知恵の花

通夜・告別式を大安に…気になる六曜との関係と慣習

   

通夜・告別式を大安に…気になる六曜との関係と慣習

通夜や告別式を執り行う場合、日本では昔から大安・友引・先負など六曜と言われる暦注を、日程を決める際において意識することがあります。

年代や地域差もありますが、特に年配の方には重きを置いている方も多いようです。

そこで急な通夜・告別式で慌てないためにも、その六曜との関係を詳しく調べてみました。

日本の古くから伝わる風習です。

もしもの時の知識としてぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚したいけどお金がない!知っておきたいリアルなお金事情




最近は結婚しなくても良い...

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

スポンサーリンク


大安って何?六曜について解説!

カレンダーの日付のまわりに、大安・仏滅などという小さい文字を発見して、これはどういう意味だろうと疑問に思った方も少なくないでしょう。

これは「六曜(ろくよう)」と呼ばれる暦注の一種です。

日付そのもの以外に、吉凶や運勢がそれぞれ決められていて、何の根拠もないと言われることもありますが、現在も冠婚葬祭のときなどには気にする方もおり、それなりに影響力のあるものなのです。

◎暦注とは暦に記された日時・方位などの吉凶、その日の運勢などを示した注意書きのようなものです。 それぞれの六曜を見てみましょう!

それでは六曜を解説していきましょう。

文字の印象から「大安」が良い日、「仏滅」が悪い日だと思っている方も多いのではないでしょうか?

先勝(せんしょう、さきがち)

「先んずれば勝ち」という意味で、万事急ぐことが良いとされます。具体的には午前は吉、午後2時から午後6時までが凶です。

友引(ともびき)

「凶事に友を引く」という意味ですが、以前は「勝負なき日」の意味で勝負事が引き分ける「共引」という風にも呼ばれていました。

朝は吉、昼は凶、夕は大吉です。葬式を忌むとされており、火葬場・葬祭場は友引を休みにすることが多いです。

先負 (せんぷ、さきまけ)

「先んずれば負け」という意味で、先勝とは反対に、勝負事や急ぎの用は避けるべきだと言われています。

具体的には午前中は凶、午後は吉です。

仏滅(ぶつめつ)

「仏も滅する凶日」という意味で、婚礼や祝い事はしないようにという風習があります。

もともとは「物滅」だったとされていて、仏教にはなんの関連性もありません。

大安 (たいあん、だいあん)

「大いに安し」という意味で、婚礼をはじめとするどのようなことにも良いと言われています。

赤口 (しゃっこう、しゃっく、せきぐち)

「赤」という文字から火事や刃物に注意する日とされています。具体的には正午頃のみ吉で、あとは凶とされています。

お通夜は葬儀の本番!?通夜と告別式の違い

現在の通夜は葬儀の本番だ

仮通夜が通夜のもともとの役割を果たしているのであれば、現在の通夜は葬儀の本番といって差し支えないでしょう。

通夜はセレモニーとしての側面があり、司会が式を進めていくことになります。

開式のあいさつ、故人の紹介、読経、焼香、弔電・弔辞、献花者の紹介、閉式のあいさつという流れで式が進められていきます。

お別れを告げる告別式

通常、通夜の次の日に告別式を行いますが、これはもともと葬儀とは関係のないものでした。

日本で初めて告別式を行ったのは1901年に亡くなった思想家の中江兆民の葬儀で、無宗教葬としてはじまったとされています。

著名人が亡くなった際にファンが参加し行う「お別れの会」をご存じの方、参加されたことがある方も多いのではないでしょうか。

この「お別れの会」が告別式の本質だと思ってよいでしょう。

告別式は、なるべく多くの参加者が故人との最後のお別れをできるよう、通夜を基とした簡素な内容で行います。

生前の故人の紹介と読経、参加者全員による焼香、喪主・遺族からのあいさつ程度しか行わず、非常に簡単な式になります。

大安に葬式をしてもよい?通夜・告別式と六曜の関係

さて、六曜とお葬式ですが、これは結婚式のようにはっきりと区分されてはいません。

できればこの日にした方が良いという程度です。

注意することとしては、友引は火葬場が休みであることが多いです。

葬式をしてそのまま火葬場へというのは友引の日には難しい場合があるのでそこには気をつけてください。

基本的に大安にお葬式をやるというのは全然問題ないとのことです。これは意外ですよね。

故人が逝去した次の日に通夜を行い、その次の日に葬儀と告別式を行うのが基本になります。

告別式・本葬の場合は友引を避ける風習があります。

これは、友引という言葉から、葬儀を行うと友をあの世に連れていってしまう(友を引く)という風に考えられるからということだそうです。

「友引」とはもともと、「友に引き分け」と言って、良くも悪くもない運勢の日という意味で、 昔の人の語呂合わせが現在まで語り継がれ、現代の人はそれを信じて葬儀を控えていたようです。

本来、お通夜や葬儀をしてはならないという日はありません。 大安も同様にお通夜や葬儀とは本来関係ないので心配せずとも問題ありません。

強いて言うと、大安は「何事にも吉」という日なので、お通夜や葬儀をするのにも良いと解釈することができます。

大安は、めでたい日に限らず、何事にも吉と捉えて良いでしょう。 実際に友引や大安の日にお通夜や葬儀を行う方もいるようです。

地域にみる通夜・告別式と大安の関係

皆さん、私が住んでいる地方の慣習を紹介しますので、参考にしてみてください。

1.大安でも友引でも通夜や葬儀を行うことができます。

その土地の慣習によるので、行える地域もあれば、行うことを避けている地域もあります。つまりはその土地の慣習によると言うことです

2.友引の葬儀が少ないのは火葬場が休業の場合が多いからです。

火葬場は、その多くが公営(私営もあります)のため、休業日や施設点検日のための日が決まっていますが、友引にその日を設定している地域が多くみられます。

よって、火葬が不可能なため、葬儀ができないというわけです。

3.通夜や葬儀をしてはいけないという日は、基本的にありません。

いつでも行うことができます。

しかし、通夜や葬儀は冠婚葬祭の中でも過去の慣習を優先するものですので、できない地域に住んでいるとそのような悩みが生まれるわけです。

また、葬儀は基本的に近隣の者のみが参列します。

新幹線に乗車したり、飛行機の利用したりして移動する葬儀は、誰かの配偶者か会社関係の場合に限られるので、なかなか自分の地域以外での葬儀の参列の機会がなく、自分の住む地域の慣習が当たり前になってしまうのです。

通夜や告別式…仏教の見解は?

言ってしまえば、通夜・告別式を行なってはならないという日はありません。

ならば、なぜ大安や友引に通夜・告別式をやってはいけないと言われているのでしょう?

その理由には、中国の古い吉凶占いの一種の「六曜」が関わっています。

実を言うと、古い言い伝えが今まで残っているだけであって、気にすることはありません。

通夜・告別式はいつ行うのが一般的なの?

故人の死亡時刻から24時間以内には火葬ができないという決まりがあります。

そのため、葬儀をしない「直葬(火葬式)」の場合でも亡くなった日に火葬を行うことはできないのです。

また、通夜も基本的に翌日以降に行います。

通夜を行う上で一つ気をつけなければならないことは、火葬場の多くは友引の日が休業日だということです。

そのため、友引の前日に通夜を行った場合、火葬ができないという状況になることも多いです。

友引の前日に通夜を行うのは避けた方がいいと言えるかもしれませんね。

関連記事はこちら


 - 生活

ページ
上部へ