知恵の花

ズボンのウエストお直し法〜自分にピッタリのサイズに調節!

   

ズボンのウエストお直し法〜自分にピッタリのサイズに調節!

ズボンを購入した時になかなか自分にピッタリサイズとはいきません。

特にウエストは大きくても小さくても困りもの…

でもお直しに出すと時間もお金もかかってしまう。

そこで今回は、自分で簡単にウエストサイズを修正するお直し法をリサーチしてみました。

意外と簡単にできるので、ぜひ自分に合ったピッタリのズボンに補修してみましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

再婚によって子供の苗字はどうすべき?子供のために考えるポイント



母親が再婚すると子供の苗字が変わると...

告白してから返事を待つ期間と待っている間の過ごし方

勇気を出して告白したけど、返事を待って欲しいと言われてしまっ...

AB型彼氏の特徴〜冷たいと感じる性格と上手に付き合う方法



血液型で相手がどんな人かを当てはめて...

本当に結婚できる?彼氏との将来に不安を感じた時の処方箋



結婚はしたい!だけど今の彼氏とで将来...

好きな人に電話したのに無視される…その理由とは

好きな人が電話に出てくれなくて、無視されたらつらいですよね。...

メンヘラ彼女に要注意!別れたいけど別れられない恐怖の恋愛



大好きな彼女だったのに…付き合いが長...

なぜ異性の友達がいない?女性にとって男友達の重要性とは


近頃、異性の友達がいないという女性が増えていると...

バツイチの彼氏には子供がいる…長続きする付き合い方のコツ

付き合い始めた彼氏がバツイチで子供がいると知ったら、あなたは...

お菓子作りが趣味の女性は男性ウケする?男性の本音とは

お菓子作りと言えば、女性の趣味の定番ですね。
...

40代男性のデート代、割り勘はアリ?ナシ?婚活も考えた支払い方法


最近はデート代を割り勘にする男女が増えてきている...

男友達から突然の告白!その後も友達関係を維持する断り方



仲が良かった男友達から突然告白された...

片思いしている彼は仕事が忙しい人…メールで彼の心を掴む方法


片思いをしている彼との心の距離を縮めるには、直接...

騒音の苦情を警察に訴えたい…円満解決のための対策

今では、アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる世帯が...

大学の部活は大変なの!?サ-クルとの違いについても紹介!


大学に進学しても、中学・高校時代に熱中した部活を...

大学生の彼氏が好きなご飯って?彼女に作って欲しい手料理とは

彼氏にご飯を作ってあげたいと思った時に悩むのが、「どんなご飯...

元カノから連絡するのは迷惑?別れた後の元カレの心理とは

しばらく前に別れた元カノから久しぶりに連絡が来たら、あなたは...

彼女の仕事が大変な時に彼氏がとるべきベストな対応

ページの目次1 仕事が大変な彼女とどう付き合う?2 仕事が大...

女性は告白されるのを待つべき?気になる今の恋愛事情!



草食男子と言われる恋愛に消極的な男性...

気になる彼女の交友関係!男友達グループに対する許容範囲



彼女に男友達グループと遊ぶと言われた...

勉強中に音楽を聴くことは科学的に本当に効果がないのか


数ある勉強法の中で、音楽を聴きながら集中力を高め...

スポンサーリンク


紳士ズボンのウエストを幅出しするお直し法

紳士ズボンのウエストを2センチ出す方法をこれからご紹介しましょう。

まずズボンの後ろ中央にある縫い目をほどきます。

元の縫い目の右側1センチ横のところから股のほうに向かってまっすぐ線を引きます。

次に、ベルトの縫い目がずれないように合わせ、ミシンで2重に縫ってから元の縫い目をほどきます。

アイロンで縫い目を割り、ついている場合はベルト通しをつけて、まつり縫いをして完成です。

ウエストの後ろ側の余っている縫い代の分だけウエストを出すことができます。

3センチ出す時は1.5センチ横、4センチであれば、2cm横のところを縫います。

ロックミシンを使うこともなく、ミシンかけも一回だけでそれほど複雑な作業はありません。

ズボンによっては、後ろ側の中央にベルト通しがついていないこともあります。

その場合は、ベルト通しをはずしてつけ直す工程は省くことができます。

またベルト通しをつけ直す時は、しっかりと押さえてミシンをかけるようにしてください。

生地が厚く曲がりやすい部分なので注意が必要です。

ズボンのウエスト直しの便利アイテム!

オークションなどで安く落札できたせっかくのスーツのパンツを履いてみたら、入らなくて困った経験はありませんか?

ウエストを出すだけのためにリフォームに出してお直しをするのにも費用はかかるしためらってしまいますよね。

できればもっと安く手軽に自分でウエスト直しができればいいと思いませんか?

そんな時には簡単にウエスト直しができる「伸びーるお直しくん」を使ってみてはいかがでしょうか?

