知恵の花

化粧が濃い女性の心理と問題点〜男性が感じる違和感とは?

   

化粧が濃い女性の心理と問題点〜男性が感じる違和感とは?

バッチリ化粧をしている女性は、華やかで魅力的です。

しかし多くの男性は女性の濃い化粧に難色を示してしまうそうです。

一体どこからが濃い化粧になってしまうのか、ナチュラルメイクとの境界線について、イメージや男性の意見などをまとめてみました。

ステキな女性になるためには、どのような風に化粧を修正していくべきなのかぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

モテたい人必見!デートの達人はお礼メールを毎回欠かさない!

好きな人とのデートは幸せな時間ですよね。
...

友達に彼女を取られるのが怖い!友情と恋愛を両立させる方法


彼女とは仲がいいし信じているけれど、ふと、友達に...

異性の友情は成立する?友達が既婚者で付き合い方に悩んでいいる方へ

「異性の友情は成立するのか?」

彼女ができない諦め男子!その理由と対策

俺には一生彼女なんかできない…そう嘆いている諦め男子が増えて...

節約!旦那の手作り弁当のコツと注意点

家計を預かる主婦にとっては、節約は永遠のテーマです。

夫婦の趣味が合わない!信頼のきずな構築の真の原理とは

これから結婚を考えているあなたへ、付き合っている彼と趣味が一...

彼女が料理を作ってくれない…その本当の解決方法!

彼女が料理を作ってくれないと、不満を抱えている男子諸君へアド...

彼氏と喧嘩してLINEが未読スルーになったまま!こんな時の対処法

今や連絡手段としてはあたりまえの通信アプリLINE。...

職場で恋愛感情を抱いてしまった相手が既婚者だった時のこの先…

独身・既婚に関係なく、男女の出会いの場として多いのが職場です...

精神な不安定からの脱出方法!真の恋愛と幸せのために

恋愛中のあなた、精神的な不安定状態にないかどうか、チェックし...

幸せな結婚…娘の彼氏を紹介された父親の感情の理解が重要

幸せな結婚のためには、ご両親の理解は欠かせません。

ついに彼女と部屋で二人きり!よい雰囲気の作りかた

ついに彼女が僕の部屋にやってきた。まて、慌てるな!急ぐな!お...

あなたの潜在意識の中の不安を解消してステキな恋愛を!

恋をすると不安になる。それは当たり前のことなのです。

高校受験の面接では髪型が合否を左右する!

高校入試の面接時に、髪型は合否に影響するでしょうか。

部活の部長になりたい! リーダーシップの本質とその技術

部活の部長になりたい人は、必見です。

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは



学生時代にクラスメイトと同じくらい、...

旦那が無職でイライラ…妻たちのストレス解消法とは

旦那が無職になって毎日家でダラダラしている姿を見ると、イライ...

魅力的な彼女になるには…毎日会いたいと感じる女性の特徴



彼氏の仕事が忙しくなると、なかなか会...

元カノからの連絡って来ないもの?女と男の考え方の違い

別れた後の関係にもよりますが、元カノから連絡が来ないのは、普...

毎日がつまらない…そんな主婦の生活を変えるコツ


三食昼寝付き、と言われていたのは昔の話。

スポンサーリンク


化粧が濃い女性が好きな男性は少数派!

男性に聞いた!濃いメイクと薄いメイクどっちが好み!?

結果は「薄いメイク」派が90.7%。

「濃いメイク」派9.3%に圧倒的な差をつける形になりました。

男性は「薄化粧の女性が好き」ということがはっきりしましたね。

「薄いメイク」派の意見を見てみると、

「薄くてナチュラルな感じが好み」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

「清楚で落ち着いた感じがしていい」(36歳/運輸・倉庫/その他)

など、主張しすぎない感じが好まれているようです。

一方で「濃いメイク」派の意見は、

「色っぽいし、ムラムラするから」(22歳/情報・IT/技術職)

「色っぽいから」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

「キレイに見える」(30歳/建設・土木/営業職)

「見た目がよくなると思うため」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

など、化粧をすることで色っぽくなる、よりキレイにみえるからといった声が多いようです。

ここまで大きく差がついた背景には、もしかしたら昨今増え続けていると言われる「草食系男子」の増加が関係あるのかもしれませんね。

女性に色っぽさよりも、落ち着いた印象を求める男性が多い以上「ナチュラルメイク」の人気はこれからも高まりそうです。

女性の化粧が濃いと感じる4つの特徴

男性から見た「濃すぎる化粧」の4つの特徴まず一つにあげられるのが「ファンデーションの厚塗り」でしょう。

自分の肌に自信がない人は、それを隠すためにファンデーションを厚く塗りがちです。

透明感や、スッピン美肌が好まれる昨今では、厚く塗られた肌は男性に厚化粧の印象を与えてしまいます。

次にあげられるのが「アイメイクが濃すぎる」です。

まるでパンクミュージシャンのように目の周りが真っ黒とはいかずとも、あきらかに化粧しているのがまるわかりな目元は、男性に「厚化粧」だと思われる要因の一つです。

濃すぎるアイラインは男性不人気の原因となってしまうので、目のキワは濃く、アイホールの部分に薄い色を置くなど、メリハリをつけるなどの工夫が必要です。

次に注意したいのが「濃い口紅」。

あかあかしい真っ赤な口紅の女性は、まさに男性から見た「厚化粧」の代名詞でしょう。

濃い色であるだけでなく、輪郭がはっきり描かれているのも同様な印象を与えてしまいます。

自分の主張したい感覚よりすこし抑えめぐらいを意識して、グロスなどでぼかすのがおススメです。

そして最後に気をつけたいのが「全体のバランス」です。

リップもアイメイクも濃い色をつかえば、当然男性に「厚化粧」な印象を与えてしまいます。

主張したいところは主張し、抑えるところは抑えるといった美術の基本にならいましょう。

バランスがとれた化粧は男性に好印象を与えます。

薄化粧が男性に好まれる傾向がある昨今、厚化粧にならないように、お化粧上手なモテル女性を目指しましょう。

化粧が濃い!男性が嫌いな女性のメイク

男性から見た女性のNGメイクとは?男性から見て「どうしてそこまでするのだろう」と思ってしまう女性のメイクは数多くあるようです。

そこで以下が男性に聞いた「女性のNGメイクとは?」の結果です。

1位「黒のカラコン」(115票)

