知恵の花

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方

   

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方

結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまうのが招待する人についてです。

招待する人は、相手との関係性、結婚式の場所や規模などにより変わってきますね。

どこまで呼ぶべきなのか……多くの人はその線引きで悩んでしまうようです。

ここでは、結婚式の準備の際、招待する人で迷った時の見方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

スポンサーリンク


まずは新郎新婦と両家の親のイメージを合わせることから

結婚式の準備において、決めなくてはならないことの一つに「誰を招待するか」というものがあります。

友達、親戚、地域の人、恩師、会社の人など、どこまで呼ぶべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

どのように考えればよいのでしょうか。

まずは、結婚相手や両家の両親などと話し合っていく必要があります。

「たくさん呼んでワイワイ」「少人数でアットホーム」「スタンダード」など、それぞれのイメージがあると思います。

これが異なったまま進めてしまうと、後々トラブルが生じやすくなるでしょう。

ある程度準備が進んでから招待客を変えるという事態は避けたいですね。

他の面でも見直す必要がでてきてしまうこともあるかもしれません。

なのでまずはイメージを合わせることが大事です。イメージが決まれば、人数やメインの客層が決まって、人選がしやすくなるはずです。

結婚式に招待するのはどこまで?友達編

まずは、自分の友達を呼ぶ場合について考えていきましょう。

結婚式に招待してくれた友達

過去において、結婚式に招待してくれた友達もいらっしゃることと思います。

基本的に、「招待してくれた人は、自分の結婚式に招待する」というのがマナーとなっていますので、そういう友達は招待するようにしましょう。

友達グループがある場合

学生時代の同級生や職場の同期などは、個人ではなくグループ単位で招待するようにしましょう。

「なぜあの人は呼ばれたのに自分は呼ばれなかったんだ…」ということになれば、気まずい関係になってしまうかもしれません。

結婚式に呼ぶ呼ばないで、その後の友人関係が悪くなってしまうことは少なくありません。

もし人数の関係など全員呼ぶことができない場合は、結婚式ではその人たちを呼ばず、二次会に全員を招待する、などの対応をするとよいでしょう。

結婚式に招待するのはどこまで?異性の友達編

「異性の友人を呼ぼうかどうか迷っている…」という悩みを持つ方も少なくありません。

もちろん、「自分の結婚式に異性の友人を招待してはいけない」という決まりはありません。

しかし、結婚相手やそのご両親が気になってしまう場合もあるかもしれません。

誤解が生じて思わぬトラブルに発展してしまうこともあるかもしれません。

どうしても呼びたい場合は、その人を結婚相手に紹介するようにしましょう。

変な関係ではないことがわかれば相手も安心すると思います。

そして、そのことを相手のご両親に伝えてもらいましょう。

その異性の友達にパートナーがいて、そのパートナーとも知り合いなのであれば、結婚式にその2人を招待するのも良いと思います。

ただ、招待する友達の中に、その異性と付き合っていた人がいるのであれば、それはよく検討した方が良いでしょう。

結婚式に招待するのはどこまで?会社の人編

「結婚式の招待客について、友達や親戚についてはわりとスムーズに決まったが、会社の人についてはかなり難しかった」 

このような方は結構多いようです。

規模が大きい会社に勤めている場合や、いくつもの部署を渡り歩いてきたという場合は、招待するしないの線引きが特に難しくなってくると思います。

会社の人を招待する場合は、例えば「今の部署の人に限定する」など、ある程度の思い切りが必要かと思います。

お世話になった人がたくさんいるが、全員を招待することができない、ということもあると思います。その場合は、二次会に招待するようにしてもよいでしょう。

かつては結婚式には会社の人を呼ぶことが当たり前という感覚がありましたが、終身雇用制度が廃たれてきているからか、今は、そういうことが少なくなってきているようです。

上司は呼ばずに特に仲の良い同期だけ呼ぶという例も増えてきているようです。

結婚式に招待するのはどこまで?親戚編

親族を呼ぶ場合は、まずご両親と相談するようにしましょう。親戚付き合いに関しては親の方がよく把握しているものですよね。

自分は知らないけれど、これまでの経緯から呼ぶべき人がいる、ということもあると思います。

また、親がその人やその子供の結婚式に招待されていたということあれば、招待するのが礼儀になります。実際、両親の意向で決まることが多いようです。

祖父母については呼ぶ場合がほとんどですが、体調面などは考慮した方が良いでしょう。

場合によっては、交通手段を用意したり負担のかかる食べ物や飲み物など出さないようにしたりといったケアが必要となってきます。

叔父・叔母についても、呼ぶ場合がほとんどですが、疎遠になっていれば、招待しなくてもよいケースもあります。遠い親戚であっても密に交流をしていれば招待するケースもあります。

関連記事はこちら


 - 結婚・結婚生活

ページ
上部へ