後の「今日中」だけが強調されて、急き立てられるようなパニックに陥ってしまうことがあります。

なので、「今日やることは、○と△と□です。」というように、語順に気を付けて、プレッシャーを与えない配慮をすることと、メモを分かりやすく書いて、一緒に口に出して確認しあうことも有効です。

仕事の支障も…発達障害を改善するには?

発達障害は治療により改善できます。

子供のうちの発達障害の治療が効果が高いと述べましたが、もちろん、大人になってからでも遅くはありません。

大人の発達障害を治療する際に必要なことは、まず、自分のが自分の特性を理解し、受け入れることです。

そして、この障害は、自分の努力不足でも、過去のトラウマのせいでもないことを知りましょう。

これは、脳の機能障害により引き起こされた障害です。

よって、発達障害の治療に必要なのは、適切なカウンセリングと投薬治療です。

主な治療法としては、心理療法や環境調整療法、投薬治療、自助グループへの参加があげられます。

そして、治療するにあたって、もう一つ大事なことは、周囲の理解とサポートです。

発達障害があるからといって、悲観的になる必要はありません。

仕事にやりにくさを感じたり、ストレスを感じやすかったり、孤立してしまったりするのは、あなたの性格のせいでも、親の接し方のせいでもありません。

大人の発達障害の治療に不可欠なことは、自分自身と、治療に対する肯定感を持って臨むことと言えます。

関連記事はこちら


 - 美容・健康・ダイエット

ページ
上部へ