知恵の花

ラインの頻度で好意がわかる!?友達と恋人のボーダーライン

   

ラインの頻度で好意がわかる!?友達と恋人のボーダーライン

連絡ツールとして人気のラインアプリ。

気になる人との距離を縮めるために使用している方も多いようです。

高い頻度でラインをしている場合、そこには友達以上の感情は芽生えるのでしょうか。
意外に相手は迷惑に感じていることも…

そこでラインのやりとりで異性の友達の好意を見極める方法をリサーチしてみました。

ぜひ参考にして、あなたの気になる人の関係を一歩前進させましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

元カレが連絡を数年後に突然してくる理由とは?彼の心理と対処法

別れてしばらく経ってから数年後、元カレから連絡が来たら、あな...

既婚男性が女性を食事に誘う本当の気持ちと下心

気になる相手が既婚男性だったという経験をした女性は多いのでは...

彼女が元カレと連絡してる!?気になる女性の心理と対処法



彼女が元カレに連絡を取っていることが...

徹夜で勉強する時に集中力を保つ効果的な方法



試験前など今日は徹夜で勉強しなきゃ!...

テスト前の勉強でやる気が出ない時…やる気を高める5つの極意!


テスト勉強でやる気のスイッチが入らず、そのまま時...

結婚の挨拶で彼の実家へ…女性が気をつけるべきポイントとは

結婚が決まり、彼の実家へ挨拶しに行くことになったら、どうすれ...

バイト先の後輩との恋愛事情〜うまくいくための心構え〜

バイトをする職種によるところはあるのですが、ほとんどのケース...

理想と現実は違う?男性が彼女に期待すること

理想の彼女を追い求める男性は、少なくないようです。しかし現実...

親に結婚を反対された時の対応法!理由別の対処法とは


多くの女性にとって人生最大の幸せの瞬間、それは彼...

遠距離恋愛からの結婚を親に反対されたときの対処法とは


遠距離恋愛を通じての結婚は、2人にとって感慨深い...

部屋が狭いとストレスを感じる?圧迫感を無くす方法とは


皆さんは、狭い部屋にどのようなイメージを持ってい...

イケメンに対する女性の反応が違いすぎる!?気になる反応とは


女性だけでなく男性も、外見だけではなくむしろ性格...

顔が白い男って人気?それともマイナス?話題の塩顔男子とは


これまで女性にとって顔が白い男性は、弱々しくて不...

告白して振られた時の立ち直り方…失恋は新たな出会いのチャンス

好きな人に勇気を出して告白したけれど、振られたらショックです...

好きな人が友達と一緒だった…友情か恋愛かベストな選択とは

友達と同じ人を好きになってしまったら、あなたはどうしますか?...

別れる理由が「忙しいから」は本当?彼の本音とは

彼が別れを切り出した時、その理由が「忙しいから」というのはよ...

親友が結婚するときの手紙の書き方〜心のこもった手紙を送るには〜

結婚は、人生の大きなイベントの一つです。
...

結婚が決まって初めての家族の顔合わせ!兄弟の参加の有無と注意点

結婚が決定したら、両家の顔合わせへと進んでいきます。

彼氏が元カノの写真や手紙を残しているときの心理と対処の方法

彼氏の部屋にいるときに、たまたま彼氏の元カノの写真や手紙が目...

結婚適齢期の女性と男性!年頃の婚活事情について

まだ結婚していない20代後半くらいの年頃の男性や女性は、結婚...

スポンサーリンク


ラインの頻度が高すぎると友達に嫌われる!?

親しき仲にも礼儀ありというように、仲が良くても毎日LINEが送られてきたら、うんざりするでしょう。

特に、食事中や睡眠中にどうでもよい内容のLINEがきたら迷惑に思う人もいます。

LINEをするときは、相手の生活のスタイルを考えて送りましょう。

LINEのスタンプは気持ちを表現するときに、とても便利です。

しかし、真面目な会話をしているときに、ふざけたスタンプを送るのはどうでしょう?

いきなり意味のわからないスタンプがきたら、引いてしまう人がほとんどでしょう。

場合によっては、二人の関係も危うくなることがあるので、注意してくださいね。

それから、「今日は○○を食べた」「○○に行ったよ」などという他人の行動には、人はあまり興味がありません。

そのため、日記のような内容を相手に送ることはあまりおすすめできません。

相手にとっては、どのように返信をしたら良いのかわからなくて、返信しにくいでしょう。

既読にして返信をしない人もいます。

気になる男友達と適度なラインの頻度は?

