知恵の花

騒音の苦情を警察に訴えたい…円満解決のための対策

   

騒音の苦情を警察に訴えたい…円満解決のための対策

今では、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる世帯が多いですね。

そして、そのような住居では、隣や上下の世帯の間で、騒音の問題が増加しています。

この騒音問題に関する苦情は、どのようにすれば円満に解決するでしょうか。

また、警察に立ち会ってもらう場合のポイントを以下に述べてまいりますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

スポンサーリンク


どのくらいの騒音があれば警察に苦情を訴えられる?

そもそも騒音とは、どのくらいの音量を指すのでしょうか。

警察に通報して苦情を聞いてほしいけど、果たしてこのくらいの騒音で訴えてもいいのか、迷うことがありあますよね。

ここでは、騒音の定義についてまとめてみました。

一般に騒音と定義されている音量は、昼間で55デシベル以上、夜間で45デシベル以上となっています。

例えば、通常の人の話し声やお風呂の排水音が55デシベル程度、またエアコンの風の音や木の葉が風になびく音が45デシベル程度となっています。

こうしてみると、騒音とは案外小さい音を指していますよね。

環境省の定義では、これは健康上に被害が出ないレベルとされています。

うるさいけど、この程度の騒音なら我慢しないといけないかな、などと悩むことはありません。

音が気になって眠れない、あるいはイライラするなどということが続くと、健康を害する恐れがありますから、早めの対策が必要です。

騒音の苦情は警察に訴える前に管理会社へ!騒音解決のステップ

1.まず管理会社にお電話を

騒音で悩まされるようになったら、まずは管理会社に電話をして相談するようにしましょう。

この時、どの部屋から騒音が出ているのか特定できていなくてもOKです。

すると管理会社は、騒音の苦情がありましたのでご配慮願います、という旨の注意書きを、入居者全員のポストに入れてくれます。

もちろん相談した人の情報は分かりませんから、安心して依頼できます。

2.数日しても解決しない場合、もう一度管理会社に電話を

ポストに注意書きが投函されてから1週間が経過し、最初は騒音が無くなったものの再び騒音が生じることがあります。

このような場合には、再度管理会社に電話をしてみます。

注意書きでは収まらない時には、管理会社が騒音を発している人に電話、もしくは直接会って交渉をしてもらえます。

3.それでも解決しない場合には、警察へ通報しましょう

管理会社に任せていてもどうしても騒音問題が解決しない場合には、警察へ通報するようにしましょう。

管理会社の営業日意外、もしくは営業時間外という時の騒音も、警察に対応してもらうことが可能です。

夜中に発生している騒音の苦情は、警察に相談しましょう!

夜中に騒音が生じていると、管理会社も大家さんにも苦情を訴えることが難しいものです。
このような場合には、やはり警察に連絡して相談するのもひとつの方法です。

騒音の定義については前述しましたが、現在発生している騒音が果たして何デシベルなのか、なんてわざわざ測定できないですよね。

常識で考えてこれはだれが聞いても騒音だ、といえるレベルであれば、迷わず警察に連絡するようにしましょう。

夜中に騒音を発する人には、なかなか説得しても応じてくれないような人もいますが、警察官が来て注意されたならば大抵は反省してくれるものです。

警察は地域の住民が安心して暮らせるように常に注意を払うのが業務ですから、騒音の苦情に対してもしっかりと耳を傾けてくれるはずです。

もし、それでも騒音が収まらないようであれば、引っ越しするというのも、最終手段ではありますが解決のための選択肢にあることを頭に入れておきましょう。

警察に騒音の苦情を訴える場合には、証拠を残しておきましょう

管理会社や警察に騒音の苦情を訴えようとしても、その証拠がないと、信憑性に乏しく説得力にも欠けてしまうでしょう。

ところが、一口に騒音といってもいろいろありますが、例えば足音などの場合、それを録音するのは難しいものです。

そこで、騒音が発生した時に「騒音ノート」なるものを用意しておき、日時や騒音の内容、そして自身の被害状況などを記録しておくことをおすすめします。

これは、騒音の苦情を訴えた時に、管理会社や警察から質問されるであろう、何時ごろ、どれくらいの頻度で、などの騒音に関する内容について明確に伝えるためのものです。

記録をしておくことで、自分自身が騒音について頭の中で整理をし、苦情を訴える場合にもはっきりと説明することができます。

騒音ノートの存在は騒音の録音もさることながら、騒音の苦情に関してより一層信憑性を増すものであり、最悪のパターンとして裁判になった場合にも強い味方となります。

騒音の苦情を警察へ訴える前に注意したい点

騒音に悩まされると、ストレスがたまってイライラする、あるいは怒りの感情が沸き起こってくるものです。

夜、充分に眠れないなどの日々が続くと、精神的にも肉体的にも疲れて、健康被害が生じることすらあり得ます。

しかし、同じアパートやマンションなどの集合住宅に住む以上、ケンカはしないよう、できるだけ穏便に解決したいものですよね。

最も賢い解決の糸口は、なかなか難しいことではありますが、あえて相手に対する敵対心を捨てて、仲良くなるという方法です。

相手を敵に回すのは、かえって問題をこじらせてしまうだけです。

直接怒鳴り込んで行ったり、逆に音を立てて対抗したり、また陰で悪口を言うなどは、いわば子供のやり方です。

やられたらやり返す、という行為は自分自身も加害者になりますから、戒めたいものです。

騒音に悩まされて困っているなら、やはりまずは管理会社、あるいは警察に相談するようにしましょう。

関連記事はこちら


 - ライフスタイル・生活

ページ
上部へ