知恵の花

部活の後輩を好きになったら…部内恋愛を上手に乗り切るコツ

   

部活の後輩を好きになったら…部内恋愛を上手に乗り切るコツ

学生時代の部活動は様々な学年が集う小さなコミュニティです。
学生時代には部活をしていると恋愛関係に発展するケースも多く、相手が後輩というケースもよくある話です。
では、実際に部活の後輩のことを好きになってしまったら、どうすればいいのでしょうか?
今回は、そんな後輩との悩める恋愛事情をフィーチャーし、上手に付き合うためのポイントをお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

犬の目にゴミが!対処法と気になる目の病気

愛犬の目にゴミが入った場合、あなたはどのように対処されていま...

彼女の料理が微妙……彼氏の反応と対応方法


自分が作った料理が微妙だったとき、彼氏である男性...

平安時代の貴族の女性の暮らし〜想像を超えた恋愛と日常生活〜



平安時代の貴族の女性、どんな暮らしを...

ゴールデンレトリバーの子犬の飼い方と正しいしつけの方法

犬を好きな方ならご存知のゴールデンレトリバー。この犬を飼おう...

平安時代の貴族の食事とは?〜意外と豪華で健康的ではなかった


平安時代の貴族がどのような食事をしていたのかご存...

彼氏と喧嘩が多い…喧嘩の原因と関係がうまくいく秘訣


彼氏と喧嘩が多いと悩んでしまうかもしれませんが、...

彼女よりも友達を優先させる男性側の理由と女性が楽になる考え方


彼女よりも友達を優先する男性は多いようです。それ...

彼の本意はどこに?好きな人が友達と食事に行く理由と対処法

憧れのあの人と二人きりのお食事デート!次の展開にドキドキ…。...

旅行は身軽に!事前に荷物を送る際のポイントと注意点


旅行する際に煩わしさを感じるのは荷物ではないでし...

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

中学生男子の告白必勝法!脈ありサインを見逃すな


思春期真っただ中ともいえる中学時期は、男子も女子...

毎日LINEをやり取りする男友達の恋愛感情と脈ありサイン


今やメッセージツールとして定着したLINE。使っ...

元カレが夢に毎日出てくるのはなぜ?意味するもの・対処法


昔、別れた元カレが毎日のように夢に現れたらどう思...

元彼と友達の結婚は耐えられる?複雑な気持ちの解消法



別れたとはいえ、前に好きだった元彼の...

男女の友情は既婚者でも成立する?良好な関係を築くコツ


男女の友情は成立するのでしょうか?
<...

彼氏の元カノの存在が気になる場合の対処法

大好きな彼氏ができたとき、自然と彼の元カノのことが気になって...

恋愛の相談は誰にする?別れるかどうか相談するのにベストな相手とは



一言で恋愛相談といっても、内容につい...

好きになった人はスーパーの店員!付き合うまでのプロセス

恋は突然訪れるものといいますが、多くの場合が職場や学校など、...

彼女が男友達に会うのに嫉妬…彼氏の本音・気持ちの伝え方


男友達が多い彼女の場合、付き合っている彼氏がいて...

スポンサーリンク


たとえ後輩でも…部活は好きな人ができやすい環境!?

よく人は部活に入る際に、その部活が専門としている知識や技能を学び、その知識や技能の幅を広げようと考えますが、それに加え、私は部活動はコミュニケーション能力を高めるのに適した機会だとも思っています。

例えば、ある部活に気になる人、距離を縮めたい人が所属していて、それを理由に自らその部活に入ろうとするのは浅はかなことではなく、むしろ素晴らしいことだと思います。

また、その状況とは反して部活動を続けているうちに、新たに距離を縮めたくなるような素敵な方を見つける可能性も考えられます。

どちらにせよ、私はクラブ活動を満喫してほしいと切に願っております。

学生時代に部活動で得られるものというのは思い出はもちろんのこと、コミュニケーション能力も社会に出てから役に立つことでしょう。

学生時代の思い出というのもかけがえの無いものです。

部活動が放課後にあれば、自分の所属している部活以外の生徒とも接点が当然あります。

そこにも出会いの機会があると考える、部活動というのは計り知れない力をもっています。

ぜひ放課後を有効に使い満喫しましょう。

現役高校生が恋愛で相手に求めるものは…

現役高校生の「異性に求めるもの」ランキング

◎ 3位:外見(16.2%)

男女ともに約4〜5割の人が「一目ぼれ経験がある」と答えていますが、異性に求めるものとして「外見」は男子高生が21.8%、女子高生が10.6%とそこまで重きを置いていないようです。