友達以上恋人未満の相手とは、メールやLINEの頻度をどうすればよいのか迷ってしまいますよね。

メールやLINEの頻度で一番大事なことは、相手のペースに合わせるということです。

たとえば、こちらからメッセージを送って、すぐに返信があったのであれば、こちらもすぐに返してよいでしょう。

タイミングによっては、そのままメールやLINEのラリーが続くかもしれません。

ですが、こちらからメッセージを送っても、その日のうちに返信がなく、翌日返信があったとします。

そうなったときには、こちらからはすぐに返信せずに、数時間は空けて返信するのもよいでしょう。

また、メールやLINEの文章の長さにも注意が必要です。

受け取る側は、短文すぎるメッセージだと、すぐに返信を求められている気がしてしまいます。

特に、「今、何してる?」などと、すぐに返信を求めるような内容のメールやLINEは、相手にとって負担になります。

逆に長文すぎると、気軽に返信できずに「あとで時間があるときに返信しよう」と後回しにされてしまいます。

その結果、返信を忘れてしまうこともあるかもしれません。

相手が短文で送る傾向にあるのか、長文を好むのかは、相手のメッセージの内容でわかるはずです。

相手の文章の長さに、こちらもある程度合わせることが大事です。

メールやLINEを送る頻度や文章の長さを相手に合わせることです。

回数を重ねていくうちに、相手のやり取りするペースも見えてくるでしょう。

返信が来ることが多い時間帯が把握できれば、相手にとってはそこが返信しやすいタイミングですので、その時間に合わせて送るのも1つでしょう。

ラインの頻度が高い男友達は好意アリ?

毎日LINEしていて、親しい会話もしているときは、脈ありなのかただの気の合う友達なのか、見極めるのは難しいです。

そのため、友達と恋愛対象の境目を探る必要があります。

ということで、見極めのポイントをご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

彼にとってあなたは友達なら、彼が選ぶお店は彼のテイストになりがちです。

彼があなたに気がある場合は、彼女になってもらうために、雰囲気が良いお店、景色の良いお店、少し高めのお店を選びます。

また、男性は気のある女性にはおごります。

または、7割以上は支払います。

デートできっちり割り勘にしたり、6割以上あなたに支払わせるなら、友達と思われている可能性が高いでしょう。

その場合は、彼をキープ君にしたり、友達路線で進めたりして、次に進みましょう。

ラインの頻度が低い…男友達からウザがられる女性の特徴

既読スルーを責められたとき

既読なのに返信が来ないときは、相手に対して、「返せないほど忙しいの?」とイライラします。

しかし、既読スルーなんてひどい、と相手を責める前に、相手の立場を考えることが大切です。

仕方がない、と割り切って、そんなことでイライラしないようにしましょう。

既読スルーされるとき

LINEの「既読無視」を嫌がるのは、男性も同じなのです。

どうでもいい内容のとき

LINEは、「用がないのならしたくない」と思っている男性は少なくありません。

それに比べて女性は、メールやLINEが好きな人がほとんどで、時間があればLINEをしています。

しかし、男性・女性の違いというよりは、プライベートな時間をひとりで過ごしたいか、誰かと過ごしたいかの違いとも言えるでしょう。

いつも誰かとつながることが苦手な人へは、「おはよう」とか「今からご飯」などの状況報告をするのは、やめることをおすすめします。

ラインの頻度は関係ない!?女友達の好意を見極めるポイント

脈ありな女性は、LINEをたくさんするイメージがあるかもしれませんが、実はそういうわけではないようです。

LINEの頻度が増えることは、確かに脈ありですが、多くの女性はそこまで積極的な行動をしません。

急にLINEをたくさん送ると、好きだという気持ちがバレてしまうので、相手に引かれてしまうかも、という気持ちが生じるからです。

ということで、脈ありかどうかには、LINEの頻度はあまり関係がないということが言えます。

LINEの頻度で、脈ありかどうかを判断するのは難しいのですが、LINEの内容で判断することはできます。

脈ありな女性は、相手に興味があるので、LINEの内容が質問になることが多いです。

そして、二人がまるで会話をしているように、LINEをやり取りするような内容になるでしょう。

スタンプも、いつも同じものばかりでなく、バリエーションのあるスタンプを使って、可愛らしさをアピールしてくることが多いでしょう。

関連記事はこちら


 - 恋愛

ページ
上部へ