知恵の花

部活の部長になっちゃった!部員をまとめるためのポイント

   

部活の部長になっちゃった!部員をまとめるためのポイント

部活における部長の役割で一番重要なのが、部員をまとめて一丸となっていくことです。

しかしいろんなタイプの部員がいる中で、部活を一つにまとめるのはかなり難しいことです。

部長として部活をまとめるためにはどうするべきか、ポイントや注意点をまとめてみました。

もし部長に選ばれた時はぜひ参考にして、部活の発展のためにも部長としてできることを実践していきましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


部活の部長になっちゃった!部員をまとめるためには?

部長に抜擢にされたら、部員をまとめるためには不安になることと思います。

そんな新米部長のために、どう行動したらいいのかアドバイスしたいと思います。

1.みんなについてきてもらう方法

部長として、みんなを束ねて同じ方向に向かわせるためには、みんなを動かせるような言葉をかけることができなければいけません。

自分が所属している部活の競技のことを誰よりも勉強して詳しくなっておきましょう。

また、歴史や伝記を読み、過去の人たちの経験や言葉を学ぶことも、部長の統率力を向上させることに役立つでしょう。

自分の行動や言動がしっかりしてくると、みんなに頼られ存在になれると思います。

2.不真面目な部員の対応方法

部長がしつこく注意するのはやめましょう。

いつも同じ人から同じようなことを言われたら、誰でも嫌になります。

一人で頑張ろうとせずに、チームで対策しましょう。

部員を幾つかのグループに分けて、その中に問題のある部員を一人ずつ振り分けましょう。

グループにはリーダーをつくり、いつもグループで行動させるようにしまよう。

人数の少ないグループの方が責任感がわきますし、部長の負担を減らしながらチームをレベルアップできます。

3.1年生への対応

1年生は不安なことがたくさんあります。

部に馴染むことだけでも精一杯の子もいます。

優しく接して部に馴染みやすくしながら、技術が向上できるように導いてあげましょう。

部活をまとめるために部長がすべきこと

1.声をかける

1つのチームにはいろいろなタイプの人間が集まります。

性格や考え方も違えば、得意なこと不得意なことも違います。

そのため、みんなが感じていることや見え方も違うので、それぞれが発言することが大事になります。

そのためには、誰もが発言しやすい環境をつくることが大切です。

リーダーから率先して声かけをしていきましょう。

2.みんなの意見を聞く

独裁的で自己中なリーダーではチームはまとまりません。

発言し易い環境を作ったらみんなの意見をしっかりと聞きましょう。

色々な意見を聞いてチームが良い方向に向かうようにまとめることがリーダーの仕事になります。

3.誰よりも率先して行う

リーダーはみんなの模範にならなければいけません。

みんなが辛いこと、嫌なことを率先して行うようにしましょう。

誰よりも一生懸命頑張っている姿をみれば自然とついてきてくれるようになります。

口ばから偉そうにしていないで態度でみせることでみんなにリーダーとして認めてもらえます。

部活をまとめるために必要な部長の条件

1.共感力

部員のやることや、考えに共感してあげらることが必要です。

部員の言うことに反発ばかりしていては、あなたの発言を誰も受け止めてくれなくなります。

2.巻き込み力

リーダーはチームの目標を示し、その目標に向かって足並みが揃うように率いなくてはなりません。

そのためには言葉や行動でみんなを良い方向へ巻き込む力が必要になります。

3.表現力

自分が目指したいチームイメージを伝えたるためには表現力が必要です。

うまくイメージを表現してあげることで、メンバーも目標を定めやすくなります。

4.誠実さ

チームのために尽くすためには誠実さが必要になります。

チームのメンバー一人一人と真摯に向き合うことができ、目標に対して妥協のない努力ができるのは誠実な人間です。

5.創造力

創造力があると様々な困難にぶつかっても乗り越えることができます。

このような5つの資質を兼ね備えている人物であれば、リーダーとしてチームをまとめることができるでしょう。

もし、足りていないようでしたら、これからの努力で補うこともできます。

リーダーの統率力向上がチームの目標達成につながります。

部活をまとめるには好かれる部長であることが重要

チームをまとめるためには、チームのみんなに好かれている必要があります。

みんなから嫌われているようではリーダの発言に誰も耳を傾けてくれません。

どういう行動が好かれる人間になるのか紹介したいと思います。

1.ありのままの自分をさらけだす

無理に好かれよう、かっこいいとこを見せよう、面白いことを言おう、などと見えをはって自分を良く見せる必要はありません。

自分をそのままだせばいいですし、カッコ悪い失敗も間違いも素直に認めることができる先輩になって下さい。

完璧ではなく人間らしい方がメンバーとグッと距離を縮めることができます。

2.偉そうにしない

年上だから、リーダーだからといってやたらに偉そうにしてはいけません。

後輩の意見や行動が正しい場合もあります。

みんなと同じ目線で接することも大切です。

3.得意なことを持っておこう

これだけは一番だ!っという得意なことを持っておきましょう。

誰よりも得意なことが一つあるとみんなの憧れになることができます。

ある技術がうまい、必ず練習が始まるまえに自主練をしている、無遅刻無欠席である、など派手なものである必要はないので誰よりもすごいんだというものを作っておきましょう。

部活をまとめる部長が抱える苦悩

部長はそのグループのトップです。

みんなから憧れや尊敬される人物であり、花形の役職です。

その分、チームの責任を背負い大変な思いをしています。

悩みのない部長はいないでしょう。

みんな同じ悩みを抱えているのがわかれば少しプレッシャーから開放されるのではないでしょうか。

また、これから部長になる人は心構えができるのではないでしょう。

そこで、部長が抱えている悩みを紹介したいと思います。

■「キャプテンだからできるはず、と相手チームに思われプレッシャーが厳しい。」

キャプテンはやはりチームの柱ですので、相手チームに警戒される事が増えます。

なかなか思い通りのプレーができなくなることもあると思います。

■「監督からの指示を代弁してるだけなのに、自分が責められる。」

監督から伝えられた内容をメンバーに伝えるのもキャプテンの仕事です。

そのため、なっとく行かないメンバーからの苦情はキャプテンが受けることになってしまいます。

そこでチームをまとめるのもキャプテンの仕事です。

■「監督から一番最初に怒られる。」

チームの責任者のため、チームで悪いことがあると一番はじめに怒られることが多くなります。

時には理不尽に怒鳴られることもあるようです。

関連記事はこちら


 - 学校生活

ページ
上部へ