知恵の花

お金の管理は誰がする?最近は旦那が管理する家庭が増えている!

      2017/07/05

お金の管理は誰がする?最近は旦那が管理する家庭が増えている!

結婚すると家計の管理が必要になりますね。

昔はお金の管理は妻がしている、という家庭が多かったのですが、最近では旦那さんがお金の管理をしている、という家庭が増えてきています。

お金の管理は奥さんより旦那さんがする方がいいのでしょうか?

今回は旦那さんがお金の管理をすることのメリットやデメリットについて紹介します。

あなたの家庭はどうですか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


お金の管理は奥さん?旦那さん? 旦那派が増えている!

家計の管理についてアンケートを行いました。

【お財布が一緒の場合】
夫婦の収入を合わせて、奥さんが管理をしている  47.3%
夫婦の収入を合わせて、旦那さんが管理をしている 16.0%

【お財布が別々の場合】
夫婦別々に自分の収入を管理して、夫婦で共有の財布や口座にお金を出す 16.0%
夫婦別々に自分の収入を管理して、必要に応じてお金を出す       15.3%

その他 5.4%
の結果が得られました。

旦那さんがお金を管理している理由を尋ねてみると、

  • 奥さんが数字が苦手。なんとなく自分がお金の管理をするようになりました(45歳男性/結婚8年目)
  • お小遣い帳も苦手だったので、旦那に任せています(32歳女性/結婚6年目)
  • 妻に任せていると浪費してしまうので、こちらで管理しています(36歳男性/結婚10年以上)
  • 旦那は理系で、数字に強いから(32歳女性/結婚5年目)

など、奥さんよりも旦那さんの方がお金に強い、金銭管理がしっかりできるから、という理由が多いようです。

さらに、

  • 夫が収入、支出共にネットで管理しています。いつでも情報が共有できるので安心(26歳女性/結婚1年目)
  • 毎月定額を奥さんに渡して、その中でお金の管理をして貰っています(26歳男性/結婚1年目)

など、収支をお互いにクリアにしたり、逆小遣い制の家庭もありました。

旦那さんがお金を管理することのメリット・デメリット

旦那さんにお金を管理してもらうことでどんなメリットがあるのでしょうか。

  • 一家の大黒柱としての責任を自覚する
  • 奥さんに信頼されている旦那さんは自信がつく
  • 奥さんの消費に寛大になり、妻が使えるお金が増える
  • 夫婦が円満に過ごせる、素晴らしいメリットがあります。

確かに、旦那さんが家計の状況をしっかりと把握することで、もっと収入を増やそう、とか、もっと上手にお金を使おうと前向きに考えるようになります。

奥さんは渡されたお金の範囲内でやりくりをして生活するので、生活費が一定額以内に収まります。

反面、奥さんが実際の収入や貯蓄額がわからないというデメリットもあります。

万が一、旦那さんが急に病気になったりすると、お金関係のことがさっぱりわからなくて困ってしまいますね。

奥さんが渡された生活費の中で節約しても、あまり効果が出ないこともあります。

その時は旦那さんが管理しているお金を再度見直しましょう。給料天引きの保険料なども含めて、生活費全体を見直す必要があります。

もし収入が減ったのなら、それに合わせて生活費の見直しも必要です。収支のバランスを夫婦でしっかりチェックしましょう。

奥さんのお小遣いはちゃんと渡していますか?

生活費の一部を奥さんがお小遣いとして使っていると、いくらでも使えることになります。

金額の多少はあっても奥さんのお小遣いも必要です。生活費とは別の括りで、奥さんにもお小遣いを渡して管理するようにしましょう。

旦那さんがお金の管理をすることによって、奥さんはお金の管理というストレスから解放されます。

特に女性は食費の節約など、ささやかなお金の管理は得意でも、大きなお金の管理となると負担に感じることがあります。

投資など長期で大きなお金がかかわってくる場合のお金の管理は、男性の方が上手なことが多いです。旦那さんが浪費家で、経費だと言っていろいろと無駄遣いする場合は、旦那さんにお金の管理を任せない方がいいですが。

我が家は旦那が自営業をしています。親からの自営業ではなく自分で始めた自営業のため、経営に必死です。収入が減れば自制して無駄遣いを減らしています。

反面、収入が多くても貯金することができず、悩みの種ではあります。

しかし、自営業の家庭なら、旦那さんがお金の管理をすることのメリットが多いことに気づきました。

資金繰りのストレスや、収入が増減すると非常にストレスを感じます。

ですが、旦那さんがお金を管理することで奥さんはこのストレスから解放されます。

奥さんが貯金が好きな人なら自分の裁量で貯金できないことにストレスを感じますが、渡された生活費の中でもコツコツと節約して貯金することができます。パートに出ればお給料をいただくこともできますね

