知恵の花

化粧が濃い女性の心理と問題点〜男性が感じる違和感とは?

   

化粧が濃い女性の心理と問題点〜男性が感じる違和感とは?

バッチリ化粧をしている女性は、華やかで魅力的です。

しかし多くの男性は女性の濃い化粧に難色を示してしまうそうです。

一体どこからが濃い化粧になってしまうのか、ナチュラルメイクとの境界線について、イメージや男性の意見などをまとめてみました。

ステキな女性になるためには、どのような風に化粧を修正していくべきなのかぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

これでバッチリ!料理の苦手意識を克服するためのプロセス

料理を作ってもなかなかうまくいかない…何度か...

スポンサーリンク


化粧が濃い女性が好きな男性は少数派!

男性に聞いた!濃いメイクと薄いメイクどっちが好み!?

結果は「薄いメイク」派が90.7%。

「濃いメイク」派9.3%に圧倒的な差をつける形になりました。

男性は「薄化粧の女性が好き」ということがはっきりしましたね。

「薄いメイク」派の意見を見てみると、

「薄くてナチュラルな感じが好み」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

「清楚で落ち着いた感じがしていい」(36歳/運輸・倉庫/その他)

など、主張しすぎない感じが好まれているようです。

一方で「濃いメイク」派の意見は、

「色っぽいし、ムラムラするから」(22歳/情報・IT/技術職)

「色っぽいから」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

「キレイに見える」(30歳/建設・土木/営業職)

「見た目がよくなると思うため」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

など、化粧をすることで色っぽくなる、よりキレイにみえるからといった声が多いようです。

ここまで大きく差がついた背景には、もしかしたら昨今増え続けていると言われる「草食系男子」の増加が関係あるのかもしれませんね。

女性に色っぽさよりも、落ち着いた印象を求める男性が多い以上「ナチュラルメイク」の人気はこれからも高まりそうです。

女性の化粧が濃いと感じる4つの特徴

男性から見た「濃すぎる化粧」の4つの特徴まず一つにあげられるのが「ファンデーションの厚塗り」でしょう。

自分の肌に自信がない人は、それを隠すためにファンデーションを厚く塗りがちです。

透明感や、スッピン美肌が好まれる昨今では、厚く塗られた肌は男性に厚化粧の印象を与えてしまいます。

次にあげられるのが「アイメイクが濃すぎる」です。

まるでパンクミュージシャンのように目の周りが真っ黒とはいかずとも、あきらかに化粧しているのがまるわかりな目元は、男性に「厚化粧」だと思われる要因の一つです。

濃すぎるアイラインは男性不人気の原因となってしまうので、目のキワは濃く、アイホールの部分に薄い色を置くなど、メリハリをつけるなどの工夫が必要です。

次に注意したいのが「濃い口紅」。

あかあかしい真っ赤な口紅の女性は、まさに男性から見た「厚化粧」の代名詞でしょう。

濃い色であるだけでなく、輪郭がはっきり描かれているのも同様な印象を与えてしまいます。

自分の主張したい感覚よりすこし抑えめぐらいを意識して、グロスなどでぼかすのがおススメです。

そして最後に気をつけたいのが「全体のバランス」です。

リップもアイメイクも濃い色をつかえば、当然男性に「厚化粧」な印象を与えてしまいます。

主張したいところは主張し、抑えるところは抑えるといった美術の基本にならいましょう。

バランスがとれた化粧は男性に好印象を与えます。

薄化粧が男性に好まれる傾向がある昨今、厚化粧にならないように、お化粧上手なモテル女性を目指しましょう。

化粧が濃い!男性が嫌いな女性のメイク

男性から見た女性のNGメイクとは?男性から見て「どうしてそこまでするのだろう」と思ってしまう女性のメイクは数多くあるようです。

そこで以下が男性に聞いた「女性のNGメイクとは?」の結果です。

1位「黒のカラコン」(115票)

2位「ヌーディーリップ」(89票)

3位「盛りすぎなまつ毛」(67票)

4位「厚塗りファンデーション」(35票)

5位「真っ赤な口紅」(30票)

5位「まんまるチーク」(30票)

7位「ブルーやグレーのカラコン」(28票)となりました。

「真っ赤な口紅」「厚塗りファンデーション」「盛りすぎなまつ毛」などはまさに「厚化粧」の代表格。

人によってはまったく似合わない赤い口紅、もはや「おしろい」かと言いたくなるような厚塗りファンデーション、あきらかに人工的なものだとわかるつけまつげなどは男性には理解しがたいことなのでしょう。

