知恵の花

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

   

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分からず悩んでいる人は多いようです。

実は大学生というのは、ゼミやサークル、バイトなど様々な出会いの場があります。

しかし、もっと出会いを増やしたいという時はどうすればいいのでしょうか?

これから、大学生におすすめの出会いの場や出会いを増やす方法などご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼女よりも友達を優先させる男性側の理由と女性が楽になる考え方


彼女よりも友達を優先する男性は多いようです。それ...

彼の本意はどこに?好きな人が友達と食事に行く理由と対処法

憧れのあの人と二人きりのお食事デート!次の展開にドキドキ…。...

旅行は身軽に!事前に荷物を送る際のポイントと注意点


旅行する際に煩わしさを感じるのは荷物ではないでし...

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

女性が恋愛の切り替えが早いのはなぜ?理由・男女差・立ち直り方


女性は、男性よりも恋愛において気持ちの切り替えが...

40代の男性との恋愛!好きになった時のアピール術



最近は芸能人の年の差カップルの熱愛報...

好きな人が友達と付き合ったら…ツライ失恋を乗り切る方法



恋愛には様々な問題やトラブルがつきも...

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

スポンサーリンク


大学生はどこで出会う?ゼミやサークルで友達から彼女へ

大学生で彼女をつくりたいと思ったら、どこで出会えるのでしょうか?

一番良いのは、ゼミやサークルです。

共通の話題が多くなるので、初対面でも自然に会話が生まれ、1時間も経てば連絡先も聞けるでしょう。

恋人候補の異性としてではなく、単なる知り合いという間柄から始まるので、その後の関係を深めやすいのです。

男女の出会いとして「ナンパ」がありますが、効率の良い出会い方とは言えません。

出会ったばかりなのに、いきなり連絡先を聞いてくる異性に心を許せる人はどれくらいいるのでしょうか?

ナンパは、初めから「異性」として出会い、かつ仲良くなる理由もないため、女性は警戒して、そこから関係を深めるのは難しいでしょう。

男女問わず、恋人候補の異性には容姿や性格、ファッションセンスなど求める条件は厳しくなりがちです。

しかし、友達なら見た目のカッコよさなどは関係ありません。つまり、友達というのは、恋人候補の異性よりもハードルが低いと言えます。

そして、仲良くなってしまえば先程あげたような条件はそれほど重視されなくなります。

大学で彼女をつくるのであれば、まずは目当ての女性と友達になることを目指しましょう。

大学生の恋愛…彼女が欲しい!どこで出会える?

大学生になり、彼女が欲しいけれど、どこで出会えるのか分からないと悩んでいませんか?

これから、出会いを探しているあなたにぴったりの出会いの場をご紹介しましょう。

1位…サークル

大学生が出会う場として一番身近なのは、サークルでしょう。

軽音や合唱、ダンスサークルなど、男女混合のサークルに入れば交友関係も広がりチャンスも増えます。

2位…バイト先

バイト先で知り合ったというカップルも多いようです。

出会いを求めるのなら、どこで働くか選ぶことが大切です。

カフェやファーストフードは、バイト同士で共同作業することも多く、同じ大学生で年代が近ければ、共通の話題もあり、仲良くなりやすいでしょう。

3位…学科の講義・ゼミ

講義の中のグループワークで一緒になった時などは、距離を縮めるチャンスです。

宿題や問題などで分からないことがあれば、それを口実に気になる子に話しかけてみましょう。

少人数のゼミなら、恥ずかしがり屋の人でも声をかけやすくおすすめです。

4位…友達の紹介

友達とお昼を食べに行ったら友達の友達と一緒になり、みんなで話しているうちに仲良くなるというパターンもよくあります。

共通の友達がいることで、連絡先も安心して交換できるでしょう。

5位…合コン

他の大学の子と知り合いたいとか、同じ大学でも違う学部の子と仲良くなりたいのなら、合コンに参加してみましょう。

どこで彼女と出会える?大学生におすすめの穴場は海外と合宿!

大学生になると、サークル活動やゼミ、バイトや合コンなどで知り合い、彼女ができたという人も多いでしょう。

しかし、スタートダッシュが遅いと周りはカップルだらけでひとりぼっちということもあります。

そんな状況で今更どこで出会えるのかと絶望するのは早すぎます。

大学生の出会いはキャンパスや近場だけではありません。

学生向けツアーに参加して海外旅行をする

学生向けの海外旅行のツアーに参加すると、同年代の大学生と簡単に知り合うことができます。

移動中のマイクロバスやホテルの朝食の時間など、異性と気軽に話せるチャンスは普段の生活よりも多いそうです。

実際に学生対象のツアーで海外旅行をして、彼氏ができたという女性もいます。

外国という非日常的な場面で様々な体験を共有することで、より親密になれるのでしょう。

免許合宿に参加する

夏休みなどの長期休暇を利用して車の免許を取る学生さんも多いでしょう。

どうせ取るのなら、合宿に参加してみませんか?

ある一定の期間、寝食を共にする合宿生活でたくさんのカップルが生まれると聞きます。

免許取得という同じ目標に向かって頑張るという仲間意識から関係が深まることもよくあるそうです。

出会いを求めているあなた、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

大学生になっても彼女ができない…身だしなみは大丈夫?

大学生になったけれど、なかなか彼女ができなくて悩んでいる人は、身だしなみをチェックしてみましょう。

モテる男性とは、イケメンでカッコイイといった容姿で決まるわけではありません。

それよりも、清潔感があり、自分に似合う服を選べるセンスがある方が重要です。

どんなに容姿が整っていても、不潔で、ボロボロの黄ばんだ服を着ている男性に好意を抱く女性は少ないでしょう。

不潔であるというだけのことで、せっかくの女性との出会いを台無しにしてしまうこともあります。

出会いというのはどこであるかわからないものです。

普段から服装には気を使った方がいいでしょう。

自分に似合う服が分からないという場合は、鏡に映った自分の姿を客観的に眺めてみましょう。

また、オシャレな友人に聞いてみたり、ファッション雑誌を読んで勉強するのもいいですね。

あまり難しく考えず、清潔でサイズが合った服装を心がけ、オシャレを楽しむのをおすすめします。

モテる男子大学生とは?行動範囲を広げ多くの人と知り合おう

モテる男子大学生とはどんな人だと思いますか?

オシャレで優しくエスコートしてくれるイケメンでしょうか。

最近の傾向としては、誰にでも優しく思いやりがある人や、問題に対して真面目に取り組む人など容姿よりも人間性が重視されているようです。

ただ、どれだけ人間的に良い面があっても、周囲に男子学生が多かったり、女子学生がいなかったりすると出会うのは難しいでしょう。

そんな時は、できるだけ女の子が多いバイトを選ぶのがおすすめです。

アルバイトでは、自分の仕事に対して責任感を持って取り組むとか、よく気がついて他の人のフォローもしてあげるなどの勤務態度で女性の好感度は変わってきます。

それ以外にも、他大学の学生とも積極的に交流して、たくさんの人と知り合う努力をすることも大切です。

多くの人と出会うには、それなりにお金もかかりますが、ケチらないこともモテるためには必要な条件だと言えます。

関連記事はこちら


 - 恋愛

ページ
上部へ