知恵の花

仕事で我慢の限界!ピーク時の身体の不調や心のサイン・対処法

   

仕事で我慢の限界!ピーク時の身体の不調や心のサイン・対処法

仕事をしていると楽しいことばかりではなく、理不尽なことも多くストレスも溜まります。

ストレスがあるからといって仕事をおろそかには出来ませんし、時には我慢も必要です。

しかしそうしている間にも、仕事でのストレスが積もりに積もって我慢の限界を迎えることもあるでしょう。

我慢は必要ですが、限界を超えるぐらいまでため込むのは良くありません。

そこで今回は、我慢の限界で現れる症状やサイン・対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結婚式の招待客はどこまで?線引きするための見方


結婚式の準備をしていく際、誰もが頭を抱えてしまう...

大学生の恋愛事情…彼女とどこで知り合うの?そのきっかけとは

大学生になって彼女を作りたいと思っても、どこで出会えるのか分...

男友達に彼女が…ショックを受けてしまうのはなぜ?理由と対処法


仲が良い男友達に彼女ができてショックを受ける女性...

好きな人に告白したい!相手は年上の女性…成功のコツ・注意点

好きな人が年上の女性だった場合、どのような告白の仕方が効果的...

潜在意識が復縁のカギ!?元カレからの連絡を引き寄せる方法



あなたは潜在意識をご存知ですか?

彼女の部屋を物色するのはアリ!?彼氏側の声と彼女側の本音


自分の彼女の部屋に行った時に、「少しくらいいいだ...

年下の女性に告白する方法〜効果的なアプローチと注意点

年下の女性を好きになった場合、告白するなら年上の魅力をアピー...

居酒屋の店員さんがかわいい!自然な感じで仲良くなる方法

なかなか良い出会いがないなぁ…と思っていたら、よく行く居酒屋...

男には彼女を自慢したがる本能がある?自慢したくなる特徴について


「彼氏にとっての自慢の彼女になりたい」 このよう...

夫の両親と同居を解消するベストなタイミングと切り出し方


義理の親と同居している方はいますか? 

遠距離恋愛の彼が言う「忙しい」は本当?長続きのコツとは

遠距離恋愛は、なかなか会えない分、関係を続けていくのはとても...

彼女のことを男友達が呼び捨てする…男性が嫉妬する理由とは

つきあっている彼女が男友達に呼び捨てされているのを聞くと嫌な...

中学生と教師!禁断の恋愛を成就させるための方法について


中学生ともなると、体も心も子供から大人に変化を遂...

女友達が好きかも!?自分の気持ちがわからない時の対処法



女友達としてずっと接してきたのに、あ...

彼氏と元カノのアヤシイ関係!連絡を取っている時の対処法

あなたは彼氏が元カノと連絡を取っていることを許せますか?

彼の仕事が忙しい!彼女と会う余裕ない理由と彼とうまく付き合う方法


仕事が忙しい彼と付き合うことになると、なかなか会...

女性の好意に気づくとモテる!女性からのサインに気づくコツ


女性が自分に好意を持っていると感じることはありま...

仕事で疲れた彼・彼女にかけたい言葉と注意したい言葉


現代は女性の社会進出により、男女問わず仕事をする...

知っておきたい結婚手続きのあれこれ!戸籍謄本と除籍のしくみ

結婚する時は、婚姻届に必要事項を記入し、役所に提出し、受理さ...

彼女ができて性格が変わる男性の恋愛心理とは



あなたのまわりに彼女ができたことで、...

スポンサーリンク


もう我慢の限界!仕事にまで影響するぐらい身体に出る不調サイン

仕事をしていると、「もう我慢の限界だ!」と感じることがあるでしょう。

それは、怒りなどの感情の他に、体に様々なサインとして出てきます。

それが、どうしようもならなくなると、会社を辞めるという選択になります。

例えば、日曜日の夕方に明日の会社のことを考えて憂鬱になったり、ミスをして落ち込むということは誰しもありますし、よほどひどくない限り乗り越えてこられたでしょう。

しかし、会社での事や仕事でのことで落ち込んだり、帰宅後も会社や仕事のことで頭がいっぱいで何も手に付かないような場合は要注意です。

さらに、夜眠れなくなり、朝起きられない、一日中体がだるく熱っぽいという体の異変が出てくると限界の一歩手前でしょう。

この場合、会社に行きたくない、職場が怖いなどの理由で休むことが増えてきます。

この上、常に食欲が無く、これまで好きだったものまで食べられなくなると、もう限界であるサインです。

あなたの代わりはいくらでもいますが、あなたは一人しかいません。

手遅れになる前に、一人で抱え込まず、信頼できる人に相談しましょう。

会社に殺されてはいけません。

我慢しないで!ストレスで限界のときにみられる4つの注意点

現代はストレス社会です。

ストレスは心のみならず体の病気の原因にもなっています。

このストレスがどの程度なのかということは、案外自分では気づきにくく、気づいたときにはストレスの許容範囲を超えていて、心身ともにぼろぼろになっていたということがあります。

