知恵の花

リンパマッサージで鎖骨美人に!キレイをつくるポイントは…

   

リンパマッサージで鎖骨美人に!キレイをつくるポイントは…

身体中を巡っているリンパ。
リンパという言葉はよく耳にしますが、実際にリンパがどんなものかご存知ですか?
リンパの流れが滞ると、様々な影響が体に現れます。
特に鎖骨のリンパは、女性が気になる顔周りのお悩みに直結してしまうことも…
今回はそんなリンパについて詳しく調べてみました。
鎖骨周りのリンパを流すマッサージやポイントなど、ぜひ参考にして、美容と健康に役立てましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

再婚によって子供の苗字はどうすべき?子供のために考えるポイント



母親が再婚すると子供の苗字が変わると...

告白してから返事を待つ期間と待っている間の過ごし方

勇気を出して告白したけど、返事を待って欲しいと言われてしまっ...

AB型彼氏の特徴〜冷たいと感じる性格と上手に付き合う方法



血液型で相手がどんな人かを当てはめて...

本当に結婚できる?彼氏との将来に不安を感じた時の処方箋



結婚はしたい!だけど今の彼氏とで将来...

好きな人に電話したのに無視される…その理由とは

好きな人が電話に出てくれなくて、無視されたらつらいですよね。...

メンヘラ彼女に要注意!別れたいけど別れられない恐怖の恋愛



大好きな彼女だったのに…付き合いが長...

なぜ異性の友達がいない?女性にとって男友達の重要性とは


近頃、異性の友達がいないという女性が増えていると...

バツイチの彼氏には子供がいる…長続きする付き合い方のコツ

付き合い始めた彼氏がバツイチで子供がいると知ったら、あなたは...

お菓子作りが趣味の女性は男性ウケする?男性の本音とは

お菓子作りと言えば、女性の趣味の定番ですね。
...

40代男性のデート代、割り勘はアリ?ナシ?婚活も考えた支払い方法


最近はデート代を割り勘にする男女が増えてきている...

男友達から突然の告白!その後も友達関係を維持する断り方



仲が良かった男友達から突然告白された...

片思いしている彼は仕事が忙しい人…メールで彼の心を掴む方法


片思いをしている彼との心の距離を縮めるには、直接...

騒音の苦情を警察に訴えたい…円満解決のための対策

今では、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる世帯が...

大学の部活は大変なの!?サ-クルとの違いについても紹介!


大学に進学しても、中学・高校時代に熱中した部活を...

大学生の彼氏が好きなご飯って?彼女に作って欲しい手料理とは

彼氏にご飯を作ってあげたいと思った時に悩むのが、「どんなご飯...

元カノから連絡するのは迷惑?別れた後の元カレの心理とは

しばらく前に別れた元カノから久しぶりに連絡が来たら、あなたは...

彼女の仕事が大変な時に彼氏がとるべきベストな対応

ページの目次1 仕事が大変な彼女とどう付き合う?2 仕事が大...

女性は告白されるのを待つべき?気になる今の恋愛事情!



草食男子と言われる恋愛に消極的な男性...

気になる彼女の交友関係!男友達グループに対する許容範囲



彼女に男友達グループと遊ぶと言われた...

勉強中に音楽を聴くことは科学的に本当に効果がないのか


数ある勉強法の中で、音楽を聴きながら集中力を高め...

スポンサーリンク


マッサージで滞りを改善!鎖骨のリンパとは

リンパは、静脈に取り込まれないあふれた分の老廃物を代わりに運ぶ役割をします。

そして、老廃物をきれいにして静脈に戻します。

リンパは、細菌から体を守る免疫機能の役割もします。

800個くらいのリンパ節があるのですが、そのリンパ節が、フィルターとして老廃物や細菌から体を守って、風邪などを防ぎます。

しかし、リンパの流れが滞ってしまうと、体の調子が悪くなり、風なども引きやすくなります。

そんなときは、リンパの流れを良くすれば、体調が良くなることがあります。

鎖骨下静脈リンパ節は、鎖骨のくぼみの上にあるリンパ節です。

体の内側に流れているリンパ液が、心臓に戻るときに流れ込むところになります。

このリンパの流れが悪くなってしまうと、顔や腕がむくみやすくなってしまいます。

また、肩や首がこる、という症状も生じることがあります。

いつも肩がこったり、首がこったりしているほとんどの人は、その原因が、鎖骨下静脈リンパ節にあります。

身体をめぐる「リンパ」って何?

