知恵の花

複数人での会話が苦手な人の理由や楽しく会話するためのポイント

   

複数人での会話が苦手な人の理由や楽しく会話するためのポイント

一対一の会話だったら平気なのにいきなり2人3人と増えて行き複数人となった時に会話が出来なく苦手意識を持つ人も多いようです。

では、どうして複数人になると会話することが苦手になってしまうのでしょうか。

複数人との会話が上手な人には、なにかコツなど特別なことがあるのでしょうか?

今回は、複数人での会話が苦手な人の理由や得意な人と苦手な人の違い、会話を楽しく長続きさせるためのポイントなどご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

居酒屋の店員さんがかわいい!自然な感じで仲良くなる方法

なかなか良い出会いがないなぁ…と思っていたら、よく行く居酒屋...

男には彼女を自慢したがる本能がある?自慢したくなる特徴について


「彼氏にとっての自慢の彼女になりたい」 このよう...

夫の両親と同居を解消するベストなタイミングと切り出し方


義理の親と同居している方はいますか? 

遠距離恋愛の彼が言う「忙しい」は本当?長続きのコツとは

遠距離恋愛は、なかなか会えない分、関係を続けていくのはとても...

彼女のことを男友達が呼び捨てする…男性が嫉妬する理由とは

つきあっている彼女が男友達に呼び捨てされているのを聞くと嫌な...

中学生と教師!禁断の恋愛を成就させるための方法について


中学生ともなると、体も心も子供から大人に変化を遂...

女友達が好きかも!?自分の気持ちがわからない時の対処法



女友達としてずっと接してきたのに、あ...

彼氏と元カノのアヤシイ関係!連絡を取っている時の対処法

あなたは彼氏が元カノと連絡を取っていることを許せますか?

彼の仕事が忙しい!彼女と会う余裕ない理由と彼とうまく付き合う方法


仕事が忙しい彼と付き合うことになると、なかなか会...

女性の好意に気づくとモテる!女性からのサインに気づくコツ


女性が自分に好意を持っていると感じることはありま...

仕事で疲れた彼・彼女にかけたい言葉と注意したい言葉


現代は女性の社会進出により、男女問わず仕事をする...

スポンサーリンク


複数人での会話をすることが苦手な人の理由

話す相手が1人の場合と2人以上の場合、自分が話さなくても会話が成立するのは後者です。

相手が1人なら自分が話さなければ沈黙してしまいますが、相手が2人以上の場合は、自分が話さなくても自分以外の人で会話は成立します。

普段の会話の中で、自分の話したいことを中心に話している人は、相手が3人以上いても会話に困ることはありません。

しかし相手の興味のあることなどを中心に話している人は、自分以外の人同士で会話が成立してしまうと、間に入っていけなくなってしまうのです。

また、相手の反応やどう思っているのかが気になり、周りの人すべてを意識してしまいます。

結果、頭が混乱して「何を話せば良いのか分からない」と言った状況に追い込まれます。

自分の話したいことが話せる人は、ある意味「自立」した人です。

逆に人の話したいことに合わせる人は、相手に「依存」している人と言っても良いでしょう。

「今、話に入ってタイミング大丈夫かな…」「会話を乱してしまうかも…」など、
コミュニケーションを相手に依存しているからこそ、3人会話の時に入っていけなくなるのです。

複数人での会話をすることが苦手な人と得意な人の特徴と違い

では「会話の上手い人」「会話に入っていけない人」の特徴を
それぞれ挙げてみましょう。

[ 会話の上手い人の特徴 ]

  • 人の話を遮らず、最後までちゃんと聞いてから話し出す
  • 常に自然体でにこやかに笑っている
  • 相手から会話を引き出すことにも長けている
  • 良いタイミングで会話に入っていく
  • 会話に入っていけない人への気遣いができる

[ 会話に入っていけない人の特徴 ]

  • 話を振っても反応が弱い
  • 声もかけても返す言葉が一言のみ
  • ポジティブな話を否定したがる
  • 自分から話題の提供がない
  • 話しかけても返事がそっけない

このように2人以上の会話での会話が上手い人は、おしゃべりで常に話しています。

そして会話が途切れたら、すぐに新しい話題を提供してきます。

性格的にも明るく、会話の中でジェスチャーなどを交えたりして、相手を楽しませるような動きを、常にしている場合があります。

反対に会話の出来ない人は、相槌をしない、表情がない、話が広がらないといったことが挙げられます。

会話の中で無意識にネガティブな話や愚痴などを言っていませんか?

