知恵の花

彼女の事が好きすぎるあまり嫉妬…嫉妬心をコントロールする方法

   

彼女の事が好きすぎるあまり嫉妬…嫉妬心をコントロールする方法

誰しもが一度は嫉妬心を経験したことがあるでしょう。

特に交際相手に対しての嫉妬というのが一番多いのではないでしょうか?

彼女のことが好きすぎるあまり、いろいろ心配してしまって嫉妬心が芽生えてしまい、どうしようもない感情に潰されそうになることもあると思います。

嫉妬が悪いわけではないですが、度を超えてしまうほどのものは危険です。

そこで今回は、好きすぎる彼女への嫉妬心を抑えるための方法などまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

スポンサーリンク


嫉妬はマイナスの感情?嫉妬とはどういったものなのか

嫉妬は、嫌な気持ちになる感情で、できれば感じたくない感情です。

しかし、恋愛中や社会生活の競争で、嫉妬は頻繁に感じてしまう感情です。

嫉妬が度をすぎると、自分を見失ってしまうことがあります。

嫉妬のあまり自分自身を見失って、他人を傷つけたり、迷惑をかけたりするニュースを聞いたり見たりすることがありますよね。

嫉妬のせいで自分自身を見失うと、自分の人生がおかしくなったり、周囲の人を振り回したりしてしまいます。

つまり、嫉妬は人にとってマイナスなものなのです。

自分の嫉妬の感情について、考えてみましょう。

嫉妬は、腹が立つ気持ち、傷ついた気持ち、恨みつらみ、拒絶された感じ、負けた感じ、手に入れたい気持ち、無価値感、依存する気持ち、うらやましさなどのネガティブな気持ちを、ミキサーで混ぜ合わせたような感情です。

このネガティブな気持ちの一つ一つを見るだけでも、嫌な気持ちになる感情というのがあきらかです。

ですが、嫉妬をしている自分を「こんな自分はダメだ」と思う必要はありません。

まずは、自分が自分で、「私は嫉妬しているんだ。そうだよね、嫉妬するよね」というように、自分自身の気持ちをまずは受け止めましょう。

彼女が好きすぎる!好きなのに嫉妬で心がモヤモヤ…原因の正体

どうして嫉妬をするのかというと、その原因の一つに、「自分に自信がない」という原因があります。

自分に自信がないというのは、「不安」とも言い換えることができます。

つまり、相手が自分ではなく他の人を好きになるかもしれない、という不安を感じるとともに自分に自信がない、というときに嫉妬の気持ちが生まれやすいです。

相手が、友達や仕事を優先したり、異性と話しをしたりすると、すぐに腹が立ってしまう人は、自分に自信がなくて不安な人なのです。

相手が自分のことを好きだという自信がないし、自分が愛されていることを信じることもできないのです。

そのため、相手が自分以外のことを大切にしているのかもしれない、と思うと、嫉妬に狂ってしまうのです。

嫉妬は怒りの感情です。

しかし、恋愛では自分が相手にとって一番でなければ、二人の関係が悪くなるのかもしれない、という恐怖を感じるようです。

「相手を失うかもしれない」「自分は愛されていない」などと、ネガティブなことを信じているからとも言えます。

好きすぎる彼女への嫉妬心が抑えられないときに抑制する方法

嫉妬は、彼女が他の男性に取られるかもしれない、という不安から始まります。

嫉妬の気持ちを抑えるには、まず自分磨きをしてください。

オシャレな服を買いに行ったり、ジムなどで体を鍛えたりしてみましょう。

また、趣味や勉強に打ち込んで、知識を身に付けるのもおすすめです。

自分磨きをすれば、自分に自信がつくので、彼女が他の男性に取られてしまうかもしれない、という不安がなくなります。

また、自分磨きをするときは、自分のことに集中するため、いらない嫉妬や束縛心を感じることがありません。

嫉妬心を抑えるためには、自分自身をしっかりもつことも大事です。

嫉妬する人が羨ましいと感じることでも、嫉妬される側にとってはそうでないことがよくあります。

しかし、嫉妬をする人は自分に自信がないので相手を羨ましく感じて、さらに自分が惨めになるのです。

以上のことに思い当たる場合は、自分の良いところを探しましょう。

そして、自分を褒めてください

これを繰り返すこと、自分をしっかりもつことへの最初のステップになります。

すぐに始めて、少しずつで良いので、変化していってください。

彼女への嫉妬は辛くなるだけ…気持ちのコントロールの必要性

相手のことが好きであるほど、少しのことで嫉妬を感じてしまいがちです。

そして、ネガティブな方向へと思考がいきがちです。

しかし、どんなに考えてもどうしようもありません。

どんなに考えても、事が良くなることはないのです。

それならば、できるだけ楽しいことを考えるほうが良いですよね。

自分の心をコントロールするのは、簡単ではありません。

しかし、意識的にコントロールしていれば、少しずつ気持ちの切り替えができるようになります。

それから、好きな相手に依存しすぎてはいけません。

依存のしすぎは、嫉妬心を大きくしてしまいます。

依存の気持ちが強すぎたら、少しのことで不安を感じたり、相手に執着してしまいます。

自分の人生なので、自分を中心にして考えることが大切です。

異性を中心に考えていれば、相手を失うときのことを考えて、恐怖を感じることがあります。

そしてそれは、嫉妬や執着をする気持ちに変わるのです。

自分と相手は別のものだと考えるようにしましょう。

そうすれば、相手に依存しすぎないようになります。

どんなに相手のことが好きでも、二人は同一ではないということを忘れないようにしましょう。

好きすぎるからこそ嫉妬…困らせず上手に彼女へ伝える方法

彼女のことを信じているのに、どうしても出てくる嫉妬の気持ちに悩んでいる人は少なくありません。

嫉妬心を隠そうとしても、嫉妬が鬱積して辛くなっていきがちです。

しかし、嫉妬に耐えれなくなったときに、相手に喧嘩をするようにその気持ちをぶつけてはいけません。

「何で他の男と連絡を取るんだ」などと怒鳴れば、相手は怒られていることに理不尽を感じて、あなたへの気持ちが冷めてしまうかもしれません。

そのため、怒鳴るのではなく、「もっと良い関係を作るための前向きな話」として、彼女に嫉妬心について伝えましょう。

「○○ちゃんが他の男とたくさん連絡するのはイヤだー」と可愛く言ってみたり、「聞いほしいことがあるんだ。」と真剣に話したりしてみてください。

男性の性格によって、伝え方は変わってきます。

しかし、 今後も彼女との関係を大切にしていきたい気持ちが相手に伝われば、相手も真剣にあなたの嫉妬心について応えてくれるでしょう。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