「まんまるチーク」は度が過ぎると、カワイイという印象をこえて少し滑稽に見えてしまうところがあるのかもしれません。

海外セレブなどの間で人気の「ヌーディーリップ」も、男性には不健康な印象を与えてしまうようです。

そしてなにより男性に不人気なのが「カラコン」のようです。

今では芸能人など人前にでる職業の人はもちろん、一般の人でもたびたびつけているのを目にするようになりました。

しかし「違和感を覚える」「不自然」など抵抗を感じる男性は多いようです。

中には「人間味を感じない」といった声もあり、どうやらこれまで「厚化粧」の要因だった「濃さ」よりも、カラコンなどにみられる「不自然さ」のほうに抵抗感を覚える人が増えているようです。

女性の化粧に関して男性が理解できる日は来るのでしょうか。

化粧が濃い女は飽きられやすい!?

「厚化粧」な女性は男性に大事にされない?「厚化粧は婚期を遅らせる」というと多くの女性はどう思うのでしょうか。

必ずしもそうだとはいえないかもしれませんが、その傾向はあるといえるのです。

というのも、多くの男性は本能的に「派手なもの」に目がいってしまうのです。

古い時代の動物的な狩猟本能がそうさせるのかもしれません。

なおかつ男性はとにかく女性に目が行ってしまう生き物です。

そこで目にとまった女性がさらに派手であれば、男性の興味を引くのは当然の結果だと言えます。

そうゆうわけで、派手な厚化粧の女性は男性に声をかけられやすくなります。

それは合コンでも、街中でも同じです。

つまり「男性の本能」から考えれば、派手で厚化粧な女性がモテるのは当然だというわけです。

しかしここに一つ落とし穴があります。

それは男性は本能として「飽きやすさ」も持っているという点です。

声をかけた時点でピークだった情熱は次第に落ち着いていき、また新たなターゲットに目が行ってしまう。

これが男性の本能的性質といえるでしょう。

それを知らないまま厚化粧でいると、確かに男性にモテはするのですが、そのほとんどが「本能に支配された男性」であることが多いのです。

そして結局は飽きられて、捨てられて、しかしまたモテての繰り返しです。

これではいつまで経っても長期間付き合える恋人には出会えませんし、ましてや結婚など夢のまた夢です。

だからこそ、このサイクルから抜け出すために「ナチュラルメイク」を心がけてほしいのです。

「本能に支配されていない男性」の多くが薄めの自然な化粧を好んでいます。

本当に自分と向き合ってくれる男性と出会うために、まずはありのままの自分を活かした「ナチュラルメイク」に変えることから始めましょう。

化粧が濃い…ついついやり過ぎてしまう女性の心理

化粧が濃い女性の心の内側化粧という文化は、古くは宗教儀式を起源とするそうです。

いわゆる「仮面」と同様、自分ではない別の人格に変わる為に用いられていたとされています。

そして現代でもそれは変わってはいないのではないのでしょうか。

「私にとって化粧とは武装ようなもの」そうゆう声も時々聞く事があります。

今や女性は男性と同様、もしくはそれ以上に活躍し、また苦闘しています。

そういった中で、化粧をするということは自分を鼓舞するという効果がある半面、実は自信がない自分を隠しているという意味も持っているのもかもしれません。

必要以上に化粧が濃い人ほど自分に自信がなく、表向きの、まさに自分で作り上げた「仮面」に頼って生きていると言えます。

表向きは流行に敏感で社交的なイメージがあり、異性とも積極的に関わっているようにみえても、「厚化粧」という武装ありきで自分を保っているという女性もいるでしょう。

無理しているかどうかは肌に表れます。

精神が健康的であれば、たとえ化粧をしてもそうそう荒れる事はありません。

一方で自分に自信がなく、常にストレスを感じているようだと、肌に影響がでるのは当然です。

そしてその荒れた肌を隠すためにまた厚化粧をしてしまい、余計に肌を傷めてしまいます。

化粧によって表面を飾る事自体は、なにも問題ありません。

化粧映えした美しい女性は、社会を明るくするものです。

そのうえで自分の内面の問題に取り組み、ストレスを軽減する事ができれば、武装ではなく楽しみとして化粧と向き合っていくことができます。

すっぴんでも問題ない。

それが健康な精神の証です。

関連記事はこちら


 - 美容

ページ
上部へ