そっけない対応をしていませんか?

複数人での会話をすることが苦手な人にオススメな2つの方法

複数人での会話がうまく出来なくて苦手だという人は、次の2つを実践してみましょう。

  1. 誰かが話している時は、必ず話している人の顔を見る
  2. 2周りに気づいてもらえるよう、自然な相槌を打つ

「へぇー」「そうだよねぇ」「あーわかるー」と相槌を打てば、あなたの話をちゃんと聞いていますよと、示すことができます。

会話に入っていくタイミングが分からなくても、上手に言葉を話せなくても、この2つだけをしっかりとやっていれば、グループ内でも違和感なくメンバーの一員として存在感を保てるわけです。

話している相手の顔を見ることによって「その話に関心があります」「ちゃんと聞いています」とグループの人たちに、気持ちが伝わりやすくなります。

孤独で寂しい思いをすることもなくなりますし、他のメンバーもあなたの反応にきっと応えてくれるでしょう。

グループ内で絶対話さなければならない、なんて決まりはないのです。

話し手に対する姿勢が伝われば、会話も弾んでいくでしょう。

あなたはそれだけで、グループの一員になれるのです。

複数人での会話をしながらその人と仲良くなる秘訣

共通の話題を振る

相手ともっと仲良くなりたい場合は、共通の話題を振ることにしましょう。

たとえば、趣味や好きなものに対してお互いに共通点が見つかれば、「気が合うかもしれない」と思ってくれるかもしれません。

相手との距離が縮まれば、話も弾みますのでとても効果があります。

その共通点を見つけ出すために、相手に色々と質問しましょう。

質問の仕方としては、具体的な内容を避けることです。

「野球とか好き?」と聞くよりは「好きなスポーツとかある?」と聞いた方が相手も答えやすいですし、話を広げられるチャンスです。

ひたすら聞き手になる

人はちゃんと話を聞いてくれる人に好感を持ちます。

相手の話に耳を傾け、しっかりと反応をするようにしましょう。

相槌などを多くすることで、熱心に聞いてますというのが伝わります。

また、相手の言葉をリピートするのも効果的です。

相手に興味をもち、熱心に話を聞くことを日頃から心がけましょう。

そのうち、誰からも良い印象を持たれやすくなるはずです。

複数人でも楽しく長く会話を続けるためのポイント

会話を続けるコツは、文章に置き換えた時、最後にビックリマークがつくように
話すことです。

つまり2人が大きめのリアクションをとって会話をするのです。

例を挙げるとすれば下記のような感じになります。

相手「来週の火曜日から出張で京都に行くことになったんだ」

自分「あ、そうなんですか!」

このように少しオーバーな反応をすることにより「その話に興味があります」
「もっと話しを聞きたい」という意思表示ができるのです。

「あ、そうなんですか〜」という語尾を伸ばすような言い方は、「あまり興味ないです」「話を広げなくてもいいです」という拒否の気持ちを表していますので注意が必要です。

さらに相手の顔を見ることもなくこのような返事をしてしまうのは、相手に大変失礼となります。

できるだけ、相手の顔を見て話すようにしましょう。

せっかく話を振ってくれているのですから、相手が会話をしやすいような空気を作ってあげましょう。

このように会話を良い方向へ持っていけるかどうかは、あなたが最初にどのように受け答えするかで決まります。

本当に会話を続けたいと思うのなら、最初のリアクションは大切にしましょう。

関連記事はこちら


 - コミュニケーション

ページ
上部へ