知恵の花

彼女を料理上手にするためには…苦手を克服させる方法

   

彼女を料理上手にするためには…苦手を克服させる方法

男性は彼女に手料理を作ってもらうことに喜びを感じます。
しかし彼女が料理が苦手だった場合、ビックリするような手料理を食する羽目になることも…

そこで今回は料理が苦手な彼女を改善するために、彼氏としてできることをリサーチしてみました!

一生懸命料理をしてくれる彼女に感謝する気持ちを忘れずに参考にしてみてください!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

これでバッチリ!料理の苦手意識を克服するためのプロセス

料理を作ってもなかなかうまくいかない…何度か...

スポンサーリンク


料理が苦手な彼女は自分の腕に不安感を抱いている!

結婚後、毎日料理を作ることに不安を持っている女性は案外多いものです。

未婚女性にアンケート調査をしたところ、93.3%の方が「夫に自分の作る料理を食べてほしい」という思いがある一方で、51.6%もの方が「自分の作る料理が心配」だと感じています。

現在、未婚女性の多くはフルタイムで働いていることが多く、忙しいということもあるでしょう。

他の理由として、料理を作ったり片付けたりするのが面倒と感じてしまい、外食しているという方もいますし、実家で暮らしているので親が作ってくれるという方など、さまざまな理由があります。

調査でも、1週間の半分以上を自炊できていないという回答が多く見られました。

未婚男性の調査では「結婚後は妻の手料理を食べたい」と答えた方は89.4%でした。

その一方で「妻となる人の作る料理が心配」は41.4%もいます。

女性へのアンケートと同じような結果になりました。

このような結果が出る理由に、彼女の手料理がおいしくなかったという経験をした男性が多いことがみられます。

激マズ必至!?料理が苦手な彼女の傑作5選

調査で聞いた、激マズ料理のエピソードをいくつかご紹介します。

⬛︎25歳で初めての料理!

デートに持ってきてくれたお弁当がおいしかったので、これから毎日おいしい手料理が食べれるものと楽しみにして同棲を始めました。

しかし、引っ越ししたばかりなのにもかかわらず、とても散らかっている台所。

さらに手料理がとてもまずいのです。

どうしてこうなったのか信じられず話を聞いてみると、今までのお弁当はお母様に作っていただいていたそうなのです。

25歳で料理をしたことがない女性がいることに驚きました。

⬛︎中国人女性は「だし」を知らない

普段料理はできる女性ですが、うどんを作った時にだしの概念がないことが発覚しました。

うどんのスープは、沸かしたお湯に塩コショウと海苔、そしてキムチです。

それを別茹でにした麺にかけて完成したこのうどんは、何かが足りない。

だしの力は偉大でした。

⬛︎料理にいれる赤ワインの代わりとは…

赤ワインは葡萄のお酒だからと、代用として巨峰と日本酒をいれる彼女。

驚きました。

⬛︎何を食べても味がない

料理に自信のある女性なのですが、どれを食べても味が薄いのです。

「仕事で体を動かすので、もう少しだけ塩気が欲しい」という私の言葉に泣き出してしまいました。

結婚したいくらい好きな彼女なのですが、正直憂鬱です。

⬛︎彼女の思う砂糖と塩の関係とは

塩を入れすぎてしょっぱいときは、砂糖を入れるとチャラになると思っている彼女。

本当にこんなことを思っている女性がいることに驚きました。

さらにせっかちで、食材に火が通っていないこともしばしばです。

料理が苦手な彼女を改善するには?

疲れて家に帰ったのに料理がまずかったら、イライラしてしまいますよね。

だけど、それではいつまでたってもますい料理を食べ続けなければなりません。

やはり何事も「褒めて伸ばす」ということが1番です。

女性は男性に「おいしいね」と言ってもらえるように、一生懸命料理をしているのです。

たとえそれがまずかったとしても、その思いに違いはないのです。

明らかにまずくても、良いところを1つ見つけて褒めてみましょう。

苦手だった料理を克服し、料理上手になった女性に話を聞いてみました。

「1番良かったのは、彼が文句を言わずに見守ってくれたことです。出来上がった料理に文句を絶対に言いませんでしたし、さらに良いところだけを褒めてくれました。とてもやる気がでてがんばることができました。」

褒めることが大事なのだとよくわかりますね。

彼は料理中のチェックもしていたそうなのですが、心配だからと言ってチェックしていたそうです。

アドバイスもされたようですが、出来上がった料理に対しては褒めることしかしなかったそうです。

料理上手になってもらうには、心の器が大きい男性になることが重要です。

料理が苦手な彼女には料理をする姿を見せるべし!

そもそも料理に興味がない女性もいます。

そういう女性には、なんでも2人で一緒にしてみるといいです。

最初から全てを任せてしまうのは、料理をあまりしたことがない女性には荷が重すぎます。

例えば、一緒にキッチンに立ち料理をするとか、一緒に料理教室に通うのもいいでしょう。

好きな人と一緒に何かをするのは、どんなことでも楽しいはずです。

「今日はこれを一緒に作ってみよう」と声をかければ、嫌がる女性はいないでしょう。

女性は男性においしい手料理を食べてもらいたいと思っていますから、一緒にやっているうちに料理にも興味がでてくるでしょう。

結構多いのが、片付けが嫌いな女性です。

こういう女性には、食材の買い物や食器洗いを男性がすすんでやってくれると案外簡単に料理を作ってくれます。

2人で一緒にということが大切なポイントです。

他には、「料理上手の女性と結婚するのが夢だったんだ」と宣言しておけば、内緒で料理教室に通ったりして腕を上げてくれるかもしれません。

料理が苦手な彼女にやる気を出させる決めゼリフ!

好きな人のために料理上手になりたいと思わせるのが1番です。

どういう風に言われてやる気がでたのか、料理をがんばるようになった女性に聞いてみました。

  • 失敗しているのに「頑張って作ってくれたんだから全部食べる」という言葉で頑張ろうと思いました。
  • ものすごくまずくて食べられない料理ができたときは、無理をせず「練習すればできる」と励ましたほうが良いです。

  • 「ごちそうさま」を笑顔で心から言う。また言ってもらいたいという気持ちになります。
  • 食べたいものをリクエストすされると、がんばって作ろうという気になります。
  • おいしくできた料理には「また食べたい」が最高の言葉です。

  • 「毎日こんなごはんが食べられるなんて幸せだなあ」と将来を見据えた言葉を言ってくれた。これは、とてもうれしくやる気が出るセリフです。
  • 外見を褒めることでもやる気がでます。
  • 「エプロン姿がかわいい」や「料理をしている時の顔が好き」など、言われてうれしいセリフです。

  • 「一緒に料理を作ろう」と言ってくれると、一緒に作るうちに料理が好きになります。
  • まずくても「作ってくれたことがうれしい」と喜んでくれる。
  • もっと頑張ろうという気持ちがわいてきます。

  • おいしくできた料理には「1番おいしい」など、すごく喜んでくれることが励みになります。もっと喜ばせたいと思います。
  • 味の好みをそれとなく伝える。「おいしいけど、ちょっと醤油をかけるとまたおいしい」など、上から目線でいうのではなく、それとなく言うことが大事です。

関連記事はこちら


 - 恋愛

ページ
上部へ