使い方は簡単です。「伸びーるお直しくん」の裏面の金具をスラックスの金具に入れるだけで最長5cm伸びるので、窮屈だったウエストからヒップも余裕で入るようになります。

チャックを上げた時の違和感もなく快適な履き心地です。

お直しができれば、ズボンを新たに買いなおす必要もなく、痩せれば使うのを止めればいいので経済的です。

針や糸も使わずにウエスト直しができて、スラックスの色に合わせて使える3色セットになっていて、メール便で送料も安く済みます。

紳士のスラックスズボンのウエストお直し法

紳士もののズボンのウエストを詰める方法をご紹介します。

2cmまで詰めるのは、前のボタンやホックの位置を変えるだけで簡単にできますが、3cm以上になる時には別の方法になります。

まず、実際にズボンを履いて腰の後ろ部分をどれくらい詰めるのか、安全ピンなどで止めて印をつけておきます。

腰からヒップの下部にかけてはカーブの角度が違うので、ヒップの一番高いところと、一番下になるところの位置も確認して印をつけておくといいですね。

計測したら、ズボンを裏返し、印をつけたところからチャコペンを使って縫い代を書きますが、よれることがあるのでカーブはゆるやかに書くようにしてください。

6cmほど詰める場合は、ズボンの真中で折るので半分の3cm内側に縫い代を書いてしつけ糸で仮縫いをします。

チャコペンだけではミシンかけの時によれることがありますが、仮縫いをすると固定されてミシンをかけやすくなります。

ベルト止めがついている時にはリッパーなどで外しておきましょう。

もう一度ズボンを裏返して、背中側のベルトの見返し部分や後ろポケットもまつり縫いされているので外します。

大きめに外しておいた方が後で縫い直す時に作業しやすくなります。

次に縫い代に従ってミシンをかけますが、股からヒップの部分は力がかかるので2重にかけて補強しておきます。

他に注意したいのは、ベルト部分の位置を揃えることです。

ミシンかけが終わったら、縫った部分から2〜3cmのところで余った布を切り、端をミシンで綺麗にします。

最後に見返しを戻して後ろポケットと一緒にまつり縫いをします。

ベルト止めを外した場合は、適当な位置につけて完成です。

ズボンのウエストを少しお直ししたい時の方法

簡単にウエストのお直しをする方法をご紹介しましょう。

ダーツを作ってウエストを詰めていきます。

今回ご紹介するのは、ウエストを3cm詰める方法です。

ベルトは解かずそのままズボンの裏からダーツを作ります。

後ろポケットの真ん中あたりにダーツを作るのが一般的なやり方ですが、目立つ部分なのでここは避けてください。

ズボンの左右の脇の縫い目の後ろあたりにそれぞれ1.5cm×長さ10cmのダーツを裏側に書きます。

底辺が1.5cmで高さが15cmの逆三角形になります。

ダーツは、三角形の先端部分から底辺に向かってミシンで縫っていきます。

ベルトの布地が重なっている段差のところにきたら、ミシンの押さえの後ろ側にものさしや厚紙をおったものを挟み、高さを揃えます。

厚みのあるとこは、手で回しながらゆっくり縫います。

これでダーツは縫えました。

力の弱いミシンではできないかもしれません。

縫い目が飛んでしまう時は、14番くらいの太い針で縫ってみてください。

ダーツをアイロンで後ろ側に倒します。

ベルトの分厚い部分はアイロンを押し当てて起きてこないようにまつっておきます。

これで出来上がりです。太ってお腹がきつくなってきた時には解いてください。

ウエスト直しは大変ですが、この方法は簡単だと思います。

ウエストが少しゆるい人は挑戦してみてください。

ズボンのウエストがブカブカ…お直しができない時の対処法

まず、簡単な方法としてあげられるのは、安全ピンを使うことです。

左右のウエスト部分を少しずつ、つまんで安全ピンで止めます。

注意点すべき点は、体に刺さらないように慎重に止めることです。

そして、ウエスト部分をつまんだことで洋服のシルエットが崩れてバランスが悪くならないように、つまむ分量に気を付けることです。

他には、腹巻でウエスト周りを太くして、スカートがぶかぶかにならないようにしたり、タートルネックのセーターなど厚みのあるものを着てスカートの中に入れる方法もあります。

これらは、洋服のお直しをするのではなく、腹巻や厚手のトップスなどを着用することにより、ウエスト周りに厚みを持たせるので、切ったり縫ったりお裁縫が苦手で不器用な人でも気軽にチャレンジできる方法と言えるでしょう。

それ以外にも、サスペンダーでスカートやズボンなどのボトムスを吊ることも一つのやり方としてあげられます。

これは、ジャケットを脱がない時やカーディガンなど羽織るコーディネートをした時に使える方法です。

サスペンダーが合わないコーディネートの時には、最初にご紹介したように、ブラウスの両脇などを安全ピンで留めるのも良いでしょう。

関連記事はこちら


 - 生活

ページ
上部へ