知恵の花

旦那の実家に帰る回数は?妻の不満の原因とストレス軽減法

   

旦那の実家に帰る回数は?妻の不満の原因とストレス軽減法

結婚すると正月やゴールデンウイークなど、大型連休には旦那の実家に帰省する家庭も多いことでしょう。

しかし妻としては、旦那の実家に度々帰ることをよく思っていないことも。

旦那の実家に帰省する適度な回数はどのくらいなのか、気になる妻の意見をリサーチしてみました。

義実家と円満に付き合っていくためにどうするべきか、帰省のポイントや頻度についてぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

モテたい人必見!デートの達人はお礼メールを毎回欠かさない!

好きな人とのデートは幸せな時間ですよね。
...

友達に彼女を取られるのが怖い!友情と恋愛を両立させる方法


彼女とは仲がいいし信じているけれど、ふと、友達に...

異性の友情は成立する?友達が既婚者で付き合い方に悩んでいいる方へ

「異性の友情は成立するのか?」

彼女ができない諦め男子!その理由と対策

俺には一生彼女なんかできない…そう嘆いている諦め男子が増えて...

節約!旦那の手作り弁当のコツと注意点

家計を預かる主婦にとっては、節約は永遠のテーマです。

夫婦の趣味が合わない!信頼のきずな構築の真の原理とは

これから結婚を考えているあなたへ、付き合っている彼と趣味が一...

彼女が料理を作ってくれない…その本当の解決方法!

彼女が料理を作ってくれないと、不満を抱えている男子諸君へアド...

彼氏と喧嘩してLINEが未読スルーになったまま!こんな時の対処法

今や連絡手段としてはあたりまえの通信アプリLINE。...

職場で恋愛感情を抱いてしまった相手が既婚者だった時のこの先…

独身・既婚に関係なく、男女の出会いの場として多いのが職場です...

精神な不安定からの脱出方法!真の恋愛と幸せのために

恋愛中のあなた、精神的な不安定状態にないかどうか、チェックし...

幸せな結婚…娘の彼氏を紹介された父親の感情の理解が重要

幸せな結婚のためには、ご両親の理解は欠かせません。

ついに彼女と部屋で二人きり!よい雰囲気の作りかた

ついに彼女が僕の部屋にやってきた。まて、慌てるな!急ぐな!お...

あなたの潜在意識の中の不安を解消してステキな恋愛を!

恋をすると不安になる。それは当たり前のことなのです。

高校受験の面接では髪型が合否を左右する!

高校入試の面接時に、髪型は合否に影響するでしょうか。

部活の部長になりたい! リーダーシップの本質とその技術

部活の部長になりたい人は、必見です。

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは



学生時代にクラスメイトと同じくらい、...

旦那が無職でイライラ…妻たちのストレス解消法とは

旦那が無職になって毎日家でダラダラしている姿を見ると、イライ...

魅力的な彼女になるには…毎日会いたいと感じる女性の特徴



彼氏の仕事が忙しくなると、なかなか会...

元カノからの連絡って来ないもの?女と男の考え方の違い

別れた後の関係にもよりますが、元カノから連絡が来ないのは、普...

毎日がつまらない…そんな主婦の生活を変えるコツ


三食昼寝付き、と言われていたのは昔の話。

スポンサーリンク


旦那の実家の帰省回数ってどのくらい?

(相談)
結婚して4ヵ月で、子供はいません。

旦那の実家に行くのを月に1回にしたいのですが、近所なので月に何回も行くかないといけません。

子供がいたら場が持ちますが、私たち夫婦とお母さんと黙ってTVを見てるだけなので苦痛です。

旦那に1人で実家に行って欲しいとも思います。

義母のところへは、日曜日に行くので、月曜日から疲れます。

何か良い対策はあるでしょうか?

(回答)
月1回とは、すごいですね。

でも、なぜ月に1回も行く必要があるのですか? 旦那の実家を大事にするのは良いことです。

しかし、普通は3〜6か月に1度と用事がある時に行くという感じでしょう。

結婚したら、夫婦は実家から独立した家なので、実家とは横並びの関係です。

それを実家も子ども夫婦も勘違いして、定期的に実家に行く義務が生まれるようです。

そして、実家が子供夫婦のことに、何かと口をはさんできて、実家との関係がギクシャクすることに発展しがちです。

そうなる前に、すぐにでも独立した大人の家庭として、意識を変えましょう。

旦那の実家と帰省回数で折り合い付かず!

