知恵の花

彼女の事が好きすぎるあまり嫉妬…嫉妬心をコントロールする方法

   

彼女の事が好きすぎるあまり嫉妬…嫉妬心をコントロールする方法

誰しもが一度は嫉妬心を経験したことがあるでしょう。

特に交際相手に対しての嫉妬というのが一番多いのではないでしょうか?

彼女のことが好きすぎるあまり、いろいろ心配してしまって嫉妬心が芽生えてしまい、どうしようもない感情に潰されそうになることもあると思います。

嫉妬が悪いわけではないですが、度を超えてしまうほどのものは危険です。

そこで今回は、好きすぎる彼女への嫉妬心を抑えるための方法などまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

体調不良で会社を早退したい…早退の伝え方とマナー

体調不良で会社を早退するときにあなたは正しいマ...

男性がお酒に酔う時の言動は本音から?気になる心理と対処法

男性はお酒に酔うと気分が大きくなり、普段は見...

自然に髪が茶色くなる…考えられる茶髪の原因と対処法

ヘアカラーをしたわけでもないのに、髪の毛が自然と...

彼女に好きと言う頻度は?言えない理由・気持ちの伝え方

日本の男性は、恋人に対する愛情表現が乏しいと言われています。...

彼女がラインで男友達とやり取り…彼氏の本音と対処法


彼女が自分以外の男性とラインをしているのを嫌がる...

告白の返事が保留に!待っている期間とその間の対応方法


好きな相手に勇気を出して告白したものの、返事を保...

柴犬の子犬は興奮しやすい!その対処法としつけ方

柴犬は飼い主に忠実で賢い性質と愛らしい見た目で日本のみならず...

猫の皮膚病でカビが原因の皮膚糸状菌症…人間にも感染する可能性が!

猫や犬が罹る「皮膚糸状菌症」というのがあります。
...

飼い犬が飼い主を噛む……噛み方によって変わる対応方法

飼い犬が飼い主を噛むといっても、犬の噛み方にはいろいろな種類...

犬の目にゴミが!対処法と気になる目の病気

愛犬の目にゴミが入った場合、あなたはどのように対処されていま...

彼女の料理が微妙……彼氏の反応と対応方法


自分が作った料理が微妙だったとき、彼氏である男性...

平安時代の貴族の女性の暮らし〜想像を超えた恋愛と日常生活〜



平安時代の貴族の女性、どんな暮らしを...

ゴールデンレトリバーの子犬の飼い方と正しいしつけの方法

犬を好きな方ならご存知のゴールデンレトリバー。この犬を飼おう...

平安時代の貴族の食事とは?〜意外と豪華で健康的ではなかった


平安時代の貴族がどのような食事をしていたのかご存...

彼氏と喧嘩が多い…喧嘩の原因と関係がうまくいく秘訣


彼氏と喧嘩が多いと悩んでしまうかもしれませんが、...

彼女よりも友達を優先させる男性側の理由と女性が楽になる考え方


彼女よりも友達を優先する男性は多いようです。それ...

彼の本意はどこに?好きな人が友達と食事に行く理由と対処法

憧れのあの人と二人きりのお食事デート!次の展開にドキドキ…。...

旅行は身軽に!事前に荷物を送る際のポイントと注意点


旅行する際に煩わしさを感じるのは荷物ではないでし...

彼氏と喧嘩で冷めた瞬間…その後の対応・仲直りの方法


彼氏と喧嘩した時、心無い言動に気持ちが冷めたこと...

独身女性が自分の時間を謳歌するためにおすすめしたい趣味5選


独身の女性は自由に使える時間が多く、一人の時間を...

スポンサーリンク


嫉妬はマイナスの感情?嫉妬とはどういったものなのか

嫉妬は、嫌な気持ちになる感情で、できれば感じたくない感情です。

しかし、恋愛中や社会生活の競争で、嫉妬は頻繁に感じてしまう感情です。

嫉妬が度をすぎると、自分を見失ってしまうことがあります。

嫉妬のあまり自分自身を見失って、他人を傷つけたり、迷惑をかけたりするニュースを聞いたり見たりすることがありますよね。

嫉妬のせいで自分自身を見失うと、自分の人生がおかしくなったり、周囲の人を振り回したりしてしまいます。

つまり、嫉妬は人にとってマイナスなものなのです。

自分の嫉妬の感情について、考えてみましょう。

嫉妬は、腹が立つ気持ち、傷ついた気持ち、恨みつらみ、拒絶された感じ、負けた感じ、手に入れたい気持ち、無価値感、依存する気持ち、うらやましさなどのネガティブな気持ちを、ミキサーで混ぜ合わせたような感情です。