奥さんが中心になってお金の管理をしている場合は、せっかくやりくりしたお金が生活費に消えてしまう可能性があります。

自営業の場合は、旦那さんが中心になってお金のかなりをするメリットは大きいです。

反面渡された生活費の中でやりくりに失敗しても、旦那さんに内緒で補填することができません。奥さんとしては辛いところですね。

誕生日やクリスマスなどのイベントがある時は、簡単に予算オーバーになってしまいます。奥さんの体調がすぐれない時には、お惣菜を買ったり外食したりして予算がオーバーします。

食費や日常使うお金は少し多めに予算設定してもらうと安心ですよ。

旦那さんがお金を管理するメリット:男性の意見

お金を管理している男性側からすると、どのような意見があるでしょうか。

  • 自分でお金の管理がすべてできる(38歳・通信・技術職)
  • お金の権利をすべて握れる(27歳・学校教育関連・事務系専門職)
  • 妻より自分の方が金銭感覚がしっかりしているので今のままで問題なし(48歳・電機・技術職)
  • 家計の資産状況が正確に把握できるし、自分の方が細かいので金銭管理に向いている。ただ妻がちょっと不満げなのが問題(44歳・金属鉄鋼関連・事務系専門職)

という意見があります。

自分でお金を管理できるメリットもある反面、

  • 自由にお金を管理できるが責任が重大(44歳・精密機器・技術職)
  • 管理しなくていい妻は気楽そうだが、管理するこっちは大変(48歳・電機・技術職)
  • 家計が厳しい時は自分の支出を抑えないといけないこともある(49歳・医療福祉・専門職)

という意見もあります。

何事もメリットにはデメリットがついてくるようです。

旦那さんがお金を管理する方がいいのはどんな家庭?

旦那さんが理系の方が向いているのか、と思えばそうとも言えないようです。
ではどんな家庭だと、お金の管理を旦那さんがするといいのでしょうか?

  • 夫婦共働き
  • 子育てに手がかかる

奥さんがお金の管理まで手が回らない、そんな家庭は旦那さんにお任せしましょう。

旦那さんが会計士や税理士など、お金に興味があって管理も得意と言う場合はぜひお任せしましょう。

建築系職人さんなどの場合はお金の管理は苦手な旦那さんもいますが、自営業だったり、お金の管理が得意という場合には旦那さんにお任せしてもいいですね。

浪費家の奥さんの場合は、ぜひ旦那さんが管理しましょう。

旦那の友人の家庭はまさにこのタイプ。奥さんが20万円分の化粧品を一気に購入したり、訪問販売で50万の浄水器を購入したこともあるそうです。

別段派手な服装をしているわけでもなく、化粧も濃いわけではないのですが、なぜか浪費してしまう。人は見た目ではありませんね。

家計の管理を旦那さんがしている。というよりは奥さんに任せられないので仕方なしに旦那さんが管理している、ようでもありますが、旦那さんが管理した方がいいパターンですね。

小規模な自営業の場合も、旦那さんがお金の管理をする方がいいようです。経費と家計をきっぱりと分けることが難しいからです。

住居と事務所が兼用の場合など、電気代や電話代をきっちりと分けることができませんよね。

確定申告の時には、1/3や1/2などきちんと分けて記入しますが、普段の家計管理では分けられません。自営業の旦那さんがまとめてお金の管理をした方が、お金の流れがしっかりとつかめます。

お金の管理で夫婦がケンカしないためのコツ

コツ1:金銭管理に対する考えをお互い確認しよう

お金を管理するにあたって、譲れない考えはありますか?

本当なら結婚する前に相手としっかりと話し合っておくべき事ですが、結婚前からお金のことでもめるなんて嫌ですよね。

しかし、これからの長い人生、二人で仲良く暮らしていくためには、避けて通れない問題です。

金銭管理に対する自分の意見をまずははっきりさせましょう。

自分の思うこと、考えていることをまずは紙に書いてみます。

自分の意見をはっきりと理解したうえで、相手としっかりと話し合いましょう。

この際、お互いの金銭感覚や経済問題についてしっかりと話し合うといいですね。

自分の考えがまとまっているのなら、相手と冷静に話し合うことができます。

コツ2:時々話し合いの時間を作ろう

お金に関することを何度も話し合うのはみっともない?

そんなことはありません。

夫婦だけでなく子どもが生まれてくるとさらに金銭問題は大切です。夫婦の間でお金の管理をしっかりすることで、のちのちの不要なトラブルを避けることができます。

1か月に1回くらいはお金に関して正直に話し合えるといいですね。どちらか一人だけが抱える必要はありません。

旦那さんがお金を管理している場合でも、奥さんが管理して言える場合でも、相手に任せっぱなしにしないようにしましょう。

関連記事はこちら


 - 生活

ページ
上部へ