⬛︎旦那の実家には行きたくないので、ボランティアだと思うようにしています。

月に1回、旦那の実家に行くのですが、交通費もかかるし移動で疲れます。

義実家へ着いたら、義母と料理をするですが、料理にこだわりがある義母のため、最低でも3時間は台所にいます。

しかも、義母はずっと話をしてきます。

いつも同じ夫が生まれるまでの苦労話と夫を塾に行かなくても大学まで進学させた話です。

毎月同じ話を繰り返されると、疲れてしまいます。

しかも、義母に「月2回は来れないの?」と言われます。

義母のところに行きたくない時は、夫が休日出勤になった、とか、夫が友達と会う、と言っています。

義母は、夫のことが大好きなので、納得してくれます。

⬛︎義実家のところへは、妊娠中は体調不良という理由で行きませんでした。

出産してからも、同じ理由で行っていません。

しかし、盆と正月は、嘘をつくわけにはいかないので、子供と一緒に主人の親戚一同に会い、くたくたです。

そのため、今は仕事を始めて、仕事を理由にして行っていません。

結婚したことは、2か月に1回は行っていたのですが、今は盆と正月だけです。

そのうち同居をしないといけないのですが、それまでは自由にします。

旦那の実家に帰る回数とストレス軽減法

旦那の実家とストレスなく付き合うためには、適度な距離を保ちましょう。

義実家に行けば、帰りたくなっても旦那がなかなか腰をあげようとしない、ということはよくありますよね。

それは、ストレスになるし、義両親ももしかしたら、早く休みたいと思っているかもしれません。

そこで私は、旦那の実家に行く前には、帰り時間を旦那と決めてから行きました。

予定通りに行かなくても、ダラダラと居座ることはなくなりました。

それだけでも、ストレスはけっこう減りました。

また、義実家へは頻繁に行く必要はないと思います。

お盆、正月、ゴールデンウィークなどには、家族の計画も立てたいところです。

それを犠牲にしてまで、義実家に行くと、ストレスになるでしょう。

義実家に行けないときは、義両親と電話で話したり、写真をメールで送ったりして子供の様子を報告すれば良いでしょう。

義実家と適度な距離を保つようにすれば、義実家とうまく付き合っていけるはずです。

旦那と不仲に!?実家に帰る回数が多いと離婚率が上がる!

最近は、結婚するまで実家に住む人が多いです。

自立心がないのか、経済的な問題なのかはわかりませんが、実家でぬくぬくとしている人がたくさんいるのです。

しかし、長い間実家に住んできた人は、結婚してからも実家から離れにくくなり、それが原因で離婚に発展することが多いのです。

自分や旦那に当てはまれば、気をつけましょう。

実家に依存している場合、パートナーと喧嘩をすると、すぐに実家に帰ります。

逃げる場所があれば、パートナーと向き合って問題を解決しようとしなくなりがちです。

何かあったときは実家に帰るという甘えは、結婚したら捨てるべきです。

結婚して生活をすれば、必ず不満は生じるし、喧嘩もします。

しかし、その度に実家に行ったり電話をしたりして、相手の悪口を言うと、夫婦関係はどんどんと悪化していきます。

親は子供の味方をするので、いつのまにか嫁姑VS旦那となってしまうでしょう。

夫婦の問題は、夫婦で解決するようにしてください。

遠く旦那の実家…義両親への不満の原因

旦那の実家との付き合いに不満がある女性は24%です。

この結果をみると、そんなに「嫁姑問題」は、多くない感じですね。

しかし、同じように、男性にもアンケートをしてみると、この数字は半分になりました。

やはり嫁姑問題は、女性の悩みであると言えますね。

一番たくさんあった意見は、「義両親と価値観が違う」という意見でした。

「だらしない」「非常識」などの、義両親への批判するような意見がたくさんありました。

特に、義母に対する、「うるさい」「怖い」「わがまま」などの、ふだんの恨みがこもったようなネガティブな意見がたくさんありました。

女性は恐ろしいですね。

また、夫へのアンケートと同じように、「義両親から干渉されすぎる」ということに、悩んでいる女性はたくさんいます。

「義両親があまりにも遊びに来る」とか、「孫の顔が早くみたい」などは、毎日一生懸命に働く女性たちには、特に悩める言葉でしょう。

しかし、「旦那の父親が家に来てくれない」という、珍しい答えもありました。

義両親と適度な距離感を持つことが、良好な関係を作るポイントだと言えますね。

関連記事はこちら


 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