このネガティブな気持ちの一つ一つを見るだけでも、嫌な気持ちになる感情というのがあきらかです。

ですが、嫉妬をしている自分を「こんな自分はダメだ」と思う必要はありません。

まずは、自分が自分で、「私は嫉妬しているんだ。そうだよね、嫉妬するよね」というように、自分自身の気持ちをまずは受け止めましょう。

彼女が好きすぎる!好きなのに嫉妬で心がモヤモヤ…原因の正体

どうして嫉妬をするのかというと、その原因の一つに、「自分に自信がない」という原因があります。

自分に自信がないというのは、「不安」とも言い換えることができます。

つまり、相手が自分ではなく他の人を好きになるかもしれない、という不安を感じるとともに自分に自信がない、というときに嫉妬の気持ちが生まれやすいです。

相手が、友達や仕事を優先したり、異性と話しをしたりすると、すぐに腹が立ってしまう人は、自分に自信がなくて不安な人なのです。

相手が自分のことを好きだという自信がないし、自分が愛されていることを信じることもできないのです。

そのため、相手が自分以外のことを大切にしているのかもしれない、と思うと、嫉妬に狂ってしまうのです。

嫉妬は怒りの感情です。

しかし、恋愛では自分が相手にとって一番でなければ、二人の関係が悪くなるのかもしれない、という恐怖を感じるようです。

「相手を失うかもしれない」「自分は愛されていない」などと、ネガティブなことを信じているからとも言えます。

好きすぎる彼女への嫉妬心が抑えられないときに抑制する方法

嫉妬は、彼女が他の男性に取られるかもしれない、という不安から始まります。

嫉妬の気持ちを抑えるには、まず自分磨きをしてください。

オシャレな服を買いに行ったり、ジムなどで体を鍛えたりしてみましょう。

また、趣味や勉強に打ち込んで、知識を身に付けるのもおすすめです。

自分磨きをすれば、自分に自信がつくので、彼女が他の男性に取られてしまうかもしれない、という不安がなくなります。

また、自分磨きをするときは、自分のことに集中するため、いらない嫉妬や束縛心を感じることがありません。

嫉妬心を抑えるためには、自分自身をしっかりもつことも大事です。

嫉妬する人が羨ましいと感じることでも、嫉妬される側にとってはそうでないことがよくあります。

しかし、嫉妬をする人は自分に自信がないので相手を羨ましく感じて、さらに自分が惨めになるのです。

以上のことに思い当たる場合は、自分の良いところを探しましょう。

そして、自分を褒めてください

これを繰り返すこと、自分をしっかりもつことへの最初のステップになります。

すぐに始めて、少しずつで良いので、変化していってください。

彼女への嫉妬は辛くなるだけ…気持ちのコントロールの必要性

相手のことが好きであるほど、少しのことで嫉妬を感じてしまいがちです。

そして、ネガティブな方向へと思考がいきがちです。

しかし、どんなに考えてもどうしようもありません。

どんなに考えても、事が良くなることはないのです。

それならば、できるだけ楽しいことを考えるほうが良いですよね。

自分の心をコントロールするのは、簡単ではありません。

しかし、意識的にコントロールしていれば、少しずつ気持ちの切り替えができるようになります。

それから、好きな相手に依存しすぎてはいけません。

依存のしすぎは、嫉妬心を大きくしてしまいます。

依存の気持ちが強すぎたら、少しのことで不安を感じたり、相手に執着してしまいます。

自分の人生なので、自分を中心にして考えることが大切です。

異性を中心に考えていれば、相手を失うときのことを考えて、恐怖を感じることがあります。

そしてそれは、嫉妬や執着をする気持ちに変わるのです。

自分と相手は別のものだと考えるようにしましょう。

そうすれば、相手に依存しすぎないようになります。

どんなに相手のことが好きでも、二人は同一ではないということを忘れないようにしましょう。

好きすぎるからこそ嫉妬…困らせず上手に彼女へ伝える方法

彼女のことを信じているのに、どうしても出てくる嫉妬の気持ちに悩んでいる人は少なくありません。

嫉妬心を隠そうとしても、嫉妬が鬱積して辛くなっていきがちです。

しかし、嫉妬に耐えれなくなったときに、相手に喧嘩をするようにその気持ちをぶつけてはいけません。

「何で他の男と連絡を取るんだ」などと怒鳴れば、相手は怒られていることに理不尽を感じて、あなたへの気持ちが冷めてしまうかもしれません。

そのため、怒鳴るのではなく、「もっと良い関係を作るための前向きな話」として、彼女に嫉妬心について伝えましょう。

「○○ちゃんが他の男とたくさん連絡するのはイヤだー」と可愛く言ってみたり、「聞いほしいことがあるんだ。」と真剣に話したりしてみてください。

男性の性格によって、伝え方は変わってきます。

しかし、 今後も彼女との関係を大切にしていきたい気持ちが相手に伝われば、相手も真剣にあなたの嫉妬心について応えてくれるでしょう。

関連記事はこちら


 - 恋愛・結婚

ページ
上部へ