知恵の花

クロミッド服用後の排卵は?タイミングの取り方や治療の実際

   

クロミッド服用後の排卵は?タイミングの取り方や治療の実際

不妊治療の一環で排卵誘発剤を使用します。

その時に使う薬として使用頻度が高く多くの病院で使われているのがクロミッドというお薬です。

タイミング法を実践する場合には、クロミッドで排卵を確実にさせて排卵日を予測していく過程が重要なのです。

もちろんそれは医師と連携を図りながら行うので受診はしっかりしましょう。

今回はクロミッドの薬の効果や排卵とタイミングなど不妊治療はどういうものなのかまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

モテたい人必見!デートの達人はお礼メールを毎回欠かさない!

好きな人とのデートは幸せな時間ですよね。
...

友達に彼女を取られるのが怖い!友情と恋愛を両立させる方法


彼女とは仲がいいし信じているけれど、ふと、友達に...

異性の友情は成立する?友達が既婚者で付き合い方に悩んでいいる方へ

「異性の友情は成立するのか?」

彼女ができない諦め男子!その理由と対策

俺には一生彼女なんかできない…そう嘆いている諦め男子が増えて...

節約!旦那の手作り弁当のコツと注意点

家計を預かる主婦にとっては、節約は永遠のテーマです。

夫婦の趣味が合わない!信頼のきずな構築の真の原理とは

これから結婚を考えているあなたへ、付き合っている彼と趣味が一...

彼女が料理を作ってくれない…その本当の解決方法!

彼女が料理を作ってくれないと、不満を抱えている男子諸君へアド...

彼氏と喧嘩してLINEが未読スルーになったまま!こんな時の対処法

今や連絡手段としてはあたりまえの通信アプリLINE。...

職場で恋愛感情を抱いてしまった相手が既婚者だった時のこの先…

独身・既婚に関係なく、男女の出会いの場として多いのが職場です...

精神な不安定からの脱出方法!真の恋愛と幸せのために

恋愛中のあなた、精神的な不安定状態にないかどうか、チェックし...

幸せな結婚…娘の彼氏を紹介された父親の感情の理解が重要

幸せな結婚のためには、ご両親の理解は欠かせません。

ついに彼女と部屋で二人きり!よい雰囲気の作りかた

ついに彼女が僕の部屋にやってきた。まて、慌てるな!急ぐな!お...

あなたの潜在意識の中の不安を解消してステキな恋愛を!

恋をすると不安になる。それは当たり前のことなのです。

高校受験の面接では髪型が合否を左右する!

高校入試の面接時に、髪型は合否に影響するでしょうか。

部活の部長になりたい! リーダーシップの本質とその技術

部活の部長になりたい人は、必見です。

同じ部活の後輩を彼女にするのに必要な心構えとは



学生時代にクラスメイトと同じくらい、...

旦那が無職でイライラ…妻たちのストレス解消法とは

旦那が無職になって毎日家でダラダラしている姿を見ると、イライ...

魅力的な彼女になるには…毎日会いたいと感じる女性の特徴



彼氏の仕事が忙しくなると、なかなか会...

元カノからの連絡って来ないもの?女と男の考え方の違い

別れた後の関係にもよりますが、元カノから連絡が来ないのは、普...

毎日がつまらない…そんな主婦の生活を変えるコツ


三食昼寝付き、と言われていたのは昔の話。

スポンサーリンク


排卵誘発剤クロミッドとはどんな薬?効果・作用について

クロミッドとはクロミフェンという排卵を誘発する薬を含む商品の一つです。

経口する排卵誘発剤の総称としてはクロミフェン製剤と言います。クロミッドはクロミフェン製剤の一つだということです。

クロミッドはクロミフェン製剤でもっとも広く治療に使われている商品で、他にはセロフェン、オリフェン、フェミロンなどの薬があります。

それらのように商品名は違っていても薬の効き目に違いがあるわけではありません。

クロミッドを摂取すると脳下垂体に働いて、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)の分泌が促されます。

