知恵の花

メールで質問する時に注意が必要な敬語の使い方とポイント

   

メールで質問する時に注意が必要な敬語の使い方とポイント

就活やビジネスなど、最近はあらゆるシーンでメールでの連絡が多様化しています。
電話とは違い、文面にすると意外に気になるのが敬語の使い方です。
相手に質問やお伺いを立てる時に間違った敬語を多用してしまうのは、社会人として避けたいところです。
今回はそんなビジネスシーンにおける敬語の使い方についてお伝えします。
ビジネスメールの参考にぜひ活用してみてください!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

スポンサーリンク


メールで間違わないために!敬語の種類と違いについて

まず、敬語の基本を考えてみましょう。

多くの人は、敬語尊敬語を同じものと考えているようですが、それは違います。

敬語とは、たくさんの言い方を含めたものの総称ということが出来るかもしれません。

例えば、「謙譲語」「丁寧語」そして、「尊敬語」、これらを含めた言葉が敬語と言われています。

尊敬語は、敬語の中に含まれた言葉の形になるので、敬語と尊敬語は違うものということができますね。

そもそも、尊敬語は目上の人に対して敬意を払い、相手の立場を上だと感じさせる言い方です。

それとは逆に、謙譲語は自分や身内を相手より低めていう言い方を指しています。

つまり、使い方を間違えてしまうと相手の気分を損なわせる可能性もあるのが敬語なのです。

正しい敬語を使うことは、信頼を得るためにもとても大切と言えます。

では、よく使われているけど実は間違っている敬語について考えてみたいと思います。

例えば、「お客様に資料を持参してもらいたい。

この場合の正しい敬語は『資料をお持ちになってください』が正しい敬語になります。

間違って使われやすいのは「資料を持参ください」という言葉ですね。

「資料を持参ください」という言葉だと、相手に不快感を与えてしまいますので、気をつけましょう。

敬語にマナー…企業に質問メールを送る時のポイント

就職活動を進めていくときに、分からない点などがある場合もあります。そのような時、あなたはどうしますか。

わからない点は、先方の企業に質問をするようにしましょう。

もしわからないまま就職活動を続けていくと、あなたの印象が悪くなってしまうこともあります。そ

れが原因で、就職活動が失敗に終わってしまうこともあるのです。

質問することは、恥ずかしいことではありません。積極的に行いましょう。

会社の説明会の場所で、質問がある場合はその場所で挙手をして質問することもできます。

しかし場合によっては、メールで質問するほうがよい時もあります。

電話の場合、相手に時間を取らせてしまうことになります。

印象的にも悪くなることもありますので、メールを送る方法を取ることはお勧めです。

質問のメールを企業に送る場合、気をつけておきたいポイントがあります。

それは、忙しい中あなた個人の質問に対して相手に時間を取らせてしまうという点を忘れないように、感謝の気持ちをメールに込めるようにしましょう。

また、「〇〇の事が分かりません。説明してください。」など、突き詰めるような言い方や、具体例がない漠然とした質問をしないようにしましょう。

このように書けるかもしれません。

「〇〇について、理解が難しい点がありました。私は、△△というように理解をしたのですが、こうした考えでよろしいでしょうか?」

このように、理解できていない点を明確にして、相手に負担をかけないように配慮したメールを送るようにしましょう。

仕事上メールで質問する時に注意したい敬語の使い方

基本的に、敬語で使う「ご」「お」は自分が行う行為には付けません。

相手のためにする行為に「ご」「お」を付けます。

敬語という言葉の考え方は、相手に敬意を示すために使う言葉なので、自分の行為が相手に敬意を表すためにこのようになります。

なので、相手から受けた質問のメールに回答するとき「佐藤様からのご質問にお答えします。」これは正しいです。

でも、自分から相手に質問する場合「佐藤様にご質問があります。」これは間違いになります。

この場合、「佐藤様に質問がございます。」これが正解になります。

これ以外にも「ご説明します」「ご連絡します」などの「説明」「連絡」という行為は、相手のためにする行動になります。

なので、自分がする行動に対しては「ご」「お」を付けることはしません。

先ほどの、質問がありますのメールの書き方のように自分に対しての行為の場合、

「説明をさせていただきます」

「伺いたい点があります」

などということができます。

よくある間違い!「二重敬語」に要注意!

謙譲語も間違いやすい言葉ということができます。

よく間違っている言い方には「二重敬語」という使い方があります。

例えば、「うかがわせていただきます」これは「うかがう」と「いただきます」。この2つの謙譲語が使われています。

この場合の、正しい謙譲語は「うかがいます。」になります。

二重敬語には注意が必要です。

それ以外にも、注意が必要な敬語には「尊敬語+尊敬の助動詞」の形になり、間違えている場合があります。

例えば「社長がおっしゃられています」

この場合「おっしゃる」が尊敬語になります。それに+尊敬の助動詞の「られる」がついています。

これだと、二重敬語になってしまします。

この場合の正しい敬語は「社長がおっしゃっています 」になります。

「られる」の尊敬の助動詞が取れて、正しい敬語になります。

これ以外にも、敬称の使い方が二重になっている場合もあります。

例えば、「部長様」
この場合「部長」という敬称に様をつけるのは正しくありません。

正解は、「部長」です

また、「ご担当者様各位」という表現をする人も多くいますが、これも間違いです。

「各位」は大勢の人への敬称になります。

なので、正しくは「担当者各位」になります。

メールで質問する時は件名も重要に!

件名の理想的な書き方の基本は「20文字以内」に収めることです。

長すぎる件名は読まれませんし、途中で文字が切れてしまいます。

一瞬で理解でき、なおかつ20文字以内で作られた件名は相手に読まれる可能性を高くします。

件名の作り方ですが、理想としては、

  • 「日にち」
  • 「本文の内容」
  • 「相手にどうしてほしいか」

を含めているものになります。

こうした点を含めておくと、本文を見る前に大体のメールの内容を把握することが出来ます。

よくある失敗としては【重要】【緊急】【要返信】を頻繁に活用しすぎるという点があります。

たしかに、このような表現は必ず見てほしい時に有効な方法ですが、頻繁に使用しすぎると効果が薄れてしまうこともあります。

「この人から来る【重要】【緊急】っていつもそれほどではないんだよなぁ〜」と思われて、メールをスルーされてしまっては、元も子もありませんね。

使う時は、本当に大切なメールのタイトルだけにしましょう。

関連記事はこちら


 - コミュニケーション

ページ
上部へ