ストレスが我慢の限界を超えている時の4つのシグナルをご紹介します。

1.朝目覚めた時に強い疲れを感じるときは要注意

精神的疲労は睡眠では取れないことが多いため、この症状があった際には、ご自身の状況を見直されると良いでしょう。

2.自分の意見を通すことが面倒になり、自分の意見を言うことを諦めるようになったら要注意

この症状では、主に人間関係にストレスを抱えていることが多いです。

全てを受け入れるのではなく、相手と話し合うことが肝要です。

3.他人の幸せを素直に喜べず、逆に疎ましく感じる際は要注意

他人の幸せを聞いて、嫉妬や劣等感、敗北感を感じる。

また、そんな自分が情けない、酷い奴だといって自分を責めると、更にストレスになります。

この場合、何が原因で、こうした感情を抱いているのかを探ることが必要です。

反対に、心が安定していれば、素直に喜べるものです。

4.体重の増加も要注意

人間の体は、ストレスを感じると、コルチゾールというホルモンが分泌され、脂肪を蓄えようとします。

更に、ストレスにより疲れてくると甘いものが欲しくなり、甘いものを過剰に食べることで更に体重が増加します。

我慢の限界前に!仕事でのストレスを緩和する方法

社会人として仕事をする上で、必ずついて回るのは「責任」です。

自分のしたことに責任を持つということは、非常に重いものです。

どんなに頑張っても、良くない結果が出てしまえば、そのことについての「責任」を取らされます。

それは、減給や降格、配置転換、退職など、厳しいものがあります。

こうした「責任」を背負いながら頑張って仕事をするというのは、非常に大きなストレスです。

社内外での人間関係も大きなストレスの原因です。

仕事上での人間関係は友達関係ではありません。

上下関係や利害関係はもちろん、自分の発言は会社の発言であり、勝手なことは言えません。

社外の方はもちろん、社内の人間関係には特に気を使います。

そうしないと、自分の仕事が進まないからです。

これらのことが大きなストレスの原因となります。

上司や目上の人の言うことには従うことが多いでしょう。

もし、言うことを聞きすぎて窮屈に感じていたり、ストレスを自覚されている場合は、立ち止まって考え直すと良いでしょう。

極端な話、上司や目上の人に嫌われたらどうなるのか、全てが終わってしまうと考えておられるなら、それは、思い詰めている可能性が高いです。

現実には、少し位意見が違ったところで嫌われることはありませんし、相手も会社組織の人間で、同じように上の人に気を使っています。

こうした人間関係のストレスを軽減するには、人間関係の幅を狭めることです。

仕事上、どうしても必要な人間関係は仕方ありませんが、無理に社内外に人脈を広げようとしているのでしたら、それがストレスになっていることが多いです。

実際、そのことに気づいて、人間関係、交友範囲を狭めて、人間関係のトラブルが少なくなり、その種のストレスを大幅に軽減した方がいます。

仕事で挫折する前に!3つの気持ちを入れ替え方・考え方

仕事で挫けると、全てが終わったような感覚に襲われることがあります。

そうなると、他のことが考えられなくなり、押しつぶされそうになります。

そんな事になってしまう前に思い出していただきたい3つのことをご紹介します。

1.仕事以外のことに真剣に取り組んでみましょう。

趣味をお持ちでしたら、真剣に取り組んでみて下さい。

無趣味な方でしたら、スポーツジムなどで無心に運動されることをお勧めします。

仕事以外の事に真剣に、頭を空っぽにして取り組むとリフレッシュできることが多いです。

2.自分で限界を決めてみましょう。

仕事量や仕事の質など、仕事に関することについて、ご自身で限界となる線引をされると良いでしょう。

例えば、この仕事は必ずやりきるが、それ以外の事については、5割もできれば御の字だ、というようなものでも構いません。

こうすることで、終わりの見えることについては、案外頑張れるものです。

3.たかが仕事!大したことはないと思いましょう。

やりがいのある仕事、生活の糧としての仕事など、仕事というものは大事なことで、尊いものであるというのが社会の認識です。

しかし、実際は、大したことありません。

あなたが辞めたら代わりの人を採用したり、残った人で分担して仕事を片付けるだけです。

気にする必要はありません。

仕事を辞めたあとの生活費の心配については、貯金で備えたり、親族や公的制度を頼ることで対処すればよいでしょう。

その他、再就職については、在職中から仕事探しをしたり、人脈を頼るなどして対処すれば、それほど不安に思うことはありません。

挫けまいと頑張ることは良いことかもしれませんが、度が過ぎますと精神的な疾患になり、心身ともに病んでしまいます。

本当にダメだと思ったら、踏ん張ることを辞めて、この3つを思い出してみてください。

パワハラを受けて我慢の限界がきたときに自身で出来る対処方法

不幸にもパワハラを受けて、毎日ストレスにさらされ、もうこんな会社は辞めようと思っている方、少し立ち止まって考えていただきたいと思います。

また、そんな毎日に耐えかね、上司に一矢報いようとして、言い返してやろうと思っている方にも読んでいただきたいです。

もし、パワハラ上司と喧嘩をしてしまった場合、もちろん、パワハラ上司は処分されるでしょうが、会社で揉め事を起こしたとして、あなたまで処分されますし、周りからは、迷惑な人だと思われるかもしれません。

また、あなたが悪くない場合、あなたが会社を辞める必要は全くありません。

このような場合、落ち着いて人事部の方に、パワハラ上司のしてきたことについて話してみてください。

大抵の方は理解を示してくれます。

その上で、配置転換をすることで、あなたは違う部署へ異動するか、違う上司がつきます。

もし、こうした手立てを用いても状況が変わらず、社内のどこでもパワハラ上司ばかりでしたら、そんな会社には見切りをつけて、他社への転職を検討されるとよいでしょう。

そのような会社の多くはブラック企業と呼ばれ、仕事の進め方や給与面、労働時間、コンプライアンス等、様々な問題を抱えているケースが多いです。

また、こうした企業は、面接の際には良い顔をして、都合のよい話ばかりする傾向にあります。

それを見抜いて、こうした企業には入らないようにしたいものです。

関連記事はこちら


 - 仕事

ページ
上部へ