その結果、卵胞の成長が促されます。そのため排卵誘発剤という名前ではありますが、卵胞の成熟をサポートする薬だと考えておくと良いでしょう。

クロミッドは1錠(50mg)から開始するのが一般的で、期間は月経周期の5日目から5日間連続です。

それでも卵胞の育成が見られなかった場合に限って次回から2錠や3錠と増やしていくことになります。

クロミッド適応者は自然排卵のタイミングで妊娠に至らない場合

クロミッドのような排卵誘発剤は排卵のない人が使用するのが普通で、自然排卵のタイミングで妊娠に至らないといった場合の解決策として使用されます。

そのため正常に排卵している人に処方されるものではありません。

しかし正常に排卵している人でも服用することで妊娠確率の上昇を期待することはできるでしょう。

また排卵誘発剤には副作用があるので有用性と副作用と天秤にかけて有用性が上回る場合に限って使用されます。

産婦人科では頻繁に処方される排卵誘発剤はクロミッドで、クロミッド錠の成分はクエン酸クロミフェンです。

価格は1錠120円ですが、保険適用されるのでその3割負担となるので40円くらいの負担になるはずです。

服用は月経周期の3日目から5日目から連続して5日間1日1錠から3錠の範囲で行います。

クロミッド錠の服用によって卵胞径が18mmから23mmの成熟卵胞に成長したら、最後はHCG製剤を注射することで排卵させます。

つまりクロミッド単体で排卵までは行きません。

またクロミッドにも副作用があります。負担は少ないため頻繁に処方されるのですが、細かい配慮を怠ることで妊娠し難くなるデメリットがあるので注意が必要です。

タイミングをとる前に!クロミッドでの排卵効果チェックを確実に

産婦人科に行ってクロミッドの処方と同時に服用の仕方を教えてもらえます。

だいたいは月経周期5日目から1日1錠の服用してくださいと言われるはずです。

そしてもう一つ言われることがあって、月経周期13日目になったら卵胞チェックに来院するように言われると思います。

そこで疑問に思うのは排卵日はいつになるのかということ。

そしてもう一つの疑問はタイミングはいつ取るのかということ。

人によっては月経周期13日目に排卵があるのかと思うこともあるようです。

クロミッドは排卵誘発剤ということで、クロミッドを服用することで排卵するのではないかと思うのは文字どおりのことですが、クロミッドは卵胞の成熟を助ける薬で、排卵を調節するための薬ではありません。

そのためタイミングを取るにしても排卵するくらい卵胞が成長しているか確認することが大切になります。

月経周期13日目に来院するのは卵胞を確認するためなのです。

卵胞チェックによって卵胞の大きさを確かめます。また卵胞の数も確かめられます。

卵胞の大きさが十分になったことを確認してから次の段階、hCG注射による排卵に移ります。

大切なことなのでもう一度言いますが、クロミッドは排卵日を決める薬ではありません。卵胞の成熟を助ける薬です。

排卵を確実にするために!クロミッドの飲み方のタイミングとは

症状によって異なりますが、普通の期間であれば生理から5日目に始めて、連続5日間服用します。

つまりクロミッドのような排卵誘発剤は生理が始まって5日経ってから服用するものです。

またクロミッドを飲んだからといってすぐに効果が現れることはないため、旦那さんと仲良しをするタイミングがすぐにはやってくるわけではありません。

生理から5日目に飲み始めて、5日間飲み続けるので生理から10日になります。それでも仲良しをするタイミングはまだやってきません。

生理から10目くらいにもう一度来院して、さらに2日経ってからもう一度来院して、そこでようやく旦那さんとのタイミングについて説明があるはずです。

つまり生理から12日くらい、つまりクロミッドを飲み終わって数日してからようやく排卵について考えられるようになるのです。

来院しない場合は、基礎体温を毎日測って低温期から高温期に変わるタイミングが旦那さんとのタイミングなのですが、クロミッドを服用しているということはそれだけ妊娠したいということでしょう。

せっかくの機会を有効に使うためにも来院して医師のアドバイスを受けるのが賢明です。

クロミッドで体温上昇は副作用?副作用の種類

クロミッドを飲むことで体温が上がることがあります。基礎体温を測っていて、低温期のはずなのに高温期並の体温になることがあります。

しかし、クロミッドに体温が上がる効果があるわけではありません。

クロミッドの効果は卵胞を安定して育てることです。

そして、クロミッドの副作用は、顔面紅潮、ほてり、吐き気、嘔吐、頻尿、腹痛、お腹の張り、口の乾きです。

またこれは副作用というわけではありませんが、双子の赤ちゃんが生まれやすくなるという報告もあります。

そのように効果と副作用のどこを見ても体温が上がる効果はクロミッドにないのです。

それでも体温が上がったという話は聞きます。クロミッドを生理5日目から普通に服用しはじめて体温が上がってびっくり、そしてクロミッドの期間を終えてから体温が普通に戻ったという話があります。

そういうこともあるでしょうが、すべての女性の体温が上がるわけではありません。

体温が上がることが心配かもしれませんが、クロミッドがなぜ飲むのか今一度確認してください。妊娠率を上げるために飲むのです。

また副作用があるといっても負担が少ないことがほとんどですので、安心して服用してください。

関連記事はこちら


 - 妊娠・出産

ページ
上部へ