一目ぼれをして連絡先を交換したものの、徐々に連絡する回数が減ってフェードアウトするという経験をした方も多いかもしれません 。

◎ 2位:話が合う(21.5%)

異性に求める条件第2位は「話が合う」という結果になりました。

高校生といえば文化祭や体育祭などイベントや行事が多いかと思います。

さらに席替えや委員会などでも人と接点があるので、その場で意気投合する場面も増えていきます。

これらの理由から3位は「話が合う」になったと考えられます。

◎ 1位:性格(52.5%)

そして異性に求めるもの堂々の第1位は「性格」となりました。

校内の噂などで美男美女を耳にすると思いますが、なんと純粋な高校生たちには性格、つまり”中身”が最重要項目のようです。

ちなみに「センス」や「将来性」を求めている人は3%にも満たず、「頭の良さ」や「お金持ち」にいたっては0〜2%に。

今をときめく高校生にとって、金銭面や将来の心配など関係のないことのようです。

彼らには輝かしい未来が待っていることでしょう。

好きになった部活の後輩と付き合う方法

年齢が一つ違うといっても社会人には大したことではありませんが、学生の頃は大きな差があるように感じます。

そして女子が「先輩」という立場にいると、仲が良い悪いに関係なく、告白しづらいものがあると思います。

それでは年下の男子に恋をしてしまったらどうしたらよいのでしょうか。

実は年上女性を好む男子は多く、組み合わせとして男性の方が年上というカップルが多いだけであり、女性が年上のカップルがいても問題はありません。

特に思春期の高校生でしたら、同級生よりも「先輩と付き合っている」という方がステータスとしても価値があると思います。

よって年を気にする必要はないでしょう。

せっかくなら、自分が先輩であることを活かしたアプローチの仕方を考えましょう。

「◯◯くんって後輩なのに頼りがいがあるね」など、年上ならではのアプローチが可能です。

同級生や年下にはできないアプローチをして差をつけましょう。

自信を持ちましょう。多くの男子高校生というものは彼女を欲しいと思っています。

狙っている男子に彼女がいない様子ならば可能性は大いにあります。

自信を持って告白のタイミングをはかってみましょう。

先輩だからこそ、可愛げを忘れずに!

好きになった部活の後輩と関係を進展させるには…

部活動以外で親密度UP!

まず彼の好きな話題やクラスの話題など、他愛もない話をしながら友人として彼と仲良くなりましょう。

LINEは、グループをつくって自然な形から始めるのも一つの方法としてあります。

最初は周りに彼を狙っていると思わせないのが肝心になってきます。

もし彼に思いを寄せている女子が他にいたら、最悪の場合、先生に密告されてしまうかもしれませんので慎重に行動してください。

そうしているうちに二人だけの連絡手段を手に入れたら、メールをこまめにして好意をアピールしましょう。

初めから「好きです!」というのではなく、仲の良い友人というスタンスで行くのがポイントです。

二人だけの秘密をつくるのは効果的です。

「ここだけの内緒ね」や「誰にも言っちゃダメだよ」と、さりげなくあなたが大事な存在であるということを匂わせ、アプローチしましょう。

男性女性に関係なく「二人だけが共有している秘密」には心をドキドキしてしまうものです。

部活の後輩を好きになって上手に部内恋愛する方法

部内恋愛をしている間は、二人の関係を他の人間には秘密にしておいた方が無難な選択だと言えます。

例を挙げると、マネージャーが選手と付き合っていることが発覚した場合、他の部活生は、その彼氏だけえこひいきされていると勘違いしてしまいます。

また、付き合っていることが発覚すると余計なことまで詮索されたり、根も葉もない噂を流されてしまうかもしれないので大変です。

部活中はイチャイチャしない、付き合っている素振りを見せない、口にも出さないということが大切です。

先輩・後輩で付き合うと別れは必然なことです。

その後のことも理解して付き合うことが大事です。考えるのに早すぎはありません。

別れたいと思ったら部活を引退してからにしましょう。

でないと、大会などの試合ので彼もあなたも実力を発揮できなくなってしまうからです。

部活動の本来の目的は、試合やコンクール等で結果を残すことですので、気を引き締めましょう。

部活動は人間関係が非常に重要です。あなたの恋愛で部活の秩序を乱すようなことは避けましょう。

男性が多い部活において女性の存在は貴重ですので、あなたの選択次第で部活が良くも悪くなることがあると肝に命じておきましょう。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