知恵の花

応募したバイト先から電話!不在着信だった場合の掛け直し方

   

応募したバイト先から電話!不在着信だった場合の掛け直し方

バイトの求人に応募している場合、合否や詳細などで電話をもらうことがあります。

そんな時に限って、電話に出れない…なんて経験をした経験がある方も多いのではないでしょうか。

特に社会人経験がない場合、仕事上の電話をどう対処すればいいのかなかなか難しいところです。

そこで今回は、そんな状況での電話の掛け直し方についてご紹介します。

電話を折り返す際はぜひ参考にして、落ち着いて掛け直しましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の元カノが気になる時の気持ちの処理方法〜男性の心理を知る〜


付き合っている彼の元カノが気になることはありませ...

既婚者の異性とどう付き合う?友達or恋人…ポイントと注意点


気になっている異性が既婚者だった場合、あなたはど...

彼氏の呼び方どうするべき?年下彼氏との付き合い方



付き合い初めは2人の関係もぎこちなく...

友達に対して嫉妬する男の特徴と上手な対処法


友達として付き合っている人に対しても嫉妬する男っ...

大事な本が日焼けしたら大変!予防や修復の方法を知ろう!


大事な思い入れのある1冊。大切に保存しておいたハ...

突然メールを無視する女性心理と効果的なアプローチ法

気になる女性とメールをしていたのに、急に無視された経験はあり...

告白を保留する男性の心理と恋愛を成功させるコツ


好きな男性に告白し、返事を保留されたら、あなたは...

彼女が嫉妬深い!別れを意識した時の対処法

付き合っていく中で、多少の嫉妬や束縛は必要かとは思いますが、...

アルブミンの値が低いうちの犬…危険な犬の病気と治療法


アルブミンという言葉を聞いたことがありますか? ...

結婚式本番!メイクが気に入らない時の対処法!

結婚式は一番きれいな自分でいたい!結婚式を控えた花嫁にとって...

結婚に反対された!親の気持ちを知り、お互いが納得できる対処法


子供の結婚に対し、反対をする親は少なくないようで...

毎日LINEのやり取りが続く…脈アリ?気持ちを確かめる方法

気になっている彼と、毎日LINEのやり取りが続くと嬉しいもの...

告白したけど振られた…友達に戻るのは無理?その後の付き合い方

友達に思い切って告白したけど「友達のままでいよう」と言って振...

彼氏との同棲を解消…その後の対応・付き合い方のコツ

彼氏と同棲していると、お互いの色々な面が見えてきて、解消した...

彼氏と初めての旅行…親には報告する?反対された時の対処法

彼氏との付き合いが長くなってくると、ふたりで旅行でもしようか...

告白したら返事を保留された…理由・待つ期間・接し方について

好きな人に勇気を出して告白したのに、返事を保留されたらどう思...

旦那の友達の行動が非常識過ぎる…特徴と対処法

旦那の友達とは言え、あまりにも非常識な行動を取られると、なか...

大好きな彼女と…デートの流れで自然にホテルに誘う方法



彼女と楽しいデートをしていても、次の...

年下彼氏に不安はつきもの?年の差カップルの付き合い方

恋愛をする上で誰もが様々な不安を抱えていますが、その中でも年...

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

スポンサーリンク


バイト先から採用の合否!?電話に着信が残っていた場合は?

応募したバイト先から不在着信があった時はどうしたらいいのでしょう?

アルバイトの応募は初めてでなんて言って電話をかければいいのかわからない、またかかって来るだろうからその時に出ればいいなどと放っておくのはいけません。

気後れするかもしれませんが、面接前に採用担当者の印象を良くしておくためにも、必ず自分から折り返し電話をかけるようにしましょう。

その時、留守番電話にメッセージが残っていないかを確認しておきましょう。

担当者の声が聞けるとその後の通話や面接がイメージしやすくなります。

「折り返しご連絡ください」と残っているときはもちろんですが、「折り返し電話は結構です」と残されていても、再度相手から電話がかかってくる前に、こちらからかけ直すようにしましょう。

留守番電話に何もメッセージが残っていない場合は、メールのチェックも忘れてはいけません。

電話で話せなかった時に、メッセージを残さずメールで用件を伝える担当者も少なからずいるからです。

バイト先への電話の掛け直し方やタイミングがわからない時は…

不在着信があった時、折り返し電話をかけるのは、一体いつなら相手の迷惑にならずにすむのでしょう?

