知恵の花

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

   

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかなか会話が盛り上がらず、話題がなくなり無言になってしまうことも少なくありません。

彼女との電話を楽しむためにも、事前にどんな会話をするか話題をいくつか考えておくことが重要です。

彼女と自然な会話を楽しめるようになるためにも、女性の好きな話題や避けた方が良い話題など、女性心理をしっかりリサーチしておきましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚したいけどお金がない!知っておきたいリアルなお金事情




最近は結婚しなくても良い...

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

スポンサーリンク


彼女との電話で盛り上がる話題とは

彼女に電話をするとき、自分に興味を持ってもらって、できるだけお互いの距離を近づけたいと思いますよね。

それに必要なことは、相手が喜ぶ「話題」を提供することです。

しかし、男子だけで話すときと同じように考えてはいけません。

なぜなら、男性と女性とでは共通の話題が異なるからです。

女性は、男性よりも、自分の身近な生活に関係することに興味を持つことが多いです。

例えば、流行のファッションはなにか?とか、話題になっている食べ物は?とか、ほかにも同級生や同僚などの身近な人のうわさ話など。

これらの話題は、特別なものではなく、いわゆる世間話になるのですが、案外そういうことに詳しくて話を盛り上げてくれる男性は女性にとって注目すべき人かもしれません。

自分はそういうことに興味が湧かないと敬遠してしまう人もいると思いますが、このような話題に興味のあるふりをするのも相手と仲良くなる一つのきっかけになるのではないでしょうか。

こんな話題に注意!彼女との電話で盛り上がらない話題とは

女性がつまらないと思う話題は何か?女性はつまらないと思う「男性の好きな話題」を調査した結果、男性が好きな話題はほとんど女性にとって興味の対象外であることがわかりました。

女性と話をするときに、避けたほうが良いかもしれない話題第一位は、「スポーツ」でした。

アンケートに参加した女性148人中41人がつまらないと日ごろ感じているようです。

第二位は、「車」(31人)でした。

自動車やパソコン、スマホになると、マニアックな話題も尽きませんが、興味のある人と興味のない人で知識の量は雲泥の差です。

興味のない女性にとっては、全く耳に入ってこないなんてこともあるかもしれません。

第三位は「野球」(29人)でした。

そして、第四位は「サッカー」(20人)でした。

「野球」と「サッカー」を第一位の「スポーツ」と同じものとしてすべてを合わせると、計90人になり、これは全体の約4割にあたります。

これは、スポーツに興味のない女性が多いということでしょうか。

女性にスポーツの話をしても喜んでもらえない可能性が高いということは、気になる女性と仲良くなるのにスポーツの話題は厳禁かもしれません。

ほかには、下ネタの話(15人)、仕事の話(12人)もつまらないと感じるようです。

女性と話すときは、これらの話題以外で何か用意するといいかもしれませんね。

彼女との電話は話題に困らないようにしておこう!

彼女との話題は何がいいのかと迷ったら、あえて自分からは話題を提供せずに、彼女の好きなことを訊くのもいいかもしれません。

「小さいころに何か習い事してた?」とか「今はまっていることとか、教えて。」など。

誰でも自分の趣味のことであれば、いろいろと話題見つけやすいと思います。

彼女の趣味が面白いものだったり、自分の趣味と同じだったら、二人の間に共通点ができて盛り上がりますよね。

好きな「食べ物」を通じて仲良くなるカップルも多いようです。

甘いものが好きな彼女であれば、パンケーキやパフェがおいしい喫茶店やカフェのことを話したりすると会話が弾みます。

食べるのが好きな彼女であれば、あえてデートには向いていないデカ盛りメニューが置いている店を紹介すると意外性があって喜んでくれるかもしれません。

話題のお店などで盛り上がれば、「一緒にいってみない?」と自然にデートの約束ができるかもしれません。

「旅行」も人気な話題の一つです。

旅行の話は自分の経験に基づいているので、どんなことをしたのか。

どんなことが楽しかったのか。

こんなにきれいな風景をみたとかは会話が盛り上がること間違いなし。

お互いの行きたい場所がわかるかもしれません。

旅行などの経験がなくても、テレビで見た「有名人」の話でも盛り上がることができます。

「テレビに出てるあの○○さんは実は○○というドラマに出てたんだ」など相手が好きな俳優のことを知っていれば、ネタも豊富で話題に尽きないと思います。

彼女との電話で話題不足になってしまう理由

女性と会話をしていると、「今話していることは、本当に相手に興味のあることなのかな?」と不安になることはありませんか。

それは、仲良くなりたいと思うばかりに相手のことを意識しすぎている状態になっているのです。

つまり、相手に興味を持ってもらいたいという気持ちが先走り、「ベストな話題を選択する」ことに集中しすぎているということです。

それが、会話が続かない原因にもなるかもしれません。

会話をしていて相手が何を考えているのかを完全に知ることはできません。

つまり、完璧な話題は存在しません。

相手を意識して面白い話題を探すことは悪いことではありませんが、それが行き過ぎてしまうと、沈黙が長くなったり、自信のない印象を与えかねません。

「いま、○○について話しているけど、退屈しているかも」「今、一方的に話しているかも?○○の話はやめよう」などと考え込まずに、「まぁ、とりあえずは今のままでいいかな」とリラックスして話したほうが、逆に良い印象を与えるかもしれません。

彼女との電話で話題に困る…沈黙ってアリ?

女性との会話がある瞬間に止まってしまうと、雰囲気が悪くなっているように感じて、何かしたほうが良いのかと気持ちが焦ることはありますよね。

そのときに、言葉を発しても、咄嗟の対応なので、相手にはよくわからないことだったり、必要のない発言で場がさらに静まってしまうことも。

会話が止まったときに何かしなければいけないと感じるのは、会話の中での沈黙は悪いものだという考えが心理的に働いているからです。

では、会話の「沈黙」は概して悪いものなのでしょうか?沈黙をどうにかしようとして、焦ってだらだらと取るに足りないことを話し始めたり、相手の興味のない話をしてしまうことはかえって話を聞いている人を退屈させてしまします。

「会話が止まったから、場を和ませようとしてるのかな」と肯定的に考える人は少数派だと思いますし、これでは話すことで損をしています。

長い間付き合っている友人でもずっと話が弾むことはありませんし、会話で沈黙があるのは普通のことです。

会話が止まっても無理して話さずに、次の機会までの間は気にしないで、会話を楽しみましょう。

関連記事はこちら


 - 恋愛

ページ
上部へ