知恵の花

骨折手術後の痛みの程度や強さ、治癒過程でのリハビリの重要性

   

骨折手術後の痛みの程度や強さ、治癒過程でのリハビリの重要性

骨折は痛みを伴いますが、手術した後も強い痛みに襲われることがあります。

その痛みは骨折したときよりも痛いとも言われています。

しかし、手術後は痛みがあろうがなかろうが早期に患部を動かして行く必要があります。

早く動かすことで、手術後の合併症を防ぐだけではなく、リハビリをすることで治癒を早めることができるのです。

そこで今回は、骨折手術後の痛みの程度早期リハビリの重要性などをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚したいけどお金がない!知っておきたいリアルなお金事情




最近は結婚しなくても良い...

好きな人と毎日のLINEで恋を発展させるポイント


好きな人と毎日LINEでやり取りしているのに、な...

既婚者からの食事の誘いは下心あり?男性の本心・理由・断り方


女性のみなさんは、既婚者の男性から食事の誘いを受...

料理初心者が知っておきたい包丁の基本知識と選び方

料理を始めるなら、道具にもこだわりたいもので...

女子にオススメの休日の過ごし方!素敵な時間を過ごすコツ

あなたはいつもどんな休日を過ごしていますか?...

目指せ!2人で目標達成!夫婦で確実に貯金を増やす方法

みなさん毎月貯金はしていますか?夫婦2人...

恋愛における別れのルール!辛い気持ちを緩和させる方法

恋愛において「別れ」は突然やって来るケースも...

彼女と会話する話題がないときに思う彼の本音・原因・対処法

大好きな彼女と一緒にいても会話する話題がなくて...

告白したら返事待ち…脈あり?脈なし?見極めるポイント

勇気を出して告白したのに、結果は保留…...

母子家庭で育った子供の恋愛事情〜影響を与える家庭環境

最近は離婚する夫婦が急増し、母子家庭で育つ子...

メールの返事が返ってこない…気になる原因と返信待ちの対策

メールをしたのに返事がなかなか返ってこないこ...

彼女との電話で盛り上がる話題は?女性が喜ぶトーク術!

付き合い始めのカップルは、緊張のせいかなかな...

彼女が元カレに会うを止めさせたい!気になる女性心理と対処法

彼女に元カレと会うと言われたら、あなたはどん...

年下女性へのアプローチ!告白を成功させるためにのプロセス

男性はいつの時代も若い女性が好きなもの。...

男性はメールを無視する生き物!? 理解しがたい男性の心理

気になる男性にメールを送ったのになかなか返事が...

ただの酔っぱらい?それとも好意?飲み会で手を握る人の心理

飲み会でお酒が深くなるにつれて、みなさん気が...

デート後にメールがこない…気になる原因と男性心理の対処法

楽しかったデートの後、相手からメールがこない...

会社への迷惑電話が急増中!法的処置も!?適切な対応と対策

近年会社への迷惑電話の件数が増え...

結婚間近カップルの貯金事情!共同口座で上手に貯蓄する方法

結婚を控えたカップルは、結婚式やその後の新生...

彼女の顔はタイプじゃない!?気になる男性心理と女性の条件

実は顔がタイプではない女性と付き合っている男...