気がついたタイミングで、なるべく早く折り返し電話をかけるようにします。

かける時は、

「先ほどアルバイトの件で○○さんからお電話をいただきました○○と申します、○○さんはいらっしゃいますか?」

と伝え、担当者が出たら、

「先ほどは電話に出られず申し訳ありません」「折り返しが遅くなりまして申し訳ありません」

といったお詫びの言葉を添えましょう。

携帯電話にはいつでも連絡できますが、授業中など出られないことは誰にもあるので、最初の電話に出なかったからといって採用担当者の印象が悪くなることはありません。

しかし、折り返し電話せず数日過ぎてしまったり、「電話もらったんですけど?」といった礼儀をわきまえない話し方をしたりするのは失礼なのでNGです。

折り返し電話をした時に採用担当者が不在だった場合は、電話に出た人に担当者がいつ戻るかを聞いてかけ直しましょう。

アルバイト先が飲食店などの場合は、11〜14時のランチタイムや17時以降のディナータイムに電話をかけるのは避けましょう。

それ以外の業種でも昼食の時間帯は担当者が不在のことが多いです。

忙しい担当者に迷惑をかけたり、またかけ直しになったりしないように気をつけましょう。

応募したバイト先からの着信!電話があった時の掛け直し方

折り返し電話のかけ方を確認しておきましょう。

ポイントは丁寧かつ簡潔にするということです。

応募先からの留守番電話に入っていたメッセージに相手の聞きたいことが入っていたら、その答えを事前に考えておくといいでしょう。

基本のフレーズは、

「もしもし、アルバイトに応募しました○○と申します。先ほどはお電話をいただいたのに出られず申し訳ありません。どのようなご用件でしょうか?」

という形です。

実際の電話のかけ方の例としては、まず電話口に相手が出たら、

「お忙しいところ申し訳ありません。先日アルバイトの面接に伺いました○○と申します。先ほどお電話をいただいたのですが、担当の○○さんはいらっしゃいますでしょうか?」

と伝えます。

次に担当者が出たら、

「先ほどお電話いただいた○○です。電話に出られず申し訳ありません。」と

伝えれば、担当者から用件に入ってくれます。

最初から担当者につながった場合は、二回名乗らなくてもいいので

「先ほどは電話に出られなくて申し訳ありませんでした」

と言いましょう。

担当者が不在だった場合は、電話に出た人に

「○○さんのお戻りはいつ頃になりますか?」

と聞いて確認したら、

「ではその頃にもう一度ご連絡いたします。失礼します。」

と言って電話を切ります。

バイトからの電話の掛け直し方のポイント

折り返しの電話をかけるときに気をつけることについてみておきましょう。

最近は携帯電話から電話をかけることが多いですが、携帯電話の場合、電波の状況などにより音声が聞き取りにくかったり、途中で電話が切れてしまったりすることがあります。

応募や問い合わせなどの電話はやはり固定電話からかけるほうが望ましいでしょう。

しかし、やむを得ず固定電話が使えない場合は以下の点に注意して携帯電話を使いましょう。

  1. 最初に「携帯電話からの連絡で失礼いたします」とことわっておきます。
  2. 通話の途中で電話が切れてしまったら、こちらからかけ直します。

    電波のしっかり届く場所に移動してからかけ直し、電話が切れてしまったことをお詫びします。

  3. かける相手が携帯電話の場合は、「○○社の○○さんの携帯電話でしょうか?」とたずねて相手を確認してから名乗ります。

    その際に「先ほどお電話いただきました○○です。今お話してもよろしいでしょうか?」と相手の都合を確認します。

相手の状況にはお構いなしにかかってしまう携帯電話にかける時は、一層の気遣いを忘れないことが大切です。

バイト先から電話!マナーを守った掛け直し方

折り返しの電話をかけるときの注意点について確認してみましょう。

1.家の固定電話の場合は、家族に電話をすることを伝えて静かにしていてもらいましょう。

2.携帯電話でかける時は、電波状況が安定している静かな環境で電話しましょう。

駅のホームや繁華街・地下街などでは、周囲の騒音や電波状況の悪さなどで落ち着いて話すことができず、電話がきれてしまう恐れもあります。

それでは相手の時間を無駄にして、こちらの印象を悪くさせてしまいます。

3.電話をかける前に、十分充電されているかをチェックしておきましょう。

4.面接の日時を相談することが予想されるので、スケジュール帳や筆記用具を手元に用意しておきます。

5.座ってメモのとれる体勢で電話をかけます。

6.うっかり利き手で電話を持ってしまうと、メモを取るときに慌ててしまうので、利き手と反対の手で持ちましょう。

7.事前にこちらから聞きたいことをメモしておきましょう。

8.面接の日時などはメモを取り、電話を切る前に復唱して確認します。

折り返しの電話はあらかじめ準備してかけることができるので、注意点を忘れず落ち着いてやれば相手の印象はよくなるでしょう。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