2位「ヌーディーリップ」(89票)

3位「盛りすぎなまつ毛」(67票)

4位「厚塗りファンデーション」(35票)

5位「真っ赤な口紅」(30票)

5位「まんまるチーク」(30票)

7位「ブルーやグレーのカラコン」(28票)となりました。

「真っ赤な口紅」「厚塗りファンデーション」「盛りすぎなまつ毛」などはまさに「厚化粧」の代表格。

人によってはまったく似合わない赤い口紅、もはや「おしろい」かと言いたくなるような厚塗りファンデーション、あきらかに人工的なものだとわかるつけまつげなどは男性には理解しがたいことなのでしょう。

「まんまるチーク」は度が過ぎると、カワイイという印象をこえて少し滑稽に見えてしまうところがあるのかもしれません。

海外セレブなどの間で人気の「ヌーディーリップ」も、男性には不健康な印象を与えてしまうようです。

そしてなにより男性に不人気なのが「カラコン」のようです。

今では芸能人など人前にでる職業の人はもちろん、一般の人でもたびたびつけているのを目にするようになりました。

しかし「違和感を覚える」「不自然」など抵抗を感じる男性は多いようです。

中には「人間味を感じない」といった声もあり、どうやらこれまで「厚化粧」の要因だった「濃さ」よりも、カラコンなどにみられる「不自然さ」のほうに抵抗感を覚える人が増えているようです。

女性の化粧に関して男性が理解できる日は来るのでしょうか。

化粧が濃い女は飽きられやすい!?

「厚化粧」な女性は男性に大事にされない?「厚化粧は婚期を遅らせる」というと多くの女性はどう思うのでしょうか。

必ずしもそうだとはいえないかもしれませんが、その傾向はあるといえるのです。

というのも、多くの男性は本能的に「派手なもの」に目がいってしまうのです。

古い時代の動物的な狩猟本能がそうさせるのかもしれません。

なおかつ男性はとにかく女性に目が行ってしまう生き物です。

そこで目にとまった女性がさらに派手であれば、男性の興味を引くのは当然の結果だと言えます。

そうゆうわけで、派手な厚化粧の女性は男性に声をかけられやすくなります。

それは合コンでも、街中でも同じです。

つまり「男性の本能」から考えれば、派手で厚化粧な女性がモテるのは当然だというわけです。

しかしここに一つ落とし穴があります。

それは男性は本能として「飽きやすさ」も持っているという点です。

声をかけた時点でピークだった情熱は次第に落ち着いていき、また新たなターゲットに目が行ってしまう。

これが男性の本能的性質といえるでしょう。

それを知らないまま厚化粧でいると、確かに男性にモテはするのですが、そのほとんどが「本能に支配された男性」であることが多いのです。

そして結局は飽きられて、捨てられて、しかしまたモテての繰り返しです。

これではいつまで経っても長期間付き合える恋人には出会えませんし、ましてや結婚など夢のまた夢です。

だからこそ、このサイクルから抜け出すために「ナチュラルメイク」を心がけてほしいのです。

「本能に支配されていない男性」の多くが薄めの自然な化粧を好んでいます。

本当に自分と向き合ってくれる男性と出会うために、まずはありのままの自分を活かした「ナチュラルメイク」に変えることから始めましょう。

化粧が濃い…ついついやり過ぎてしまう女性の心理

化粧が濃い女性の心の内側化粧という文化は、古くは宗教儀式を起源とするそうです。

いわゆる「仮面」と同様、自分ではない別の人格に変わる為に用いられていたとされています。

そして現代でもそれは変わってはいないのではないのでしょうか。

「私にとって化粧とは武装ようなもの」そうゆう声も時々聞く事があります。

今や女性は男性と同様、もしくはそれ以上に活躍し、また苦闘しています。

そういった中で、化粧をするということは自分を鼓舞するという効果がある半面、実は自信がない自分を隠しているという意味も持っているのもかもしれません。

必要以上に化粧が濃い人ほど自分に自信がなく、表向きの、まさに自分で作り上げた「仮面」に頼って生きていると言えます。

表向きは流行に敏感で社交的なイメージがあり、異性とも積極的に関わっているようにみえても、「厚化粧」という武装ありきで自分を保っているという女性もいるでしょう。

無理しているかどうかは肌に表れます。

精神が健康的であれば、たとえ化粧をしてもそうそう荒れる事はありません。

一方で自分に自信がなく、常にストレスを感じているようだと、肌に影響がでるのは当然です。

そしてその荒れた肌を隠すためにまた厚化粧をしてしまい、余計に肌を傷めてしまいます。

化粧によって表面を飾る事自体は、なにも問題ありません。

化粧映えした美しい女性は、社会を明るくするものです。

そのうえで自分の内面の問題に取り組み、ストレスを軽減する事ができれば、武装ではなく楽しみとして化粧と向き合っていくことができます。

すっぴんでも問題ない。

それが健康な精神の証です。

関連記事はこちら


 - 美容

ページ
上部へ