スポンサーリンク


骨折は手術した後も痛みが継続。骨折した場合の手術内容の実際

骨折の手術方法は様々なものがあります。

それぞれの症状に適した方法を医師が選択します。

今回はいくつか方法を紹介していきます。

1つ目はピンニングと呼ばれる方法です。

これは骨が折れてずれてしまったときに折れた骨同士をピンで固定する方法です。

2つ目はスクリュー固定と呼ばれる方法です。

単純な骨折の場合に行われ、骨折部分をネジで固定する方法です。

3つ目はプレート固定と呼ばれる方法です。

この方法は、1つ目、2つ目に比べると少し複雑になります。

まずは皮膚を切開することから始まり、骨折した部分をプレートとスクリューを使用することで固定します。

多くは関節付近の骨折に適応されます。

4つ目は髄内釘固定術です。

骨の中に髄内釘を差し込んで固定します。

これが適応されるのは大腿骨など大きな骨の中央部分が折れた時です。

最後は創外固定と呼ばれる方法です。

これは骨が砕けたり、骨が皮膚から飛び出したりして、直ちに手術を行うことのできない場合に適応されます。

体の外からワイヤーなどで砕けた骨を固定します。

骨折手術後の痛みはとても壮絶…痛みを経験した女性の話

鎖骨の手術終了後、麻酔が切れて痛みが出始めたのは覚醒してから30分後くらいからです。

その後、痛みは11時間和らぐことなく続きます。

もし座薬を使用していたなら痛みのピークは10分ほどで終わったかもしれません。

しかし座薬をもらわなかったので、手術後1時間でピークに達した痛みは10時間後にようやく座薬を使用しました。

結局我慢したことによって痛みに苦しんだだけに終わりました。

手術明けには強烈な足の痛みに襲われたのを覚えています。

病室に運ばれる際も、足が痛くて体が震えていました。

看護師さんが電気毛布をかけてくれたのですが、重くて暑かっただけでした。

しかし足は動かず、どうすることもできませんでした。

しばらくして私が痛さをじっと我慢して目をつぶっていると、看護師さんが様子を見にやってきました。

隣にいた旦那が「いま眠っています」と答えていました。

しかし「私は眠っているのではなくて、痛さで目をつぶっているのだ」と心の中でつぶやきましたが、痛くてしゃべれません。

術後3時間が経過して、飲食の許可が出ました。

看護師さんが来て、「旦那さんに食べ物買ってきてもらったらいいのに」と言われたものの、痛さで返事ができませんでした。

骨折手術後のリハビリは痛みがでるが治癒過程には必要なこと

脚のケガをしたあとに、ケガに加わった力の方向に負荷を感じると、周辺の筋肉が硬直することがあります。

そのときは、問題ないということを脚に教えてやらなければなりません。

その方法としては、床に横たわって壁をいろんな方向に押す、仰向けになって膝を立てて床をいろんな方向に押す、ということが挙げられます。

そのとき重要なことは、できるだけ力を抜くこと、押した力がどの骨をどういう経路で伝わって頭に到達するのかを感じることです。

慣れてくれば、無意識に頭が上下スムーズに転がるようになるときが来ます。

上手くなると骨の中を力が通り過ぎていくようになります。

いろいろ自分で工夫して、快適に動き回れるようになってください。

また力を入れても筋紡錘が鍛えられないので、意味がありません。

この点には十分注意してください。

ただし力を入れないでも痛みが出るときは、すぐに休んでください。

ちなみに力を抜く動作の時に発生する痛みは治療途中で出てくるものなので、気にする必要はありません。

骨折手術後痛みがあっても早期離床でリハビリ開始が早められる

術後は傷の痛みや疲労が必ず起こると思われている方が多いので、翌日から歩行できる状態になると驚かれる方が大勢おられます。

手術によって異なりますが、近年では痛みに対する管理が重要視されているため、術後の痛みは抑えられ、比較的楽な入院生活を送ることができます。

そのとき、痛みではなく手術した箇所が重たく感じる程度です。

このように痛みをコントロールできるようになったため、従来よりも早く離床が可能となりました。

この利点はベッドから離れるため、全身の筋肉を使うようになるということです。

そうすることで、血流が早くなって、いろいろな臓器などを刺激して、機能回復が早まります。

これによって、患者自身の生活もメリハリが出てきて、痴呆症や筋力低下、免疫力低下などの合併症を防ぐことができます。

その結果、ケガの後や術後に起こる可能性のある合併症を防ぐことができ、直ちにリハビリ治療に移ることが可能になります。

こうした利点があるので、早期離床は現代の医学において重要視されているのです。

骨折手術後に完治するまでに心がけたい自身で出来るケア

もしも骨折してしまった場合、骨がつくまでは健康的な食事を心がけることが重要です。

その時、カルシウムやビタミンD、ビタミンKなどは骨の形成を助けてくれるので、これらをできるだけ多く摂取するようにします。

これらは小魚や干ししいたけ、牛乳などに多く含まれていますが、運動ができない状態にある場合は摂りすぎには注意してください。

肥満や内臓への負担が大きくなるおそれがあります。

また、術後は抗生物質などが処方されることが多いので、アルコール類、たばこは控えるようにしましょう。

薬の副作用が出たり、薬の効果が出なかったりということもあります。

さらにタバコは骨がくっつくのを遅らせてしまう傾向があるので要注意です。

また、骨折部分の内出血にもよくありません。

運動、入浴については、医師の許可が出れば行っても大丈夫です。

あまり寝てばかりいると、健康によくないので、許可をもらった時点から少しずつ体を動かして行きましょう。

関連記事はこちら


 - 医療・病気

ページ
上部へ