リンパは、体内を巡って働くので、血液のようですが、血液とは違うところもあります。

リンパ管は毛細血管より細いです。

そして、全身の狭いところにも張り巡らされています。

血液は、動脈で栄養や酸素を運搬して静脈で老廃物を回収しますが、静脈で取り込みきれない老廃物は、リンパ管に流れます。

また、血液には心臓という器官があるのですが、リンパにはないです。

リンパは、筋肉を動かしたり、さすったりすると、働きます。

身体を軽くさするだけでも、リンパの流れを良くすることができます。

しかし、毎日の運動、ツボ押し、マッサージなどをすれば、さらにリンパの流れを良くすることが可能です。

マッサージやヨガをしたあとに、トイレが近くなる経験をしたことがある人は、少なくないと思います。

どうしてトイレが近くなるのかというと、マッサージやヨガをすることによって、リンパの流れが良くなったので、老廃物を排出する動きが活発になったからです。

鎖骨のリンパマッサージで小顔効果が期待できる!

顔を洗ってスキンケアをしたら、クリームなどを手につけましょう。

  1. 手をピースの形にして、その間に顎を挟んでください。
  2. そして、耳へと滑らせたら、耳下腺を押します。

    指を4本揃えて、首筋を下へと圧をかけて滑らしましょう。

    鎖骨のリンパ節を押して、老廃物を鎖骨のリンパ節へと流す感じです。

    右を3回、左を3回行ってください。

  3. 人差し指と中指で、頬の中央を逆三角形を描くようにしてください。
  4. 横に滑らすときは、やや力を入れましょう。

    左右3回してください。

  5. 美容の手で、頬コツの下を溝にそって外へと滑らせましょう。
  6. 左右を3回してください。

  7. 美容の手をこめかみに置いて、目の周りを3回ほど円を描きます。
  8. こめかみを通るときは、こめかみを押しましょう。

    3回目は、頬の骨を通って中心へと押して離します。

    左右を3回してください。

  9. もう一度1のマッサージをしたら終わりです。

時間があれば、前もって脇の下のリンパ節、耳下腺、鎖骨などをもみましょう。

マッサージでリンパ改善!鎖骨美人を目指すには…

耳の後ろから鎖骨下のリンパへと流します。

  1. 人差し指と中指で耳の付け根をはさみ、回したりつまんだりして、耳をほぐしてください。
  2. 耳の下に指3本を置き、ほぐすように10回ほど回してください。
  3. 首すじから鎖骨へと、手を滑らせるようにしてください。
  4. これを4回行います。

  5. 右の鎖骨を左手の人差し指と中指で挟んだら、肩の端まで滑らせてください。
  6. 左の鎖骨も同じように行いましょう。左右それぞれ4回ずつ行ってください。

  7. 鎖骨を両手で包みます。
  8. そして、内回しと外回しを交互にして、鎖骨をほぐしましょう。

リンパマッサージで最も大事なリンパ節は、鎖骨リンパ節です。

特に、左の鎖骨リンパ節で、ほとんどのリンパ液が鎖骨下静脈と一緒に心臓に戻ります。

体の老廃物がここに集まるということは、詰まりやすいということにもなります。

そのため、他のリンパ節をマッサージしても、この鎖骨リンパが詰まっていれば、リンパ液は上手く流れません。

ということで、最初に流す必要があるのは、鎖骨リンパ節なのです。

鎖骨リンパ節のマッサージ方法は、まず、鎖骨リンパ節を3秒ほど押します。

それから、3秒ほど離します。これを、数回行ってください。

鎖骨リンパの流れを改善!日常生活とマッサージの注意点

普段の生活で、意識的に良い姿勢をするように心がければ、リンパが流れやすくなります。

毎日猫背のような姿勢をしていれば、背骨が歪んでしまいます。

そうなってくると、リンパの流れが悪くなってしまうでしょう。

そして、首や肩が凝ったり、腰痛が生じたりしてしまいます。

耳、肩の骨、大腿骨、くるぶしが一直線で、背中からおしりへの線がS字、そして膝がストレートに伸びている、というのが正しい姿勢になります。

  1. マッサージをするときは、マッサージをする方向がかなり重要になります。
  2. リンパ液は、脇の下や鎖骨などのリンパ節へと流れているため、リンパ節へと一方通行にマッサージをしてください。

  3. なでるようにマッサージをしてください。
  4. 指の腹や手の平で、やさしく流します。なでるくらいがベストです。

    リンパは皮膚の浅い部分にあるので、強い圧はいらないのです。

    特に顔は、赤ちゃんの肌をなでるような感じにしましょう。

    強くすれば、シワの原因になってしまいます。

  5. ジェルは、肌のすべりを良くするので、自分に合うものを選んでください。
  6. リンパの出口の鎖骨から、マッサージをしましょう。
  7. それから少しずち遠くのリンパ節をマッサージしていきます。

    鎖骨→顔→脇→腕→そけい部→脚、という流れがベストです。

関連記事はこちら


 - 美容

ページ
上部へ